ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12235] 【東京】国立新美術館/DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに[1/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/11(Sat) 22:04:57

 六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=73で、本日1/11(土)から始まった展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」1/11(土)〜2/16(日)
     火曜休館(祝日の場合は翌日) 
     開館時間:午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1000円(800円) 大学生500円(300円)
          高校生、18歳未満(学生証または年齢のわかるものが必要)は無料
          障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。
       会期中に当館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、またはサントリー美術館および
       森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示で、団体料金。
 文化庁が1967年度から実施している「新進芸術家海外研修制度(在研)」の成果発表の機会として1998年から「ドマーニ・明日展」を開始し第22回目を迎える。今回は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック年の冒頭にあたる「日本博2020」のプログラムに参画する特別版として、共通テーマ「自然」を受け、「傷ついた風景の向こうに/ Landscapes in Our Age: Scarred and Reborn」をサブタイトルに、多世代から精選した11名の作家によるグループ展とする。
プロローグー身体と風景
 石内 都《Scars#26 illness1961》1999 写真
 米田知子《道ーサイパン島在留邦人玉砕があった崖に続く道》2003 写真
1 傷ついた風景ー75年目を迎える広島と長崎
 藤岡亜弥《川はゆく》2017 写真
 森 淳一《山影》2018 石彫
2 「庭」という風景ー作家の死を超えて
 若林 奮《緑の森の一角獣座 模型》1996−97 ミクスト・メディア
3 風景を生きる小さきもの
 栗林 慧《カマキリ》2005 写真
4 傷ついた風景をまなざす、傷ついた身体
 佐藤雅晴《福島尾行》2018 アニメーション
5 自然の摂理、時間の蓄積
 日高 理恵子《空との距離 XIII》2017 絵画
 宮永愛子《景色のはじまり》2011〜 インスタレーション
エピローグー再生に向かう風景
 畠山直哉《2019年8月1日 宮城県仙台市》2019 写真


アーティストトーク:企画展示室2E内イベントスペース

1/12(日)「からだと風景の傷をめぐって」 石内都(本展出品作家)、千早茜(小説家)午後2〜3時30分
1/12(日)「ふたりの栗林」 栗林慧(本展出品作家)、栗林隆(本展出品作家)午後4〜5時30分

1/13(月・祝)「音の空間から、絵の空間から」日高理恵子(本展出品作家)、細川俊夫(作曲家)午後2〜3時30分
1/18(土)「歴史の痕跡をめぐって」米田知子(本展出品作家)、藤村里美(東京都写真美術館学芸員)午後2〜3時30分
1/18(土)「佐藤雅晴尾行」青山悟(アーティスト)、鬼頭早季子(トーキョーアーツアンドスペース学芸員)午後4〜5時30分
1/19(日)「広島と写真をめぐって」藤岡亜弥(本展出品作家)、加治屋健司 (美術史家、東京大学大学院准教授) 午後2〜3時30分
1/19(日)「長崎と彫刻をめぐって」森淳一(本展出品作家)、小田原のどか(彫刻家、彫刻研究)午後4〜5時30分
1/25(土)「彫刻と風景」 淀井彩子(画家、若林奮夫人)、神山亮子(府中市美術館学芸員) 午後2〜3時30分
2/9(日)「かわる風景」宮永愛子(本展出品作家)、港千尋(写真家、著述家、多摩美術大学教授)午後4〜5時30分

テーマ対談:2/1(土)企画展示室2E内イベントスペース午後2〜3時30分
「傷ついた風景の向こうに:藤田嗣治の戦争画と丸木位里・丸木俊《原爆の図》から現在を考える」
           岡村幸宣氏(原爆の図丸木美術館学芸員)、林洋子氏(本展企画者)

ダンスパフォーマンス:2/8(土)企画展示室2E内イベントスペース 午後5〜6時
 砂連尾理(振付家、ダンサー、海外研修・2008年ベルリン)
 垣尾優(振付家、ダンサー)、西川文章 (音楽家、サウンドエンジニア)

文化庁新進芸術家海外研修(短期)報告会:1/25(土)企画展示室2E内イベントスペース 午後4〜5時30分
「40日間研修の魅力と可能性」
  笹川治子氏(美術家、海外研修・2019年ドイツ)、見増勇介氏(デザイナー、海外研修・2019年アムステルダム)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー