ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12208] 【東京】山種美術館/上村松園と美人画の世界[1/3(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 10:34:51

 広尾の山種美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=221で本日から開催される日本画の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆広尾開館10周年記念特別展「上村松園と美人画の世界」1/3(金)〜3/1(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般1200円 高大生900円 中学生以下無料
        障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
         きもの割引:会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金 
         リピーター割引:本展使用済み入場券(有料)のご提出で、会期中の入館料が団体割引料金
 創立者で初代館長の山崎種二(1893-1983)は、上村松園(1875-1949)と親しく交流しながら作品を蒐集し、屈指の松園コレクションを形成。
 京都で生まれ育ち、鈴木松年、幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事し、技法の習得に励んだ松園は、江戸や明治の風俗、和漢の古典に取材した女性像を描いて、美人画の名手として高く評価され、1948(昭和23)年には女性で初めて文化勲章を受章。松園が描き続けた気品ある美人画と、同時代に活躍し松園と並び称された鏑木清方や、その弟子の伊東深水、村上華岳、小倉遊亀、橋本明治などの日本画家による、多彩な女性像を紹介。
 上村松園:《蛍》 《夕照》 《桜可里》 《新蛍》 《盆踊り》 《夕べ》 《春のよそをひ》
      《砧》、《春芳》 《春風》 《折鶴》 《つれづれ》 《詠哥》 《娘》
      《夏美人》 《牡丹雪》 《庭の雪》 《杜鵑を聴く》
 鏑木清方《伽羅》
 小林古径 《河風》
 池田輝方 《夕立》
 村上華岳 《裸婦図》【重要文化財】
 小倉遊亀 《舞う(舞妓)》 《舞う(芸者)》
 伊東深水 《紅葉美人》 《雪中美人》《吉野太夫》
 橋本明治 《舞》 《秋意》    など

講演会:1/18(土)國學院大學 院友会館(美術館より徒歩3分)にて、定員200名、要事前申込、先着順、要入館券
「円山応挙から上村松園へ」山下 裕二 氏 (明治学院大学 教授・山種美術館学芸部 顧問)
FAX,インターネットもしくは往復葉書にて申込、定員に達し次第締切。
住所・氏名(返信面にも)電話番号・イベント名を書き、
〒150-0012 渋谷区広尾3-12-36「山種美術館イベント係」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー