[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12189] 【現代美術】令和2(2020)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/30(Mon) 18:23:37

 新春から見られる自由な造形や映像などの現代美術の展示を紹介します。開始日が、年内から継続の場合には、年末年始の休館・開館日にご注意下さい。なお、この発言を令和2(2020)年の毎月の【現代美術】の展覧会案内のベースノートにします。

【青森】
十和田市現代美術館
 ☆冬眠映像祭Vol.1
  「かいふくのいずみ -インディペンデント・アニメーション、最前線!」令和2年1/25(土) 〜4/5(日)

【千葉】
DIC川村記念美術館,☆開館30周年記念展「ふたつのまどか―コレクション×5人の作家たち」令和2年3/20(金・祝)〜7/26(日)

【東京】
ヒルサイドフォーラム
 ☆東京造形大学presents ダ・ヴィンチ没後500年 「夢の実現展」令和2年1/5(日)〜1/26(日)会期中無休
武蔵野市立吉祥寺美術館,☆「千田泰広 ―イメージからの解放―」令和2年1/11(土)〜2/23(日)

【神奈川】
藤沢市アートスペース,☆企画展VI「変容のありか 流れる時間の捉え方 片岡純也+岩竹理恵/cobird」令和2年2/9(日)〜3/22(日)

【長野】
浅間縄文ミュージアム,☆企画展「縄文アイドル」令和2年2/8(土)〜2/24(月・祝)美術家ナカムラジンが土偶デザインから立体

【三重】
三重県立熊野古道センター,☆世界遺産登録15周年記念企画展「空間アート展〜古道の旅人」 〜令和2年2/9(日)

【兵庫】
横尾忠則現代美術館,☆「兵庫県立横尾救急病院展」令和2年2/1(土)〜5/10(日)

【岡山】
大原美術館,☆AM倉敷Vol.16「ワタリドリ計画 ―絵から旅する大原⇔岡山―」令和2年1/1(水・祝)〜3/15(日)

【広島】
広島市現代美術館
 ☆「アカルイカテイ」〜令和2年3/1(日)
 ☆ビデオアートプログラムA第67回「オーレル・フェリエ」〜令和2年2/2(日)

【福岡】
福岡県立美術館,☆「おとない −Sound/Visit−展」令和2年1/15(水)〜1/19(日)
三菱地所アルティアム,☆「数寄景/NEW VIEW〜日本を継ぐ, 現代アートのいま」令和2年2/1(土)〜3/8(日)

【大分】
大分県立美術館,☆「岡本太郎展」〜令和2年1/26(金)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12218] 【愛知】豊田市美術館/岡崎乾二郎 視覚のカイソウ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/04(Sat) 23:58:30

 豊田市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=63で開催中の展示を紹介します。正月は5日から開館です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「岡崎乾二郎 視覚のカイソウ」〜2/24(月・振)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般1300円 高大生900円 中学生以下無料
         障がい者手帳をお持ちの方と介添者1名)
         豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上は無料 [要証明]

 レリーフ〈あかさかみつけ〉シリーズ以来、彫刻、絵画、映像、メディア・アート、建築からテキスタイル作品、舞台美術、絵本、タイル、支持体(画板)ロボットとの協働によるドローイングまで、あらゆるジャンルにおいて最前線で制作を続けてきた造形作家、岡崎乾二郎(1955 年〜)。また、長期的な修景保存活動や教育活動、展覧会のキュレーションや多分野の批評など、旺盛な活動を展開。岡崎は、この世界は決して一元的なものではなく、相容れない固有性をもった世界が個性を保ったまま交通することから豊かな創造性が生まれるのだという考えてきた。岡崎の作品を前に回想することで、私たちの感覚が絶えず刷新されていく体験を実感する。

担当学芸員によるギャラリートーク:1/5(日)1/26(日)2/16(日)午後2時より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12224] 【東京】藝術大学 大学美術館/保科豊巳退任記念展「萃点」[1/7(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/06(Mon) 22:37:40

 上野公園の東京藝術大学 大学美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=143
で明日1/7(火)から開催される現代美術の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆保科豊巳退任記念展「萃点 SUI-TEN」1/7(火)〜1/19(日)
   1/14(火)休館
   入館無料
 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻で25年間教鞭を執った保科豊巳の軌跡を一望する退任記念展。1953 年生まれの保科は、故郷・長野の風土と深い自然に育まれた身体性を保ち続け、一貫して、東洋的な思想と西洋史のダイナミズムを融合させ、森羅万象に抱かれる自然観をより広い次元に拡張させる作品世界を作り上げた。「第12回パリビエンナ一レ」に参加、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどで発表活動を繰り広げる。
 東京藝術大学油画における学生への教育では、「身体・場・物質」を重視し、若いアーティストとともに実験的な試みを重ね、規制の枠組みを越境する新しい表現の場の創生に挑んだ。研究室から小瀬村真美や田中功起など、現代を担う現代美術作家を数多く輩出。本展は、「ポストもの派」の時代から長く現代に至るまで、20、21 世紀の表現の場を駆け抜け、研究者・教育者・大学における改革者である保科豊巳の原点を提示し、示す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12235] 【東京】国立新美術館/DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに[1/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/11(Sat) 22:04:57

 六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=73で、本日1/11(土)から始まった展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに」1/11(土)〜2/16(日)
     火曜休館(祝日の場合は翌日) 
     開館時間:午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1000円(800円) 大学生500円(300円)
          高校生、18歳未満(学生証または年齢のわかるものが必要)は無料
          障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。
       会期中に当館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、またはサントリー美術館および
       森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示で、団体料金。
 文化庁が1967年度から実施している「新進芸術家海外研修制度(在研)」の成果発表の機会として1998年から「ドマーニ・明日展」を開始し第22回目を迎える。今回は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック年の冒頭にあたる「日本博2020」のプログラムに参画する特別版として、共通テーマ「自然」を受け、「傷ついた風景の向こうに/ Landscapes in Our Age: Scarred and Reborn」をサブタイトルに、多世代から精選した11名の作家によるグループ展とする。
プロローグー身体と風景
 石内 都《Scars#26 illness1961》1999 写真
 米田知子《道ーサイパン島在留邦人玉砕があった崖に続く道》2003 写真
1 傷ついた風景ー75年目を迎える広島と長崎
 藤岡亜弥《川はゆく》2017 写真
 森 淳一《山影》2018 石彫
2 「庭」という風景ー作家の死を超えて
 若林 奮《緑の森の一角獣座 模型》1996−97 ミクスト・メディア
3 風景を生きる小さきもの
 栗林 慧《カマキリ》2005 写真
4 傷ついた風景をまなざす、傷ついた身体
 佐藤雅晴《福島尾行》2018 アニメーション
5 自然の摂理、時間の蓄積
 日高 理恵子《空との距離 XIII》2017 絵画
 宮永愛子《景色のはじまり》2011〜 インスタレーション
エピローグー再生に向かう風景
 畠山直哉《2019年8月1日 宮城県仙台市》2019 写真


アーティストトーク:企画展示室2E内イベントスペース

1/12(日)「からだと風景の傷をめぐって」 石内都(本展出品作家)、千早茜(小説家)午後2〜3時30分
1/12(日)「ふたりの栗林」 栗林慧(本展出品作家)、栗林隆(本展出品作家)午後4〜5時30分

1/13(月・祝)「音の空間から、絵の空間から」日高理恵子(本展出品作家)、細川俊夫(作曲家)午後2〜3時30分
1/18(土)「歴史の痕跡をめぐって」米田知子(本展出品作家)、藤村里美(東京都写真美術館学芸員)午後2〜3時30分
1/18(土)「佐藤雅晴尾行」青山悟(アーティスト)、鬼頭早季子(トーキョーアーツアンドスペース学芸員)午後4〜5時30分
1/19(日)「広島と写真をめぐって」藤岡亜弥(本展出品作家)、加治屋健司 (美術史家、東京大学大学院准教授) 午後2〜3時30分
1/19(日)「長崎と彫刻をめぐって」森淳一(本展出品作家)、小田原のどか(彫刻家、彫刻研究)午後4〜5時30分
1/25(土)「彫刻と風景」 淀井彩子(画家、若林奮夫人)、神山亮子(府中市美術館学芸員) 午後2〜3時30分
2/9(日)「かわる風景」宮永愛子(本展出品作家)、港千尋(写真家、著述家、多摩美術大学教授)午後4〜5時30分

テーマ対談:2/1(土)企画展示室2E内イベントスペース午後2〜3時30分
「傷ついた風景の向こうに:藤田嗣治の戦争画と丸木位里・丸木俊《原爆の図》から現在を考える」
           岡村幸宣氏(原爆の図丸木美術館学芸員)、林洋子氏(本展企画者)

ダンスパフォーマンス:2/8(土)企画展示室2E内イベントスペース 午後5〜6時
 砂連尾理(振付家、ダンサー、海外研修・2008年ベルリン)
 垣尾優(振付家、ダンサー)、西川文章 (音楽家、サウンドエンジニア)

文化庁新進芸術家海外研修(短期)報告会:1/25(土)企画展示室2E内イベントスペース 午後4〜5時30分
「40日間研修の魅力と可能性」
  笹川治子氏(美術家、海外研修・2019年ドイツ)、見増勇介氏(デザイナー、海外研修・2019年アムステルダム)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12265] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/01(Sat) 00:00:49

 自由な造形や映像などの新たな現代美術の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

【千葉】
千葉県立美術館
 ☆冬のアート・コレクション「Ch_AIR -Chiba Prefectural Museum of Art: Artist in Residence」〜4/12(日)

【東京】
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
 ☆第378回企画展「河口洋一郎 生命のインテリジェンス」〜3/19(木)コンピュータ・グラフィック

HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー),☆「記憶の珍味 諏訪綾子展」〜3/22(日)
森美術館
 ☆「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」4/23(木)〜9/6(日)
 ☆「アナザーエナジー展:創造しつづける女性アーティスト(仮題)」10/1(木)〜令和3年1/3(日)
 ☆「Chim↑Pom展(仮題)」令和3年4/22(木)〜8/22(日)
トーキョーアーツアンドスペース本郷,☆「ACT (Artists Contemporary TOKAS) Vol. 2」2/22(土)〜3/22(日)
原美術館,☆「森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」〜4/12(日)

【神奈川】
そごう美術館,☆「吉村芳生展」10/24(土)〜12/6(日)
川崎市岡本太郎美術館,☆「岡本太郎“聖家族”」〜4/12(日)

【京都】
京都芸術センター,☆TRA-TRAVEL「ポストLCC時代の  」〜2/16(日)

【大阪】
国立国際美術館
 ☆「ヤン・ヴォ―展(仮称)」4/4(土)〜6/14(日)
 ☆「感覚の交差展(仮称)」11/7(土)〜12/25(金)
 ☆「ボイス+パレルモ(仮称)」令和3年1/16(土)〜3/7(日)
 ☆「ミケル・バルセロ展(仮称)」令和3年3/27(土)〜5/30(日)洋画
阪急うめだギャラリー,☆「デジタルとアナログで創造する 藤井フミヤ展 多様な想像新世界」2/16(日)〜2/24(月・振)
EXPO'70パビリオン,☆特別展「知る、見る、遊ぶ 太陽の塔」〜4/12(日)

【兵庫】
あまらぶアートラボ A-Lab.,☆A-Lab Exhibition Vol.21「物語のものがたり」〜2/2(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12287] 【大阪】阪急うめだギャラリー/藤井フミヤ展 多様な想像新世界[2/16(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 20:34:06

 阪急うめだギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=40で今週末2/16(日)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「デジタルとアナログで独自の世界を創造する 藤井フミヤ展 多様な想像新世界」2/16(日)〜2/24(月・振)
    午前10時〜午後8時(金・土は9時まで、最終日は6時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般・大学生800円 高校生以下無料

 ミュージシャンの藤井フミヤが、1993年にCGアーティストとして衝撃的なデビューを果たし、2003年に「FUMIYART」展を開催して大反響を博して画家活動を休止したのち、16年間の沈黙を破り東京で開催した展覧会にさらなる新作を加え約100点の作品を展示。
 本展ではまず、1993年に全国9か所を巡回した初のコンピューターグラフィックス展「FUMIYART − Take a break」で発表したCGアート、2003年に発表した線画、カッターを駆使した職人技ともみえる「ハリエ」や「キリエ」等を出品、さらに今回は絵筆やペンを駆使したアナログ作品を初公開。硬質なボールペンを用いた線を無数に集積させるペン画、クリムトの絵画に触発された装飾的な空間の中に精緻なタッチの女性像を描いた油彩画など。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12311] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/26(Wed) 23:04:29

 自由な造形や映像などの新たな現代美術の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。
 但し、感染予防対策での開館状況などは必ずお確かめください。

【北海道】
北海道立釧路芸術館
 ☆「ワカリタイ ゲンダイビジュツ コレクションでたどる日本のアート1961-2010」2/28(金)〜4/12(日)
網走市立美術館,☆「忘れ傘、捨て傘、枯れ傘に再び花は咲く さしがさ花の花ひらくころ 半谷学展」〜3/29(日)

【東京】
アーツ千代田3331
 ☆207:Gallery OUT of PLACE TOKIO:Houxo Que「Proxy」〜3/29(日)インスタレーション

【神奈川】
横浜美術館
 ☆企画展「澄川喜一 そりとむくり」〜5/24(日)
 ☆New Artist Picks「柵援・住凖検辰い里舛鯔イΑラ3/14(土)〜4/12(日)
 ☆企画展ヨコハマトリエンナーレ2020「Afterglow―光の破片をつかまえる」7/3(金)〜10/11(日)
岩崎博物館(ゲーテ座記念)
 ☆第441回企画展「なべやかん・チングルベルの春休み大作戦 ぼくらを夢中にさせたモノ」4/1(水)〜4/19(日)

【富山】
富山県美術館
 ☆「森村泰昌のあそぶ美術史 ―ほんきであそぶとせかいはかわる―」3/7(土)〜5/10(日)

【福井】
福井県立美術館
 ☆テーマ展「福井発 アートを変革したシュルレアリストたち 出店久夫 他」〜3/15(日)

【長野】
軽井沢ニューアートミュージアム
 ☆「前川 強 ドンゴロスは生かされている。 色と形と物質による純粋抽象表現で発言する。」〜6/28(日)

【京都】
京都芸術センター
 ☆京都芸術センター20周年記念事業 てんとうむしプロジェクト06
    展覧会「つながりの方程式」3/1(日)〜4/6(日)
【大阪】
大阪府立江之子島文化芸術創造センター
 ☆大阪府20世紀美術コレクション「須田剋太展 抽象|具象」2/28(金)〜3/15(日)
 ☆大阪市現代芸術創造事業 Breaker Project 花岡伸宏「つくるということ」〜3/5(木)

【兵庫】
神戸アートビレッジセンター,☆ART LEAP 2019「いらっしゃいませようこそ 潘逸舟」〜3/15(日)
あまらぶアートラボ A-Lab.,☆A-Lab Exhibition Vol.22「アイデンティティのキキ」〜3/30(月)

【鳥取】
米子市美術館
 ☆特別共催展「フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生展」4/25(土)〜5/31(日) 会期中無休

【広島】
広島市現代美術館,☆「式場觧囲此・昭屡深誘澄ラ3/14(土)〜5/17(日)

【福岡】
福岡市美術館
 ☆コレクション展 近現代美術「コレクションハイライト2 1945年以降の現代美術」〜4/19(日)
三菱地所アルティアム
 ☆「最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」8/1(土)〜 9/13(日)

【熊本】
つなぎ美術館,☆「境野一之展 抽象世界へのいざない’20(収蔵品)」〜4/12(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12344] 【愛知】豊田市美術館/久門 剛史/光について 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 23:51:14

 豊田市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=63
で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに美術鑑賞をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
☆「久門 剛史−らせんの練習」〜6/21(日) 
   月曜休館(5/4(月・祝)は開館)
   入館料金:一般1000円 高大生800円 中学生以下無料
      障がい者手帳をお持ちの方(介添え者1名)
      豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)
 久門剛史(1981年京都府生まれ)は、身の回りの現象や特定の場所がもつ記憶、歴史的事象を採取し、それらを音や光、立体などの断片をもちいて観る者の身体感覚を静かに、強く揺さぶる空間を創り出し、美術館の4つの展示室を使い、新作インスタレーションを展開。真上から見て円であると認識していたものが、視点を変えて彫刻的に見たとき、はじめて螺旋だと気づく、そうした観る人それぞれの時間と空間の発見や新しい知覚の拡張につながる体験を、螺旋構造の豊田市美術館の建築空間の中で実感する展観。
  劇場作品『らせんの練習』2019年
  風 2017年 サウンド、木、ガラス、電球、アルミ、モーター、照明機材、他
  Pause 2016年 サウンド、スポットライト、電球、木材、アクリル、鐘、アルミ、ジョーゼット、ムーブメント、他
  crossfades #3 2015年 紙、アルミニウム、ルーペ、真鍮、ムーブメント、他、サイズ可変

【久門剛史による期間限定の特別展示】5/12(火)〜6/21(日)(月曜休館)午前11時〜午後4時
会場:茶室・童子苑(美術館敷地内)無料、要靴下、入場制限を行う場合あり。

3/28のアーティストとギャラリーツアーは中止

対談:久門剛史×野村仁氏(美術家)
5/2(土)午後2〜3時30分 講堂にて、定員172名、無料

担当学芸員によるギャラリーツアー:4/18(土)5/30(土)午後3時〜

作品ガイドボランティアによるギャラリーツアー
  木曜日を除く毎日午後2時(土日、祝日は午前11時〜、午後2時〜)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館25周年記念コレクション展「VISION Part 1 光について / 光をともして」〜6/21(日)
  入館料金:一般300円 高大生200円
     障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名)
     豊田市内在住又は在学の高校生及び豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)

 身近な街中や遠く宇宙の光と、わたしたちそれぞれの内なる光とが照応するような作品を紹介。
  奈良美智《Dream Time》1988年
  横山奈美《LOVE》2018年
  玉山拓郎《Eclipse Dance (Detail)》2019年
  村瀬恭子《Flowery Planet》2009年
  村岡三郎《熔断−17,500mm x 1,380℃》1995年
  野村仁《赤道上の太陽》1989年
  マリオ・メルツ《明晰と不分明/不分明と明晰》1988年

☆コレクション「電気の時代」〜6/21(日)
 20世紀初頭に「家電」のデザインをてがけたペーター・ベーレンスから現代美術まで、この100年間の電気と光についてのテーマ展示。
  アンゼルム・キーファー《重い水》1987年
  ヤノベケンジ《ラディエーションスーツ・アトム》1996年
  ペーター・ベーレンス《電気湯沸かし器》デザイン:1909年、製作:1909-1932年(AEG社)
  ウィーン工房、ヨーゼフ・ホフマン《サナトリウム・プルカースドルフの待合室の壁面照明器具》制作年:1904-1905年(ウィーン工房)
  牧野 義雄《チェルシー・エンバンクメント》1909/1910年
  田中 敦子《Work 1963 B》1963年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12362] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/04/01(Wed) 23:47:53

 これから開催されるはずの映像や自由な造形の現代美術の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、昨今の情勢により、展示の期間に入っていても休館中または開会延期の場合があります。その際には「休館が解けた時」を楽しみにお待ちください。そして出かけられる際には、必ず、当該館の当日のオリジナル情報をご確認の上、お訪ねください。

【群馬】
アーツ前橋,☆「廣瀬智央 地球はレモンのように青い」4/10(金)〜6/14(日)現代美術

【東京】
アーティゾン美術館
 ☆ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子
  「鴻池朋子 ちゅうがえり」4/18(土) 〜6/21(日)
 ☆第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展
  「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」 4/18(土) 〜6/21(日)

【神奈川】
神奈川県民ホールギャラリー,☆對木 裕里 展「ぐるぐる」5/27(水)〜6/6(土) 現代美術

【岐阜】
岐阜県美術館
 ☆「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.8 中路景暁」9/1(火)〜10/25(日)
 ☆特集「宮島達男」令和3年1/13(水)〜3/28(日)

【福岡】
田川市美術館,☆企画展示「コレクションコラボ 井上敬一展−存在思考−」4/7(火)〜5/10(日)現代美術

【宮崎】
宮崎県立美術館
 ☆コレクション展第1期「名品セレクション+日本の前衛美術」4/10(金)〜6/23(火)
 ☆コレクション展第1期「没後60年 瑛九、点を描く。」4/10(金)〜6/23(火)
 ☆コレクション展第1期「日本の現代美術−松崎コレクションから」4/10(金)〜6/23(火)
 ☆コレクション展第3期「瑛九 −多彩な仕事」10/3(土)〜12/24(木)
 ☆コレクション展第4期「瑛九抄」令和3年1/9(土)〜4/6(火)

【沖縄】
沖縄県立芸術大学付属図書・芸術資料館展示室,☆「ブリンブリン展」4/8(水)〜4/13(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12389] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/05/05(Tue) 23:27:43

 これから開催されるはずの日本画や書道の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、展示の期間は「休館が解けた時」から、と言う意味でご覧下さい。但し、期間中でも、開催中止の場合もあります。再開を楽しみに館のオリジナル情報を確認して、お訪ねください。

【青森】
青森公立大学 国際芸術センター青森,☆「いのちの裂け目ー布が描き出す近代、青森から」5/7(木)〜6/21(日) 会期中無休
遠藤薫、碓井ゆい、林介文(台湾)
十和田市現代美術館
 ☆Arts Towada 十周年記念「インター + プレイ」展 第1期:〜8/30(日)
 ☆Arts Towada 十周年記念「インター + プレイ」展 第2期:9/19(土)〜令和3年1/11(月・祝)

【山形】
酒田市美術館,☆第75回「県美展酒田巡回展」・第62回「こども県展」11/4(水)〜11/9(月)

【福島】
いわき市立美術館
 ☆企画展「Next World―夢みるチカラ
   タグチ・アートコレクション× いわき市立美術館」6/4(木)〜7/5(日)
【栃木】
小山市立車屋美術館,☆第50回企画展「大和田俊個展」7/18(土)〜9/22(火・祝)現代美術

【群馬】
群馬の森 群馬県立近代美術館,☆「佐賀町エキジビット・スペース1983-2000―現代美術の定点観測―」9/12(土)〜11/8(日)

【東京】
原美術館
 ☆「森村泰昌:エゴオブスクラ東京 2020さまよえるニッポンの私 」〜6/7(日)
 ☆「メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2018-2020(仮題)」6/21(日)〜9/6(日)
   出品作家:ハリス・エパミノンダ、久門剛史、小泉明郎
 ☆「光―呼吸 時をすくう 5 人」9/19(土)〜令和3年1/11(月・祝)
  出品作家:今井智己、城戸保、佐藤時啓、佐藤雅晴、リー・キット
世田谷美術館
 ☆ミュージアム コレクション特別篇「グローバル化時代の現代美術
     ―“セタビ”のコレクションで楽しむ世界旅行」7/4(土)〜8/16(日)
渋谷区立松濤美術館,☆「後藤克芳 ニューヨークだより“一瞬一瞬をアートする”」8/8(土)〜9/22(火・祝)
ワタリウム美術館,☆「青木陵子+伊藤存  変化する自由分子のWORKSHOP展」〜6/14(日) 

【神奈川】
川崎市岡本太郎美術館
 ☆F・バシェ生誕100年、日本万国博覧会から50年
   「音と造形のレゾナンス−バシェ音響彫刻と岡本太郎の共振」〜7/12 (日)
 ☆「太陽の塔への道〜太陽の塔は「生命の樹」だった」〜7/12 (日)
藤沢市アートスペース
 ☆企画展II「スプレイ・ライク・ゼア・イズ・ノー・トゥモロー 大山エンリコイサム」5/16(土)〜8/30(日)

【富山】
入善町下山芸術の森発電所美術館
 ☆アート・クリップ 2020「第4期:渕上 広(インスタレーション)」9/5(土)〜9/22(火・祝)
 ☆「栗林 隆展」10/24(土)〜令和3年3/21(日)<12/21〜1/8は休館>

【長野】
セゾン現代美術館,☆「都市は自然」5/23(土)予定〜8/30(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター,☆「磯野宏夫展〈生命の森〉森が森であるように」5/26(火) 〜 5/31(日)
清須市はるひ美術館,☆企画展 アーティストシリーズVol.95「阿部紅 展」令和3年2/6(土) 〜2/28(日)現代美

【福岡】
福岡県立美術館,☆「ART WAVE 福岡現代美術展2020」6/30(火)〜7/5(日)

【鹿児島】
霧島アートの森
 ☆開館20周年記念特別企画展
  「チェ・ジョンファ展 生生活活〜あらゆるものは,輝くだろう〜」7/10(金)〜9/22(火・祝)

【沖縄】
沖縄県立博物館・美術館,☆美術館コレクション展「石田尚志展 動く絵(ムーヴィング・ピクチャー)」〜6/28(日)
那覇市民ギャラリー,☆「禅タッチ!宇宙点描画家 水華の世界」5/5(火・祝)〜5/10(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12412] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/06/01(Mon) 23:28:31

 休館が解けて開催される現代美術の展示を紹介します。今回は5月末ぎりぎりでの情報ですが、ほっとミュージアムに掲載中のものは、展覧会が中止になっているものも一部残っています。「休館が解けた時」からお楽しみにして頂きたいのですが、必ず、当該館のオリジナル情報を確認してお訪ね下さい。

【東京】
国立新美術館,☆「古典×現代2020?時空を超える日本のアート」6/24(水)〜8/24(月)会期変更
東京都現代美術館
 ☆「ドローイングの可能性」6/2(火)〜6/21(日)
 ☆「MOTコレクション いまーかつて 複数のパースペクティブ」6/2(火)〜9/27(日)
原美術館,☆「森村泰昌:エゴオブスクラ東京 2020さまよえるニッポンの私 」〜7/12(日)<会期延長:予約制>
東京都写真美術館,☆「エキソニモ UN-DEAD-LINK アン-デッド-リンク」8/18(火)〜10/11(日) 現代美術
渋谷区立松濤美術館,☆「後藤克芳 ニューヨークだより“ 一瞬一瞬をアートする”」10/3(土) 〜11/23(月・祝)
ワタリウム美術館,☆「青木陵子+伊藤存  変化する自由分子のWORKSHOP展」〜8/30(日)<会期延長> 

【兵庫】
兵庫県立美術館「芸術の館」,☆特別展「マヌエル・フランケロ展(仮題)」令和3年2/6(土)?4/4(日) 現代美術
姫路市立美術館,☆「私のマル 小野田實展」10/31(土) 〜12/20(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12432] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/07/05(Sun) 00:46:18

 開催中またはこれから開催の、自由な造形や映像などの現代美術の展示を紹介します。かつて、紹介したもののうち、休館明けで展示期間を延長されたものや、変更されたものも含まれています。どうぞ、これからの訪問にご利用ください。

【北海道】
北海道立帯広美術館,☆「池田 緑 展」12/19(土)〜令和3年3/21(日) 環境問題を扱う現代アート
苫小牧市美術博物館
 ☆中庭展示「Vol. 14 艾沢詳子 Weathering−風化−」〜9/13(日)インスタレーション

【青森】
青森県立美術館,☆「青森EARTH2019:いのち耕す場所−農業がひらくアートの未来 」10/5(土)〜12/1(日)
青森公立大学 国際芸術センター青森
 ☆「いのちの裂け目ー布が描き出す近代、青森から」〜8/30(日) 会期中無休 遠藤薫、碓井ゆい、林介文(台湾) <会期延長>

【茨城】
茨城県近代美術館
 ☆「6つの個展 2020」11/3(火・祝)〜12/20(日)一色邦彦、須藤玲子、野沢二郎、國司華子、アビルショウゴ、塩谷良太
水戸芸術館現代美術ギャラリー,☆「ひかりといのちのある風景―現代美術センター所管作品から」〜7/31(金)

【群馬】
アーツ前橋
 ☆「廣瀬智央 地球はレモンのように青い」〜7/26(日)<会期延長>
 ☆「糸の記憶 アーツ前橋所蔵作品から」〜9/29(火)

【東京】
アーツ千代田3331,☆特別企画展「アーリー90's トーキョー アートスクアッド展」〜7/26(日)
東京国立近代美術館,☆コレクションによる小企画「北脇昇 一粒の種に宇宙を視る」〜10/25(日)
府中市美術館 牛島憲之記念館,☆公開制作78 児玉幸子「脈動―溶けるリズム」〜9/6(日)

【神奈川】
日本郵船歴史博物館
 ☆ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW −光の破片をつかまえる」7/17(金)〜10/11(日)
川崎市岡本太郎美術館,☆「太陽の塔への道〜太陽の塔は「生命の樹」だった」〜10/11 (日)

【新潟】
新潟県立万代島美術館,☆企画展「岡本太郎展 太陽の塔への道」12/19(土) 〜令和3年3/7(日)

【石川】
金沢能楽美術館
 ☆アペルト12 安西剛 「ポリ-」〜11/23(月・祝)
 ☆「de-sport : 芸術によるスポーツの解体と再構築」〜9/27(日)
 ☆「内藤礼 うつしあう創造」〜8/23(日)
 ☆「私たちの、私たちによる、私たちのための美術館」7/18(土) 〜令和3年3/21(日)

【長野】
小海町高原美術館,☆「口から入って届くまで 東城信之介」〜7/26(日)現代美術

【愛知】
豊田市美術館
 ☆「久門 剛史−らせんの練習」〜9/22(火・祝)<会期延長>
 ☆開館25周年記念コレクション展VISION part I「光について/光をともして」〜9/22(火・祝)<会期延長>
 ☆コレクション「電気の時代」〜9/22(火・祝)<会期延長>

【兵庫】
BBプラザ美術館
 ☆2020年度コレクション展I「コレクションにみる 拡がる現代アート 眼で聴き、耳で視る」〜8/28(金)
横尾忠則現代美術館,☆「兵庫県立横尾救急病院展」令和2年2/1(土)〜8/30(日)<会期延長>
あまらぶアートラボ A-Lab.,☆A-Lab Exhibition Vol.23「A-Lab Artist Gate 2020」〜7/12(日)
西脇市岡之山美術館,☆「宮崎興二の4次元ミュージアム」展前期:〜8/30(日)
             後期:9/6(日)〜12/6(日)
【鳥取】
鳥取県立博物館
 ☆夏休み企画 美術をめぐる 場をつくる2「高田光治 森からの贈りもの
    菌類たちとアーティストが奏でる音のない協奏曲。」7/18(土)〜8/30(日)<タイトル変更>
【広島】
広島市現代美術館
 ☆「式場觧囲此・昭屡深誘澄廖チ7/26(日)
 ☆2020-I コレクション・ハイライト+特集1「大地」・特集2「宿命の芸術」〜9/27(日)

【香川】
中津万象園・丸亀美術館
 ☆丸亀市猪熊弦一郎現代美術館リオープン記念「川島猛展 − I’m glad」〜 8/30(日)

【高知】
高知県立美術館
 ☆高知サマープロジェクト2020マテリアル・ミュージアム
  「高知で見つけたステキな廃材」8/11(火)〜9/6(日)
 ☆高知県立美術館アーティスト・フォーカス #01「竹穫太・ラ10/25(日)〜12/20(日)
   絵画やコラージュ、インスタレーションといった手法を自在に組み合わせ、独自の風景表現
【福岡】
北九州市立美術館,☆コレクション展1 特集「シュルレアリスムを感じる7つの要素」〜7/26(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12457] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/02(Sun) 21:45:27

 映像や自由な造形の新たな現代美術の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載されたものに加えて訪問の参考にご利用ください。

【千葉】
千葉市美術館
 ☆千葉市美術館拡張リニューアルオープン・開館25周年記念
   「宮島達男 クロニクル 1995?2020」9/19(土)〜12/13(日)
【東京】
アーツ千代田3331
 ☆アキバタマビ21第83回展覧会「雨足に沿って 舵をとる Steering along with tempo of rain.」〜8/9(日)
森美術館,☆企画展「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」〜令和3年1/3(日)<会期変更>

【福岡】
直方谷尾美術館,☆ミニギャラリー電話室三十八番「古城戸理恵」〜9/6(日)

【沖縄】
沖縄県立博物館・美術館,☆コレクション展「石田尚志展」〜10/11(日)「動く絵(ムーヴィング・ピクチャー)」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.12478] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/13(Thu) 20:15:01

 盆休み以後、映像や自由な造形による現代美術の新たな展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載中のものに加えてご参考にしていただき、館オリジナル情報で確認してお訪ねください。

【北海道】
モエレ沼公園ガラスのピラミッド
 ☆モエレ沼公園グランドオープン15周年記念展「山内悠 惑星」〜8/30(日)

【秋田】
秋田市立千秋美術館,☆企画展「岡本太郎展 太陽の塔への道」〜9/6(日)

【茨城】
水戸芸術館現代美術ギャラリー
 ☆クリテリオム97「肥後亮祐」8/29(土)〜11/8(日)
 ☆企画展「道草展:未知とともに歩む」8/29(土)〜11/8(日)植物への関心やフィールドワークから生まれた現代美術作品
 ☆企画展「3.11とアーティスト:10年目の想像展」令和3年2/20(土)〜5/9(日)

【東京】
アーツ千代田3331,☆ Galleries 鴻池朋子「石灰岩」〜9/6(日)
ポーラミュージアムアネックス,☆Takahiro Matsuo「INTENSITY」〜9/6(日)
トーキョーアーツアンドスペース本郷
 ☆大岩雄典「バカンス」 
  権瓶千尋+森岡美樹「声になるまえ(仮題)」11/21(土)〜12/20(日)
 ☆上村洋一、黒沢聖覇、高木遊「冷たき熱帯、熱き流氷」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
東京都現代美術館
 ☆「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」〜9/27(日)
 ☆カディスト・アト・ファウンデーションとの共同企画展「もつれるものたち」〜9/27(日)
 ☆「おさなごころを、きみに」〜9/27(日)
 ☆「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」11/14(土)〜令和3年2/14(日)
 ☆「MOTアニュアル2020 透明な力たち」11/14(土)〜令和3年2/14(日)
 ☆「MOTコレクション 第2期」11/14(土)〜令和3年2/14(日)
 ☆「VIRTUAL ART BOOK FAIR」 11/16(月)〜11/23(月・祝)
 ☆「Tokyo Contemporary Art Award 2019-2021 受賞記念展」令和3年3/20(土)〜6/20(日)
 ☆「マーク・マンダース 」令和3年3/20(土)〜6/20(日)
 ☆「MOTコレクション 第3期」 令和3年3/20(土)〜6/20(日)
ホテル雅叙園東京 百段階段
 ☆「TAGBOAT×百段階段 展〜文化財と出会う現代アート〜」9/11(金)〜10/11(日)

【神奈川】
横浜市民ギャラリー
 ☆新・今日の作家展2020「再生の空間 地主麻衣子・山口啓介」9/22(火・祝)〜10/11(日)?
神奈川県立近代美術館 鎌倉別館,☆企画展「フィリア ― 今 道子」令和3年1/30(土)〜4/18(日)
藤沢市アートスペース
 ☆企画展II「スプレイ・ライク・ゼア・イズ・ノー・トゥモロー
   大山エンリコイサム」〜9/27(日)<会期延長>
【新潟】
新潟市美術館,☆「式場觧囲此f昭屡深誘澄廖チ9/27(日)

【福井】
金津創作の森,☆「Fermentation Tourism Nippon × 福井(仮称)」令和3年1/16(土)〜3/7(日)(予定)

【長野】
軽井沢現代美術館,☆「草間彌生とファッション」〜11/23(月・祝)

【京都】
京都芸術センター,☆「ニューミューテーション#3 菊池和晃・黒川岳・柳瀬安里」〜8/30(日)

【兵庫】
横尾忠則現代美術館,☆「横尾忠則の緊急事態宣言」9/19(土)〜12/20(日)

【岡山】
奈義町現代美術館,☆「心象蒐集−零れ落ちた光を集める−井手豊映像作品展」令和3年1/9(土)〜2月中旬頃

【山口】
下関市立美術館,☆特別展「現代美術の最前線─タグチ・アートコレクションより」8/29(土)〜10/11(日)
山口情報芸術センター(YCAM),☆「搬入プロジェクト 山口・中園町計画ドキュメント」〜9/6(日)

【香川】
高松市美術館,☆特別企画「飯川雄大 デコレータークラブ―知覚を拒む展」〜10/18(日)

【熊本】
つなぎ美術館
 ☆U-39KUMAMOTO 展覧会「宮本華子 Was ich dir immer schon sagen wollte, aber nur dir nicht sagen kann.
  私は、あなたにだけ言えない。」〜8/30(日)
 ☆「熊本の戦後美術’20(収蔵品)」〜9/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


  [No.12501] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:22:35

 初秋から見られる映像や自由な造形などの現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【群馬】
ハラ ミュージアム アーク,☆「きぼうのかたち−原美術館コレクション」〜11/3(火・祝)現代美術

【東京】
東京都庭園美術館,☆「生命の庭―8人の現代作家が見つけた小宇宙」10/17(土)〜令和3年1/12(火)
21_21 DESIGN SIGHT
 ☆「トランスレーションズ展 ?『わかりあえなさ』をわかりあおう」10/16(金)〜令和3年3/7(日)
ヒルサイドフォーラム
 ☆「ブレイク前夜 in 代官山ヒルサイドテラス 時代を突っ走れ!
    小山登美夫セレクションのアーティスト38人」9/2(水)〜9/27(日)
【新潟】
鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館
 ☆松本秋則「風の奏でる竹の音展」〜11/23(月・祝)インスタレーション

【長野】
セゾン現代美術館,☆「都市は自然」〜11/23(月・祝)

【京都】
京都市京セラ美術館,☆「杉本博司 瑠璃の浄土」〜10/4(日)(事前予約・定員制)
京都市立芸術大学ギャラリーアクア
 ☆京都市立芸術大学創立140周年記念/開館10周年記念展
  「京都市立芸術大学芸術資料館収蔵品活用展
   /横内賢太郎「誰もに何かが(Something for Everyone)」9/12(土)〜10/25(日)
【大阪】
ATCホール,☆「バンクシー展 天才か反逆者か」10/9(金)〜令和3年1/17(日)

【広島】
広島市現代美術館,☆夏のオープンラボ「360°の迂回 澤田華」〜10/18(日)
おのみち歴史博物館,☆「Vast Underground Space企画展 向山晃大」〜9/6(日)

【福岡】
福岡アジア美術館
 ☆レジデンス成果展示「あじびレジデンスの部屋 
    第3期―川端通商店街から生まれた」9/24 (木) 〜12/25 (金)
 ☆コレクション展「久しぶりに再会してとてもうれしい」9/24 (木) 〜12/25 (金)
 ☆コレクション展 あじびコレクションX―(3)「スマイル、プリーズ!」9/24 (木) 〜12/25 (金)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12511] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/ひろがる美術館ヒストリー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/30(Sun) 23:12:14

 阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=68で開催中の展示を紹介します。
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=68
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆西宮市大谷記念美術館の<展覧会とコレクション>2「ひろがる美術館ヒストリー」〜9/27(日)
   水曜休館
   入館料金:一般500円、高大生300円、小中生200円
        西宮市内在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
        ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
        心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)

 1972年の開館当初から2000年代初め頃までの展覧会を取り上げ、阪神間で活躍した作家たちの展覧会開催から新たな作品収蔵を紹介した2018年の「ひもとく美術館ヒストリー」。
 第2弾の今展は1997年以降に企画・開催した現代美術作家の個展に焦点を当て、コレクション形成との関わりを検証。

 植松奎二《揺れるかたち−自重》1995年 鉄
 元永定正《作品65-1》1965年 油性合成樹脂塗料・カンヴァス、板
 山口啓介《4つの黒船》1990年 エッチング・紙
 他展示作家:藤本由紀夫・松谷武判・渡辺信子・太田三郎・大久保英治・杉浦康益・塚脇淳・石原友明・パラモデル・川村悦子・正延正俊・栗本夏樹・國府理
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 8/27(木)の午後に余裕がありましたので、またお気に入りの美術館を訪問しました。ここ西宮市大谷記念美術館は、かつて民家をそのまま展示施設にしていた時期から何度も訪ねてきましたが、私のお気に入りはやはり日本の近代洋画だったと思います。そのような中で、この館が現代美術の展覧会・所蔵品を増やされるにつれ、あまり現代美術には積極的でない私にも、浸透させてくれたように思います。そんな私的な「美術鑑賞史」の一部でもありました。
 サウンド・インスタレーションを1日だけ展示された藤本由紀夫「美術館の遠足」(これは1日だけを、10年間続けられた)や、杉浦康益「陶の植物誌」(花を陶器で作られたもの)が実際に鑑賞したものとして思いで深いものでした。

            明日香 光二/馬場 英明


  [No.12536] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/10/06(Tue) 00:03:50

のものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【東京】
HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー)
 ☆第14回 shiseido art egg「西 太志展」10/2(金)〜10/25(日)(予定)
 ☆第14回 shiseido art egg「橋本 晶子展」10/30(金)〜11/22(日)(予定)
 ☆第14回 shiseido art egg「藤田 クレア展」11/27(金)〜12/20(日)(予定)
ワタリウム美術館
 ☆アイラブアート15「生きている東京展」〜令和3年1/31(日)(月曜休館(9/21、11/23、1/11は開館)12/31−1/4は休館)

【神奈川】
横須賀美術館,☆「倉重光則+天野純治展 ミニマリズムのゆくえ」11/14(土)〜12/25(金)
藤沢市アートスペース
 ☆企画展II「スプレイ・ライク・ゼア・イズ・ノー・トゥモロー 大山エンリコイサム」10/10(土)〜12/20(日)

【新潟】
新潟県立近代美術館,☆「Viva Video! 久保田成子展」令和3年3/20(土) 〜6/6(日)

【大阪】
さかい利晶の杜,☆企画展「透明回線 ART Exhibition『SAKAI』」〜10/18(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12557] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/01(Sun) 21:30:02

 これから見られる映像や自由な造形などの現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【青森】
三内丸山遺跡,☆「金魚美抄2020〜金魚を描くアーティストたち〜」11/28(土) 〜令和3年1/11(月・祝)

【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー,☆「石渡 美香展 ミクストメディア」12/1(火)〜12/13(日)
ポーラミュージアムアネックス
 ☆「ポーラ ミュージアム アネックス展2020」【後期】ー透過と抵抗ー 〜11/15(日)<会期延長>
 ☆「Christmas Smale チャリティー・オークション」11/27(金)〜12/13(日)
岡本太郎記念館,☆企画展「対峙する眼」〜令和3年1/31(日)

【香川】
高松市美術館
 ☆特別展「高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.09」〜12/13(日)
 ☆特別展「野口哲哉展」令和3年2/6(土)〜3/21(日) 

【熊本】
つなぎ美術館
 ☆「アーティスト・イン・レジデンスつなぎの軌跡 つなぎだョ!全員集合
 篠塚聖哉 武内明子 幸田千依 加茂昂 富田直樹 大平由香理」12/5(土)〜令和3年2/14(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12579] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/16(Mon) 21:06:47

 開催中から、これから開催の自由な造形や映像などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【群馬】
アーツ前橋,☆「場所の記憶 想起する力」〜令和3年3/21(日)

【東京】
アーティゾン美術館
 ☆ジャム・セッション「石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」
    ー森村泰昌 ワタシガタリの神話」令和3年10/2(土)〜令和4年1/10(月)
府中市美術館 牛島憲之記念館
 ☆府中市美術館開館20周年記念「メイド・イン・フチュウ 公開制作の20年」12/5(土)〜令和3年2/28(日)

【神奈川】
神奈川県民ホールギャラリー,☆「大山エンリコイサム展 夜光雲」12/14(月)〜令和3年1/23(土)
川崎市岡本太郎美術館
 ☆企画展「クルト・セリグマンと岡本太郎」〜令和3年1/24(日)
 ☆「ウチの中の岡本太郎」〜令和3年1/24(日)

【石川】
金沢21世紀美術館
 ☆「コレクション展 スケールス」〜令和3年5/9(日)
 ☆「ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス」〜令和3年2/28(日)

【愛知】
ヤマザキマザック美術館,☆「富田菜摘 スクラップ・ワールド」11/13(金)〜令和3年3/14(日)

【京都】
京都府京都文化博物館,☆「木梨憲武 Timingー瞬間の光りー」令和3年2/16(火)〜3/28(日)

【岡山】
新見美術館
 ☆開館30周年記念特別企画「片山康之 × 加藤萌」
  同時開催「砂原秀遍遺作展」令和3年1/6(水)〜2/14(日) 

【山口】
山口情報芸術センター(YCAM)
 ☆「坂本龍一+高谷史郎 インスタレーション展 water state 1」〜12/6(日)

【徳島】
徳島県立近代美術館
 ☆特別展 「ドイツ 20世紀 アートー 人・対話・未来 ー
    〜フロイデ!ドイツ・ニーダーザクセン州友好展覧会 〜」〜12/6(日)
【愛媛】
新居浜市美術館
 ☆生誕100年記念「北代省三・山崎英夫展
   新居浜−東京 実験工房と「ものづくり」の原点」12/5(土)〜令和3年1/17(日)
【福岡】
福岡アジア美術館
 ☆「あじびレジデンスの部屋 第4期―レジデンス成果報告展」令和3年1/2(土)〜4/13(火)
三菱地所アルティアム,☆「高木正勝個展 星の時間」〜12/13(日)映像
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12604] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/29(Sun) 21:11:02

 開催中から、これから開催の自由な造形や映像の現代美術の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【青森】
青森公立大学 国際芸術センター青森
 ☆2020年度 アーティスト・イン・レジデンス「OPEN CALL: CALL for OPEN」〜12/22(火)

【長野】
富士見町高原のミュージアム
 ☆企画展「アース・ハート展 枯れ葉に新しい生命を吹き込む、栗林孝之の世界!」〜12/6(日)

【愛知】
古川美術館・爲三郎記念館
 ☆古川美術館 特別無料公開「深津昭彦展 自由から世界がはじまるアート展」令和3年8/21(土)〜8/29(日)

【愛知】
京都市京セラ美術館,☆東山キューブ「平成美術 うたかたと瓦礫(デブリ)」令和3年1/23(土)〜4/11(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12633] 【愛知】ヤマザキマザック美術館/富田菜摘 スクラップ・ワールド 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/12(Sat) 00:14:38

 名古屋市・新栄町のヤマザキマザック美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=11
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「富田菜摘 スクラップ・ワールド」〜令和3年3/14(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)12/28(月)〜1/4(月)休館
    入館料:一般1200円 小中高生500円
 
 立体造形作家・富田菜摘(1986- 東京都出身)はお菓子や飲料の缶をはじめ、壊れた楽器やゲーム機器、廃棄処分となった給食用の調理器具、工事の表示板など、ありとあらゆる廃材を集め、自由奔放な造形感覚によって組み合わせて、ユーモアあふれる動物を制作。作品には全てユニークな名前がつけられる。また富田は古紙を使い、サラリーマン、主婦、女子高生、高齢者など現代に生きる人間たちの姿を風刺と愛情を込めて表現した人物像も制作。今回、工作機械メーカーである館の母体ヤマザキマザック株式会社の工場で出た金属廃材を提供して富田に制作を依頼した新作、カンムリヅルの「マーサ」も初公開。

 《元》(チンパンジー) 2015年 ミクストメディア(金属廃材等)
 《津軽》(ラクダ)2016年 ミクストメディア(金属廃材等)
 《トリトン》(トリケラトプス) 2018年 ミクストメディア(金属廃材等)
 《マーサ》(カンムリヅル) 2020年ミクストメディア、(ヤマザキマザック株式会社工場の金属廃材等)
 《さんざん待たせてごめんなさい》2008・2010年ミクストメディア(新聞、雑誌、折り込みチラシ等)など

東山動植物園アニマル講演:令和3年1/31(日)午前11時開演(10時30分受付開始)要予約、定員30名、4階会議室
 今西鉄也氏(東山総合公園東山動物園教育普及担当主幹)

ガイドツアー:学芸員:会期中の第2、4土曜日、午前10時30分から約1時間
予約不要、先着10名、参加証を受け取り、10時25分に美術館1階ブールデルの彫刻《果物を持つ裸婦》の前に集合
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12642] 【愛知】ヤマザキマザック美術館:富田菜摘 スクラップ・ワールド 訪ねました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:42:55

 12/13に古川美術館・爲三郎記念館に続いて訪れたのが、同じ地下鉄東山線の新栄町駅の上にあるヤマザキマザック美術館。こちらは、フランスのバロック・ロココ美術コレクションが好きなので、何度か訪れていますが、今回の「富田菜摘 スクラップ・ワールド」はこの館が扱うものとしては意外なところで、興味がわいたので、再訪となりました。
 金属廃材で恐竜などの動物をつくる…というのは何だか「子ども美術館」っぽいと思っていたのですが、なかなか。今回の展示室は4階となっており、普段はアール・ヌーヴォーのガラスや家具製品が展示されているところなのですが… エントランスでライオンと恐竜に出迎えてもらうと、普段の展示ケースの空白に、廃品動物たちが居るのです!電球やメーターが眼に使えるのは想像がつきますが、金属食器や空き缶、電化製品の本体、部品などが、アンバランスながらアイデアいっぱいに組み合わされています。ゲーム機のコントローラーが、恐竜の爪がある足に使われているのにはうなりました。
 廃品動物と、もうひとつは新聞紙によるハリボテの等身大人物像。経済に関心のあるサラリーマンだったり、ゲーム好きの男の子だったり、時代にあったキャラクター設定がされた人形たちがこれも展示室の空間に居ます。…というわけで、ガレのガラス器なども、見ることができたのですが、今回は結構、特別展に気持ちがいきすぎて、アール・ヌーヴォーとフランス絵画はそぞろになってしまいました。また、なんども訪れることになるでしょう。
 今回の特別展は、1/5から再開、3/14(日)までです。
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.12486] 【石川】金沢二十一世紀美術館/内藤礼ほか 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/08/14(Fri) 23:39:23

こんにちは

 どこか行きたいけれども、今のところ東京周辺などへ行くと後から面倒かもしれないと言うことで、隣県程度で、流行地域ではないところに行こうと思って、北陸に来ています。

 8月13日、金沢二十一世紀美術館に久し振りに行きました。現在、日時指定の予約制となっています。当日券を買おうとすると長い行列ができていましたので、前売りで買っておくのがおすすめです。

 「内藤礼 うつしあう創造」は今年見た中で最も秀逸だと思いました。
 何しろ、この上もないほど繊細な作品です。「母型」は上から水が落ちてきて床が水で濡れているのが作品であり、言われないとどれが作品であるのかわかりません。「無題」の1つは天井から糸が吊り下げられているだけで、これも言われないと気付きません。「世界に秘密を送り返す」はただの鏡なのですが、直径1cmほどのもので、探すのが大変です。展示室7と展示室8にはほぼ同じものが位置を変えて展示されています。展示室8は中に入ってこれらの作品を探します。それに対して、展示室7は中に入ることができず、展示室8から堤防のようなもの(これも作品)越しにこれらの作品を探すので、床の水や細い糸、小さな鏡はなかなかどこにあるかわかりません。外に展示されていた「精霊」は細いリボンが風に揺れています。このような作品が続きます。この上もなく繊細で、室内でも自然を感じる、間違いなくこの人だけの作品たちでした。こうなると、水の作品が常設展示されている豊島美術館にも一度行ってみたくなります。

 もう1つの「de-sport:芸術によるスポーツの解体と再構築」も良い内容だったと思います。クリスチャン・ヤンコフスキー「重量級の歴史」は重量挙げ選手が集まって銅像などを持ち上げてみるのを記録した映像で、同じ展示室には力士やラグビー選手などの写真も展示されています。西京人「西京オリンピック」は3人でオリンピック競技のパロディをやっているものです。このようなスポーツを問い直すような内容です。

 今回はネットで予約すると、スマートホンにバーコードをQRコードを表示する形で入館できるようになっています。この難点は使用済みの入館券が記念として残らないことです。


  [No.12488] Re: 【石川】金沢二十一世紀美術館/内藤礼ほか 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 15:47:37

Quitaさん、こんにちは

> どこか行きたいけれども、今のところ東京周辺などへ行くと後から面倒かもしれないと言うことで、隣県程度で、流行地域ではないところに行こうと思って、北陸に来ています。
 美術館だけではないかもしれないが、大人は、この夏はこうした過ごし方が、比較的充実していたのでは、と思います。ご報告ありがとうございます。

> 8月13日、金沢二十一世紀美術館に久し振りに行きました。現在、日時指定の予約制となっています。
 現在は居住地制限は取れたところが多いものの、予約制はかなり多いので注意ですね。


 「内藤礼 うつしあう創造」について、「言われないとどれが作品であるのかわかりません」のはコメントを読んで面白いなと。考えるよりも感じることが現代美術の楽しみ方だ、という言われ方を良くしますが、観覧者が必死で感覚を研ぎ澄ますことも、現代美術の楽しみ方なんだな、とわかります。こうしたことが、「絵画」とか「彫刻」という単体の作品ではない、またオンラインでもない、「美術館」というリアル空間でこそ楽しめるものなんだなぁ、と思います。

> もう1つの「de-sport:芸術によるスポーツの解体と再構築」も良い内容だったと思います。
 今年は、もともと東京オリンピック関連で、スポーツをテーマにした美術や歴史展が多く計画されていましたが、今後は「スポーツが出来ることの幸せ」や「スポーツを遠隔でやること」をテーマにした考察も行われるようになるのではと思っています。

             明日香 光二/馬場 英明