ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12290] 【東京】静嘉堂文庫美術館/磁州窯と宋のやきもの 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 22:23:22

 二子玉川の静嘉堂文庫美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=208で開催中の陶磁器の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「鉅鹿」発見100年「磁州窯と宋のやきもの」〜3/15(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般1000円 高大生および障害者手帳をお持ちの方と同伴者1名700円 中学生以下無料

 中国宋代(960〜1279)の陶磁器「宋磁」は中国の工芸文化のひとつのピークを示す。宋磁を代表する鉅鹿(きょろく)遺跡と磁州窯の陶器の再発見からおよそ100年にあたる。
河北省南部の磁州窯は五代(10世紀)以降現代まで日用の器物を大量に生産した民窯で、白化粧や黒釉の技法を基本に、独特の「掻落し」と呼ばれる彫刻的な文様表現、鉄絵や紅緑彩(赤絵)、三彩や翡翠釉などを用いた装飾性豊かな陶器を生み出した。また同様の製品は華北地域一帯に生産地が広がった。本展では館蔵の磁州窯とその周辺の陶磁器を紹介し、あわせて国宝「曜変天目(稲葉天目)」をはじめとする宋磁の名品を展示。
  「白地黒掻落牡丹文如意頭形枕」 磁州窯 北宋時代(12世紀) 
  「黒釉線彫蓮唐草文瓶」 磁州窯系 金〜元時代(13〜14世紀) 
  「白地鉄絵牡丹文吐魯瓶」 磁州窯系 金時代(13世紀) 
  「三彩白地掻落束蓮文枕」 磁州窯系 金時代(12〜13世紀) 
  「白地紅緑彩牡丹文碗」 磁州窯系 金時代(12〜13世紀) 
  「翡翠釉白地鉄絵菊花文双耳香炉」 磁州窯系 元〜明時代(14世紀) 
  重要文化財「白磁刻花蓮花文輪花鉢」 定窯 北宋〜金時代(12世紀) 
  「青磁刻花花喰鳥文枕」 耀州窯 北宋時代(11〜12世紀) 
  「青磁鼎形香炉」 南宋官窯 南宋時代(12〜13世紀) 
  国宝「曜変天目」 建窯 南宋時代(12〜13世紀) など

講演会:地階講堂にて、午後1時30分開演、定員120名、入館券のみ、開館時より整理券配布(1名様につき1枚)
2/22(土)「磁州窯と磁州窯系諸窯、そしてその影響の軌跡」守屋雅史氏(神戸松蔭女子学院大学教授)

静嘉堂コンサート「100万人のクラシックライブ」地階講堂にて、定員100名
3/7(土)午後2時開演(予定)参加費1000円(入館料別)事前申し込み制
〜ヴァイオリンとピアノの二重奏をあなたに〜
予約方法:メール:mousikomi@seikado.or.jp
 またはTEL: 03-3700-2250にて、名前・連絡先・参加人数を明示し、
 当日窓口で予約番号を告げ、1000円を支払い

列品解説:担当学芸員(展示室または講堂にて)。
  午前11時〜:2/29(土)
  午後2時〜:2/13(木)、3/12(木)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー