ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12201] 【愛知】メナード美術館/額縁のむこうの音楽[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 23:30:06

 小牧市のメナード美術館  http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=92で、お正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆所蔵企画展「額縁のむこうの音楽 そこにはどんな音が聴こえるのか?」令和2年1/2(木)〜3/8(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般900円 高大生600円 小中生300円
         障がい者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料

 美術と音楽、対比される二つの芸術を愛し、音楽に憧れた画家は多く、額縁を絵画と我々をつなぐ窓枠に見立て、画中に流れる音楽に想いをめぐらせる展示。初公開のポール・ゴーギャン《椅子の上》に描かれたマンドリンをはじめ、描かれた楽器はどのような音楽を奏でたのか、画家たちのアトリエにはどのような音楽が流れていたのか。印象派とドビュッシー、ピカソとエリック・サティなど、いくつかの視点で美術と音楽を重ねて展示。

島田鮎子《サティの曲が流れる部屋》2006
  島田鮎子が愛用したプレイエル(フランス)のアップライトピアノをあわせて展示
情景にきこえる音楽
 モーリス・ドニ《ダンス》1905頃
楽器とともに
 島田章三《楽器のある静物》1978
ふたつのミューズが出会う部屋
 アンリ=エドモン・クロス《木陰のある浜辺》1902
メナード美術館 初公開コレクション
 ポール・ゴーギャン《椅子の上》1880年
 有元利夫《彷徨》1982年

本展では、チェンバロやリュートなど貴重な古楽器なども名古屋音楽大学の協力のもと展示

学芸員によるギャラリートーク:午後2時〜
1/11(土)画家たちの愛した音楽(約20分)
1/25(土)2/23(日・祝)クロストーク美術×音楽(ゲスト:山口真季子氏:名古屋音楽大学特任講師/音楽学)

ギャラリー・コンサート「ゴーギャンが愛したマンドリン」
2/1(土)午後5時45分〜6時30分、当催しに参加者は7時まで展覧会観覧可
 佐々木敏氏(名古屋音楽大学非常勤講師/マンドリン奏者)鑑賞券1500円
申込方法:TEL0568-75-5787 FAX0568-77-0626 E-mail:museum@menard.co.jp
 いずれかで氏名(よみがな)・電話番号を伝え(4名まで、未就学不可)     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー