ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12284] 【東京】目黒区美術館/越境者たち−BEYOND THE BORDERS[2/15(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 20:29:52

 目黒区美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=189
で今週末2/15(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆目黒区美術館コレクション展「越境者たち−BEYOND THE BORDERS」
 同時開催「山下新太郎のファミリーポートレート」2/15(土)〜3/22(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般700円 高大生・65歳以上550円 小中生以下 無料
         障がい者手帳をお持ちの方とその付添の方1名は無料。

 さまざまな視点で近現代美術を切り取るコレクション展として、「越境者たち−BEYOND THE BORDERS(ビヨンド・ザ・ボーダーズ)」と題し、絵画の分野や材質技法の様々な境界を越えて新たな芸術表現を目指した画家たちの作品を紹介。
第1章「諏訪直樹 vs 川村清雄」
 額縁を超越して無限に展開する空間表現を目指した諏訪直樹(1954-1990年)と、明治初期より西洋渡来の新技法である 油彩に挑み、日本の近代絵画の新たな地平を拓いた川村清雄(1852-1934年)の二人の作品を対峙。
  諏訪直樹《無限連鎖する絵画 Part2 No.23~25》1989(平成元)年 
  川村清雄《高砂》 大正期〜昭和初期 

第2章「パンリアルの挑戦」
 戦後に、抽象などの先鋭的な表現を、日本画の技法により実現する「膠彩(こうさい)表現」で日本画を革新した「パンリアル美術協会」の画家たちを紹介。
  下村良之介《鳥たちの壁A》1964(昭和39)年 紙粘土、顔料、紙・合板
  星野眞呉《喪中の作品(碧)》 1965(昭和40)年 岩絵具、箔・和紙 
  三上誠《作品》1964(昭和39)年頃 木・顔料 

同時開催  山下新太郎のファミリーポートレート
 戦前にフランスに留学した山下新太郎(1881-1966年)の作品から、山下が親しい人々に向けた眼差しを追う。
  山下新太郎 ≪山下みね像≫ 1926(大正15)年 
  山下新太郎≪峯子像≫  1942(昭和17)年  

大人のための美術カフェ「越境し、連鎖する絵画たち」3/14(土)午後2〜3時
1階ワークショップ室にて、ナビゲーター:本展担当学芸員
事前申込不要・当日先着50名(要入館券)

舞踏パフォーマンス「肉体と平面」
展示室の諏訪直樹と川村清雄の作品の前で、工藤丈輝氏により、作品の世界観を表現した舞踏のパフォーマンス
3/20(金・祝)午後2時〜30分、2階展示室Aにて、当日先着順 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー