ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12254] 【静岡】市美術館/不思議の国のアリス展[2/1(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:47:32

 静岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=3で明日2/1(土)から開催される特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「不思議の国のアリス展」2/1(土) 〜 3/29(日)
    月曜休館 (祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般1300円 高大生・70歳以上900円 中学生以下無料
         障がい者手帳等をご持参の方および介助者原則1名は無料

 ルイス・キャロル(1832−98)の著書『不思議の国のアリス』は、1865年に英国で初めて出版されてから世界中で世代を超えて親しまれる不朽の名作。オックスフォード大学の数学講師だったキャロルが、寮長の娘アリス・リデルにせがまれて創作した物語は、文学の世界にとどまらず、美術、映画、舞台、ファッションなど様々な分野の表現者たちの創作意欲を刺激した。本展は『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を中心に、稀少な初刊本や、挿絵画家のジョン・テニエルの下絵素描、多角的な展開の様相を見る。アリスの世界観を独自の解釈で表現したサルヴァドール・ダリ、エリック・カール、山本容子、清川あさみなど、国内外で活躍する芸術家たちの作品も。
1章 始まりの話 ― アリス誕生
 チャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン
  《チャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン》
  《アリス・リデルの肖像(複製)》
 ジョン・テニエル
  『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵 ≪髪をかきむしるトゥィードルダム≫
  『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵 ≪ところが そいつは頑固で高慢≫
 ルイス・キャロル 絵:ジョン・テニエル 発行:エンベリン&サン、オックスフォード
  《切手ケース》

2章 アリスの物語 ― 不思議の国への招待
 チャールズ・サントーレ『不思議の国のアリス』第5章より ≪イモ虫からの忠告≫
 ヘレン・オクセンバリー『不思議の国のアリス』第7章より ≪へんなお茶会≫
 ロバート・インペン『不思議の国のアリス』第12章より ≪夢から覚めるアリス≫
 ラルフ・ステッドマン『鏡の国のアリス』第1章より ≪次の瞬間、アリスは鏡を通り抜けていました≫

3章 アートの国 ― 世界が愛する永遠のアリス
 アーサー・ラッカム
     《ニセウミガメ》
     《アリスとメダマカエル召使い》
 エリック・カール《チェシャネコいもむし》   など

学芸員によるスライドトーク:2/16(日)3/14(土) 午後2時〜(各回40分程度)
  多目的室にて、無料、申込不要(当日直接会場へ)


しずびオープンアトリエ:2/22(土)〜3/22(日)の毎週土日
(1)午後1時30分〜 (2)午後3時〜 (各回1時間程度)
 ワークショップ室にて、参加費:200円 (受付でチケットご購入の上、会場へ)
 対象:小学生以上(未就学児は保護者同伴であれば参加可) 各回15名(申込不要・当日先着順)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー