[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12203] 【年賀】本年もミュージアムをよろしくお願いします 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/01(Wed) 09:38:33

 奈良はあたたかく明るい空の元旦を迎えております。

 年明け未明に大仏様にお会いしてきました。
 大仏殿の開いた窓から、優しいお顔を見せて迎えてくださいました。

 この国の栄えも苦しみも御身で体験してこられた大仏さま。
 毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は宇宙の中心の仏さまです。
 天平から続き、またひとつ令和という新しい世に遷ったこの国を、また世界を
 見守りつづけて下さるのだと思います。

 私たちは、今年も、宇宙や世界のさまざま、そして人々が生み出し続けてきた知恵と心を
 見つめ、慈しみ続けて行けたら、と思います。

 今年も世界を巡りながらミュージアムにもお訪ねいただき、応援して頂ければ幸いです。また、開館、新しい展覧会、館のデータの変更、それぞれの感想など、この談話室にお寄せ頂きますよう、よろしくお願いいたします。

            本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


  [No.12212] 【ほっとミュージアム】1月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 22:21:35

お正月をいかがお過ごしでしょうか。

昨年末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、今年最初の改訂をしています。
迎春ムードを残して、明日4日、5日ぐらいから新春開館のミュージアムが多いかと思います。

正月から、干支の人形、招福の日本画や浮世絵版画、地域の太古を掘り下げる考古学の展示などが多くはじまっています。ひな人形の展示も始まっています。
ただ、開館がまだのところもありますし、昨年の災害で関東地方にも休館が継続中の館、3月ぐらいまで冬季休館や改修のための長期休館もありますので、ほっとミュージアムサイトをご利用いただいた上で、各館のオリジナルサイトへもお訪ねいただき、確認してからご訪問ください。

訪問されたミュージアムや展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、今年も、この談話室へよろしくお願いいたします。


            本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


  [No.12279] 【ほっとミュージアム】2月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/05(Wed) 00:13:46

 令和2年目ももうひと月が経ちました。内外情勢が騒がしい中、立春を迎え、次年度も見えてきました。

 1月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。

 春をむかえる年中行事、もちろんひな人形の展示なども盛んです。この時期、地域の歴史を掘り下げる展示も盛んなのですが、NHK大河ドラマのスタートにちなんで地域を盛り上げようと、明智光秀と地元の関連の展示が目立ちます。また今年末までの展覧会が紹介された館もあります。

 まだ寒さの厳しい中、流行病にもお気をつけになって、どうぞミュージアムで心落ち着けるお楽しみも味わってください。
 訪問されましたら、ミュージアムや展覧会のご感想やデータ変更にお気づきの点など、この談話室へよろしくお願いいたします。


            本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


  [No.12332] 【ほっとミュージアム】3月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/03(Tue) 23:40:30

 日本どころか、世界中で大変なことになってしまいました。
 3月には、春の初めの民俗・歴史の展示や、年度を改めて大きな展覧会も、充実したラインナップを紹介できると思ったのですが…
 ちょうど月変わり目に、首相からのメッセージを受け、ミュージアムが名指しされたわけではないのですが,人が集まるイベントのひとつと言うことなのでしょう、国公立館を中心に、次々に休館が発表されました。

このような展開にはなりましたが、2月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。今回の改定では、本当に多くの企画展を追加しましたが、開催中でもこれから開催でも、休館に入らざるを得なかった館もあります。
 ほっとミュージアムのトップページにも表示して頂きましたが、ここに期間込みで書き込んでいましても,休館の可能性があることをご留意ください。ご訪問を思い立たれましたら,直前に館のオリジナルサイトなどでご確認ください。

 ウィルスに感染することは避けなければならないのですが、なんだか、生活の中で、我々の活動の範囲が狭まっていますよね。
 そんな中で、静かに、心を落ち着けておれる場所があったら、と考え、開館中のミュージアムを求める方もあるかと思います。どんどん訪ねてください、とは申し上げづらいですが、社会の他の施設を利用する場合と同じように感染対策に留意しながら、ご利用して頂いたらと思います。

 もちろん、他の文化、スポーツ、生活面も含め、安心して活動再開できる世の中を取り戻せるよう、願います。

              本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


  [No.12377] 【ほっとミュージアム】4月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/04/05(Sun) 17:10:10

 3月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。

 3月中旬あるいは下旬までの休館宣言を出され、3月中の企画展・特別展を中断・終了にされた館も多かったかと存じます。期待をもって4月以降の情報を収集していましたが、既に発表されている計画も含めて「休館を継続」決断された館が相当増えました。したがって、今回の改定で、開催中の企画展として紹介されていても館自体が休館、あるいは企画展が中止になった館もあります。

 以前にも書きましたが、一般的な美術鑑賞は、人との距離を取って、会話もしない、「感染のリスクが低い活動」だと思います。だから、コロナ対策が始められた頃は、講演会やワークショップなどのイベントの中止から行われていましたが。多くの自治体に「週末の外出自粛要請」が出るに至って、鑑賞の仕方に関わらず、開館が良いこととは言えないのでしょうから…
 
 それでも、静かに、心を落ち着けておれる場所があったら、と考え、開館中のミュージアムを求める方もあるかと思います。刻々と開館状況も変えられています。必ず「当日の」開館状況を、オリジナルサイトを確認され、社会の他の施設を利用する場合と同じように感染対策に留意しながら、ご利用して頂いたらと思います。

 安心して一般生活や文化活動が再開できるよう祈り、楽しみにしたいと思います。

              本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


  [No.12397] 【ほっとミュージアム】5月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/05/05(Tue) 23:51:44

 4月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。ほりうちさん、三ッ木さん、このような中、作業ありがとうございました。

 政府の緊急事態宣言で、慎重に開館されていたミュージアムも先月にはほとんど休館となっていました。昨日5月4日には、緊急事態宣言が5月31日まで延長された一方、特定警戒地域においても、博物館・美術館については、感染予防対策を取った上で徐々に開館を検討することも発表されました。
 少しは生活が戻ることに前進した思いもあり、ミュージアムが特に感染に危険な場所だとは捉えられていないという安心感もあったのですが、ある美術館の館長へのインタビューで、開館への怖さを語っておられる場面もありました。

 昨月までに、多くの館の企画展予定が発表されています。5月の予定が既に中止決定されたところもありますが、5月8日(つまり、緊急事態宣言が解ける筈だった日の次の開館日)から…あるいは休館解除日から企画展開催を予定されているところも多いです。館の再開は、ぜひ、当該館のオリジナル情報にあたってください。
 「新しい生活様式」を留意して、再開された館を訪れることを楽しみにしたいと思います。

              本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


  [No.12420] 【ほっとミュージアム】6月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/06/02(Tue) 22:14:59

 5月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。ほりうちさん、三ッ木さん、このような中、作業ありがとうございました。

 緊急事態宣言が全国で5月末を待たず解除されたため、準備を進めていた館は、5月の最終週あるいは6月2日あたりから再開を始めています。企画展開催中に休館となったためにそのまま再開された館、休館中にも企画展の準備をすすめ再開とともにスタートを切った館がある一方、数ヶ月先の展覧会まで中止にせざるを得なかった館もあります。

 また、開館時間を短縮したり、予約制にしたり、当分は府県内在住者に限定するなど、様々な入館者数対策を取られているようです。もちろん、まだ開館を検討中であり再開を表明されていない館も多いです。

 このような中で「さぁ、再開後どんどんミュージアムを訪れて元気になりましょう、訪問することで館を応援しましょう。」と手放しでは言い出しづらいところもあります。でも最終は、自然や人間の文化を感じて楽しみ、私たちもそこに関わることで文化を育ててゆくためにミュージアムを訪れます。それぞれの館にとって、よりよい再開になるように、配慮して訪ねたいものです。

 先に書きましたように、先月までにこのサイトで調べて発表した企画展は、開催されているかどうかわからないのです…というと、無責任に聞こえるかもしれません。緊急事態宣言解除前後から、東京・関西中心に調査を始めましたが、再開情報を追いきれなかった、というのが実情です。今また、北九州市で再燃し、「東京アラート」発令が伝えられ、このまま再開への流れがスムーズになるとは限りません。

 6月中に、何とか社会の完全な再開の流れが太くなり、ミュージアムの情報も完全に近いものをお伝えできることを望みます。

              本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


  [No.12442] 【ほっとミュージアム】7月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/07/05(Sun) 21:51:54

 6月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。ほりうちさん、三ッ木さん、作業ありがとうございました。

 感染拡大前に戻ったとはいえないまでも、多くのミュージアムが活動を再開されています。このような世界情勢でも文化の灯を消してはいけない、という声を受け、再開の努力を続けられたミュージアムの関係者の皆様には感謝申し上げます。

 企画展・特別展に関していえば、休館前からの企画展を継続される館が多い中、数ヶ月先の展覧会まで中止にせざるを得なかった館も多く見受けられます。今月の改訂では、こうした展覧会の動きをできる限り追いましたので、改訂後のほっとミュージアムでどうぞご見学のプランを考えてください。とは申せ、完全ではありませんので、必ず、館のオリジナル情報をご確認ください。

 現在開催中の展示に関しては時間指定制だったり、当分は当該自治体府内在住者に限定するなどの制限を設けている館もあります。
 こうした対策も、各館の再開への熱意の表れだと思います。十分にそれをかみしめて今月もミュージアムを訪れてゆきたいと思います。どうぞ、皆様もご協力よろしくお願いいたします。

              本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


  [No.12465] 【ほっとミュージアム】8月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/02(Sun) 22:27:27

 7月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。ほりうちさん、三ッ木さん、作業ありがとうございました。

 新しい生活様式と言いつつも、仕事や飲食も旧に近づいてきた感がありました。ステージ系のイベントに比べてミュージアムは早く復活できたのではないかと思っておりました。中止になってしまった企画展もありましたが、会期延長という形で再開館されている館が多いと思います。夏休みを迎えての展覧会は、例年とは違う趣きかもしれませんが、新しいスケジュールで、これから静かに楽しめるのではないか、と感じています。

 しかしながら、感染症の再拡大だけでなく、自然災害も激しく、社会全体でまだまだ困難が待ち受けているようです。これから開館状況も心配しなければならないかもしれまでんが、ミュージアムが、われわれの生活の潤いであってくれるように祈ります。

 どうぞ、夏にミュージアムにお出かけになった状況なり、感想なりをお伝えいただけると幸いです。

      本談話室の管理人  明日香 光二/馬場 英明
  


  [No.12469] 【全国】盆休み以後の新しい展覧会紹介(付:中止・延期になった展示) 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/13(Thu) 20:07:10

 月半ばですが、8月最初に紹介できなかった展覧会をここでお伝えしておきます。それぞれ、ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、盆休み、お近くへお出かけの参考にしてください。
 今年の特別な夏、遠方へ出かけるのもままならない中で、せめてお近くでこころ安らげる場所を見つけていただければ、と思います。感染防止の心遣いをしていただくのはもちろんですが、館によっては現状の展覧会が完全予約制だったり、入場者数制限を行っている場合、臨時休館の場合もありますので、当該の館オリジナルの情報を、必ずご確認ください。

 以下、ほっとミュージアムに掲載済みでも、中止もしくは無期延期になった展示でわかっているものを記載しておきます。


【北海道】
北海道博物館,<削除:☆第6回特別展「恐竜展2020」6/20 (土)〜9/27 (日)>

【岩手】
もりおか歴史文化館,<削除:☆企画展「江戸へ―盛岡藩の参勤交代―」8/1(土)〜10/19(月)>

【静岡】
掛川市二の丸美術館,<削除:☆MOA美術館コレクション「歌川広重・保永堂版 東海道五十三次」10/17(土)〜11/15(日)>

【愛知】
名古屋大学博物館,<削除:☆第26回特別展「アフリカから東山キャンパスまで 名古屋大学による遺跡調査からみる人類史」〜9/26(土)>
ヤマザキマザック美術館,<削除:☆ヤマザキマザック美術館 10周年記念「親密派の光と影 ボナールが生きた時代」4/25(土)〜8/30(日) >

【山口】
周南市美術博物館,<削除:☆猫のダヤン35周年「ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展」7/10(金)〜9/13(日)>

【長崎】
長崎歴史文化博物館,<削除:☆「長崎の黄檗―隠元禅師と唐寺をめぐる物語―」9/26(土)〜11月23日(月祝)
    ☆「大恐竜展(仮称)」12/19(土)〜令和3年1/31(日)予定>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


  [No.12514] 【ほっとミュージアム】9月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/02(Wed) 21:36:11

 8月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。ほりうちさん、三ッ木さん、作業ありがとうございました。

 残暑と言うより、猛暑がそのまま続いている列島ですが、台風の相次ぐ来襲により、秋を感じるようになってしまいました。一方で、感染症への不安の大きさは上り下りしながら、落ち着きつつあるように思います。各ミュージアムの展示も、中断期間を置いての会期延長があって夏の名残りのものも多いのですが、秋の新しい展示も多く発表されています。コロナ前の年間展示計画からは大きく変わっている館も多いですので、ご訪問には最新情報をよくご確認くださいね。

 台風が近づいている地域での被害が心配ですが、それが過ぎれば本当に秋がやってくるんじゃないか、ささやかな楽しみに、ミュージアム訪問をと、心のよりどころにいたしております。

 どうぞ、これからミュージアムにお出かけになった状況なり、感想なりをお伝えいただけると幸いです。

      本談話室の管理人  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12566] 【ほっとミュージアム】11月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/05(Thu) 22:54:28

 10月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。ほりうちさん、三ッ木さん、作業ありがとうございました。

 あの猛暑から、つるべ落としのように寒さのなかに居るようになりました。やはり、海外美術館からの大型展は少ないですが、夏場にようやく復活した各館が、かつてから企画されていた展覧会を延長したり、ようやく開会にこぎつけた企画も。じっくり訪ねてみたいものです。

 感染症の再来とともに、寒さで体調を崩されないよう、お気をつけられながら、比較的復活してきているミュージアムをお楽しみいただければ、と思います。

 完全予約制の展示もありますし、人数制限も厳しいながらも講演会などのイベントも再開が相次ぎます。

 どうぞ、これからミュージアムにお出かけになった状況なり、感想なりをお伝えいただけると幸いです。

        本談話室の管理人  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12631] 【ほっとミュージアム】12月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/06(Sun) 08:46:23

 11月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。ほりうちさん、三ッ木さん、作業ありがとうございました。

 正月を迎えたときには全く思いもつかなかった1年を過ごすことになってしまいましたが、この年にも最後の月がめぐってきました。2020年が未消化だ…という気持ちと、新たに出直したい気持ちがないまぜになって迎える最後の月。
 この師走に入れ替わった展覧会も多いですし、そのまま年越しの展示も多く開催が始まっています。大型の展覧会は少ないかと思いますが、またしばらくはあまり大きく動いてはいけない時節となって、せめてミュージアムで静かに過ごすひとときがあっても良いのではないかと思います。

 ミュージアム自体、あるいは特別展で完全予約制にされたり、人数制限が課されている館が多いです。
 予約がないと、入館不可のところもあります。
 当サイトでの記述は、あくまで利用者側の情報であり、開催の「めやす」ですから、必ず、主催者側の情報を
お確かめいただいて、お出かけ下さい。

 どうぞ、これからミュージアムにお出かけになった状況なり、感想なりをお伝えいただけると幸いです。

        本談話室の管理人  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12643] 【ほっとミュージアム】本年の閉幕に 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:45:06

 世界中で感染症拡大におののき、それに立ち向かってきた1年が幕を閉じようとしています。ミュージアムに関しても、毎年のように地震や水害や火災など様々な災害に遭ってきたことと同様、困難に対処されてきました。しかし、ミュージアム自体も困難に遭ったものの、地域の人々をなぐさめたり、その事実を記録・記憶に留めるなどの役割も果たされてきたことを、誇りにしたいと思います。

 今年は、春から夏にかけて、全国で開館もできない状態が続きましたが、消毒や入館制限をしての密防止、対話型イベントの中止などの対策をした上で、多くの館が再開されました。そして、それぞれの館の役割を果たすべく、開館・運営されてきたと努力を察します。

 年納めと言いますか、既に年末年始の休館に入っておられる館がほとんどです。こんな時世だからこそ、新春には晴れやかに幕開けしたいと、準備を進められたと思います。次発言から、新春あるいは来春開会の展覧会を、ベースノートを新たにして並べます。今季は曜日の並びが絶妙なので、1月3日までが年末年始休館、4日が定期休館、5日から開館という館がほとんどかと存じます。それよりも正月早々に開館の館もある一方、収まらない感染症拡大対策として、首都圏を中心に年始休館を11日あるいは17日まで延ばされている館もあります。「年末年始休館」の日をできるだけ併記しましたが、それを私のほうで記述していない館も、必ず開館日をお確かめになってお訪ねください。

 神社仏閣の“初詣で”と同じく、密を避ければ、ミュージアムへの“初もうで”も気持ちをしずめ、豊かにすることができる行いだと存じます。寒波と、感染対策を万全に、どうぞ静かなお正月をお迎えください。しばらく、新春からの展示を紹介しますが、これにて年末のご挨拶とさせていただきます。

                       本談話室の管理人  明日香 光二/馬場 英明