[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12195] 【歴史】令和2(2020)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/30(Mon) 18:26:26

 新春から見られる歴史の展示を紹介します。開始日が、年内から継続の場合には、年末年始の休館・開館日にご注意下さい。なお、この発言を令和2(2020)年の毎月の【歴史】の展覧会案内のベースノートにします。

【岩手】
岩手県立博物館,☆共同展「被災資料再生の今―過去と未来をつなぐ・資料から学ぶ―」令和2年1/11(土)〜2/24(月・祝)

【山形】
最上義光歴史館
 ☆企画展示「最上義光〜乾坤一擲の戦い〜最上義光と長谷堂合戦図屏風〜」
 開館30周年記念「復元!! 最上義光所用鉄製指揮棒」〜令和2年4/5(日)
山寺芭蕉記念館,☆企画展「山寺と紅花VI −最上川舟運と酒田湊からの海運−」〜令和2年1/17(月)

【千葉】
松戸市立博物館,☆館蔵資料展「小金城と根木内城」令和2年1/11(土)〜3/22(日)

【東京】
文京ふるさと歴史館,☆収蔵品展「江戸屋敷に暮らした家臣―武士の家系図2―」令和2年2/8(土)〜3/15(日)
東京国立博物館
 ☆「博物館に初もうで」令和2年1/2(水)〜1/26(土)
 ☆特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて 史上初!全4巻全場面、一挙公開!」令和2年7/14(火)〜8/30(日)
すみだ郷土文化資料館,☆特集展示「赤穂義士の物語」 〜令和2年1/26(日)
東京都江戸東京博物館
 ☆企画展「天下泰平 〜将軍と新しい文化の創造〜」令和2年1/2(木)〜2/16(日)<「徳川宗家展(仮題)」からタイトル確定>

【富山】
氷見市立博物館,☆特別展「応響雑記の世界―近世の氷見町を訪ねる―」令和2年2/28(金)〜3/22(日)

【山梨】
平山郁夫シルクロード美術館
 ☆「世界遺産 敦煌 世界最大の砂漠の大画廊
 1400年の時を超えるスーパークローン文化財」12/2(月)〜令和2年4/15(水)
信州松代 真田宝物館
 ☆松代文化財ボランティアの会による「襖から目覚めた古文書たち
  〜古文書が語る江戸時代の暮らしぶり〜」〜令和2年3/23(月)

【岐阜】
可児郷土歴史館,☆特別展「明智光秀と可児〜明智荘にルーツを求めて〜」令和2年1/11(土)〜3/22(日)
タルイピアセンター歴史民俗資料館,☆特別企画展「1600年 関ヶ原合戦」〜令和2年5/24(日)

【京都】
京都国立博物館 
 ☆新春特集展示「子づくしー干支を愛でる−」令和2年1/2(木)〜2/2(日)
 ☆特集展示「京都御所障壁画 紫宸殿」令和2年1/2(木)〜2/2(日)
 ☆特集展示「神像と獅子・狛犬」令和2年1/2(木)〜3/22(日)
高台寺「掌美術館」,☆特別展「高台寺の名宝〜桃山の美」【第2期】令和2年1/1(水)〜5/10(日)

【大阪】
四天王寺宝物館,☆新春名宝展「聖徳太子の姿」令和2年1/1(水)〜2/9(日)
あべのハルカス美術館,☆国宝東塔大修理落慶記念「薬師寺展」令和2年2/28(金)〜4/19(日)

【兵庫】
赤穂市立歴史博物館,☆開館30周年記念特別展「元禄赤穂事件」〜令和2年2/4(火)

【島根】
島根県立古代出雲歴史博物館
 ☆再オープン記念特別展「行列雲州松平家と出雲国造家」令和2年4/24(金)〜5/18(月)
 ☆企画展「大地に生きる〜しまねの災と幸〜」令和2年7/10(金)〜9/6(日)

【広島】
広島城,☆企画展「江戸時代の天文学」〜令和2年1/26(日)
呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム),☆広域連携特別展示「瀬戸内海を越えて−安芸国と伊予国−」〜令和2年2/3(月)

【愛媛】
今治市村上水軍博物館,☆企画展「戦国の城と守り―戦国時代の武器・武具を比較する―」〜令和2年1/26(日)
宇和島市立伊達博物館
 ☆ダテハク企画展2 「続雅な贈り物」〜令和2年4/7(火)
 ☆令和元年度 伊達コレ「旅する参勤交代―宇和島藩主、いざ旅へー」〜令和2年2/2(日)

【高知】
高知県立坂本龍馬記念館,☆企画展 「長宗我部遺臣と土佐の郷士展」〜令和2年4/5(日)
高知県立歴史民俗資料館
 ☆令和元年度企画展「遠流の地 土佐 遠流の分析、そして土佐の文化への影響」令和2年1/10(金)〜3/8(日)

【福岡】
福岡市博物館,☆企画展示「福岡城下で暮らす」〜令和2年2/24(月・振)
大牟田市立三池カルタ・歴史資料館,☆冬の企画展「石炭と三池藩ー石炭発見550年ー」〜令和2年3/22(日)

【佐賀】
佐賀県立博物館
 ☆博物館開館50周年プレ企画展「県博クロニクル―展覧会からたどる佐賀県立博物館50年の歩み」令和2年1/1(水)〜3/8(日)
小城市立歴史資料館,☆テーマ展「静明院と篤誠院」〜令和2年1/12(日)

【長崎】
出島(出島史料館本館・分館・二番蔵)
 ☆令和元年度企画展「出島ターフル料理展〜閉ざされた島の食事情」〜令和2年1/13(月・祝) 

【熊本】
くまもと文学・歴史館
 ☆収蔵品展 アーカイブズにみるくまもと14 収蔵資料から熊本の文学と歴史の魅力をひもとく第14弾
  「殿様の教養 〜相良家の医術・武術〜」〜令和2年1/12(日)

【宮崎】
都城島津邸・都城島津伝承館,☆冬季収蔵史料展「都城往来事情〜収蔵史料にみる江戸・明治の旅模様〜」〜令和2年3/8(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12198] 【京都】国立博物館/神像と獅子・狛犬/子づくし/紫宸殿壁画[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 21:47:13

 東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=63でお正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特集展示「神像と獅子・狛犬」令和2年1/2(木)〜3/22(日) 平成知新館1F-1
    月曜休館(1/13(月・祝)2/24(月・振)は開館、翌日休館)
    開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土(3/6・7・13・14を除く)は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般520円 大学生260円
         高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(要年齢証明提示)
         障害者手帳等(*)提示者と介護者1名は無料
        &#8195;(*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
 われわれの先祖が遺した神々の像は、貴族のような姿、甲冑をまとった怒りの表情など様々な姿だが、守護の獅子・狛犬も、たとえば平安時代後期のものは穏やかで、それが鎌倉時代になると荒々しくなるように、時代によってその姿は変化する。仏像とは一味違う神像の獅子・狛犬を観覧。
  重文 善妙神立像 湛慶作 京都・高山寺
  獅子・狛犬のうち獅子 峰定寺伝来   など

☆新春特集展示「子づくし─干支を愛でる─」1/2(木)〜2/2(日) 平成知新館1F-2

 鼠は穀物の蔵を荒す嫌われ者だが、大黒さんの使いとして好印象を得たため、愛らしく描かれる。インドから大黒天がやってくると「大黒」と「大国」が一体化し、その富と豊穣の神様の使いに納まり、子孫繁栄の願いも託される。身近な小動物であり、神様の使いで子宝の象徴でもある鼠たち、『源氏物語』の「初音(はつね)」を含め、子づくしの美術を楽しむ。
   蝋燭に鼠根付 線刻銘「岡友」 
 重文 源氏物語画帖 「初音」土佐光吉筆
 仏涅槃図 1幅
 板彫十二神将立像のうち子神 1面
 栄螺に鼠金銀造り簪 (田村伎都子レクション)
 鼠図目貫 1組
 鼠の嫁入り蒔絵印籠 1合
 茄子と鼠根付「笑斉」銘 1個 など

☆特集展示「京都御所障壁画 紫宸殿」1/2(木)〜2/2(日) 平成知新館2F-4

 内裏の諸殿舎のなかでも最も格式が高い紫宸殿は、古くは日常政務の場だったが、やがて即位や大嘗会などの重要な儀式も行われるようになった。紫宸殿にある高御座後方に立てられる賢聖障子には、獅子狛犬と負文亀(ふぶんき)、そして中国殷代から唐代にいたる賢臣32人が描かれ、平安時代にさかのぼる。現在の京都御所の賢聖障子は寛政4年(1792)に制作されたものが残り、9面すべてを公開。

土曜講座:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜午後3時、定員200名(当日正午より平成知新館1階にて整理券配布)
     入館料のみ
1/11 「三十三間堂の仏像」淺湫 毅氏(連携協力室長)
1/18 「動物埴輪はなぜ造られたか―動物と古墳時代の人々―」古谷 毅氏(主任研究員)
1/25 「江戸時代後期、御所造営にともなう賢聖障子の製作過程」鎌田 純子 氏(帝京大学 准教授)
2/1 「おそるべきねずみたち」永島 明子氏(教育室長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12199] 【東京】国立博物館/博物館に初もうで/文徴明とその時代[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 21:48:17

 上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=131
で、お正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特集「博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ」令和2年1/2(木)〜1/26(日)本館 特別1室・特別2室
     月曜休館(1/13(月・祝)は開館、翌日休館)
     開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般620円 大学生410円
          高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(要年齢証明提示)
          障がい者手帳等(提示者と介護者1名は無料
          子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館者(子ども1名につき2名まで)は団体料金
          特別展「出雲と大和」(1/15〜)は別料金

 古代中国で成立し、暦や方角を示す干支は現在も私たちの生活に寄り添う。十二支の最初にあたる子(ねずみ)年の訪れを祝い特集。大黒様(七福神の一人)の使いとしての鼠、子孫繁栄の象徴となった鼠など、鼠の様々な顔を紹介し、江戸時代に流行した鼠色の着物や、永遠のライバル・猫との共演も。
 鼠、猫と遊ぶ娘と子供 鈴木春信筆 江戸時代・18世紀
 古染付大根鼠図大皿 伊万里 江戸時代・19世紀(「大根食うねずみ」を「大黒ねずみ」にひっかけ)
 一つ身振袖 鼠色縮緬地萩流水烏帽子鞍模様 江戸時代・19世紀
 袱紗 紺繻子地鼠大根米俵模様 江戸時代・18〜19世紀(二股大根や俵は大黒様の象徴)
 鼠蒔絵印籠 紐通し朱漆銘「塩見政誠」明治時代・19 世紀 
新春特別公開
 国宝 松林図&#23643;風 長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀(1/2(木)〜1/13(月・祝))本館2室(国宝室)
 国宝 古今和歌集(元永本) 下帖 平安時代・12世紀(1/2(木)〜1/19(日))本館3室
 重要文化財 御所車蒔絵硯箱 江戸時代・17世紀(1/2(木)〜3/22(日))本館12室

黒田記念館 特別室 1/2(木)〜1/13(月・祝)
 重要文化財 智・感・情 黒田清輝筆 明治32年(1899)
 「読書」「湖畔」「舞妓」

☆生誕550年記念「文徴明とその時代」1/2(木)〜3/1(日)東洋館 8室

 文徴明の生誕550年にあたり、台東区立書道博物館との連携企画第17弾にあたる本特集で明時代(1368〜1644)の中期を代表する文人の文徴明(ぶんちょうめい、1470〜1559)の古典に根差した気品ある書画と、文氏一族や門下の芸術を堪能。
  初夏山斎図軸 居節筆 中国 明時代・万暦6年(1578)(2/2まで展示)
  重要文化財 四万山水図軸 文伯仁筆 中国 明時代・嘉靖30年(1551)(2/4から展示)
  草書千字文巻 文徴明筆 中国 明時代・嘉靖24年(1545) 青山杉雨氏寄贈
  山水図巻 文徴明筆 中国 明時代・16世紀 個人蔵
  行書遊天池詩巻 文徴明筆 中国 明時代・嘉靖17年(1538) 個人蔵
  楷書離騒九歌巻 文徴明筆 中国 明時代・嘉靖31年(1552) 高島菊次郎氏寄贈
  楷書前後出師表 祝允明筆 中国 明時代・正徳9年(1514) 高島菊次郎氏寄贈
  行草書千字文巻 陳淳筆 中国 明時代・嘉靖14年(1535) 高島菊次郎氏寄贈
  草書宋之問詩巻 王寵筆 中国 明時代・嘉靖8年(1529) 高島菊次郎氏寄贈

お正月限定! カレンダー付きワークシート「2020鼠草紙すごろく」
 1/2、3、午前11時〜午後4時、先着3,000名(各日)に本館2階便殿前にてワークシートを配布
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12221] 【京都】佐藤太清記念美術館/福知山光秀ミュージアム[1/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/05(Sun) 23:03:08

 福知山市佐藤太清記念美術館http://fukuchiyama-artmuseum.jp/で1/11(土)から1年間展示される  
福知山光秀ミュージアムhttps://www.city.fukuchiyama.lg.jp/site/mitsuhidemuseum/の紹介をします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「福知山光秀ミュージアム」1/11(土)〜令和3年1/11(月・祝)
   佐藤太清記念美術館2階にて
   年中無休
   開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)・
   入館料金:大人500円 小中生250円
        ミュージアム+福知山城:大人700円 小中生300円

「麒麟がくる」大河ドラマ企画展〜明智光秀 丹波を翔る〜
   衣装・小道具、登場人物パネル、ドラマのストーリー紹介など
【我、乱世を翔り〜“丹波と光秀”特別展示】
第一章:我生涯は戦国なり〜明智光秀の時代〜
   光秀の出生から美濃時代、越前での浪人時代、織田信長と足利義昭の両属時代、信長時代から本能寺の変まで
第二章:我魂、丹波を翔る〜光秀の丹波攻略と福知山〜
   丹波攻略戦から福知山城築城までを描く映像展示、地図コンピューターグラフィックとドラマ風実写映像
第三章:我、城下町を建つ〜光秀と福知山〜
   治水や経済政策など、明智光秀の福知山での功績と、明智軍の規律や軍役の基準を示した「明智光秀家中軍法」
第四章:我、叡智を尽くし乱世を翔り〜光秀の実像に迫る〜
   映像とグラフィックで、明智光秀の多才な人物像、「本能寺の変」の原因について諸説紹介
重要資料特別展示〜資料で見る光秀の軌跡〜
  明智光秀肖像画(岸和田市本徳寺蔵) 紅糸縅本小札二枚胴具足(京都市井伊美術館蔵)
  織田信長、羽柴秀吉、荻野直正、波多野秀治などの資料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12231] 【高知】県立歴史民俗資料館/遠流の地 土佐[1/10(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/09(Thu) 21:42:22

 南国市の高知県立歴史民俗資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=39&c=19
で、明日1/10(金)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和元年度 企画展「遠流の地 土佐」1/10(金)〜3/8(日) 
   会期中無休
   入館料金:大人(18歳以上)520円
        高校生以下、高知県・高知市長寿手帳保持者
        身体障害者・療育・精神障害者保健福祉・戦傷病者・被爆者健康各手帳保持者と介護者1名無料

 古代の日本で行われた流刑、当時の都・京都からの距離によって「近流」「中流」そして「遠流」。一番重い「遠流」は、佐渡や隠岐などの離島に加え、土佐の地も「遠流の地」と定められ、土御門上皇など多くの人々が流された。本展では「遠流の地」土佐に流されたとされる人々の資料を分析し、土佐藩の流刑に関する資料をあわせて展示して実像に迫り、現在の高知県の文化への影響などを考察し、紹介。
  重文「土御門院御集」(1/19(日)〜2/1(土)展示)承久の乱によって配流された上皇の歌集、土佐配流中の歌も所収
  伝 毛利勝永所用緋羅紗陣羽織
  「土陽伝笑図会」土佐のうわさ話を描いた絵巻
  毛利勝永宛豊臣秀吉朱印状 関ヶ原合戦後に土佐山内家に預けられた毛利勝永の所持品
  伝 野中婉筆跡 野中兼山の失脚後、宿毛に幽閉されていた娘の筆跡  など

連続講座「通史でとらえる日本の流刑」午後2〜3時30分、要予約・要入館券
1/19(日)「古代の流刑」佐藤祐花氏(福岡市博物館 学芸員) 
2/1(土)「中世の流刑と土佐」清水克行氏(明治大学教授)
2/24(月・振)「幕藩体制における「預人」」石畑匡基氏(学芸員)
3/7(土)「近代の流刑・徒刑ー北海道に送られた囚徒の処遇について」赤司友徳氏(九州大学医学歴史館学芸員)

ミュージアムトーク;1/25(土)2/11(火・祝)3/8(日):午後2時〜30分

ベビーカーツアー:3/3(火)午後2時〜30分:要予約 先着5組※未就学児と保護者対象
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12236] 【東京】国立博物館/出雲と大和[1/15(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/14(Tue) 21:56:53

 上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=131で明日1/15(水)から開催される特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」平成館 特別展示室 前期:1/15(水)〜2/9(日)
                           後期:2/11(火・祝)〜3/8(日)
月曜休館(祝日の場合は翌日)
   開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
        障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)
 日本最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(720)から1300年。冒頭の国譲り神話で、出雲大社に鎮座するオオクニヌシは「幽」=神々や祭祀の世界を司り、天皇は大和の地で「顕」=現実世界、政治の世界を司るとされる。古代において「幽」と「顕」を象徴する場所、出雲と大和すなわち島根県と奈良県が共同で展覧会を開催。

第1章:巨大本殿 出雲大社
 重文 宇豆柱 出雲市 出雲大社境内遺跡出土 鎌倉時代・宝治2年(1248)出雲大社蔵
 重文 赤糸威肩白鎧 室町時代・15〜16世紀 出雲大社蔵 [前期展示]
 国宝 秋野鹿蒔絵手箱 鎌倉時代・13世紀 出雲大社蔵 [後期展示]

第2章:出雲 古代祭祀の源流
 勾玉 出雲市 西谷3号墓出土 弥生時代・1〜3世紀 島根大学法文学部考古学研究室蔵(出雲弥生の森博物館保管)
 国宝 銅剣・銅鐸・銅矛 出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2〜前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)
 重文 埴輪 見返りの鹿 松江市 平所遺跡出土 古墳時代・5〜6世紀 島根県教育委員会蔵
第3章:大和 王権誕生の地
 重文 円筒埴輪 桜井市 メスリ山古墳出土 古墳時代・4世紀 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館蔵
 国宝 七支刀 古墳時代・4世紀 天理市 石上神宮蔵
 重文 画文帯神獣鏡・三角縁神獣鏡 天理市 黒塚古墳出土 古墳時代・3世紀 文化庁蔵(奈良県立橿原考古学研究所保管)
 国宝 金銅装鞍金具(後輪)斑鳩町 藤ノ木古墳出土 古墳時代・6世紀 文化庁蔵(奈良県立橿原考古学研究所保管)
第4章:仏と政(まつりごと)
 重文 持国天立像(四天王像のうち)平安時代・9世紀 島根・萬福寺(大寺薬師)蔵
 重文 持国天立像 飛鳥時代・7世紀 奈良・當麻寺蔵
 重文 浮彫伝薬師三尊像 飛鳥〜奈良時代・7〜8世紀 奈良・石位寺蔵  
 国宝 広目天立像(四天王像のうち)奈良時代・8世紀 奈良・唐招提寺蔵 など

記念公演「雅楽・石見神楽」1/15(水)平成館 大講堂
(1)午後1時30分〜2時30分(2)3時30分〜4時30分 (開場は開演の30分前予定 当日受付)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12271] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/01(Sat) 00:07:09

 新たな歴史の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

【茨城】
かすみがうら市郷土資料館
 ☆令和元年度特別展 「篤農家 中島以政−郷土の農業振興への情熱ー」〜3/8(日)

【群馬】
太田市立高山彦九郎記念館,☆特別展「太田市新指定重要文化財展−高山神社の宝物ほか−」〜3/22(日)

【千葉】
千葉県文書館,☆「国立公文書館所蔵資料展徳川家康と房総」2/5(水)〜3/10(火)

【東京】
三井記念美術館
 ☆開館15周年記念特別展「三井家が伝えた名品・優品」第1部「東洋の古美術」7/1(水)〜7/29(水)
 ☆開館15周年記念特別展「三井家が伝えた名品・優品」第2部「日本の古美術」8/1(土)〜8/31(月)
 ☆特別展「ほとけの里 奈良・飛鳥の仏教美術」9/12(土)〜11/8(日)
港区立郷土歴史館,☆企画展「未来に伝えよう!みなと遺産」〜4/5(日)
高麗博物館,☆「江戸時代の朝鮮通信使 260年続いた平和の交隣関係」〜5/3(日・祝)
東洋文庫ミュージアム,☆企画展「大清帝国展」〜5/17(日)
帝京大学総合博物館,☆企画展「古代多摩に生きたエミシの謎を追え」〜2/29(土)<会期訂正>

【神奈川】
平塚市博物館,☆「北金目柳川起久雄家文書展−江戸時代の金目を知ろう」〜3/1(日)
遊行寺宝物館,☆特別展「遊行寺の名品」〜2/11(火・祝)

【富山】
高岡市立博物館,☆常設展 お宝コーナー「勤王の志士・頼 三樹三郎と高岡」〜3/15(日)

【静岡】
焼津市歴史民俗資料館,☆法華寺展・本堂修理記念「古道に咲く花ー受け継がれる祈りー」1/31(金)〜5/24(日)

【三重】
本居宣長記念館,☆2019年度冬の企画展「豆腐屋のダイヘイさんー宣長と大平ー」〜3/8(日)

【京都】
京都市考古資料館
 ☆歴史資料館&考古資料館 共同開催特別展「光秀と京−入京から本能寺の変−」2/7(金)〜6/21(日)
京都市歴史資料館
 ☆歴史資料館&考古資料館 共同開催特別展「光秀と京−信長,義昭,そして町の人びと−」2/7(金)〜4/5(日)
古典の日記念 京都市平安京創生館,☆企画展「平安京周辺の山林寺院」〜5/29(金)
京都産業大学むすびわざ館ギャラリー
 ☆所蔵品展「火の用心」〜2/8(土)
 ☆速報展「写真で見る禁裏御用水の遺構」〜2/8(土)

【大阪】
中之島香雪美術館,☆特別展「聖徳太子」10/31(土)〜12/13(日)
大阪城天守閣
 ☆3階企画展示「秀吉の家族・親族」〜3/17(火)
 ☆4階企画展示「徳川再築大坂城」〜3/18(水)

【兵庫】
三木市立みき歴史資料館,☆企画展「地域の史料たち4〜志染の近世〜」〜3/22(日)
小野市立好古館,☆小野陣屋まつり協賛展兼企画展「小野藩主一柳氏と元気な領民たち」2/15(土)〜4/5(日)
太子町立歴史資料館,☆特別公開「斑鳩寺の仏さま」2/8(土)〜4/5(日)

【奈良】
帝塚山大学附属博物館
 ☆第12回博物館実習生による企画展示「信資相承(ししそうしょう)―受け継がれる文化財と信仰の美−」〜2/11(火・祝)
天理市文化センター,☆「冬の文化財展」2/1(土)〜2/23(日)

【島根】
松江歴史館,☆企画展「松江市につたわる指定文化財」2/21(金)〜4/12(日)

【福岡】
北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)
 ☆歴史系ポケット企画展「小笠原騒動と白黒騒動 ー小倉藩小笠原家の御家騒動」 〜2/16(日)
伊都国歴史博物館,☆冬季企画展「糸島仏 〜いとしまのみほとけ〜」〜3/15(日)

【佐賀】
佐賀県立佐賀城本丸歴史館,☆企画展「新収蔵品展」〜3/15(日)

【熊本】
島田美術館,☆「熊本に明智光秀の血脈あり!光秀の残映」2/5(水)〜6/22(月)

【沖縄】
浦添市美術館,☆令和元年度第3期常設展 「守り伝える琉球王朝の美−沖縄県・浦添市指定有形文化財と名品−」〜5/17(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12281] 【奈良】国立博物館/毘沙門天/お水取り 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/05(Wed) 22:56:28

 奈良公園の奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2ではじまった特別展の紹介をします。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「毘沙門天―北方鎮護のカミ―」〜3/22(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は午後7時まで、入館は閉館の30分前まで)
       特別陳列「お水取り」および名品展は休館日と開館時間が異なる
    入館料金:一般1500円 高大生1000円 小中生500円
       この料金で特別陳列「お水取り」も観覧可
       障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料

 須弥山世界の四方にいて、仏教世界や仏法を守るカミ=四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)。このうち北方を守護する多聞天は、「毘沙門天」の名で呼ばれ、仏教修行者を守り、福を与えたり念仏信者を保護する特別の存在でもあった。観音が変化したとも言われ、妻の吉祥天と子の善膩師童子との三尊が組み合わされたりの展開を見せる。
 奈良時代、8世紀制作と考えられる木心乾漆造の像(愛媛・如法寺)や、絵の中から抜け出てきたかのような激しい運動感を示す作例(京都・弘源寺)、保安5年(1124)の年紀銘が確認された平安彫刻の貴重な基準作例(個人蔵、米国・ロサンゼルス・カウンティ美術館保管)、また仏師運慶の流れをくむ鎌倉時代の作品(当館蔵)、あるいは密教修法における調伏法に用いられた珍しい双身(二体合体)の像(奈良・東大寺)などの重要作例など、 とくに優れた作品を厳選し、それらを一堂に会する。
  毘沙門天立像 愛媛 如法寺 奈良時代(8世紀) 
  重要文化財 毘沙門天立像  和歌山 道成寺 平安時代(9世紀)
  重要文化財 毘沙門天立像  岐阜 華厳寺  平安時代(9世紀)
  毘沙門天立像 滋賀 高尾地蔵堂 平安時代(12世紀)
  毘沙門天立像 奈良国立博物館 鎌倉時代(13世紀)
  重要文化財 毘沙門天坐像 京都 清凉寺 平安時代(12世紀)
  国宝 毘沙門天(11世紀)・吉祥天(大治2年:1127)・善膩師童子(11世紀)立像 京都 鞍馬寺
  毘沙門天立像 (米国・ロサンゼルス・カウンティ美術館保管) 平安時代(保安5年:1124)
  重要文化財 双身毘沙門天立像 京都 浄瑠璃寺 平安時代(12世紀)
  勝敵毘沙門天立像 奈良 東大寺 鎌倉時代(13世紀)
  毘沙門天立像 京都 東寺(教王護国寺) 中国 唐時代(9世紀)
  重要文化財 毘沙門天立像 福岡 観世音寺 平安時代(9世紀)
  愛媛県指定有形文化財 毘沙門天立像 愛媛 金竜寺 平安時代(9〜10世紀)
  尼藍婆・毘藍婆坐像 岩手 三熊野神社毘沙門堂  平安時代(10世紀)

公開講座:講堂にて、午後1時30分〜3時(午後1時開場)12時から講堂前で整理券配布、定員194名
2/15(土)「毘沙門天の源流を探る−インドからガンダーラ・西域へ−」
          宮治 昭氏(名古屋大学/龍谷大学 名誉教授)
2/29(土)「唐宋時代の毘沙門天像−王朝の守護神−」佐藤 有希子氏(奈良女子大学文学部 准教授)
3/14(土)「日本における毘沙門天像の展開」 岩田 茂樹師(奈良国立博物館 上席研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別陳列「お水取り」〜3/22(日)
    2/17(月)25(火)3/16(月)休館
    開館時間 午前9時30分〜午後5時(金土と2/9(日)〜13(木)は8時まで
         3/1(日)〜5(木)8(日)〜11(水)は6時まで、3/12(木)は7時まで
         入館は閉館の30分前まで)

入館料金:一般520円(410円) 大学生260円(210円)この料金では「特別展・毘沙門天」の観覧は不可
     高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上、障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
     高校生以下または18歳未満の方と一緒に観覧される方、開館延長日の5時以降は団体料金
     2/4(火)〜3/6(金)に、東大寺境内で無料観覧券を配布〔使用期間:3/4(水)〜6(金)〕
     特別陳列「お水取り」と、東大寺ミュージアム 特集展示「二月堂修二会」相互割引
 東大寺の二月堂でおこなわれる仏教法会で、正式には修二会という「お水取り」は、現在、3月1日から14日までおこなわれ、心身を清めた僧(練行衆)が十一面観音の前で宝号を唱え、荒行で懺悔し、天下安穏などを祈願する。  
 天平勝宝4年(752)から一度も絶えることなく1260年以上にわたり営まれ続けたお水取り(修二会)を、この時季にあわせて開催する恒例の企画。実際に法会で用いられた法具や、歴史と伝統を伝える絵画、古文書、出土品などを展示。
 重要文化財 二月堂本尊光背 頭光 銅造 奈良時代(8世紀)
 二月堂曼荼羅 絹本著色 室町時代(16世紀)
二月堂縁起 紙本著色 室町時代 天文14年(1545)
 重要文化財 両堂記 第六(二月堂練行衆日記)紙本墨書 江戸時代(17世紀)
 重要文化財 香水杓 銅製 鎌倉時代
 錫杖 頭部=銅製 鍍金 柄=鉄製 江戸時代(18〜19世紀)
 重要文化財 二月堂神名帳 紙本墨書 室町時代 大永8年(1528) など

公開講座:2/11(火・祝)「不退の行法、東大寺修二会(お水取り)」 北河原公敬師(東大寺長老)

ボランティア解説:3/1(日)〜3/14(土)の毎日 午後2時〜、3時〜約30分)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12319] 【奈良】国立博物館:毘沙門天 見ました/国立館 臨時休館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/27(Thu) 22:11:56

 2/24(月・振)に奈良国立博物館の「毘沙門天―北方鎮護のカミ―」特別陳列「お水取り」を見に行きました。
 展示室に入るや目に飛び込んでくる武神。入り込めば四方八方が武神という空間は今までにないものでした。
 入口におわすは、岐阜県華厳寺の毘沙門天。木造だが甲冑が革製に見えるなめらかさ、しなやかさ。うーん、実在っぽい武人。その奥におわす滋賀県高尾地蔵堂の毘沙門天立像が凄い。12世紀平安時代の作と言うが、慶派か。ダイナミックに身体を折り曲げ衣も風になびき、顔はまるで藪内佐斗司作品のよう。(逆に藪内さんが中世仏をヒントにされているのかもしれませんが)。
 後半部、「兜跋毘沙門天」のゾーン。異国的な東寺の有名な像が迎えてくれますが、毘沙門天は日本では「北方の守り神」ですが、中国西方の守り神から来ているのですね。長いマント状の鎧、邪鬼ではなく、地天女に支えられる姿、その特徴の像がまた、まとまって存在することも知ることができました。

 なかなか面白い展覧会だったので、次月のオススメにするつもりで、書きかけていたのですが…
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 小中高校が全国一斉休校のニュースが飛び込んでくるとともに、
 独立行政法人国立文化財機構の国立博物館も、2/27(木)〜3/15(日)は臨時休館されると決定されました。

(臨時休館する施設)
 東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館
 奈良文化財研究所の公開施設(飛鳥資料館、平城宮跡資料館、藤原宮跡資料室)

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12317] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/26(Wed) 23:08:18

 新たな歴史の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。
 但し、感染予防対策での開館状況などは必ずお確かめください。

【宮城】
亘理町立郷土資料館,☆春のテーマ展「めでた掛けと宝船〜江戸家被災資料から〜」〜3/15(日)

【東京】
永青文庫
 ☆春季展「新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―」4/25(土)〜6/21(日)
 ☆夏季展「翁(仮)」7/4(土)〜8/30(日)
 ☆秋季展「永青文庫名品展―没後50年“美術の殿様”細川護立コレクション―」9/12(土)〜11/8(日)

【神奈川】
遊行寺宝物館,☆特別展「神仏を象る」〜5/11(月)
大磯町郷土資料館
 ☆春季企画展「旧高麗寺ゆかりの神像・仏像修理―出来!高来神社神像保存処理」4/25(土)〜6/21(日)

【石川】
石川県立美術館
 ☆前田育徳会尊經閣文庫分館 特別陳列「天神画像と「文」の取り合わせ」〜3/19(木)

【福井】
福井市立郷土歴史博物館,☆<館蔵品ギャラリー>「高札 ―掲げられた法令―」〜3/16(月)   

【岐阜】
土岐市美濃陶磁歴史館,☆特別展「〜光秀の源流〜 土岐明智氏と妻木氏」2/29(土)〜5/31(日)

【愛知】
徳川美術館
 ☆春季特別展「家康から義直へ−尾張藩誕生物語−」4/12(日)〜5/31(日)
 ☆秋季特別展「殿さまが好んだヨーロッパ−異国へのまなざし−」9/20(日)〜11/3(火・祝)
名古屋市蓬左文庫
 ☆春季特別展「家康から義直へ−尾張藩誕生物語−」4/12(日)〜5/31(日)
 ☆秋季特別展「殿さまが好んだヨーロッパ−異国へのまなざし−」9/20(日)〜11/3(火・祝)
 ☆企画展「尾張の百科事典−御秘本『張州雑誌』」令和3年2/6(土)〜4/4(日)

【三重】
斎宮歴史博物館
 ☆無料企画展示「逸品(4)」「斎宮のお家事情〜斎宮薬部司の実態にせまる〜」〜5/24(日)

【滋賀】
大津市歴史博物館
 ☆第158回ミニ企画展「江戸時代 石山寺の即位開帳」3/10(火)〜4/19(日)
 ☆第159回ミニ企画展「令和元年度新収蔵品展」4/21(火)〜6/7(日)
 ☆第161回ミニ企画展「明智光秀と在地土豪」7/7(火)〜10/11(日)
 ☆開館30周年記念企画展(第82回企画展)
  「聖衆来迎寺と盛安寺−明智光秀ゆかりの下阪本の社寺−」10/10(土)〜11/23(月・祝)
 ☆第162回ミニ企画展「明智光秀と坂本城」10/13(火)〜令和3年1/11(月・祝)
 ☆第163回ミニ企画展「降魔大師縁起絵巻」令和3年1/13(水)〜2/21(日)
草津宿街道交流館
 ☆特別展示「草津に伝わる戦国時代」3/20(金・祝)〜5/17(日)
 ☆春季テーマ展「くさつ・村の古文書を読む」3/20(金・祝)〜5/17(日)

【京都】
龍谷大学 龍谷ミュージアム
 ☆シリーズ展6「仏教の思想と文化 −インドから日本へ−
         特集展示:仏像ひな型の世界」〜3/22(日)<タイトル追加>
東寺(教王護国寺)宝物館
 ☆東寺宝物館開館55周年記念
  「東寺名宝展−重要文化財 二間観音と密教工芸−」 3/20(金)〜5/25(月)
平等院ミュージアム鳳翔館 ,☆冬季企画展「館蔵品展2020」〜4/9(木)
亀岡市文化資料館,☆第34回特別展 「明智光秀と戦国丹波ー丹波進攻前夜ー」〜3/8(日)
南丹市立文化博物館,☆令和元年度冬季企画展「八木城と丹波の城跡」〜3/29(日)

【大阪】
大阪城天守閣,☆特別展「豊臣家ゆかりの“天女の島”―びわ湖竹生島の歴史と宝物」3/20(金・祝)〜5/10(日)
レイクアルスタープラザ・カワサキ歴史館いずみさの
 ☆令和元年度 冬季企画展「恵方?鬼門?泉佐野の家相図〜江戸時代の占いブーム〜」〜3/29(日)

【和歌山】
高野山霊宝館,☆春期平常展「密教の美術」〜4/12(日)

【広島】
松濤園,☆御馳走一番館所蔵品展V「朝鮮通信使と江戸時代の饗応」〜4/6(月)

【福岡】
福岡市美術館,☆コレクション展 古美術「東光院のみほとけ」〜3/31(火)
九州歴史資料館,☆企画展「太宰府天満宮の境内絵図 −さいふまいりの江戸・明治−」〜3/22(日)

【熊本】
天草市立天草キリシタン館
 ☆国指定重要文化財「綸子地著色聖体秘蹟図指物」(通称:「天草四郎陣中旗」)の公開 3/1(日)〜3/7(土)

【大分】
大分県立歴史博物館,☆令和元年度企画展れきはく交流展「いにしえのおおいた」3/20(金・祝)〜5/10(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12341] 【滋賀】大津市歴史博物館/江戸時代の琵琶湖水運 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 00:13:29

 大津市役所近くの大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに歴史探究をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆重要文化財「大津百艘船関係資料」指定記念企画展(第81回企画展)
 「江戸時代の琵琶湖水運−大津百艘船の航跡−」〜4/12(日)
    月曜休館
     入館料金:一般600円(480円) 高大生300円(240円) 小中生200円(160円)
        ( )内は15名以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方、
       大津市内在住の障がい者・介護保険の要介護者・要支援者割引(要証明)

 天正14〜15年(1586〜87)、豊臣秀吉は、坂本にあった城を大津に移して物資輸送の拠点とし、さらに大津城主の船持仲間「大津百艘船」を組織した。大津百艘船には、大津経由の物資と人の輸送を独占権が与えられ琵琶湖水運の中心的役割を担うので、琵琶湖水運をめぐる多くの文書や争論記録が残された。本展は「大津百艘船関係資料」1237点が重要文化財に指定されたことを記念して、古文書・歴史資料一堂に展示し、江戸時代の琵琶湖水運の歴史を紹介。
 京極高次高札(重要文化財 文禄4年〔1595〕)
 大津百艘船万留帳(重要文化財 江戸時代)
 矢橋小舟入り航路絵図(江戸時代)
 大津町古絵図(大津市指定文化財 江戸時代)
 琵琶湖眺望真景図(江戸時代)
 京極高次家臣連書状(重要文化財 慶長5年〔1600〕)
 大津御用米会所要用帳(江戸時代)
 丸子船模型(本館蔵)
 大津湖岸絵葉書(明治末 個人蔵)
れきはく講座(講演会)要申込、締切有り(3月は中止)
4/4(土) 「江戸時代の石山寺と旅行者−紀行文と古文書にみるー」青柳周一氏(滋賀大学経済学部教授)
4/11(土) 「幕末における京都・大津間の物資流通」樋爪修氏(元大津市歴史博物館館長)

展示解説(ギャラリートーク)(3月分は中止)午後2時〜30分程度
4/8(水) 「重要文化財 大津百艘船をひもとく」高橋大樹氏(本館学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12342] 【岐阜】土岐市美濃陶磁歴史館/土岐明智氏と妻木氏 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 00:14:12

 土岐市美濃陶磁歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=21&c=58で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに歴史探究をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
☆特別展「〜光秀の源流〜 土岐明智氏と妻木氏」〜5/31(日)
   月曜、祝日の翌日(3/21、4/30、5/3〜6は開館)休館
   入場料金:一般200円 大学生100円 高校生以下無料
        障がい者手帳をお持ちの方 一般100円、大学生50円

 鎌倉時代、美濃国土岐郡に土着し「桔梗一揆」と呼ばれた強力な土岐氏の武士団は形成し、室町時代に足利氏を支えるほどの繁栄を極め、その一派に土岐明智氏、その末裔が明治維新まで群馬県沼田藩を治め貴重な古文書群「土岐家文書」が伝える。
 南北朝時代に土岐郡妻木郷を拠点に活躍し、足利尊氏や弟直義から出された文書など、土岐明智氏の繁栄を伝える「土岐家文書」が500年ぶりに土岐市へと里帰りし、故郷において初公開。
 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公明智光秀は、土岐明智氏あるいは妻木氏の出身といわれ、妻や伯父が妻木氏、さらには「妻木」と名乗った妹が信長の側室だったとされるなど、光秀と妻木氏はとくに深い関係があった。本展では、土岐明智氏と妻木氏の菩提寺・崇禅寺に残る位牌、近年の発掘調査で明らかになった土岐明智氏の居館とみられる遺跡の出土品など、古文書や妻木に残る文化財などから明智光秀のルーツともいえる土岐明智氏と妻木氏の歴史をたどる。
 足利直義奥上署判下文(土岐家文書) 暦応2(1339)年
 妻木家頼所用具足(妻木八幡神社所蔵)  など

担当学芸員による展示解説:5/3(日)午後2時〜

3/28(土)に予定された講演会は中止
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12343] 【兵庫】香雪美術館/龍と鳳凰 伝説の霊獣 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 00:16:19

 阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3
で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに歴史探究をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
☆「龍と鳳凰 伝説の霊獣」〜5/6(水・振)
   月曜休館(5/4(月・祝)は開館)
   入館料金:一般700円 高大生450円 中学生以下無料

 水中・地中にすみ、雷雲や嵐を呼び、水を制する力を持ち、縁起の良い幸運の象徴として、中国では皇帝の象徴とされた龍。梧桐にすみ、竹の実を食べ、理想的な君主が出現した際に出現するといわれる瑞烏・鳳凰。瑞祥・吉祥のシンボルともされ、東アジア全域で様々な美術品のモチーフに取り入れられた伝説上の霊獣神獣・龍と鳳凰を表現した作品を村山龍平の収集品の中から紹介。
   景徳鎮窯 赤絵鳳凰牡丹唐草文茶碗 中国・明時代
   交趾蓮唐草文香炉 中国・明〜清時代
   景徳鎮画家 色絵団龍花卉文水指 中国・明〜清時代
   日月桐竹鳳凰孔雀図屏風 江戸時代
   鉄鳶頭形兜 江戸時代
   桐鳳凰図小柄 江戸時代
   不動明王八大童子像 室町時代 など

4/5(日)開催予定の講演会は中止

毎週土曜日、午後2時からギャラリートークも当面の間中止。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12350] 【京都】東寺(教王護国寺)宝物館/東寺名宝展ー重要文化財 二間観音と密教工芸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/28(Sat) 20:37:48

 東寺(教王護国寺)宝物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=88で開催中の展示を開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆東寺宝物館開館55周年記念「東寺名宝展ー重要文化財 二間観音と密教工芸ー」&#12316;5/25(月)
                       前期:〜4/23(木)
                       後期:4/24(金)〜5/25(月)
    会期中無休
 昭和32年(1957)、東寺の文化財総合調査が行われ、重要な宝物が確認されたのを機に文化財保護の声が高まり、昭和40年(1965)に開館。密教美術の宝庫で、国宝や重要文化財指定の宝物だけでも約25,000点にのぼり、宝物館は所蔵する寺宝を春秋二期にわたって特別公開。今年は宝物館開館55周年を記念して、名宝展を春期と秋期の二期に分けて開催します。春期は、密教工芸品と修理を終えた重要文化財 二間観音を25年ぶりに公開。

 重要文化財 二間観音(ふたまかんのん)(帝釈天立像・観音菩薩立像・梵天立像)鎌倉時代
 重要文化財 千手観音菩薩立像 平安時代
 国宝 兜跋毘沙門天立像 唐時代(4月以後の展示)
 重要文化財 地蔵菩薩立像 平安時代
 重要文化財 夜叉神立像(雄夜叉)平安時代
 重要文化財 五重小塔 鎌倉時代
 国宝 東宝記 巻一(とうぼうき)南北朝&#12316;室町時代
 重要文化財 金銅鉢 平安時代
 重要文化財 金銅大鋺(こんどうおおまり)平安時代
 重要文化財 金銅鋺(こんどうまり)平安時代
 重要文化財 金銅皿 平安時代
 重要文化財 金銅鋺蓋(こんどうまりぶた)平安時代
 重要文化財 金銅&#37432;子(こんどうばっし)鎌倉時代
 重要文化財 銅鑼 鎌倉時代
 重要文化財 東寺文書六芸之部 南北朝時代
 重要文化財 東寺観智院金剛蔵聖教類 南北朝&#12316;江戸時代
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12368] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/04/01(Wed) 23:52:23

 これから開催されるはずの歴史の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、昨今の情勢により、展示の期間に入っていても休館中または開会延期の場合があります。その際には「休館が解けた時」を楽しみにお待ちください。そして出かけられる際には、必ず、当該館の当日のオリジナル情報をご確認の上、お訪ねください。

【千葉】
芝山町立芝山古墳・はにわ博物館,☆企画展「門前町 芝山のあゆみ」〜7/26(日)

【東京】
北区飛鳥山博物館
 ☆春期企画展「飛鳥山三百年展−楽しい!だから続く、吉宗がつくった江戸のワンダーランド」4/1(水)〜5/10(日)

【神奈川】
神奈川県立金沢文庫
 ☆企画展「江戸刷リ物品定メ〜二代目金沢文庫長の秘策〜」4/1(水)〜5/24(日)
 ☆特別公開「龍華寺の天平仏」4/10(金)〜4/24(金)

【石川】
加賀本多博物館,☆春季特別展「加賀本多家の名品展」〜6/15(月)

【福井】
福井市立郷土歴史博物館
 ☆<松平家史料展示室> 企画展「武家のよそおい」〜5/17(日)
 ☆令和2年春季特別展「明智光秀と越前」 〜5/6(水・振)

【岐阜】
岐阜市歴史博物館
 ☆「歴博セレクション」4/4(土)〜6/28(日)<5/11(月)〜5/15(金)は展示替えのため休室>
 ☆特別展「用の美−武家貴族の美意識」7/10(金)〜8/30(日)
中津川市中山道歴史資料館,☆令和2年上期企画展「旅日記と古地図の眺め」4/1(水)〜9/29(火)
相國寺承天閣美術館,☆「いのりの四季―仏教美術の精華 受けつがれてきた―荘厳。」4/12(日)〜7/19(日)
京都府立京都学・歴彩館,☆「新収蔵品展」4/11(土)〜6/7(日)
泉屋博古館
 ☆開館60周年記念特別展「瑞獣伝来―空想動物でめぐる東アジア三千年の旅―」9/12(土)〜10/18(日)
 ☆開館60周年記念名品展II「泉屋博古―住友コレクションの原点(仮題)」10/30(金)〜12/6(日)
花園大学歴史博物館,☆開館20周年記念「両足院―いま開かれる秘蔵資料―」4/2(木)〜6/13(土)
龍谷大学 龍谷ミュージアム,☆春季特別展「ブッダのお弟子さん−教えをつなぐ物語−」4/18(土)〜6/14(日)

【大阪】
大阪市立美術館,☆コレクション展 古代エジプト「コプトの美術」5/12(火)〜6/14(日)

【和歌山】
和歌山県立博物館,☆「戦乱の中の熊野ー紀南の武士と城館ー」4/25(土)〜6/7(日)

【島根】
松江歴史館
 ☆松江城天守国宝指定5周年記念「松江城大解剖ー城郭そして城下町ー」4/23(木)〜6/21(日)
 ☆松江城天守国宝指定5周年記念「NARITAKE 松江藩主松平斉貴
   −北斗七星と鷹と西洋文化に魅せられた殿様−」9/18(金)〜11/15(日)
 ☆企画展「出雲国を彩るかざり」12/4(金)〜令和3年2/7(日)
今岡美術館,☆「中・近世出雲國の贅言 文化・歴史が育んだ古美術名品展」4/5(日)〜5/24(日)

【愛媛】
今治市村上海賊ミュージアム,☆企画展「さらば、村上水軍博物館−なぜ村上「海賊」なのか?−」〜6/28(日)

【高知】
高知県立歴史民俗資料館,☆「補陀洛東門開く蹉?山金剛福寺」4/24(金)〜 6/28(日)

【福岡】
九州歴史資料館
 ☆常設展「歴史(とき)の宝石箱」〜9/22(火)
 ☆特集展示「即位の大礼と福岡県」〜5/17(日)
 ☆「きゅうおにとタイムトラベル」〜7/12(日)
 ☆パネル展 「新九州歴史資料館10年のあゆみ」〜6/14(日)
 ☆特別展「福岡の至宝に見る信仰と美」10/6(火)〜11/29(日)

【長崎】
長崎歴史文化博物館,☆「長崎の黄檗―隠元禅師と唐寺をめぐる物語―」9/26(土)〜11/23(月祝)
佐世保市博物館島瀬美術センター
 ☆「侍う―SABURAU―展 in 佐世保〜日本の伝統文化とサブカルチャーのコラボ〜」4/25(土)〜5/6(水・祝)

【宮崎】
都城島津邸・都城島津伝承館
 ☆都城島津伝承館春季収蔵史料展「都城島津家の「食」の歴史」〜7/26(日)
 ☆国文祭・芸文祭「都城市3館 周年記念特別展〜神話にみえる都城〜」10/24(土)〜12/6(日)
都城歴史資料館,☆企画展「和〜みつけてみようニッポンの美」〜5/17(日)

【沖縄】
那覇市歴史博物館,☆常設展「王朝文化と都市(まち)の歴史」/沖縄の伝統行事「清明」〜5/11(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12395] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/05/05(Tue) 23:31:59

 これから開催されるはずの歴史の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、展示の期間は「休館が解けた時」から、と言う意味でご覧下さい。但し、期間中でも、開催中止の場合もあります。再開を楽しみに館のオリジナル情報を確認して、お訪ねください。

【岩手】
もりおか歴史文化館
 ☆企画展「漆戸茂樹没後150年 SHIGEKIー盛岡藩沿岸を測量した男ー」〜6/30(火)
 ☆テーマ展「南部家の生き方 episode.0―系譜にみる中世の南部家―」5/20(水)〜7/19(日)
 ☆テーマ展「盛岡藩のスポーツ―わざくらべ―」7/23(木)〜9/22(火)
 ☆企画展「江戸へ―盛岡藩の参勤交代―」8/1(土)〜10/19(月)
 ☆テーマ展「新収蔵資料展」9/24(木)〜12/14(月)
 ☆テーマ展「罪と罰―盛岡藩の犯罪記録と町奉行の仕事―」12/18(金)〜令和3年2/15(月)
 ☆企画展「災害の記憶―盛岡藩の災・救済・復興―」令和3年1/20(水)〜3/15(月)
 ☆テーマ展「被災地の今―復興、道半ば―」令和3年2/17(水)〜5/17(月)
花巻市博物館,☆テーマ展「花巻の煌めく人と物」5/23(土)〜6/21(日)

【宮城】
宮城県美術館,☆東日本大震災復興祈念「奈良・中宮寺の国宝展」11/12(木)〜12/25(金)

【秋田】
秋田県立博物館
 ☆菅江真澄資料センター開設25年記念企画展「重要文化財 菅江真澄遊覧記の公開」〜6/21(日)
 ☆菅江真澄資料センター 企画コーナー展「真澄酒物語−真澄と酒を巡る話−」7/18(土)〜9/6(日)
 ☆菅江真澄資料センター 企画コーナー展「内田文庫、新着資料の紹介」10/17(土)〜12/6(日)
 ☆菅江真澄資料センター 企画コーナー展「おらほの真澄−能代・山本−」令和3年3/20(土)〜5/16(日)
秋田市立佐竹史料館
 ☆企画展「秋田藩・恵みとともに  Part1」11/21(土)〜令和3年2/2(火)   
 ☆企画展「秋田藩・恵みとともに  Part2」令和3年2/6(土)〜4/18(日)
新潮社記念文学館,☆「角館町割400年記念企画展」7/23(木)〜9/22(火)

【山形】
最上義光歴史館
 ☆企画展示「最上義光〜乾坤一擲の戦い 〜最上義光と長谷堂合戦図屏風〜」
   開館30周年記念「復元!! 最上義光所用鉄製指揮棒」〜5/17(日) 
致道博物館,☆創立70周年記念「【庄内の日本遺産】日本遺産、庄内、悠久の歴史―Shonai Heritage―」8/1 (土)〜9/14 (月)

【福島】
福島県立博物館,☆企画展「会津のSAMURAI文化」7/18(土)〜9/13(日)
小峰城歴史館
 ☆「小峰城の歴代城主と美術」7/22(水)〜9/6(日)
 ☆「小峰城の歴代城主と美術」11/18(水)〜令和3年3/31(水)
南相馬市博物館,☆企画展「冥界へようこそ ―仏画からあの世をのぞく―(仮題)」10/1(木)〜12/13(日)

【茨城】
茨城県立歴史館
 ☆企画展1 「鹿島神宮の宝−直刀・狛犬・鯰絵、そして祭頭祭・御船祭−」〜6/7(日)
 ☆企画展3(アーカイブズ展)「徳川斉昭と弘道館・偕楽園」12/15(火)〜令和3年1/31(日)
さくら市ミュージアム−荒井寛方記念館−
 ☆「謎解きミュージアム〜館長からの挑戦状〜」7/18(土)〜9/6(日)さくら市の歴史文化 
 ☆さくら市の歴史と文化 宇都宮・会津仕置430周年記念行事
  「喜連川足利氏誕生の軌跡〜古河公方・小弓公方〜」11/28(土)〜12/23(水) 

【東京】
明治大学博物館
 ☆「新収蔵・収蔵資料展2020」6/6(土)〜6/28(日)
 ☆「絵図が語る内藤藩の歴史」8/18(火)〜9/17(木)
根津美術館,☆財団創立80周年記念特別展「根津美術館の国宝・重要文化財」11/14(土)〜12/20(日)
郵政博物館,☆企画展「東海道と旅 展」〜6/7(日)
古代オリエント博物館,☆クローズアップ展「ペルシア書道へのいざない」〜5/24(日
青梅市郷土博物館,☆企画展「青梅宿の才人〜山田早苗と小林天渕〜」5/8(金)以降〜6/28(日)

【神奈川】
根岸競馬記念公苑 馬の博物館,☆テーマ展「生類憐みの日本史〜馬から犬まで〜」〜6/14(日)
横須賀市自然・人文博物館,☆「江戸時代の学び」〜6/28(日)

【新潟】
長岡市立科学博物館,☆第10回 長岡藩主牧野家の至宝展「牧野家伝来文書の世界」〜5/31(日)

【富山】
射水市新湊博物館,☆「射水の城 神保の城」〜7/5(日)
富山県[立山博物館],☆後期特別企画展「戦国武将と立山」10/3(土)〜11/15(日)

【石川】
石川県立歴史博物館,☆令和2年度春季特別展「加賀藩江戸屋敷―本郷邸の儀礼とくらしー」〜6/7(日)
前田土佐守家資料館,☆企画展「武家官位と前田土佐守家」5/7(木)〜7/5(日)

【福井】
福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館
 ☆パネル展「福井新聞連載『青の10年』パネル展」〜12/28(月)明智光秀が越前国で過ごした10年間
福井県立歴史博物館
 ☆特別展「天下人の時代 ―信長・秀吉・家康と越前―(仮題)」7/18(土)〜8/31(月)
 ☆パネル展「姉川合戦図屏風の武将たち」 8/1(土)〜10/20(火)
福井県立若狭歴史博物館,☆テーマ展「新指定・新収蔵文化財展」〜5/31(日)
鯖江市まなべの館,☆企画展「鯖江藩立藩300年記念展ー間部家ここにあり!」10/17(土)〜11/23(月・祝)

【山梨】
山梨県立博物館
 ☆開館15周年記念特別展「未来へ伝えたい 甲斐の国のたからもの
     〜新指定文化財・収蔵品展〜」 10/24(土曜)〜12/7(月)
 ☆開館15周年記念特別展「生誕500年 武田信玄の生涯 」令和3年3/13(土)〜5/10(月)

【長野】
信州松代 真田宝物館,☆企画展「信之のキモチ」〜6/21(日)
長野市立博物館,☆春の企画展「サムライの威容2−上杉家伝来の宝物を中心に−」〜6/21(日)
茅野市神長官守矢史料館,☆企画展「戦国武将からの手紙」5/12(火)〜7/5(日)

【静岡】
掛川市二の丸美術館
 ☆Cool Kakegawa「掛川の歴史と美ー藩主の美意識と掛川宿ー」7/23(木・祝)〜10/11(日)
 ☆掛川物語ー掛川文化の原点 Part1「松ヶ丘・山崎家ゆかりの遺品展」令和3年2/6(土)〜3/28(日)
上原美術館
 ☆上原コレクション名品選3仏教館「〜新収蔵・二天像と上原美術館のみほとけ〜」〜9/27(日)会期中無休
 ☆「知られざる伊豆の仏像(仮題)」10/10(土)〜令和3年1/11(日)会期中無休

【愛知】
豊橋市美術博物館
 ☆「吉田城と三河吉田藩」7/22(水)〜9/13(日)
 ☆「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」9/19(土)〜11/8(日)
豊橋市二川宿本陣資料館,☆「旅人は伊勢をめざす〜お伊勢まいりの歴史〜」9/5(土)〜9/27(日)
田原市博物館,☆「田原の歴史 田原城・田原城主のあゆみ」5/23(土)〜7/12(日)

【和歌山】
和歌山市立博物館
 ☆コーナー展示「紀州藩士のくらしと仕事」〜5/31(日)
 ☆企画展「総持寺の至宝」5/9(土)〜6/7(日)
 ☆コーナー展示「和歌山市の中世文書ー市内南部の中世を探る」8/4(日)〜10/4(日)
 ☆企画展「新収蔵品展」10/3(土)〜11/15(日)
 ☆企画展「歴史を語る道具たち」令和3年1/5(火)〜2/28(日)

【岡山】
岡山シティミュージアム,☆企画展 池田家文庫絵図展 「岡山・大坂と海の道」10/31(土)〜11/15(日)

【福岡】
九州国立博物館
 ☆文化交流展示特集展示「きゅーはく どうぶつえん」 〜7/12(日)
 ☆文化交流展 開館15周年記念特集展示
  大宰府史跡指定100年記念「筑紫の神と仏」5/19(火)〜8/30(日)
 ☆文化交流展 開館15周年記念特集展示
  「織物に魅せられてー加賀前田家伝来の名物裂ー」6/9(火)〜8/2(日)
 ☆特別展 開館15周年記念特別展「海幸山幸ー祈りと恵みの風景ー」7/21(火)〜9/13(日)
 ☆特別展 開館15周年記念特別展「加耶(仮称)」10/13(火)〜12/6(日)(予定)
 ☆文化交流展 新春特別公開「徳川美術館所蔵 国宝 初音の調度」令和3年1/1(金・祝)〜1/24(日)
 ☆特別展「中宮寺の国宝(仮称)」令和3年1/26(火)〜3/21(日)(予定)
 ☆文化交流展 特集展示「天神縁起の世界(仮称)」令和3年2/2(火)〜3/28(日)

【佐賀】
佐賀県立佐賀城本丸歴史館
 ☆テーマ展「佐賀城本丸歴史館の 逸品vol.2」〜5/31(日)
 ☆テーマ展「鍋島家の女性たち」7/17(金)〜8/30(日)
 ☆テーマ展「佐賀の 異才を追う」10/23(金)〜12/6(日)
 ☆特別企画展「よみがえれ! 佐賀城本丸御殿」令和3年1/22(金)〜3/7(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12418] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/06/01(Mon) 23:31:47

 休館が解けて開催される歴史の展示を紹介します。今回は5月末ぎりぎりでの情報ですが、ほっとミュージアムに掲載中のものは、展覧会が中止になっているものも一部残っています。「休館が解けた時」からお楽しみにして頂きたいのですが、必ず、当該館のオリジナル情報を確認してお訪ね下さい。

【山形】
山形県立博物館,☆「第2回やまはくセレクション展」〜6/7(日)作曲家・古関裕而氏に関する資料を追加展示<会期延長>
伝国の杜 米沢市上杉博物館
 ☆特別展「関東管領上杉謙信」〜6/21(日)
 ☆特別展「米沢城(仮題)」 前期:9/19(土)〜10/18(土)
            後期:10/24(土)〜11/23(月・祝)
 ☆コレクション展「上杉文書を開く(仮題)」12/12(土)〜令和3年1/24(日)

【東京】
すみだ北斎美術館,☆企画展「大江戸歳事記」6/30(火)〜8/30(日)<会期変更>
江東区中川船番所資料館,☆収蔵資料展「江戸のパワースポット 亀戸」6/1(月)〜7/19(日)

北区飛鳥山博物館
 ☆春期企画展「飛鳥山三百年展−楽しい!だから続く、吉宗がつくった江戸のワンダーランド」6/2(火)〜8/30(日)<会期変更>

【東京】
京都国立博物館
 ☆西国三十三所 草創1300年記念「聖地をたずねて ー西国三十三所の信仰と至宝ー」7/23(木・祝)〜9/13(日)

【大阪】
レイクアルスタープラザ・カワサキ歴史館いずみさの
 ☆秋季特別展「大坂城と樫井合戦(仮題)」10/3(土)〜12/27(日)
大阪府立狭山池博物館
 ☆令和2年度池守田中家文書特別公開展「田中家三代 お江戸へ参上」〜6/21(日)
 ☆令和2年度ミニ展示「歴史発見三題2020」〜6/21(日)

【兵庫】
兵庫県立歴史博物館,☆特別展「女たちのひょうご―千姫から緒方八重まで―」10/3(土)〜11/23(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12438] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/07/05(Sun) 00:50:22

 開催中またはこれから開催の歴史の展示を紹介します。かつて、紹介したもののうち、休館明けで展示期間を延長されたものや、変更されたものも含まれています。どうぞ、これからの訪問にご利用ください。

【北海道】
苫小牧市美術博物館,☆「八王子千人同心と蝦夷地」10/10(土)〜12/13(日)

【茨城】
古河歴史博物館,☆テーマ展「古河城下の桃源郷」令和3年2/27(土)〜4/21(水)

【埼玉】
埼玉県立歴史と民俗の博物館
 ☆夏の特集展示「太平記絵巻の修理を終えて」7/18(土)〜9/6(日)
 ☆企画展「新収集品展」 10/10(土)〜11/23(月・祝)
行田市郷土博物館,☆第30回テーマ展「忍藩の武術」〜8/30(日)
埼玉県立川の博物館,☆企画展示「楽しい美味しい江戸の水辺」7/11(土)〜9/6(日)

【東京】
千秋文庫博物館
 ☆企画展「江戸の風景−町絵図を中心に−」【前期】〜8/15(土)
                     【後期】8/25(火)〜10/10(土)
新宿歴史博物館
 ☆所蔵資料展「お江戸のなんでもランキング2 めくるめく番付ワールド」前期:〜7/12(日)
                    後期:7/14(火)〜9/22(火・祝)
永青文庫
 ☆ミニ展示 「大名細川家のステイホーム―永青文庫の漆芸コレクション―」〜7/12(日)
 ☆夏季展「翁―大名細川家の能の世界―」準備中
品川区立品川歴史館,☆令和2年度コーナー展「品川、桜花爛漫〜江戸時代の花見と観光〜」〜9/27(日)

【神奈川】
横浜開港資料館
 ☆横浜市新市庁舎完成記念 令和2年度第1回企画展示
  「町会所から市役所へ―古地図と古写真に見る横浜の歩み―」〜9/22(火・祝)<再開催>
      横浜市歴史博物館・横浜都市発展記念館と連携
横須賀市自然・人文博物館,☆「江戸時代の学び」〜9/27(日) <会期延長>

【福井】
若狭国吉城歴史資料館
 ☆織田信長公国吉城入城450年記念企画展「麒麟…の花押を使った信長…が来た!」〜7/26(日)

【長野】
長野市立博物館
 ☆令和2年度 夏の企画展「サムライの威容2〜上杉家伝来の宝物を中心に〜」7/18(土)〜8/30(日)
茅野市神長官守矢史料館,☆企画展「戦国武将からの手紙」8/8(土)〜10/11(日)<会期変更>

【岐阜】
岐阜市歴史博物館,☆「歴博セレクション」〜7/5(日)<会期延長>
土岐市美濃陶磁歴史館
 ☆特別展「〜光秀の源流〜 土岐明智氏と妻木氏」〜9/13(日)<会期延長>
可児郷土歴史館
 ☆企画展「武者絵 誰もが憧れる可児の戦国武将『明智光秀と森乱丸』」〜9/13(日)

【静岡】
焼津市歴史民俗資料館,☆企画展「法華寺展・本堂修理記念 古道に咲く花 受け継がれる祈り」〜10/4(日)<会期延長>

【愛知】
一宮市尾西歴史民俗資料館
 ☆夏季特別展「美濃路参勤交代物語―本当は辛い大名旅行―」7/18(土)〜8/30(日)
 ☆冬季収蔵品展「地域の災害史〜地震・台風・豪雨〜」令和3年2/13(土)〜3/21(日)
常滑市民俗資料館,☆企画展「瀧田家の廻船文書と「江戸のキビショ」展」〜7/26(日)
田原市博物館
 ☆「田原の歴史 田原城・田原城主のあゆみ」〜8/2(日)<会期延長>
 ☆企画展「学芸員が選ぶ 田原市博物館の名品」 8/8(土)〜9/27(日)

【三重】
三重県総合博物館Miemu
 ☆「伊勢の造船400年史〜旧市川造船所資料展〜」令和3年1/26(火)〜2/21(日)
桑名市博物館
 ☆春季企画展「新収蔵品展―陸軍大将立見尚文を生んだ桑名藩町田家―」令和3年3/6(土)〜4/11(日)
亀山市歴史博物館
 ☆第35回企画展「日本書紀編さん1300年 ヤマトタケル−その愛と死−」9/19(土)〜12/13(日)
斎宮歴史博物館,☆無料企画展示「逸品」1「酒人女王が入った野宮?」〜8/28(金)

【滋賀】
滋賀県立安土城考古博物館
 ☆第62回企画展「お城のリユース―信長・光秀・秀吉・家康―」7/18(土)〜9/13(日)
栗東歴史民俗博物館
 ☆特集展示「村のかたち―古絵図からみる栗東の歴史―」(仮称)12/5(土)〜令和3年2/28(日)

【京都】
京都市考古資料館
 ☆歴史資料館&考古資料館 共同開催特別展「光秀と京−入京から本能寺の変−」〜11/23(月・祝)<会期延長>
京都市歴史資料館
 ☆叢書京都の史料第16回配本刊行記念特別展「京都摺物集成 ―江戸時代の京のにぎわいー」〜8/2(日)<会期延長>
京都府京都文化博物館,☆「明智光秀と戦国京都」〜8/16(日)
龍谷大学 龍谷ミュージアム,☆「シリーズ展7」7/11(土)〜8/16(日)
宇治市歴史資料館,☆特別展「古絵図の世界」9/26(土)〜11/29(日)
京都府立丹後郷土資料館(ふるさとミュージアム丹後)
 ☆特別陳列「国宝・雪舟筆天橋立図に描かれた丹後国分寺とその世界 天橋立を描く」8/1(土)〜10/21(水)
 ☆開館50周年特別展「国宝・雪舟筆天橋立図に描かれた丹後国分寺とその世界
      天橋立と丹後国分寺」10/24(土)〜12/13(日)
【大阪】
大阪城天守閣
 ☆4階 企画展示「織田軍団の諸将」〜7/20(月)
 ☆3階 企画展示「戦乱の子、太平の子 〜子どもにみる戦国・江戸時代〜」〜7/21(火)
国立文楽劇場資料展示室
 ☆企画展示「文楽の四季」 同時開催「文楽入門」〜9/13(日)
  <展示室内の混雑緩和のため10名以内に入場制限 7/1(水)7/20(月)〜31(金)休室>
八尾市立歴史民俗資料館,☆企画展「道鏡に出会う−木造道鏡禅師坐像造立記念−」〜8/10(月)
安中新田会所跡 旧植田家住宅
 ☆通常展+企画展「大和川付替えと植田家の収蔵品
   〜明治の疾病・出版物〜*ちょっと植松絵図ー資料編ー」〜7/19(日)

【兵庫】
太子町立歴史資料館,☆「斑鳩寺の文化財(仮題)」令和3年2/6(土)〜4/4(日)

【奈良】
奈良市史料保存館
 ☆企画展示「町記録の魅力―書き継がれた300年の歴史―」〜7/19(日)
 ☆特別陳列 ならまち歳時記「奈良奉行と万燈籠」7/21(火)〜8/23(日)〈休館日:7/27、8/3,11,17〉
 ☆特別陳列 ならまち歳時記「正倉院御開封之図」10/20(火)〜11/15(日)〈休館日:10/26、11/2,4,9〉
 ☆特別陳列 ならまち歳時記「奈良暦」12/22(火)〜令和3年1/11(月・祝) 〈休館日:12/28〜1/4〉
 ☆特別陳列 ならまち歳時記「近世奈良の茶人 久保権太夫(長闇堂)」 令和3年1/13(水)〜2/21(日)〈休館日:1/18,25、2/1,8,12,15〉
天理大学附属天理参考館
 ☆90周年特別展「大航海時代へ―マルコ・ポーロが開いた世界―」10/21(水)〜12/14(月)

【和歌山】
和歌山県立博物館
 ☆創建1250年記念特別展「国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史」10/17(土)〜11/23(月・祝)
 ☆企画展「祈りと学びの山―高野山大学図書館の名宝とともに―」令和3年1/30(土)〜3/7(日)
高野山霊宝館
 ☆夏期企画展「如来―NYORAI―」7/11(土)〜9/27(日)
 ☆第41回大宝蔵展「高野山の名宝」10/3(土)〜12/6(日)
 ☆冬季平常展「密教の美術」12/12(土)〜令和3年4/11(日)

【島根】
松江歴史館,☆「松江城大解剖−城郭そして城下町−」〜8/19(水)<会期延長>
今岡美術館,☆「中近世出雲国の贅言 文化と歴史が育んだ古美術名品展」〜7/26(日)
益田市立雪舟の郷記念館,☆企画展「雪舟と益田氏−中世の食と文化−」 7/12(日)〜10/4(日)

【岡山】
林原美術館,☆企画展「博学多才―池田宗政の学びとその生涯―」9/19(土)〜11/23(月・祝)
高梁市歴史美術館,☆常設展示「たかはしの歴史と美術」第1期「絵図で見る!知る!高梁」 〜8/17(月)

【広島】
広島城,☆「収蔵品展」〜7/5(日)
松濤園,☆御馳走一番館「朝鮮通信使と異文化交流」〜7/13(月)
広島県立歴史博物館
 ☆夏の展示「学芸員の研究テーマ−ひろしま歴史アラカルト−」7/22(水)〜9/6(日)
 ☆秋の展示「芸備の文人たち−知の世界に遊ぶ−」9/18(金)〜11/8(日)
筆の里工房
 ☆「陽明文庫展 ユネスコ世界記憶遺産 近衞家1000年の栄華」10/3(土)〜11/15(日)
 ☆「大内基康コレクション 寄贈記念展」令和3年3/6(土)〜4/18(日)古美術

【山口】
下関市立美術館
 ☆ 国宝本殿造営・寄進650年記念特別展「住吉神社―護り伝えられた文化財」7/7(火)〜7/26(日)

【香川】
香川県立ミュージアム
 ☆「高松藩主松平家ー守り伝えられてきた藩の象徴(シンボル)」〜7/12(日)
 ☆名勝指定記念「満濃池」7/17(金)〜9/22(火・祝)
 ☆「記念物100年」12/4(金)〜令和3年2/14(日)

【愛媛】
宇和島市立伊達博物館
 ☆「百花繚乱ー麗しの伊達家ー宇和島市伊達博物館 令和2年度 伊達コレ1」〜10/4(日)
愛媛県歴史文化博物館,☆テーマ展 「宇和島藩の測量図」 〜8/31(月)

【高知】
高知市立龍馬の生まれたまち記念館
 ☆コーナー展「蔵出し!龍馬の生まれたまち記念館所蔵資料展」〜7/17(金)

【熊本】
島田美術館,☆「熊本に明智光秀の血脈あり!光秀の残映」〜12/21(月)<会期延長>
玉名市立歴史博物館こころピア
 ☆企画展「大玉名展」前期(きらめく歴史)〜7/12(日)
 ☆企画展「大玉名展」後期(きらめく人びと)7/26(日)〜10/18(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12463] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/02(Sun) 21:49:17

 新たな歴史の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載されたものに加えて訪問の参考にご利用ください。

【栃木】
栃木県立博物館
 ☆人文系テーマ展 トピック展示 宇都宮・会津仕置430周年記念「豊臣秀吉の宇都宮仕置」〜8/30(日)
 ☆人文系テーマ展 承久の乱800周年記念「長沼氏から皆川氏へ〜皆川文書でたどるその足跡〜」令和3年3/30(土)〜5/9(日)

【千葉】
伊能忠敬記念館
 ☆第99回収蔵品展 国宝「伊能忠敬関係資料」の世界 〜9/22(火・祝)
 ☆第100回収蔵品展 国宝「伊能忠敬関係資料」の世界 9/29(火)〜11/8(日)
 ☆第101回収蔵品展 国宝「伊能忠敬関係資料」の世界 11/17(火)〜令和3年1/11(月・祝)
 ☆企画展「器具の見かた ―使いかたと見どころ―」令和3年1/19(火)〜3/14(日)

【大阪】
交野市立歴史民俗資料展示室,☆企画展「交野と菜種−私部村庄屋文書調査成果速報−」〜10/4(日)

【福岡】
福岡市博物館
 ☆企画展示・戦国時代の博多展9「 “筑前表錯乱” ─1550年代の動乱」〜9/13(日)
太宰府市文化ふれあい館
 ☆「認定!太宰府市民遺産パネル展」〜9/13(日)
 ☆「まるごと太宰府歴史展2020」8/8(土)〜11/3(火・祝)
伊都国歴史博物館,☆伊都博・志摩歴夏季企画展「糸島遺産−私たちのまちの文化財」〜9/13(日)
糸島市立志摩歴史資料館
 ☆伊都博・志摩歴夏季企画展「糸島遺産−私たちのまちの文化財」〜9/13(日)

【長崎】
大村市歴史資料館,☆企画展「郷土史クラブの挑戦!!2020」8/1(土)〜9/22(火・祝)
平戸オランダ商館,☆企画展「古地図の旅―殿さまの地図コレクション―」〜9/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.12484] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/13(Thu) 20:20:32

 盆休み以後、新たな歴史の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載中のものに加えてご参考にしていただき、館オリジナル情報で確認してお訪ねください。

【岩手】
高野長英記念館,☆令和2年度 ミニ企画展「青年高野長英の旅立ち〜蘭学への歩み〜」〜9/13(月)

【宮城】
仙台市博物館,☆旬の常設展2020夏 特集展示「支倉常長帰国400年」〜9/13(日)

【秋田】
角館樺細工伝承館
 ☆角館町割400年記念 三館合同企画展「町割絵図と角館の学問・江戸期に生まれた伝統工芸展」 〜9/13(日)
新潮社記念文学館
 ☆角館町割400年記念企画展「佐竹北家の文化展」〜9/13(日)

【山形】
酒田夢の倶楽・華の館,☆「酒田の歴史文化展」令和3年1/16(土)〜2/15(月) 

【福島】
福島県歴史資料館
 ☆開館50周年記念事業「福島県歴史資料館収蔵名品展I」〜9/13(日)
      主に江戸時代の美術作品や絵画的な要素を含む歴史資料
【茨城】
土浦市立博物館,☆「夏のファミリーミュージアム」〜8/23(日)

【群馬】
群馬県立文書館,☆テーマ展示1「絵図・古文書から探る郷土の姿」〜11/22(日)事前予約制

【東京】
文京ふるさと歴史館,☆小中学生のための歴史教室「わがはい君 シルエットクイズ」〜8/23(日)
東京国立博物館,☆平成館 特別展「桃山―天下人の100年」10/6(火) 〜11/29(日)
東京都江戸東京博物館
 ☆特別展「市民からのおくりもの2019―平成30年度 新収蔵品から―」 特別企画「『青』でみる江戸東京」〜9/27(日)
板橋区立郷土資料館,☆ミニ企画展「江戸時代といたばし」〜12/11(金)

【神奈川】
神奈川県立金沢文庫,☆企画展「あの時の金沢文庫1964」10/2(金)〜11/29(日)
遊行寺宝物館,☆企画展「観想」〜9/14(月)

【新潟】
上越市立歴史博物館,☆企画展「直江津今町と北前船の時代」〜10/18(日)

【富山】
高岡市立博物館,☆開館50周年記念 特別展「高岡のお宝展」〜10/11(日)
魚津歴史民俗博物館,☆企画展「魚津の登録文化財展」〜10/11(日)
射水市新湊博物館,☆企画展「神仏に祈る武将たち」9/26(金)〜12/6(日)

【石川】
石川県銭屋五兵衛記念館
 ☆令和2年度企画展 日本遺産追加認定1周年記念
 「北前船の誇り 北前船に夢を紡いだ男たちが遺した歴史遺産展」11/3(火・祝)〜令和3年1/31(日)
小松市立博物館,☆特別展 「前田利常〜小松城ものがたり〜」 9/26(土)〜11/23(月・祝)
白山市立鳥越一向一揆歴史館,☆企画展「記憶される一向一揆」〜9/22(火・祝)

【福井】
福井市立郷土歴史博物館,☆夏季特別陳列(2)「福井藩と城下町」〜8/30(日) 
越前市武生公会堂記念館,☆特別展「創建550年記念 御堂 陽願寺の名宝」〜9/27(日)
若狭国吉城歴史資料館
 ☆戦国福井と明智光秀企画展(1)「明智光秀と越前・若狭〜光秀は国吉城に来たのか?〜」〜10/18(日)
 ☆戦国福井と明智光秀企画展(1)「本能寺の変と越前・若狭〜光秀の謀反がもたらしたもの〜」10/24(土)〜令和3年1/11(日)
 ☆冬季トピックス展「城コレ2021」令和3年1/16(土)〜4/18(日)全国のお城グッズ

【長野】
上田市立博物館,☆企画展「武家の婚礼―上田藩士家文書と婚礼調度」〜9/22(火・祝)
諏訪市博物館,☆特別展「諏訪大社上社下社の算額」〜10/4(日)
いいづな歴史ふれあい館
 ☆飯綱町制15周年記念「わが町の文化財(仮題)」9/26(土)〜11/29(日)(予定)

【岐阜】
みのかも文化の森美濃加茂市民ミュージアム
 ☆「楽しくなる古文書〜明智光秀史料を中心に〜展」12/12(土)〜令和3年1/24(日)

【静岡】
島田市博物館
 ☆第83回企画展「江戸時代の駿河ペディア?〜島田宿桑原黙斎活動記録〜」9/19(土)〜11/8(日)
掛川市二の丸美術館
 ☆掛川物語ー掛川文化の原点 Part1「松ヶ丘・山崎家ゆかりの遺品展」令和3年2/6(土)〜3/14(日) <会期変更>
吉岡彌生記念館
 ☆企画展『かけがわ茶エンナーレ2020』タイアッププログラム「高天神城展」9/15(火)〜11/15(日)

【愛知】
名古屋市秀吉清正記念館,☆特集展示「明智光秀と羽柴秀吉」〜9/22(火・祝)

【三重】
斎宮歴史博物館,☆夏季企画展「斎宮・常設展示室III 斎王を選ぶ」〜9/10(木)

【滋賀】
高月観音の里歴史民俗資料館,☆特別陳列「雨森・無動寺のホトケたち〜農村に眠る密教の輝き〜」〜9/7(月)
多賀町立博物館「多賀の自然と文化の館」
 ☆企画展「戦国の寺とその城・敏満寺城」令和3年1/30(土)〜2/28(日)

【京都】
相國寺承天閣美術館,☆「いのりの四季−仏教美術の精華」11/1(日)〜令和3年1/17(日)
茶道資料館,☆秋季特別展「北野大茶湯(仮称)」10/6(火)〜12/3(木)
京都府立京都学・歴彩館
 ☆「京都府ミュージアムフォーラム 京都まるごとヒストリー 
  〜丹後から山城まで博物館大集合!〜」〜10/11(土)(〜9/6(日)の間のみ、事前申込による30分入替制・定員各30名)
古典の日記念 京都市平安京創生館,☆企画展「平安びとの楽しみ 遊戯と競技」〜11/30(月)
京都国立博物館,☆御即位記念 特別展「皇室の名宝」 10/10(土)〜11/23(月・祝)
龍谷大学 龍谷ミュージアム
 ☆シリーズ展8 特集展示「西七条のえんま堂−十王と地獄の美術ー」9/12(土)〜11/3(火・祝)

【大阪】
大阪市立美術館
 ☆コレクション展「大阪の仏像」 9/1(火)〜10/11(日)
 ☆コレクション展「中国の石造彫刻」 9/1(火)〜10/11(日)
 ☆特別展「天平礼賛」10/27(火)〜12/13(日)
大阪府立中之島図書館,☆第152回大阪資料・古典籍室小展示「令和元年度 新収資料展」〜10/3(土)
大阪城天守閣
 ☆3階 夏の展示「大坂冬の陣・夏の陣図屏風〜豊臣vs徳川 激闘の記憶〜」〜10/7(水)
 ☆4階 企画展示「秀吉 天下人への足どり―資料と写真でたどる―」〜10/8(木)
堺市博物館
 ☆開館40周年記念企画展「博物館には何がある?−堺市博物館コレクション展 Part1 近代編−」〜10/4(日)
さかい利晶の杜
 ☆企画展「蔵のとびらを開いてみれば〜堺鉄砲鍛冶屋敷 井上関右衛門家」8/19(水)〜9/14(月)
高槻市立しろあと歴史館,☆「しろあと歴史館 コレクション展」〜9/22(火・祝)
河内長野市立ふるさと歴史学習館
 ☆企画展「飛鳥・奈良時代の暮らし 玄理ゆかりの郷 高向」〜8/30(日)
柏原市立歴史資料館,☆企画展「大和川のつけかえー求める人と反対する人−」9/8(火)〜12/6(日)

【兵庫】
香雪美術館,☆「古(いにしえ)に憧れて 聖徳太子から聖武天皇へ」10/31(土)〜12/13(日)
小野市立好古館
 ☆企画展「堀井城跡ふれあい公園開園記念 堀井城と河合の中世城館」〜12/20(日)

【島根】
島根県立古代出雲歴史博物館,☆企画展「編纂1300年 日本書紀と出雲」10/9(金)〜12/6(日)

【広島】
広島城,☆「全国お城めぐり展」〜9/6(日)
頼山陽史跡資料館,☆企画展「広島頼家ことはじめ」〜9/13(日)
福山市鞆の浦歴史民俗資料館
 ☆特別展「鞆幕府 将軍足利義昭〜瀬戸内海・海城・水軍〜」10/8(木)〜11/23(月・祝)

【山口】
毛利博物館
 ☆企画展「戦国大名毛利氏の宝物」〜9/6(日)
 ☆企画展「戦国武将の手紙 ―家を保ち分国をおさめ―」 9/12(土)〜10/25(日)
 ☆特別展「国宝」10/31(土)〜12/21(月)

【徳島】
徳島市立徳島城博物館
 ☆特別展「四国遍路と徳島藩」10/17(土)〜11/23(月・祝)
 ☆冬の企画展「眠れるお寺の宝物展」11/28(土)〜令和3年1/31(日)

【香川】
高松市歴史資料館,☆ロビー展「サヌキの藩札」〜9/22(火・祝)

【佐賀】
佐賀県立名護屋城博物館
 ☆企画展「鬼島津が残したものー島津義弘と文禄・慶長の役ー」9/18(金)〜11/8(日)

【長崎】
長崎歴史文化博物館,☆収蔵品展「大変身!! れきぶん ビフォーアフター」 〜8/30(日)

【大分】
竹田市歴史文化館・由学館,☆開館記念特別展「豊後岡藩の光芒」10/24(土)〜12/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


  [No.12507] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:27:18

 初秋から見られる歴史の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【岩手】
一関市博物館,☆テーマ展1「一関と江戸(1)江戸で遊び・江戸で学ぶ」9/18(金)〜12/6(日)

【宮城】
仙台市博物館,☆旬の常設展2020夏 特集展示「支倉常長帰国400年」〜9/22(火・祝)<会期延長>
亘理町立郷土資料館,☆秋のテーマ展「亘理伊達家の資料」10/3(土)〜11/22(日)

【東京】
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館,☆企画展「写真展 玉川上水の昔と今」〜10/11(日)

【石川】
前田土佐守家資料館
 ☆企画展「雅堂文庫」9/8(火)〜11/29(日)
 ☆企画展「加賀藩士と能(再び)」12/5(土)〜令和3年1/31(日)
 ☆企画展「前田土佐守家の相続」令和3年2/6(土)〜4/18(日)

【静岡】
ミュゼふじえだ 藤枝市郷土博物館・文学館
 ☆博物館特別展「駿河の南北朝動乱期 今川氏、駿河支配のルーツをたどる」12/12(土)〜令和3年1/31(日)

【滋賀】
大津市歴史博物館
 ☆第161回ミニ企画展「明智光秀と在地土豪」〜10/11(日)
 ☆開館30周年記念企画展(第82回企画展)
  「聖衆来迎寺と盛安寺−明智光秀ゆかりの下阪本の社寺−」10/10(土)〜11/23(月・祝)
 ☆第162回ミニ企画展「明智光秀と坂本城」10/13(火)〜令和3年1/11(月・祝)
 ☆第163回ミニ企画展「降魔大師縁起絵巻」令和3年1/13(水)〜2/21(日)
 ☆開館30周年記念企画展(第83回企画展)「芭蕉翁絵詞伝と義仲寺」令和3年2/27(土)〜4/11(日)

【京都】
古田織部美術館,☆「織部と利休七哲たち」9/17(木)〜令和3年1/19(火)

【大阪】
中之島香雪美術館
 ☆「聖徳太子 ―時空をつなぐものがたり―
     聖徳太子像・聖徳太子絵伝 修理完成記念 特別展」10/31(土)〜12/13(日)
【広島】
松濤園
 ☆御馳走一番館「朝鮮通信使が見た日本」〜9/28(月)

【山口】
下関市立歴史博物館
 ☆企画展示「中・近世の対外関係−国際都市下関の軌跡−」9/5(土)〜10/25(日)
 ☆企画展示「系図・由緒書を読み解く」令和3年1/16(土)〜3/14(日)

【愛媛】
愛媛県歴史文化博物館
 ☆特別展「戦国乱世の伊予と城〜国史跡 能島城・湯築城・河後森城の世界〜」9/19(土)〜11/23(月・祝)
 ☆特別展「明石寺と四国遍路(仮題)」 令和3年2/13(土)〜4/7(水)

【熊本】
八代市立博物館未来の森ミュージアム
 ☆第一常設展示室(1階)「古文書を読む(2)死を伝えることば」 〜9/13(日)
 ☆第一常設展示室(1階)信仰のかたち(1)「釈迦院の歴史と仏神像」〜9/27(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12525] 【奈良】国立博物館/正倉院展[10/24(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/30(Wed) 22:24:20

 秋恒例の奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2
での正倉院展、果たして今年は開催されるのだろうか、と気を揉んでいましたが、開催が発表されていますので紹介しておきます。さすがに、毎年行列の展覧会、今年は完全日時指定制になりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第72回「正倉院展」10/24(土)〜11/9(月)
    会期中無休
    開館時間:午前9時〜午後6時(金土日祝は8時まで、入館は閉館の60分前まで)
    「前売日時指定券」の予約・発券(9/26(土)午前10時から)が必要、当日券の販売はなし
         通常券(一般) 2,000円
         通常券(中・高・大) 1,500円
         割引券(一般) 1,900円
         割引券(中・高・大) 1,400円
         キャンパスメンバーズ券 教職員 1,900円
         キャンパスメンバーズ券 学生 400円
         無料観覧券 障害者1名 無料
         無料観覧券 障害者1名+介護者1名
         無料観覧券 小学生他
          ※無料観覧券の予約・発券が必要
         割引発券には、当日に学生証・証明書などの提示が必要
         前売日時指定券では、名品展(なら仏像館・青銅器館)を観覧不可(割引あり)
     前売日時指定券は、ローソンチケット、チケットぴあ
        ※読売新聞オンラインチケットストアで抽選販売
     セキュリティ対策強化及び混雑緩和のため、45cm×35cm×20cmよりも大きな荷物は持ち込みを制限

 聖武天皇の遺愛品を中心に約9,000件の宝物が現在まで伝えられる東大寺の倉庫・正倉院。
 今年は、楽器、伎楽面、遊戯具、調度品、佩飾品、染織品、文書・経巻などが出陳され、とりわけ、犀や獅子を螺鈿で表した平螺鈿背円鏡、曲芸をする人々などを緻密に描いた墨絵弾弓、花文様を全面に表した花氈など、美術品も数多く展示。武器・武具として大刀、胡禄と弓箭、鉾のほか、馬具も出陳。薬物は光明皇后が病人のために東大寺に献納したものを中心に。薬物は奈良時代における疫病との闘いを伝える品としても注目。
 御甲残欠 (よろいの残欠)
 五色龍歯 (くすり) 
 花氈 (フェルトの敷物) 
 粉地彩絵箱 (献物を入れた箱)
 紫皮裁文珠玉飾刺繍羅帯残欠(珠や刺繍で飾った帯)
 烏犀把漆鞘樺纒黄金珠玉荘刀子(珠玉かざりの小刀) 
 平螺鈿背円鏡(螺鈿かざりの鏡)
 墨絵弾弓(曲芸や楽人が描かれた遊戯用の弓) 
 桑木木画碁局 (囲碁の盤)
 紫檀槽琵琶 (絃楽器)
 孔雀文刺繍幡 (刺繍でかざった幡) 
 続修正倉院古文書後集 第十七巻 更可請章疏等目録 (書物の借用リスト)
 馬鞍(騎馬用の座具) など

公開講座:要事前申込。館サイトの申込み画面より:10/5(月)〜各講座開催前日まで。当日参加不可
      講堂にて、午後1時30分〜3時(午後1時開場)
10/31(土)「正倉院の石薬とその素材」鶴 真美氏(宮内庁正倉院事務所保存課保存科学室員)
11/7(土)「武器・武具の献納と薬物の献納について」内藤 栄氏(学芸部長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12542] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/10/06(Tue) 00:07:35

 秋から見られる歴史の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【埼玉】
行田市郷土博物館,☆収蔵品展「忍藩主松平下総守家」10/10(土)〜11/23(月・祝)

【千葉】
流山市立博物館,☆企画展「流山の災害史〜史料は語る〜」〜11/29(日)
八千代市立郷土博物館,☆企画展「水に挑むー古川から新川へー」10/3(土)〜11/23(月・祝)

【東京】
永青文庫
 ☆冬季展「新・明智光秀論―細川と明智 信長を支えた武将たち―」11/1(土)〜令和3年1/31(日)

【神奈川】
神奈川県立歴史博物館,☆特別展「相模川流域のみほとけ」10/10(土)〜11/29(日)
遊行寺宝物館,☆特別展「伝承の品々」〜12/14(月)

【新潟】
柏崎市立博物館
 ☆秋季企画展「かしわざきの木喰さん―ふるさとの微笑ふたたび」10/10(土)〜11/23(月・祝)

【福井】
福井市愛宕坂茶道美術館,☆企画展「明智光秀とその時代−お茶は愛宕坂にあり!」〜11/18(日)

【長野】
長野市立博物館
 ☆第63回 特別展「生き仏が信濃にやって来たー念仏行者徳本を迎えた人々ー」〜11/3(火・祝)

【大阪】
市立枚方宿鍵屋資料館
 ☆4館合同企画「人とモノを運ぶ」「人とモノを運ぶ枚方の近世・近代」10/7(水)〜12/6(日) 
  (門真市立歴史資料館・淀川資料館・鴻池新田会所 と共催)
レイクアルスタープラザ・カワサキ歴史館いずみさの
 ☆秋季特別展「天下分け目の樫井合戦〜中世から近世へ〜」10/3(土)〜12/27(日)<タイトル変更>
門真市立歴史資料館
 ☆ 4館合同企画「人とモノを運ぶ」「資料が語るむらとまちの交流史」10/7(水)〜12/6(日) 
  (市立枚方宿鍵屋資料館・淀川資料館・鴻池新田会所 と共催)
鴻池新田会所
 ☆ 4館合同企画「人とモノを運ぶ」「古堤街道の移り変わり」10/7(水)〜12/6(日) 
  (市立枚方宿鍵屋資料館・門真市立歴史資料館・淀川資料館と共催)
太子町立竹内街道歴史資料館
 ☆〜聖徳太子没後1400年記念事業〜令和2年度秋季企画展
   「叡福寺 聖徳太子御傳絵─ 近代絵画にみる聖徳太子 ─」〜12/6(日)
【兵庫】
尼崎市立歴史博物館,☆開館記念展「尼崎藩主三代の軌跡」10/10(土)〜11/29(日)
西宮市立郷土資料館,☆≪日本遺産認定記念≫特集展示「樽廻船と西宮」〜10/25(日)
兵庫県立考古博物館,☆特別展「兵庫ゆかりの武将たち−明智光秀とその時代ー」10/10(土)〜11/29(日)

【福岡】
福岡市博物館
 ☆特別展示 第32回 新収蔵品展「ふくおかの歴史とくらし」〜11/29(日)
 ☆特別展示 開館30周年記念展「ふくおかの名宝―城と人とまち―」10/10(土)〜11/29(日)
 ☆特設展示「やまいとくらし 〜今みておきたいモノたち〜」〜11/29(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12563] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/01(Sun) 21:34:34

 これから見られる歴史の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【愛媛】
今治市玉川近代美術館,☆国宝「伊予国奈良原山経塚出土品」秋の一般公開 〜11/10(火)
宇和島市立伊達博物館
 ☆令和2年度秋期特別展 山家清兵衛没後400年「伊達と和霊様−忠直剛毅の軌跡−」〜11/8(日)
 ☆ダテハク企画展2「そうだったのか、宇和島藩!!〜江戸時代の宇和島Q&A〜」〜令和3年4/11(日)

【佐賀】
佐賀県立名護屋城博物館
 ☆テーマ展2「創られる肖像ー豊臣秀吉のイメージ」12/11(金)〜令和3年1/31(日)
 ☆「館蔵名品展」令和3年2/26(金)〜5/9(日)

【長崎】
大村市歴史資料館,☆開館1周年記念特別展「長崎開港 長崎開港協定締結450年」〜11/23(月・祝)
平戸オランダ商館
 ☆企画展「アジアの海―オランダ商館ヘリテージネットワークと時代の産物―」〜令和3年1/24(日)

【熊本】
熊本県立美術館
 ☆細川コレクション室第IV期「名君細川重賢と時習館の英雄たち」令和3年1/9(土)〜3/21(日)
くまもと文学・歴史館,☆企画展「絵図が語るくまもと」〜11/30(月)
玉名市立歴史博物館こころピア,☆「神社をめぐる人びと展」令和3年2/13(土)〜5/16(日)
キリシタン資料館・天草ロザリオ館
 ☆明智光秀の孫たち 「ー 細川忠利と三宅藤兵衛のルーツ ー」〜12/21(月)

【大分】
大分県立歴史博物館
 ☆令和2年度特別展「大相撲力士群像−相撲の歴史と時代のヒーローたち−」〜11/29(日)

【沖縄】
浦添市美術館
 ☆浦添市市制施行50周年記念・尚寧王没後400年「尚寧王展ー浦添より首里に照り上がった国王−」〜11/15(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12585] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/16(Mon) 21:11:11

 開催中から、これから開催の歴史の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【宮城】
仙台市博物館,☆旬の常設展2020秋「奥羽の戦国大名」〜12/20(日)
登米市歴史博物館
 ☆市制施行15年・博物館開館20年記念
  「まもり・いかし・つたえる〜登米市の文化財15年〜」〜12/6(日)

【群馬】
太田市立新田荘歴史資料館,☆「長楽寺展〜三十三観音像の世界(1)〜」〜12/13(日) 

【東京】
東洋文庫ミュージアム
 ☆企画展「岩崎文庫の名品―東洋の叡智と美」〜令和3年1/17(日)
 ☆企画展「大清帝国展 完全版」令和3年1/27(水) 〜5/16(日)
東京国立博物館,☆特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」令和3年4/13(火)〜5/30(日)<会期決定>
調布市郷土博物館,☆東京都文化財指定記念展「深大寺の元三大師」〜12/13(日)

【神奈川】
鎌倉国宝館,☆「鎌倉の至宝」令和3年3/20(土)〜3/31 (水)

【新潟】
村上市郷土資料館(オシャギリ会館)
 ☆秋季特別展「村上内藤家移封300年ー内藤家が村上に残したものー」〜12/6(日)

【富山】
氷見市立博物館
 ☆令和2年度 歴史シリーズ 特別展「氷見の八景―歴史の中の景勝地―」令和3年2/26(金)〜3/21(日)
滑川市立博物館
 ☆「中世滑川の風景〜堀江荘と新川地域の荘園〜 」12/5(土)〜令和3年1/17(日)
 ☆「収蔵品展(仮題)」令和3年1/9(土)〜3/28(日)

【石川】
鈴木大拙館,☆「東慶寺特別展―The Moon in Water―」〜12/13(日)
羽咋市歴史民俗資料館
 ☆秋季企画展「近世十村のくらしとしごと−旧十村家史料からみる羽咋の豪農たち−」〜12/6(日)

【長野】
長野市立博物館,☆特別展「松代藩 文武学校」〜12/21(月)

【愛知】
豊川市桜ヶ丘ミュージアム,☆特別展「いにしえの響き」11/14(土)〜令和3年1/11(月・祝)
西尾市岩瀬文庫,☆西尾の古代・中世「吉良荘と吉良氏の光芒」〜令和3年1/31(日)

【京都】
大谷大学博物館
 ☆2020年度秋季企画展
   「大谷大学博物館の逸品 重要文化財『春記』」【実習生展併催】11/9(月)〜11/27(金)
京都国立博物館
 ☆文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画「文化財修理の最先端」12/19(土)〜令和3年1/31(日)
高台寺「掌美術館」
 ☆特別展「戦国時代の女性ー北政所ねね様没後四百年記念事業」第1期:〜12/20(日)  
                       第2期:令和3年1/1(金)〜5/9(日)
龍谷大学 龍谷ミュージアム
 ☆企画展「ほとけと神々大集合―岡山・宗教美術の名宝―」11/21(土)〜 12/27(日)
                        令和3年1/6(水)〜 1/24(日)
平等院ミュージアム鳳翔館
 ☆2020秋季特別展宇治市源氏物語ミュージアム連携展「宇治を味わう 平等院を味わう」〜12/14(月)
亀岡市文化資料館,☆第35回特別展「丹波決戦と本能寺の変」〜12/13(日)
南丹市立文化博物館,☆秋季特別展「八木城と内藤氏〜戦国争乱の丹波〜」〜12/6(日)

【大阪】
高槻市立しろあと歴史館,☆第49回トピック展示「氷室観音寺の仏像と高槻の仏像パネル展」〜12/6(日)

【兵庫】
神戸市立博物館
 ☆特別展「つなぐ TSUNAGU―THE POWER OF KOBE CITY MUSEUM」12/5(土)〜令和3年1/24(日)
 ☆企画展「神戸源平巡り―『平家物語』の舞台を訪ねて―」令和3年2/6(土)〜3/28(日)
洲本市立淡路文化史料館
 ☆庚午事変150年 特別展「最後の侍たち 徳島藩士と稲田家臣、それぞれの正義」〜12/20(日)
丹波篠山市立歴史美術館,☆特別展「歴史史料にみる丹波篠山の軌跡」〜12/6(日)

【広島】
広島城,☆企画展「むかしの広島城の秘密を探ろう」11/14(土)〜12/13(日)
松濤園
 ☆御馳走一番館「朝鮮通信使と船の旅」前期:〜11/23(月・祝)
           後期:11/25(木)〜令和3年1/11(月・祝)
【愛媛】
今治市村上海賊ミュージアム,☆令和2年「KURUSHIMAー「海賊」から「大名」へ」〜令和3年1/17(日)
愛媛県歴史文化博物館
 ☆等妙寺開基700年記念 鬼北町・愛媛県歴史文化博物館共催テーマ展
  「奈良山等妙寺の至宝と国史跡等妙寺旧境内展」文書展示室:2020年〜12/13(日)
                        考古展示室:〜令和3年1/24(日)
【福岡】
有馬記念館,☆企画展「有馬入城前夜シリーズII−小早川・田中の時代」 〜令和3年1/11(月・祝)
ふるさと館ちくしの,☆古文書整理速報展I「古文書からの伝言 展」〜12/13(日)
九州歴史資料館
 ☆企画展「古代・中世の人々と暮らし」 12/1(火)〜令和3年3/21(日)
 ☆パネル展示「邪馬台国への道 前編(再)」 12/1(火)〜令和3年3/28(日)
 ☆企画展「朝鮮通信使と福岡ー福岡県朝鮮通信使総合調査成果展ー」12/12(土)〜令和3年2/14(日)
 ☆特集展示「北部九州の経筒遺宝」 12/12(土)〜令和3年2/28(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12610] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/29(Sun) 21:14:42

 開催中から、これから開催の歴史の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【岩手】
高野長英記念館,☆ミニ企画展「高野長英の翻訳コレクション」〜令和3年4/18(日)
岩手町立 石神の丘美術館,☆第3回「岩手町文化財展」12/1(火)〜12/20(日)

【宮城】
多賀城市埋蔵文化財調査センター
 ☆第30回企画展「多賀城碑が映す古代東北と北方世界」〜12/20(日)

【福島】
福島県歴史資料館
 ☆収蔵資料展「新公開史料展」12/5(土)〜令和2年12/13(日)
              令和3年2/16(火)〜3/28(日)
【埼玉】
行田市郷土博物館,☆収蔵品展「忍城の景観」〜令和3年1/17(日)
毛呂山町歴史民俗資料館
 ☆後期企画展「戦乱の世の文化財〜指定文化財を中心に毛呂山の中世をしのぶ〜」〜令和3年3/14(日)

【千葉】
千葉県文書館,☆企画展「千葉県と疫病ーくり返す脅威ー」〜令和3年3/6(土)
国立歴史民俗博物館
 ☆「海の帝国琉球―八重山・宮古・奄美からみた中世―」令和3年3/16(火)〜5/9(日)
流山市立博物館,☆新春企画展「吉書のダイナミズム」令和3年1/5(火)〜1/17(日)

【東京】
サントリー美術館
 ☆千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」令和3年11/17(水)〜令和4年1/10(月・祝)
足立区立郷土博物館
 ☆文化遺産調査特別展「名家のかがやき―近郊郷土の美と文芸ー」〜令和3年2/23(火・祝)

【静岡】
浜名梱包輸送シルクロードミュージアム
 ☆秋季特別展「古き佳きものと対話―シルクロード追想の旅―」〜12/30(水)
焼津市歴史民俗資料館,☆企画展「寺社からたどる戦国の焼津」〜令和3年1/31(日)

【滋賀】
彦根城博物館
 ☆テーマ展「戦に備える−彦根藩の武具管理−」〜12/24(木)
 ☆テーマ展「子どもをめぐる美術−祈りから遊びまで−」令和3年1/1(金・祝)〜2/2(火)
市立長浜城歴史博物館(長浜城)
 ☆企画展「竹生島弁才天―仏から神へ、その信仰の展開ー」〜令和3年1/17(日)
 ☆企画展「450周年記念 姉川合戦」令和3年1/23(土)〜3/7(日)

【大阪】
大阪市立美術館
 ☆千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」令和3年9/4(土)〜10/24(日)

【兵庫】
春日歴史民俗資料館,☆企画展「丹波市の中世城館」〜12/6(日)

【奈良】
奈良国立博物館
 ☆特別展「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」令和3年2/6(土)〜3/28(日)

【和歌山】
海南歴史民俗資料館
 ☆特別展「ふるさとの歴史を訪ねて〜古代・中世・近世・近代〜」 〜令和5年3/31(金)

【島根】
松江市鹿島歴史民俗資料館
 ☆2020年度特別展「神と仏ー中・近世の佐太神社ー」〜令和3年2/14(日)
しまね海洋館「アクアス」
 ☆特別展「〜癒し〜のアザラシ写真展 きっとあなたもアザラシの虜に?」〜令和3年1/11(月・祝)

【広島】
おのみち歴史博物館
 ☆日本遺産調査研究成果報告巡回写真展「中世日本の海賊と城III 日本海賊会議」〜12/20(日)

【山口】
萩博物館,☆世界遺産登録5周年記念「世界遺産 萩城下町のひみつ」12/5(土)〜令和3年3/30(火)

【熊本】
天草市立天草キリシタン館
 ☆令和2年度企画展「天草を治めた光秀の孫〜仁義の侍 三宅藤兵衛〜」〜12/21(月)
本渡歴史民俗資料館,☆令和2年度秋期特別展「天草の落人伝説ー源平合戦のその後ー」〜12/27(日)

【鹿児島】
鹿児島県歴史資料センター 黎明館
 ☆企画展「さつまの女性たち−江戸から昭和−」令和3年1/26(火)〜5/16(日)
 ☆特別展示 県指定文化財 「吹上町田尻の金銅菩薩立像」令和3年1/17(日)〜1/24(日)

【沖縄】
那覇市歴史博物館
 ☆「琉球王国のグスク及び関連遺産群」世界遺産登録20周年記念企画展
   「那覇の世界遺産 〜戦後文化財整備のあゆみ〜」〜12/27(日)
 ☆2020年度常設展「王朝文化と都市(まち)の歴史」令和3年1/8(金) 〜3/8(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12624] 【東京】足立区立郷土博物館/名家のかがやき ―近郊郷士の美と文芸― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/03(Thu) 23:12:33

 亀有駅よりバスの、足立区立郷土博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=265で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆文化遺産調査特別展「名家のかがやき ―近郊郷士の美と文芸―」〜令和3年2/23(火・祝)
    月曜(祝日の場合は翌日、12/28〜1/4)休館
    入館料金:高校生以上200円 
         70歳以上(要年齢証明)障害者手帳保持者と介助者1名無料

 江戸時代のはじめ足立の農地を開いた武士[郷士(ごうし)]たち、その子孫たちが再び幕末に郷士として活躍。
 小右衛門新田(現足立区中央本町・梅島付近)の開発人の子孫、日比谷健次郎は北辰一刀流の剣術道場を開き、掃部新田(のちの千住掃部宿)の開発人、石出掃部介家は名字帯刀を許された千住宿の総代となり地域の運営を担った。
 学問や書画文芸にも精通した郷士たちは狩野派の絵画を伝えた。石出家は狩野派の画法を学ぶ人物を輩出し、日比谷家は日本初の和独辞書を発行するなど文化の担い手となった。本展では、足立の歴史を代表する名家である郷士の家と、その縁戚の家々が伝えた貴重資料を見る。
 「鉄黒漆塗亀甲鉄繋畳胴具足」江戸時代(日比谷家伝来資料)
  狩野探信守政《西王母・東方朔図屏風》(当館蔵・濱田家資料 [濱田家は石出家縁戚])
  R.レーマン校訂 日比谷健次郎・加藤翠溪発行『和獨對譯字林』明治10年(1877年)(日比谷家伝来資料)
  高田円乗《雲龍図》(当館蔵・石出家資料)
  舩津文渕《四季草花図小襖》(日比谷家伝来資料)
  渡辺省亭《群鶏図屏風》(当館蔵・濱田家資料)
  高田円乗門人 石出円得「福禄寿図粉本」(当館蔵・石出家資料)
 「北辰一刀流兵法箇条目録」安政3年(1856年)(日比谷家伝来資料)など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12635] 【京都】龍谷大学 龍谷ミュージアム/岡山・宗教美術の名宝 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/12(Sat) 00:17:58

 西本願寺門前の龍谷大学 龍谷ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=82で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ほとけと神々大集合 ―岡山・宗教美術の名宝―」〜12/27(日)
                    令和3年1/6(水)〜 1/24(日)
    月曜休館(ただし1/11は開館)
    入館料金:一般900円 高大生500円 小中生200円
         障がい者手帳等の交付を受けている方及びその介護者1名:無料
     基本は入館者すべて館サイトからの予約が必要
     当日券も若干あるが、1時間ごとの入館者数制限あり。

 歴史的には「吉備国」と呼ばれ、密教や浄土信仰との関わりも深く、鎌倉時代には浄土宗の開祖・法然や臨済宗の開祖・栄西を輩出するなど、日本仏教史の上でも重要な地域。岡山県立博物館の改修工事にあわせ、同館の所蔵品及び寄託品の一部を預かり、多彩な宗教美術の中から「密教」と「神仏習合」という2つのテーマを柱とし、岡山県内20余りの寺社に伝わる曼荼羅や仏像、神像など約50件(重要文化財11件を含む)を紹介。

[岡山県指定文化財] 両界曼荼羅のうち金剛界 鎌倉〜南北朝時代 持宝院(笠岡市)12/22〜1/24展示
[重要文化財] 両界曼荼羅のうち胎蔵界 鎌倉時代 寳光寺(瀬戸内市)〜12/20展示
[岡山県指定文化財] 木造 宝冠阿弥陀如来坐像 鎌倉・嘉暦4年(1329)
[岡山県指定文化財] 木造 聖観音坐像 平安時代後期 明徳寺(真庭市)
[重要文化財] 不動明王二童子四十八使者像 南北朝時代 寳光寺(瀬戸内市)12/22〜1/24展示
[岡山県指定文化財] 木造 男神坐像 平安時代後期 宇南寺(真庭市)
[岡山県指定文化財] 木造 童形神(文殊大明神)坐像 南北朝・応安3年(1370)摩賀多神社(久米郡)
[重要文化財] 木造 獅子 平安時代後期 高野神社(津山市)
[重要文化財] 地蔵菩薩来迎図(僧形八幡神影向図)南北朝時代 捧澤寺(小田郡)〜12/20展示
虚空蔵菩薩・明星天子像 室町時代 寳光寺(瀬戸内市)寳光寺(瀬戸内市)12/22〜1/24展示

記念講演会;1/10(日)午後1時30分〜3時(1時開場)大宮学舎東黌101教室
「岡山の宗教美術 風土と人を通して」中田 利枝子 氏<就実大学非常勤講師(元岡山県立博物館統括学芸員>
 定員先着100名 要事前申込(当日申込み不可、館サイトか、ミュージアムで直接申し込み)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12638] 【京都】国立博物館/文化財修理の最先端 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/22(Tue) 23:22:50

 東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=63で開催中の企画を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画「文化財修理の最先端」〜令和3年1/31(日)
   月曜休館(1/11(月・祝)は開館)12/29(火)〜1/1(金・祝)1/12(火)
   入館料金:一般700円 大学生350円
        高校生以下および満18歳未満、満70歳以上は無料(要年齢証明)。
        障害者手帳等(*)提示者と介護者1名は無料
           (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳

 京都国立博物館敷地内に併置される文化財保存修理所は、指定文化財を安全に修理することを目的とし、1980年7月に設置され2020年には開所40周年を迎えた。記念して近年の修復成果の中でも新発見をともなう、特に注目される作例を厳選し、展示。

I 表具の価値―文化財としての表装―
 重文 維摩居士像 伝李公麟筆 1幅
 重文 金字法華経宝塔曼荼羅図 8幅 京都・立本寺
II 修理がもたらした奇跡―修復で得られた発見―
 重文 兜率天曼荼羅図 1幅 京都・興聖寺
 阿弥陀浄土図 1幅 京都・海住山寺
III 最新の修復成果―ベストな修理を目指して―
 重文 若狭国鎮守神人絵系図 1巻
 国宝 蓮池水禽図 俵屋宗達筆 1幅
IV 彫刻の修理
 国宝 五智如来坐像 5躯 京都・安祥寺
 重文 宝誌和尚立像 1躯 京都・西往寺
V 修理 いまむかし―過去から未来へ―
 重文 浄土曼荼羅図 1面 滋賀・常楽寺
 国宝 十二天像のうち風天および唐櫃 12幅のうち1幅および1合  など

土曜講座:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜3時 定員:100名 当日正午より平成知新館1階にて整理券配布
1/23(土)「日本の文化財修理120年」森 道彦氏(京都国立博物館研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12707] 【京都】国立博:文化財修理の最先端 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 23:19:45

 今年の“ミュージアムに初もうで”は京都国立博物館でした。本日、京阪沿線に用事がありましたので、チャンスは狙っていたのですが、天候と感染拡大状況を見て、問題なければ…と思い

 良い天気でしたし、館サイトによれば入館制限も無いようでしたので、出かけました。
 例年なら頻発運転している京阪電車は沿線の寺社のためにいつも満員なのですが、やはり今年は昼間、平日昼間のように空いていました。京都国立博物館も、余裕をもって観覧できる状態でした。

 特別企画「文化財修理の最先端」は、通常入館料で入れる展示。平成知新館(新館)の通常展示ゾーンを、絵画や工芸や仏像の、同じ展示区画に、本展示の主旨の作品を並べられているという形です。ただ、今回は全て「修復なった」品々の展示なので、間違いなく見応えがあるだろうと確信しました。

 「I 表具の価値」では、傷んだ表具を付け替えること、表具も文化財であることは想像がつきましたが、圧巻の「金字法華経宝塔曼荼羅図」の裏面、江戸時代の修復を知らせる裏書きにはうなりました。鎌倉時代の裏書きを切り取って貼り付けてあるのです。こうした修復の歴史も分かります。

 「II 修理がもたらした奇跡―修復で得られた発見―」では、修復の際に、軸を割ればその中に来歴が残されており、京都・興聖寺の「兜率天曼荼羅図」は実は加茂の海住山寺のものであって、同寺の阿弥陀浄土図に現存の「阿弥陀浄土図」とセットなのだということが分かること。

 表具でも、仏像や漆製品でも、膠や漆を使った細かい補修が行われているが、膠の接着力は実は50年程度で、本当は一定期間に補修が繰り返し必要なこと。袈裟や和服などの布物も補修には、同種の布であるばかりでなく力が加わらないように、継ぎ足す布は古裂を使うか、劣化させる加工をして継ぐこと…などを知りました。

 今回展示された品そのものでは、若冲の「石灯籠図屏風」動植物だけでなく石を点描で描いたこんな作品が。久隅守景の「四季耕作図屏風」中国の耕作風景でなく、和風の髷で日本の田畑を描いたこんな作品があるんだと、ビッグネームに知らざる作品を知ることが出来ました。

 この展示は1月31日(日)までです。
                            明日香 光二/馬場 英明


  [No.12547] 【大阪】中之島香雪美術館/聖徳太子―時空をつなぐものがたり―[10/31(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/10/31(Sat) 00:21:30

 没後1400年記念の聖徳太子について、中之島香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=43で10/31(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆聖徳太子像・聖徳太子絵伝 修理完成記念 特別展
 「聖徳太子―時空をつなぐものがたり―」10/31(土)〜12/13(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前10時〜午後5時(11/12(木)12/3(木)は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1200円 高大生700円 小中生400円

 日本の国の基礎を築いた優れた政治家であり、日本に仏教の黎明を導いた実質的な開祖として、尊崇と敬愛の対象であり続けた聖徳太子。聖徳太子に関わる美術作品をとおして、時を経て変貌する太子のものがたりと、作品の移動のものがたりをたどり、館蔵品の修理をクローズアップする。
  1つめのものがたり 太子の伝記
   聖徳太子絵伝 重要文化財 鎌倉〜南北朝時代 愛知・本願寺(11/17〜12/13)
  2つめのものがたり 作品の来歴
   聖徳太子像 重要文化財 鎌倉時代 香雪美術館(10/31〜11/15、12/1〜12/13)
  3つめのものがたり  作品の修理
   聖徳太子絵伝 鎌倉〜南北朝時代 香雪美術館

記念講演会:中之島会館(中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階、美術館隣)
      午後2〜3時30分(1時30分受付)
     参加料500円(入館料は別)定員73名、先着順

1 11/14(土)
「三経義疏<さんぎょうぎしょ>から浮かびあがる聖徳太子の人間像」石井 公成氏(駒沢大学教授)

2 11/28(土)
「聖徳太子信仰の場と太子絵伝<たいしえでん>の制作」米倉 迪夫氏(東京文化財研究所名誉研究員)

メール:1通で2名まで、講演会番号、参加希望人数、それぞれの住所・氏名・ふりがな・年齢・電話番号を明記し、n-kouenkai@kosetsu-museum.or.jp
往復葉書:メールと同様の内容を記載し、郵送で、
 〒530-0005 大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウェスト4階 
      中之島香雪美術館「聖徳太子」展講演会係
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12548] 【大阪】市立美術館/天平礼賛[10/27(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/10/31(Sat) 00:22:19

 天王寺公園の大阪市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=9
で開催中の展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「天平礼賛」〜12/13(日)
   月曜、11/24(火)(ただし11/2・11/23は開館)               
   開館時間:午前9時30分〜午後5時(入館は4時30分まで)
   入館料金:一般1500円、高大生1200円
        中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。
      当面の間、団体での入館はお断り
      あべのハルカス美術館との相互割引あり

 日本美の一つとして、人々の心を捉える、正倉院宝物や古寺の仏像など奈良時代の美術工芸品、すなわち天平美術。天平美術の名品とともに刺激を受けた後世の作品を紹介し、岡倉天心が「高遠なる」理想の美と呼んだ天平美術の華やかな世界と天平礼賛の歴史を見る。

 重要文化財 迦陵頻伽文八花鏡 銅製 唐時代・8世紀
 淡縹地大唐花文錦 正倉院伝来 絹 奈良時代・8世紀 前期展示(10/27〜11/15)
 十大弟子頭部 乾漆造 奈良時代・8世紀
 華厳経(二月堂焼経)紺紙銀字 奈良時代・8世紀
 執金剛神縁起絵巻 紙本着色 江戸時代
 執金剛神立像 竹内久一作 木造 明治時代・1893年
 重要文化財 《天平の面影》藤島武二作 油彩・カンヴァス 明治時代・1902年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12549] 【兵庫】香雪美術館/古(いにしえ)に憧れて 聖徳太子から聖武天皇へ[10/31(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/10/31(Sat) 00:24:24

 神戸・阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3で10/31から開催される展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「古(いにしえ)に憧れて 聖徳太子から聖武天皇へ」10/31(土)〜12/13(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前10時〜午後5時(入館午後4時30分まで)
    入館料金:一般800円 高大生500円 中学生以下無料

 聖徳太子は、宗派や時代を問わず信仰と尊崇の対象であり続け、聖武天皇は聖徳太子の教えを受け継ぎ、仏教の発展に大きく寄与した本展では、二人にまつわる作品とともに、古代に思いを馳せて近代に作られた作品、大正から昭和時代初期にかけて開催された、飛鳥・天平時代の文化に関する展覧会の資料など、約40点を展示しま。
  繍仏裂 飛鳥時代
  聖徳太子摂政像 室町時代
  四聖御影 室町時代
  大宝積経 巻第114 奈良時代  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12340] 【島根】松江歴史館/松江市につたわる指定文化財 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/18(Wed) 22:19:40

 松江歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=15で開催中の展示を紹介します。静かに歴史をお楽しみください。本日現在開館を確認しています。ただし、講演会などのイベントは3月中は中止とされています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
☆企画展「松江市につたわる指定文化財」後期:3/20(金)〜4/12(日) 
     3/19(木)休館
     開館時間:午前8時30分〜午後5時(4月から)6時30分まで(受付は閉館30分前まで)
     入館料金:大人500円 高大・専門学校生400円 小中学生250円

 古代出雲文化発祥の地であり、近世城下町文化が繁栄した松江市制130周年を記念し、松江市に伝わる指定文化財(有形文化財)国宝2件を含む国、県、市の指定が計247件、登録文化財が計39件所在(2019年12月5日現在)する中から38件(86点)を展観し、、文化財保護、保存、継承の取り組みについて紹介。
 県指定 両界曼荼羅図 室町時代 至徳3年(1386) 迎接寺(島根県立古代出雲歴史博物館寄託)
 重文 阿弥陀如来立像 鎌倉時代(13世紀) 善光寺
 県指定 小太刀 額銘 長光(附:銀荘葵紋散毛抜太刀拵)鎌倉時代中期(拵は江戸時代末期)
 重文 平所遺跡埴輪窯跡出土品 古墳時代(5−6世紀) 島根県立八雲立つ風土記の丘
 重文 出雲国玉作跡出土品 古墳時代(6世紀) 玉作湯神社   など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12348] 【京都】市歴史資料館/光秀と京−信長,義昭,そして町の人びと− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/28(Sat) 20:16:07

 丸太町寺町の京都市歴史資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=13で開催中の特別展を紹介します。京都市考古資料館との共催です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「光秀と京−信長,義昭,そして町の人びと−」〜4/5(日)
     月曜・祝日休館
     入館無料
 
 明智光秀は、天正10年(1582)年の本能寺の変とそれに続く山崎の戦いが有名だが、室町幕府第15代将軍足利義昭にしたがって入京(1568)、織田信長のもとでは京都奉行(1573〜75頃)を勤め、京都の政治に深く関与し、公家・寺社・町の人々と交流している。文献史料を中心に光秀および光秀を取り巻く人々について,光秀が活躍した前後の京都の様子についての展示し、明智光秀と京都を紐解く。
  一乗院覚慶書状(足利義昭書状)「和田家文書」より 
  織田信長奉行衆連署状「立入家文書」より 
  『太閤記図譜』明智光秀池田城攻 山本家典籍  
  『都名所図会』巻第1(本能寺)  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明