ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12291] 【東京】都現代美術館/ダムタイプ他 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/02/14(Fri) 21:51:45

こんにちは

 2月8日、本当に久し振りに東京都現代美術館に行ってきました。リニューアル後初めてになります。せっかくだから企画展3つとコレクション展を全部見てきました。
 3つの企画展は別料金となっていて、2つまたは3つのセットだと割引、どれも同じくらいの料金のため2つは任意に選べる、どれもコレクション展も観覧可能という料金システムになっていました。

 企画展示室1Fは「DUMN TYPE|ACVTIONS+REFLECTIONS」です。ダムタイプと言ったら日本のメディアアートの先駆けのようなクリエーターチームですね。
 「Playback」は16台のレコードプレーヤーから音楽や自然音などが流れているサウンドスケープ作品です。「MEMORANDUM OR VOYAGE」は巨大なスクリーンによる映像作品です。ダーウィンのビーグル号航海記の軌跡を描いた作品もあり、一部はパフォーマンス作品の記録です。「pH」は二項対立をテーマにしたパフォーマンス作品の舞台装置、「LOVE/DEATH/MONEY/LIFE」はタイトルの言葉が流れていく別の映像作品ですが、一体のように展示されていました。
 なかなか良かったと思うのですが、パフォーマンス作品は実際に生で見てみたいと思います。

 企画展示室3Fは「ミナ・ペルホネン/皆川明 つづく」です。最初何の展覧会なのかよくわかりませんでした。全く詳しくないけれどミナ・ペルホネンは皆川明デザインによるファッションブランドでした。服も展示されていましたし、それを着ている日常の映像もありました。服以外の家具、食器といったものもありました。偶然の出会いでしたが、それなりにおもしろいと思いました。

 企画展示室地階は「仮の声、新しい影」です。これもタイトルから何の展覧会なのかよくわかりません。実際はTHE COPY TRAVELERS、PUGMENT、三宅砂織、吉増剛造プロジェクト、鈴木ヒラクの5組のアーティストの小規模な個展の集合体のような感じでした。一応、「世界の残響を聞きながらそれを増幅させる」という統一テーマで選ばれているようです。コピー機を使っていろいろなものを平面に固定するTHE COPY TRAVELERSが一番良かったように思います。

 コレクション展は改装中に今まで手薄だった時代のコレクションを増やしたから、それを主に展示しているようです。いきなりオノサトトシノブがたくさんありました。戦時中や戦後すぐの絵画も多く展示されていました。浜田知明の「初年兵哀歌」もそれに含まれるでしょう。最近の作品では豊嶋康子「隠蔽工作」はキャンバスの裏に木彫作品を配置するという人を食ったような作品です。

 この日は島唄関係の集まりが主目的だったので、8日はここだけです。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー