ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12295] 【長野】松本市美術館/ラウル・デュフィ展ーパリジェンヌが愛したテキスタイル・デザイン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/22(Sat) 19:50:13

 既にQuitaさんにご感想を頂いた、松本市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=17で開催中の展示を紹介しておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「色彩の画家 ラウル・デュフィ展 
   ーパリジェンヌが愛したテキスタイル・デザインー」〜3/29(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:大人1200円 高大生・70歳以上の松本市民800円
            中学生以下無料、障害者手帳携帯者と介助者1名無料

 華やかで明るい色彩と軽妙な筆致の画家ラウル・デュフィ(1877-1953)の作品と、モードの帝王ポール・ポワレら20世紀初頭のオートクチュールのデザイナーたちが好んで用いた絹織物を含む、デュフィのテキスタイル関連作品を一堂に紹介。
「生きる喜び」に満ちた、陽光があふれる南仏の風景や、音楽や社交界をテーマとした油彩画など作品を描いたデュフィは、そのモチーフをフランス・リヨンの絹織物製造業ビアンキーニ=フェリエ社などに提供し、当時のファッションに多大な影響を与えた。本展は、初期から晩年までの代表的な絵画作品とともに、テキスタイル・デザインの原画や下絵、オリジナルテキスタイル、そして衣装作品を展示。

《ニースの窓辺》1928年 油彩・キャンバス
《イヴニング・コート「ペルシア」》 ドレス・デザイン原案:ポール・ポワレ(1911年) 制作:モンジ・ギバン 2007年 絹
《象と枝葉〔デザイン原画〕》1925年頃 水彩、グワッシュ・紙
《貝殻と海の馬》1922-24年頃 金銀糸の入った錦
《ヴァイオリン》1914-20年頃 テキスタイル制作:1989年 毛織物
ドレス テキスタイル《うろこ》 ドレス・デザイン、制作:モンジ・ギバン2007年 絹
《イヴニング・コート「ペルシア」》 ドレス・デザイン原案:ポール・ポワレ(1911年) 制作:モンジ・ギバン 2007年 絹
      など

ミュージアムコンサート「デュフィが愛した旋律とベル・エポックのパリの音楽」
3/7(土)午後2〜3時、多目的ホールにて、入館券のみ、館へ要申込
  塚本敦子氏(ピアノ)津田裕子氏(ピアノ)倉科有紀氏(ソプラノ)

ワークショップ「体験!シルクスカーフにパターン染め」
3/1(日)午前10〜午後3時、市民アトリエにて 料金2000円
対象:小学生から大人まで(低学年以下は保護者同伴)館へ要申込(定員:20名)
  丸山邦江氏(染織家・中信美術会)

学芸員によるギャラリートーク:先着20名程度
2/22(土)3/14(土)午後2時〜

みんなで楽しく、トークフリーデー:3/20(金・祝)21(土)22(日)の3日間は、気兼ねなく話しながら観覧

子育てパパ・ママの美術鑑賞日
託児時間/午前:9時30分〜12時30分、午後:1〜4時
2/29(土)午後、3/13(金)午前・午後、3/22(日)午前
当日有効の入館券1枚につき、子ども1名無料、2人目からは有料(1名追加につき100円)
 イベントのみの参加および前売券・招待券・割引券利用の場合は有料(子ども1名につき100円)
年齢:生後6ヶ月〜未就学児
申込:先着順、希望日の3日前までに館へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー