ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12213] 【東京】文化庁 国立近現代建築資料館/吉田鉄郎の近代 モダニズムと伝統の架け橋 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 22:58:27

 湯島の文化庁 国立近現代建築資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=126で開催中の展示を紹介します。正月は4日から開館です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「吉田鉄郎の近代 モダニズムと伝統の架け橋」〜2/11(火・祝)
    残り会期中休館なし
    入場方法
     [展覧会のみ閲覧](平日のみ利用可能)湯島地方合同庁舎正門より入館(入館無料)
     [都立旧岩崎邸庭園より入館]旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円

 吉田鉄郎(1894—1956)は東京中央郵便局(1931)や大阪中央郵便局(1939)などの「逓信省の建築家」として日本近代建築の名作を残したが、そのころ「近代」を空間的に建築的に表現するには、モダニズムを模倣するのでも、土着の伝統と折衷するのでもなく、モダニズムと伝統との間に橋を架けわたすことであった。本展では、吉田の住宅作品に現れる思想と手法を明らかにし、住宅と逓信省関係の建築の他にコンペ作品や記念碑などにも着目し、彼がドイツ語で刊行した『日本の住宅』(1935)などの著作や、ブルーノ・タウトらの外国人建築家との交流にも光を当てる。

ギャラリートーク4(追加開催) 1/25(土)午後1時30分〜3時30分
「ヴァスムート社保管資料と吉田鉄郎のドイツ語三部作」
    エルンスト・J・ヴァスムート氏 × マンフレッド・シュパイデル氏
    モデレーター:川向 正人氏(当館主任建築資料調査官、東京理科大学名誉教授)

当日、40席ほど、開館時刻に着席のこと。整理券などは無し(椅子は背もたれや座布団のない丸椅子(スツール))
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー