ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12198] 【京都】国立博物館/神像と獅子・狛犬/子づくし/紫宸殿壁画[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 21:47:13

 東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=63でお正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特集展示「神像と獅子・狛犬」令和2年1/2(木)〜3/22(日) 平成知新館1F-1
    月曜休館(1/13(月・祝)2/24(月・振)は開館、翌日休館)
    開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土(3/6・7・13・14を除く)は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般520円 大学生260円
         高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(要年齢証明提示)
         障害者手帳等(*)提示者と介護者1名は無料
         (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
 われわれの先祖が遺した神々の像は、貴族のような姿、甲冑をまとった怒りの表情など様々な姿だが、守護の獅子・狛犬も、たとえば平安時代後期のものは穏やかで、それが鎌倉時代になると荒々しくなるように、時代によってその姿は変化する。仏像とは一味違う神像の獅子・狛犬を観覧。
  重文 善妙神立像 湛慶作 京都・高山寺
  獅子・狛犬のうち獅子 峰定寺伝来   など

☆新春特集展示「子づくし─干支を愛でる─」1/2(木)〜2/2(日) 平成知新館1F-2

 鼠は穀物の蔵を荒す嫌われ者だが、大黒さんの使いとして好印象を得たため、愛らしく描かれる。インドから大黒天がやってくると「大黒」と「大国」が一体化し、その富と豊穣の神様の使いに納まり、子孫繁栄の願いも託される。身近な小動物であり、神様の使いで子宝の象徴でもある鼠たち、『源氏物語』の「初音(はつね)」を含め、子づくしの美術を楽しむ。
   蝋燭に鼠根付 線刻銘「岡友」 
 重文 源氏物語画帖 「初音」土佐光吉筆
 仏涅槃図 1幅
 板彫十二神将立像のうち子神 1面
 栄螺に鼠金銀造り簪 (田村伎都子レクション)
 鼠図目貫 1組
 鼠の嫁入り蒔絵印籠 1合
 茄子と鼠根付「笑斉」銘 1個 など

☆特集展示「京都御所障壁画 紫宸殿」1/2(木)〜2/2(日) 平成知新館2F-4

 内裏の諸殿舎のなかでも最も格式が高い紫宸殿は、古くは日常政務の場だったが、やがて即位や大嘗会などの重要な儀式も行われるようになった。紫宸殿にある高御座後方に立てられる賢聖障子には、獅子狛犬と負文亀(ふぶんき)、そして中国殷代から唐代にいたる賢臣32人が描かれ、平安時代にさかのぼる。現在の京都御所の賢聖障子は寛政4年(1792)に制作されたものが残り、9面すべてを公開。

土曜講座:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜午後3時、定員200名(当日正午より平成知新館1階にて整理券配布)
     入館料のみ
1/11 「三十三間堂の仏像」淺湫 毅氏(連携協力室長)
1/18 「動物埴輪はなぜ造られたか―動物と古墳時代の人々―」古谷 毅氏(主任研究員)
1/25 「江戸時代後期、御所造営にともなう賢聖障子の製作過程」鎌田 純子 氏(帝京大学 准教授)
2/1 「おそるべきねずみたち」永島 明子氏(教育室長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー