ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12226] 【愛知】名古屋市美術館/岸田劉生展[1/8(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/07(Tue) 20:45:31

 大須観音の名古屋市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17
で明日1/8(水)から開催される展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆没後90年記念「岸田劉生展」前期:1/8(水)〜2/2(日)
              後期:2/4(火)〜3/1(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   開館時間:午前9時30分〜午後5時(金曜は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
   入館料金:1400円 高大生900円 中学生以下無料
      障害のある方、難病患者の方は手帳の提示により本人と付添者2名半額
      名古屋市交通局発行の「ドニチエコきっぷ」「一日乗車券」当日利用者100円割引

 日本の近代美術史に比類なき足跡を残した岸田劉生(1891-1929)は愛娘を描いた「麗子像」が代表作だが、肖像画だけでなく、静物画、風景画など多彩なジャンルで独創性豊かな傑作を残した。劉生は深い精神性を追求する独自の写実絵画の道を歩み続け、若い作家を中心に当時の洋画壇に強い影響を与えた。没後90年を記念して開催する本展には、初期の水彩画から38歳で急逝する直前に描かれた風景画まで、珠玉の作品150点を展示。
  《B.L.の肖像(バーナードリーチ像)》
  《黒き帽子の自画像》1914年
  《静物(白き花瓶と台皿と林檎四個)》1918年
  《路傍秋晴》1929年
  《麗子坐像》1919年
  《童女舞姿》1924年
  重要文化財《麗子微笑》1921年(1/8(水)〜2/16(日)展示)
  《村嬢於松立像》1921年(後期展示)  など

記念講演会:2/2(日)午後2〜3時30分
「岸田劉生:孤独なるものの行く道」山田諭氏(京都市美術館学芸課長)
作品解説会:1/18(土)2/9(日)午後2〜3時:井口智子氏(学芸課長)
上記、2階講堂にて定員180名先着順、1時30分開場、定員に達し次第締切。

ボランティアによるギャラリートーク:1/15(水)17(金)23(木)24(金)30(木)31(金)
 2/5(水)7(金)12(水)19(水)20(木)21(金)午前10時30分〜、午後1時30分〜約1時間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー