ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12274] 【大阪】国立国際美:インポッシブル・アーキテクチャー 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/02(Sun) 23:27:48

 中之島の国立国際美術館で開催されている「インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢」を1/25(土)に見に行きました。
 こちらは、新潟、広島で行われている時から行きたかった展覧会なので「満を持して」の感じでした。日本人皆が知っている「インポッシブル・アーキテクチャー」と言えば、ザハ=ハディドの新国立競技場でしょうが、これは最後のお楽しみ、というところ。
 私自身、建築家をよく知っているわけではないので、特に欧米向けの作品たちは立方体やシンメトリーにとらわれない未来的、宇宙的な建物だなぁ、と感じる程度。力学的に大丈夫なのかなぁ、そこは単なる画家の空想でなく建築家さんたちなんだから…と信じるしかない。
 「ここに入ってみたい」と私の心をとらえたのは、川喜多煉七郎「霊楽堂」の図面たち。森の中に楕円形の建築。山田耕筰と同志だったひとだそうで、「霊楽」は山田の発想、音楽を祈りや瞑想のための「神」そのものと捉え、それが天から降ってくるように体感できる設計と見受けました。
 建築を超えて、黒川紀章や菊竹清訓の未来的な都市計画もあり。安藤忠雄の中之島公会堂のリニューアル案もとても受け入れられないであろう案でした。建築家のすべてが展示されているわけではなく、その人の根本発想が、空想の中に垣間見えるのがここで扱われている「インポッシブル・アーキテクチャー」かな、と感じました。
 
 ザハ=ハディドの新国立競技場については、私は彼女の他の作品を知っているわけではないので、彼女の発想がつまっているかどうかは感じられませんが、ここの展示意図としては、実現できなかったのが残念だ、というかなり高評価でした。実現できなかった建築費の高騰については「付加的な要求をたくさん追加されたからであって、彼女の発想のせいではない」と。

 一番最後に、山口晃の戦国風な小道具を現代建築に付け加えた空想「都庁」の作品。彼の絵巻のような、「洛中洛外図屏風」のような作品たちは、私は大好きです。「建築構造」を考えてつくられた作品ではないと思いますが、ああ、これも実現を夢想された「インポッシブル・アーキテクチャー」なんだな、と再認識。

 この展示は3/15(日)までです。
                    明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー