ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12202] 【茨城】県陶芸美術館/ガレの陶芸[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 23:48:13

 笠間市の茨城県陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=22で、お正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ガレの陶芸ー世紀末の煌めき 昆虫・植物・ジャポニスムー」令和2年1/2(木)〜3/8(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般730円 満70歳以上360円 高大生520円 小中生260円
         障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
           又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付添者1人は無料
         土曜日は高校生以下無料
         2/22(土)は70歳以上無料
 19世紀末、フランス北東部のナンシーで活動したアール・ヌーヴォーの巨匠エミール・ガレ(1846-1904)は昆虫や植物など身近な自然や、日本をはじめとする異国の文物から生み出したガラスや木工家具の作品、その中でも陶芸約90点をまとめて紹介し、ガレの飽くなき創意と情熱をみる。
  花器 水仙文 1884年
  花器 竹形 1877年頃
  小鉢 虫文 1889年
  小物入れ 蜻蛉形 1882年
  花器 蝉文 1877年頃
  植込鉢 瓢箪形 1877年頃など

講演会:2/22(日)1階 多目的ホールにて、午後1時30分〜3時 予約不要、定員120名、無料
「ガレの陶器制作をめぐって」山根郁信氏(美術史家)

新春茶会「植物やいきもの柄の道具で感じるガレの世界」
2/15(土)1席目午前10時〜/2席目午前11時〜/3席目午後1時〜/4席目午後2時〜/5席目午後3時〜
 海老澤宗香氏 地下1階 オープンギャラリーにて
 予約電話またはFAXで申込(先着順) 1/2(木)午前9時30分より予約受付開始
 参加費500円 定員各席10名(空き席がある場合は当日参加も可能)

ギャラリートーク:学芸員:1/18(土)2/8(土)午後1時30分〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー