ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12200] 【京都】美術館「えき」KYOTO/婦人画報と京都[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 22:41:15

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=73
で、お正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
☆婦人画報創刊115周年記念特別展「婦人画報と京都
   つなぎ、つたえる「人」と「家」」令和2年1/2(木)〜1/20(月)
     会期中無休
     開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
          (但し、1/2(木)は午前9時30分開館)
     入館料金:一般900円(700円) 高大生700円(500円) 小学生500円(300円)
            「障害者手帳」提示者と同伴者1名の料金

 明治38(1905)年創刊以来、戦時中も一度も休刊されなかった「婦人画報」は、茶道、華道、工芸、芸能など「美しい日本」を受け継ぎ、伝え続けた、京都の「人」と「家」を紹介し続けた。本展では、京都の13家より、その「人」が手掛けた作品や、「家の」に伝わる宝物など、約80点を当時の取材記事と共に展示しし、代表的な歴代の表紙を紹介。

「婦人画報創刊号表紙」明治38(1905)年
 華道・池坊家 池坊専定《鶴図(一幅)》江戸時代後期
 ガラス工芸・石田家 石田 亘《蓋物 白寿》平成12(2000)年 ガラス技法「パート・ド・ヴェール」
 日本画・上村家 上村松園《鼓の音》昭和15(1940)年
 截金・江里家 江里佐代子《截金盒子・截金まり香盒》平成5(1993)〜平成19(2007)年
 染織・志村家 志村ふくみ《橘(三夕)》平成23(2011)年
 友禅・森口家 森口華弘《友禅訪問着 映華》平成12(2000)年
 樂焼窯元・樂家 十二代吉左衞門・樂弘入《赤樂茶碗家祖年忌》 明治23(1890)年
 冷泉家歌道・冷泉家《百人一首かるた》江戸後期 冷泉家時雨亭文庫蔵 
 有職御人形司・伊東家 伊東久重《ぶりぶり遊び》令和元(2019)年
 京舞井上流・井上家 《黒地松竹梅留袖》
 茶道裏千家・千家 坐望斎家元《華甲砌茶杓 銘「一」》寒雲号初使い 平成28(2016)年
 京都吉兆・徳岡家 北大路魯山人《銀杏葉皿》制作年不明
 塗師・中村家 十二代中村宗哲《利休梅溜大棗》平成2(1990)年 など
特別展示:瀬戸内寂聴さんと婦人画報

お正月にふさわしい池坊の立花:池坊専好次期家元監修:令和2年1/2(木)〜5(日)

ギャラリー・トーク:午後2時から(約30分)事前申込不要
1/11(土) 冷泉貴実子氏(冷泉家当主夫人)
1/12(日) 伊東久重氏(有職御人形司)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー