ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12219] 【東京】三鷹市美術ギャラリー/壁に世界をみる―吉田穂高展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/04(Sat) 23:59:27

 三鷹市美術ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=285で開催中の展示を紹介します。正月は5日から開館です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「壁に世界をみる―吉田穂高展」〜2/16(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般600円 65歳以上・学生(大・高)300円
        中学生以下および障害者手帳等をお持ちの方は無料

 旅を愛し、45カ国以上の地を訪れた版画家・吉田穂高(1926−1995)は旅先でその土地に息づく無名の壁や塀、柱、標識、家といった身近な対象物を偏愛し、膨大な写真コレクションはやがて穂高の作品世界を創る際に欠くことのできない要素となる。
 太平洋画会の創立に関わった洋画家で後年は版画家となった父・吉田博、女流画家の母・吉田ふじを、15歳年上の兄・画家の遠志という「美術一家」のなかで成長し、1944年理系に進学するが現代短歌へ傾倒し、独学で油彩を始めた。
 50年代前半には短歌から離れて活動の軸足を版画に移し、55年兄とともにアメリカ・中米を旅行した際、古代マヤ文明に強い衝撃を受け、力強い抽象木版画へと作風を変化させた。63年に再び渡米してポップアートに触発され、木版に写真製版を併用した独自の技法を開拓。72年にはオーストラリアで撮影したスナップ写真を素材にした作品を制作。
 本展では、穂高の没後25年を機に油彩画や初期版画作品にも注目し、その原点から晩年にいたる作品を紹介。
 《秋》 1948年 油彩、カンヴァス
 《Old City Mud Wall》 1954年 木版、紙 
 《呪術者》 1956年 モノタイプ、紙 
 《地佑(黒い輪 No.3)》  1961年 木版、紙 
 《章No.1》 1964年 リトグラフ、紙
 《湖畔の神話、A》 1970年 シルクスクリーン、紙 51.0×37.8cm 町田市立国際版画美術館蔵
 《町外れの神話、昼》 1977年
《新しい壁の中の古い壁》 1982年 亜鉛凸版・木版、紙
 《サンミゲル旧一番通り》 1987年 亜鉛凸版・木版、紙  など

ギャラリーツアー:1/25(土)午後2時〜 吉田亜世美氏(美術家/吉田穂高氏長女)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー