ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12252] 【兵庫】県立美術館/ゴッホ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:45:29

 阪神岩屋駅の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=28で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ゴッホ展」〜3/29(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1700円 大学生1300円 高校生以下無料
         70歳以上850円 障がいのある方400円 障がいのある方 大学生300円
         障がいのある方1名につき、介護の方1名は無料

 1880年、27歳の時に画家を志したファン・ゴッホ(1853-1890)は、画業の初期にハーグ派の影響を受け、対象を正確に写し取るのではなく、印象を重視した手法をまず身につけ、その後印象派が打ち出した鮮やかな色遣いに出会い、色の表現力を学び、実践する。本展では、ファン・ゴッホの画業の初期から、印象派の洗礼を受けて独自のスタイルを確立するまでを追い、ファン・ゴッホ自身の絵画やドローイング約50点、ハーグ派と印象派の作家たちの作品約30点も展示。

第1部 ハーグ派に導かれて
  アントン・マウフェ《4頭の曳き馬》制作年不詳 油彩・板
  マテイス・マリス《出会い(仔ヤギ)》1865-66年頃  油彩・板
  フィンセント・ファン・ゴッホ 《農婦の頭部》 1885年 油彩・カンヴァス
  フィンセント・ファン・ゴッホ《ジャガイモを食べる人々》 1885年4-5月 リトグラフ(インク・紙)

第2部 印象派に学ぶ
  フィンセント・ファン・ゴッホ《花瓶の花》 1886年夏 油彩・カンヴァス
  カミーユ・ピサロ 《エラニーの牛を追う娘》 1884年 油彩・カンヴァス
  クロード・モネ 《クールブヴォワのセーヌ河岸》 1878年 油彩・カンヴァス
  フィンセント・ファン・ゴッホ 《麦畑》 1888年6月 油彩・カンヴァス
  フィンセント・ファン・ゴッホ 《薔薇》1890年5月 油彩・カンヴァス  など

KEN-Vi名画サロン特別上映
(1)2/15(土)「ゴッホ 最期の手紙」(2017年/96分)
(2)3/20(金・祝)「世界で一番ゴッホを描いた男」(2016年/84分)
 午前10時30分、午後1時、3時30分より(各回入れ替え)
ミュージアムホール(定員250名)
 料金:1人1,000円

学芸員による解説会:2/22(土)3/14(土)3/28(土)午後4時〜(約45分)
レクチャールーム(定員100名にて)無料、定員に達し締め切り

おやこ解説会:3/14(土)午前10時30分〜(約30分)
レクチャールーム(定員20組)無料、要事前申込み館サイトへ

ミュージアム・ボランティアによる解説会:日曜日 午前11時〜(約15分)
レクチャールーム(定員100名)無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー