ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12222] 【兵庫】神戸市立博物館/竹中工務店400年の歩み[1/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/05(Sun) 23:05:56

 三宮の神戸市立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=24で今週末1/11(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―」1/11(土)〜3/1(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前10時〜午後5時(土曜日は9時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1000円 大学生500円 高校生以下無料
            本展観覧券でコレクション展示室の料金が割引
         神戸市内在住で満65歳以上の方は一般料金が半額(要証明書提示)
         障がいのある方は障がい者手帳などの提示で無料。

 織田信長の普請奉行を務めた竹中家の工匠の竹中藤右衛門が、明治32年(1899)神戸の地に竹中工務店を創立し、現在に至るまで多くの建築を施工して、人々の暮らしと文化を支えてきた。
 本展では、竹中工務店と、その前身である工匠時代の竹中家が手がけた多様な建築を、建築と人間との関わり方という視点で8つの「かたち」(Iはじまりのかたち、II出会いのかたち、IIIはたらくかたち、IV夢を追うかたち、V感性を育むかたち、VI暮らしのかたち、VII時を紡ぐかたち、VIIIみんなのかたち)に分類して紹介。建築の特徴と、人々と社会による受容のあり方を検証し、時を超えて受け継がれてきた建築の多様な魅力を感じる。
  大阪朝日新聞社 藤井厚二図面(時計塔) (文字盤) 
  宝塚大劇場《1924(大正13)年11月公演ポスター》
  歌川広重《名所江戸百景 下谷広小路》[いとう松坂屋]
  佐伯祐三 《肥後橋風景》 1926-27(大正15-昭和2)年 
  川西 英《海洋気象台》1935(昭和10年)
  小出楢重《街景》[堂島ビルヂングより]1925(大正14年)
  《映画「偉大なる建設」ポスター》[東京タワー]1959(昭和34年)
  《三菱倉庫 江戸橋倉庫 チラシ》   など

記念講演会:地階講堂にて、午後2〜3時30分、定員各日150名、
      先着順(当日午後1時から講堂前で整理券を配布)、要入館券
(1)1/25(土)「竹中工務店400年の歩みを読み・語る」(仮題)藤森照信氏(建築史家、建築家)
(2)2/8(土)
「大大阪時代の阪神間モダニズムに始まる関西の都市形成の年代記」(仮題)
       橋爪紳也氏(建築史家・大阪府立大学研究推進機構特別教授)
(3)2/29(土)「技を伝え、人を育てる」(仮題)
       小川三夫氏(堂宮大工棟梁)
       赤尾建蔵氏(竹中大工道具館エグゼクティブアドバイザー)

講演会「竹中工務店が語る6つのかたち」地階講堂にて、午後2〜4時、定員各日150名、
      先着順(当日午後1時から講堂前で整理券を配布)、要入館券
コーディネイター:松隈章氏(竹中工務店設計本部、聴竹居倶楽部)
      司会:山本雅和氏(学芸担当課長)
(1)1/18(土)
 i「出会いのかたち―街づくり あべのハルカスをめぐって」米津正臣氏(大阪本店設計部)
 ii「はたらくかたち―事務所建築の変遷と竹中工務店のワークプレースづくり」
     清重剛男氏(ワークプレイスプロデュース本部)
 iii「夢を追うかたち―市立吹田サッカースタジアムの計画と建設」大平滋彦氏(大阪本店設計部長)
   「夢を追うかたちへの挑戦―通天閣」
     対談 永野顕氏(作業所長)、松原由典氏(大阪本店設計部構造)
(2)2/1(土)
 i「感性を育むかたち―佐川美術館・樂吉左衛門館と竹中大工道具館」
     内海慎介氏(プリンシパルアーキテクト)小幡剛也氏(大阪本店設計部)
 ii「暮らしのかたち―竹中工務店 住まいの空間」河合哲夫氏(大阪本店設計部)
 iii「時を紡ぐかたち―明治生命館と西本願寺・伝道院他」中嶋徹氏(設計本部)

イヴニング・レクチャー(学芸員による展覧会の見どころ解説)
 毎週土曜 午後5時〜30分(開場は4時30分)地階講堂にて、定員各日150名、先着順、要入館券

建築見学会(2)2/15(土)午後1〜3時、参加費1000円、高校生以上、定員20名(応募多数の場合は抽選)
 「旧村山家住宅 和館見学会」
 申込方法:往復葉書に、「2月15日和館見学会」、名前、年齢(学年)、電話番号、返信用のあて名を記入し
 〒650-0034神戸市中央区京町24 神戸市立博物館「和館見学会」係(1枚の葉書で1名のみ)1/31(金)消印有効

子供のためのイベント:2/22(土)午前10時〜午後4時45分、参加費500円
こうべ歴史たんけん隊「建築の魅力をさぐろう!」
 小学4年生〜中学生(博物館から自宅への往復には保護者の付添要、保護者は団体料金で入館可)
 定員:30名(応募多数の場合は抽選)
申込方法:往復葉書に、「こうべ歴史たんけん隊」、参加希望者全員の名前(子供1名につき保護者1名)
      学年(年齢)、電話番号、返信用のあて名を記入し、
 〒650-0034神戸市中央区京町24 神戸市立博物館「こうべ歴史たんけん隊」係(1枚の葉書で4名まで申込可)
 2/7(金)消印有効
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー