ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12230] 【岐阜】世界淡水魚園水族館/ブラジル・パンタナール大湿原 アマゾンを超える水の楽園 〜第2章 残された森〜 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/09(Thu) 21:38:18
【岐阜】世界淡水魚園水族館/ブラジル・パンタナール大湿原 アマゾンを超える水の楽園 〜第2章 残された森〜 (画像サイズ: 517×388 112kB)

明けましておめでとうございます。

 1月2日、今年最初に行ったところはここでした。

 【民俗・地誌】につなげるのは変ですね。【科学】でしょう。

 実際には企画展としては結構小規模でした。もちろんパンタナールの生物もいますが、写真などもあり、この水族館でパンタナールの調査を行った報告という展示でした。
 ここは長良川の上流から下流までとメコン川、アマゾン川といった川を中心としたよく構成されたところであり、常設展重視の所だと言えるでしょう。正月企画としてネズミにちなんだ展示もありました。

 公式サイトによれば、現在、名前は岐阜県を削除し「世界淡水魚園水族館」で良いようです。ただし、英訳はGifu World Fresh Water Aquariumのままです。

 公共交通は以下にするのが良いと思います。自然発見館もアクセスは共通です。岐阜県営公園である世界淡水魚園(オアシスパーク)と国営公園である木曽三川公園が隣接していて、前者の中に「アクア・トトぎふ」、後者の中に自然発見館があるという形です。更にそれに川島パーキングエリア・ハイウェイオアシスが隣接しています。

名鉄岐阜駅・JR岐阜駅から岐阜バス川島松倉行き「河川環境楽園」下車
*停車しない日は「川島笠田」下車、徒歩15分
新那加駅・JR那加駅から各務原ふれあいバス川島線「河川環境楽園」下車
JR木曽川駅・名鉄新木曽川駅からタクシー

 各務原ふれあいバスは今年1月1日〜3日は運休でしたが、来年以降どうかはわからないため、これはデータに入れない方が良いと思います。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー