ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12248] 【東京】都美術館/ハマスホイとデンマーク絵画[1/21(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/20(Mon) 19:25:36

 上野公園の東京都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=130で明日1/21(火)から開催される北欧絵画の特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」1/21(火)〜3/26(木)
    月曜と2/25(火)は休館、2/24(月・休)、3/23日月)は開室
    開室時間:午前9時30分〜午後5時30分(金曜と2/19(水)3/18(水)は8時まで、入室は閉室の30分前まで)
    入館料金:一般1600円 大学生・専門学校生1300円 高校生800円 65歳以上1000円
         中学生以下は無料
         3/20(金・祝)〜3/26(木)は18歳以下[平成13(2001)年4/2以降生まれ]無料
         身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳を
             お持ちの方と付添者1名は無料(要証明)

 身近な人物の肖像、風景、静寂の室内―限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)は17世紀オランダ風俗画の影響から “北欧のフェルメール” とも呼ばれる。ハマスホイはじめ、19世紀デンマークの名画を堪能。
 ヴィルヘルム・ハマスホイ《室内》1898年
             《室内―開いた扉、ストランゲーゼ30番地》1905年
             《農場の家屋、レスネス》1900年
             《ピアノを弾く妻イーダのいる室内》1910年

講演会:講堂(交流棟 ロビー階)にて、午後2〜3時30分
    定員225名(当日1時より講堂前で整理券配布、定員で終了))
2/8(土)「不安な絵画―ハマスホイと北欧の画家たち」佐藤直樹氏(東京藝術大学 准教授)
2/22(土)「19世紀のデンマークとヴィルヘルム・ハマスホイ」萬屋健司氏(山口県立美術館 学芸員)

イブニング・レクチャー:講堂(交流棟 ロビー階)にて、午後6時〜30分
    定員225名(当日開始20分前より開場、定員で終了)
2/14(火)、3/6(金)高城靖之氏(本展担当 学芸員)

ART meets MUSIC:東京都交響楽団メンバーによる弦楽四重奏
 2/27(木)東京文化会館 小ホール(台東区上野公園5-45)にて「午前11時〜正午(10時30分開場)
 要入場整理券:1/21(火)から東京都美術館のインフォメーション(LB階)で配布、定員で終了

障害のある方のための特別鑑賞会 事前申込制
3/9(月)午前10時〜午後4時 
 対象身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方各回350名とその介助者1名 申込期間 〜2/3(月)、申込方法などは館サイトへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー