[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12186] 【陶芸ガラス】令和2(2020)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/30(Mon) 18:21:59

 新春から見られる陶芸やガラス工芸の展示を紹介します。開始日が、年内から継続の場合には、年末年始の休館・開館日にご注意下さい。なお、この発言を令和2(2020)年の毎月の【陶芸ガラス】の展覧会案内のベースノートにします。

【秋田】
大村美術館,☆「ラリックとアール・デコ〜ガラス・ポショワール・陶磁器〜」〜令和2年3/31(火)

【東京】
伝統工芸青山スクエア
 ☆「伊万里青柳窯 文様の旅2 ーギリシアから東へー」令和2年2/7(金)〜2/13(木)
 ☆「波佐見焼伝統工芸士会 創立40周年記念展 ー若手からベテランまでー」令和2年2/21(金)〜3/5(木)
パナソニック汐留美術館,☆「高砂コレクション香りの器展(仮称)」令和3年1/9(土)〜3/21(日)
新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館,☆ミニギャラリー展示「岩田藤七ガラス工芸品」令和2年1/4(土)〜3/31(火)

【神奈川】
鎌倉・吉兆庵美術館,☆「備前二大巨匠展−人間国宝 金重陶陽と藤原啓−」令和2年1/18(土)〜3/15(日)
鎌倉歴史文化交流館,☆企画展「中国陶磁−青磁・白磁への憧れ−」令和2年1/25(土)〜4/25(土)

【富山】
雪梁舎美術館,☆収蔵作品「マイセン展ーマイセンの芸術家ー」令和2年2/1(土)〜4/12(日)

【石川】
石川県能登島ガラス美術館,☆「国際ガラス展・金沢2019in能登島」12/7(土)〜令和2年2/16(日)

【愛知】
瀬戸蔵,☆企画展「千峰園 伊藤四郎左衛門〜窯屋の経営と名望家としての横顔〜」〜令和2年2/16(日)
豊田市民芸館
 ☆企画展「名誉市民 本多静雄コレクションVI
  −現代陶芸 瀬戸・常滑を中心に−」〜令和2年3/8(日)
paramita museum,☆「ラリック・エレガンス
 宝飾とガラスのモダニティ ユニマットコレクション」〜令和2年1/27(月)

【滋賀】
滋賀県立陶芸の森陶芸館
 ☆陶芸の森開設30周年記念特別展「リサ・ラーソン
  ―創作と出会いをめぐる旅 A JOURNEY THROUGH TIME」令和2年3/21(土)〜5/31(日)

【京都】
樂美術館,☆新春展「ことのはの宴」令和2年1/5(日)〜3/8(日)
細見美術館,☆「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」令和2年1/7(火)〜3/29(日)

【岡山】
新見市法曽陶芸館 (猪風来美術館),☆「猪風来 土夢華展ー土が見た夢の花ー」〜令和2年2/24(月・振)

【沖縄】
沖縄市立 郷土博物館,☆第44回企画展「沖縄の土器づくり よみがえる技」〜令和2年1/26(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12202] 【茨城】県陶芸美術館/ガレの陶芸[1/2(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/31(Tue) 23:48:13

 笠間市の茨城県陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=22で、お正月1/2(木)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ガレの陶芸ー世紀末の煌めき 昆虫・植物・ジャポニスムー」令和2年1/2(木)〜3/8(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般730円 満70歳以上360円 高大生520円 小中生260円
         障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
           又は指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方及び付添者1人は無料
         土曜日は高校生以下無料
         2/22(土)は70歳以上無料
 19世紀末、フランス北東部のナンシーで活動したアール・ヌーヴォーの巨匠エミール・ガレ(1846-1904)は昆虫や植物など身近な自然や、日本をはじめとする異国の文物から生み出したガラスや木工家具の作品、その中でも陶芸約90点をまとめて紹介し、ガレの飽くなき創意と情熱をみる。
  花器 水仙文 1884年
  花器 竹形 1877年頃
  小鉢 虫文 1889年
  小物入れ 蜻蛉形 1882年
  花器 蝉文 1877年頃
  植込鉢 瓢箪形 1877年頃など

講演会:2/22(日)1階 多目的ホールにて、午後1時30分〜3時 予約不要、定員120名、無料
「ガレの陶器制作をめぐって」山根郁信氏(美術史家)

新春茶会「植物やいきもの柄の道具で感じるガレの世界」
2/15(土)1席目午前10時〜/2席目午前11時〜/3席目午後1時〜/4席目午後2時〜/5席目午後3時〜
 海老澤宗香氏 地下1階 オープンギャラリーにて
 予約電話またはFAXで申込(先着順) 1/2(木)午前9時30分より予約受付開始
 参加費500円 定員各席10名(空き席がある場合は当日参加も可能)

ギャラリートーク:学芸員:1/18(土)2/8(土)午後1時30分〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12209] 【京都】国立近代美術館/イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ[1/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 11:10:32

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22で明日1/4(土)から開催される展覧会を紹介します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」1/4(土)〜2/16(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1000円 大学生500円
         金土の5時以降夜間割引:一般800円 大学生400円
         高校生・18歳未満は無料
         心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)

 神話性、象徴性を制作におけるテーマの一つとして制作するイタリア現代陶芸を代表する作家ニーノ・カルーソ(1928–2017)。初期は、それらを自己の故郷シチリアの記憶と結びつけていたが、次第に古代ローマの遺跡等を思わせる壁面や柱、門などの形態制作を通じて、古代と現代を結ぶ空間の構築へと向かう。本展は、ニーノ・カルーソの偉業を約90点の代表作ならびに数々のデザインワークやスケッチなどの資料を通じて紹介。

講演会:1/11(土)午後2〜3時30分 1階講堂にて 定員:先着100名(当日午前11時より1階受付にて整理券配布)要入館券
「父 ニーノ・カルーソ」アンドレア・カルーソ氏(彫刻家)*通訳付き

ギャラリートーク:1/24(金)2/7(金) 午後6〜7時 定員:各日先着20名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12262] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:57:44

 新たな陶芸やガラス工芸の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

【北海道】
北一ヴェネツィア美術館,☆「ルチオ・ブバッコ展− 幻想と現実 独創の世界−」〜2/17(月)<会期延長>

【宮城】
藤田喬平ガラス美術館,☆企画展「ガラスのひなまつり展2020」〜3/4(水)

【群馬】
高崎シティギャラリー,☆「社会福祉法人大平台会陶芸教室作品展 」2/6(木)〜2/12(水)

【東京】
出光美術館,☆「東洋のやきもの―交流するアジアの美」令和3年2/20(土)〜3/28(日)
LIXILギャラリー3,☆「伊勢崎晃一朗展 成る」〜3/30(月)
伝統工芸青山スクエア
 ☆「備前伝統工芸士会展」3/6(金)〜3/19(木)
 ☆「鍋島藩窯 市川光山作陶展」3/20(金)〜3/26(木)
 ☆「美濃焼 小栗正男 作陶展」3/20(金)〜3/26(木)

【神奈川】
そごう美術館,☆「ラリック・エレガンス展」4/11(土)〜5/17(日)
UKAI箱根ガラスの森,☆2020年仮面祭企画展「水上都市のカーニバルに見るヴェネチアン・グラスの美 」〜4/5(日)

【長野】
山ノ内町立志賀高原ロマン美術館
 ☆2019年冬季企画展「志賀高原ロマン美術館コレクション展 ローマングラスと日本刀」〜4/5(日)

【岐阜】
多治見市文化財保護センター,☆企画展「尼ヶ根古窯 ―瀬戸黒のはじまり―」〜6/19(金)
多治見市美濃焼ミュージアム
 ☆企画展 「検証!再現ではなく創造 −子どもたちのやきもの表現−」〜3/8(日)
多治見市モザイクタイルミュージアム,☆小企画展「世界のモザイク・今 マクロとミクロが響きあう」1/25(土)〜5/10(日)

ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「ガラスのきらめき2020〜ランプワーク技法の世界〜」2/4(火)〜2/9(日)
 ☆「加藤順逸 陶展」2/4(火)〜2/9(日)  
 ☆「THE 陶市 TOKONAME CREATOR'S FLAG」 2/26(水)〜3/1(日)

【京都】
京都府立京都学・歴彩館,☆「柔らかい陶―市川廣三・宮下善爾の心象風景―」〜3/8(日)
野村美術館,☆2020年春季特別展「懐石のうつわ」【前期】3/7(土)〜4/19(日)
                      【後期】4/21(火)〜6/7(日)   
アサヒビール大山崎山荘美術館
 ☆生誕130年「河井寛次郎展−山本爲三郎コレクションより(仮題)」3/20(金)〜6/14(日)

【大阪】
逸翁美術館,☆2020展示I「百鉢展」〜3/15(日)<仮題トル>

【兵庫】
KOBEとんぼ玉ミュージアム,☆企画展「ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2020」令和2年1/11(土)〜4/7(火)

【島根】
出雲市立出雲文化伝承館,☆「出雲の茶陶展」3/20(金・祝)〜5月中旬

【岡山】
岡山県立博物館,☆特別展「備前のある場所―取り合わせの魅力ー」2/14(金)〜3/31(火) ☆第31回「九州陶磁器デザイナー協会展」2/26(水)〜3/1(日)
 ☆第1回「佐賀大学芸術地域デザイン学部 有田セラミック卒業制作展」3/3(火)〜3/8(日)
 ☆第35回「有田陶交会展」3/10(火)〜3/15(日)

【沖縄】

【山口】
山口県立萩美術館・浦上記念館
 ☆陶芸1「表現を切り拓いて―十三代三輪休雪(三輪和彦)の陶造形」〜8/30(日)
 ☆陶芸2「萩焼 三輪壽雪の茶陶」〜4/12(日)

【福岡】
出光美術館(門司)
 ☆「魅惑の唐三彩−シルクロードの恵み」6/19(金)〜8/30(日)
 ☆「茶の湯の美−茶陶と九州ゆかりのやきもの」令和3年1/8(金)〜3/21(日)

【佐賀】
佐賀県立九州陶磁文化館

那覇市立壷屋焼物博物館,☆宮城忍漆喰シーサー展「遊と造形III」3/13(金)〜3/22(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12290] 【東京】静嘉堂文庫美術館/磁州窯と宋のやきもの 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 22:23:22

 二子玉川の静嘉堂文庫美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=208で開催中の陶磁器の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「鉅鹿」発見100年「磁州窯と宋のやきもの」〜3/15(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般1000円 高大生および障害者手帳をお持ちの方と同伴者1名700円 中学生以下無料

 中国宋代(960〜1279)の陶磁器「宋磁」は中国の工芸文化のひとつのピークを示す。宋磁を代表する鉅鹿(きょろく)遺跡と磁州窯の陶器の再発見からおよそ100年にあたる。
河北省南部の磁州窯は五代(10世紀)以降現代まで日用の器物を大量に生産した民窯で、白化粧や黒釉の技法を基本に、独特の「掻落し」と呼ばれる彫刻的な文様表現、鉄絵や紅緑彩(赤絵)、三彩や翡翠釉などを用いた装飾性豊かな陶器を生み出した。また同様の製品は華北地域一帯に生産地が広がった。本展では館蔵の磁州窯とその周辺の陶磁器を紹介し、あわせて国宝「曜変天目(稲葉天目)」をはじめとする宋磁の名品を展示。
  「白地黒掻落牡丹文如意頭形枕」 磁州窯 北宋時代(12世紀) 
  「黒釉線彫蓮唐草文瓶」 磁州窯系 金〜元時代(13〜14世紀) 
  「白地鉄絵牡丹文吐魯瓶」 磁州窯系 金時代(13世紀) 
  「三彩白地掻落束蓮文枕」 磁州窯系 金時代(12〜13世紀) 
  「白地紅緑彩牡丹文碗」 磁州窯系 金時代(12〜13世紀) 
  「翡翠釉白地鉄絵菊花文双耳香炉」 磁州窯系 元〜明時代(14世紀) 
  重要文化財「白磁刻花蓮花文輪花鉢」 定窯 北宋〜金時代(12世紀) 
  「青磁刻花花喰鳥文枕」 耀州窯 北宋時代(11〜12世紀) 
  「青磁鼎形香炉」 南宋官窯 南宋時代(12〜13世紀) 
  国宝「曜変天目」 建窯 南宋時代(12〜13世紀) など

講演会:地階講堂にて、午後1時30分開演、定員120名、入館券のみ、開館時より整理券配布(1名様につき1枚)
2/22(土)「磁州窯と磁州窯系諸窯、そしてその影響の軌跡」守屋雅史氏(神戸松蔭女子学院大学教授)

静嘉堂コンサート「100万人のクラシックライブ」地階講堂にて、定員100名
3/7(土)午後2時開演(予定)参加費1000円(入館料別)事前申し込み制
〜ヴァイオリンとピアノの二重奏をあなたに〜
予約方法:メール:mousikomi@seikado.or.jp
 またはTEL: 03-3700-2250にて、名前・連絡先・参加人数を明示し、
 当日窓口で予約番号を告げ、1000円を支払い

列品解説:担当学芸員(展示室または講堂にて)。
  午前11時〜:2/29(土)
  午後2時〜:2/13(木)、3/12(木)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12308] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/26(Wed) 23:02:17

 新たな陶芸やガラス工芸の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。
 但し、感染予防対策での開館状況などは必ずお確かめください。

【北海道】
北一ヴェネツィア美術館,☆「VENINI展−伝統とモダンデザインの融合−」〜4/27(月)

【茨城】
茨城県陶芸美術館,☆テーマ展「久米みどり展 ―いのちの変奏曲」〜5/10(日)

【栃木】
栗田美術館,☆特集陳列「大作で見る伊萬里染付 初期から幕末まで」3/14(土)〜8/30(日)

【東京】
上野の森美術館,☆第12回「日本陶芸ガラス芸術展」4/15 (水) 〜4/19 (日)
光が丘美術館,☆「田村耕一/陶芸作品展」7/3(金)〜9/27(日)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念)
 ☆第440回企画展「内田邦太郎 パード・ド・ベール ガラス展」3/4(水)〜3/29(日)
鎌倉芸術館
 ☆ギャラリー1・2「『ガラスの美』ステンドグラス作品展2020」3/20(金・祝)〜3/23(月)

【富山】
富山市ガラス美術館,☆「ミクロコスモスーあらたな交流のこころみー」2/29(土)〜6/21(日)
射水市新湊博物館,☆「いにしえの器」2/28(金)〜4/19(日)

【石川】 
石川県立美術館,☆コレクション展「古九谷・再興九谷名品選」〜3/19(木)
石川県能登島ガラス美術館,☆「色とりどりの」〜5/10(日)
錦窯展示館,☆「歴代偲槌・週般症陛検廖チ6/21(日)

【福井】
金津創作の森
 ☆第12回「陶芸教室・ガラス講座・ろう染めクラブ作品展」 3/20(金・祝)〜 3/29(日)
福井県陶芸館,☆陶芸教室作品展「土のかたち」3/1(日)〜3/29(日)

【長野】
飯田市美術博物館
 ☆美術コレクション展示「綿半野原コレクションの陶磁器2020 明代磁器繚乱」〜5/24(日)
北澤美術館,☆「バーナーワークの世界2020」4/4(土)〜5/10(日)

【岐阜】
多治見市美濃焼ミュージアム,☆企画展「わが桃山陶 −館収蔵品物語−」〜5/17(日)

【静岡】
ふじのくに茶の都ミュージアム
 ☆企画展「煎茶の楽しみ〜江戸時代から現代までの多彩な『うつわ』〜」3/7(土)〜7/5(日)

【愛知】
あま市七宝焼アートヴィレッジ ,☆企画展「春の訪れ」〜3/8(日)

【京都】
古田織部美術館
 ☆「桃山一のかぶき者とは誰か?ー慶次か道八か、それとも織部か?」5/23(土)〜9/13(日)
八幡市立松花堂美術館,☆令和2年春季展「おいしい赤膚焼」3/14(土)〜5/10(日)

【大阪】
大阪市立東洋陶磁美術館
 ☆特別展「希薀廬コレクション 清朝陶磁の精華(仮称)」 12/5(土) 〜令和3年3/28(日)
関西大学博物館
 ☆2020年度春季企画展「受贈記念 横山滋ガラスコレクション 
    びいどろ・ギヤマン・ガラス展―ガラス器を愛で愉しむ―」4/1(水)〜5/17(日)
【兵庫】
尼信博物館(尼信会館),☆3階展示室「榎本 響 作陶展」6/6(土)〜7/12(日)
三木市立堀光美術館
 ☆企画展「もう40年・そしてまだ70年 藤本長 がらす展」2/29(土)〜3/15(日)
兵庫陶芸美術館
 ☆開館15周年記念特別展「THE備前ー土と炎から生まれる造形美ー桃山時代から現代へ」3/7(土)〜5/24(日)
 ☆特別展「No Man's landー陶芸の未来、未だ見ぬ地平の先ー」6/6(土)〜8/30(日)

【岡山】
日本郷土玩具館,☆「田井将博 ガラス展」3/20(金・祝)〜4/5(日)

【広島】
松濤園,☆陶磁器館所蔵品展V「美濃焼」(同時開催「古伊万里コレクションより花の彩り」)〜4/6(月)
たけはら美術館,☆所蔵品展「今井政之作品展」〜3/22(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12321] 【宮城】仙台市歴史民俗資料館/堤焼と堤人形 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 22:55:15

 仙台市歴史民俗資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=04&c=18で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館40周年記念特別展「堤焼と堤人形」〜4/12(日)
     月曜休館(祝日は開館)祝日の翌日(土日祝をのぞく)
     入館料金:一般・大学生240円 高校生180円 小中学生120円

 江戸時代に、旧仙台城下の北端で、外敵から守るために足軽が配置された堤町。足軽の内職として始まった堤焼と堤人形について館蔵資料を中心に、生活の道具あるいは愛玩具として人々のくらしに深くかかわっていた様子を紹介。
  堤焼・濁酒甕
  堤焼・黒物の大黒
  堤人形・横綱谷風  など

展示解説:3/21(土)4/4(土)4/12(日)午前11時、午後2時〜30分

☆季節展「ひな祭り」〜3/22(日)
 各家に伝わった「ひな人形」や仙台の郷土玩具でもあった「堤焼のひな人形」を展示し、かつてのひな祭りの様子を紹介。

☆被災地関連展示「六郷・七郷・高砂と周辺地域の人々のくらし」3/1(日)〜3/31(火)
 東日本大震災で大きな津波被害を受けた仙台市沿岸部のうち、六郷・七郷・高砂地区とその周辺地域を取り上げ、震災前の人々の暮らしの様子を写真などの資料で紹介。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12328] 【兵庫】陶芸美術館/The 備前[3/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 23:07:35

 丹波篠山市の兵庫陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=135で3/7(土)から開催される特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展兵庫陶芸美術館 開館15周年記念特別展「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」3/7(土)〜5/24(日)
   月曜休館(5/4(月・祝)は開館し、5/7(木)は休館)
   開館時間:午前10時〜午後6時(4/29〜5/5は午前10時〜午後7時、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生以下は無料 70歳以上は半額
         障害のある方は75%割引、介助者1名は無料
        5時以降は夜間割引料金(一般、大学生半額)

 岡山県の備前市伊部地域を中心に生み出され、釉薬を施さず土と炎の造形から生まれるシンプルで原始的なやきもの、備前焼。「窯変(ようへん)」「緋襷(ひだすき)」「牡丹餅(ぼたもち)」「胡麻(ごま)」「桟切(さんぎり)」など、薪窯による焼成で生まれたさまざまな景色は他のやきものにはない見どころ。
本展では、桃山時代に茶人や数寄者によって見いだされ、用いられてきた古備前の名品から、古備前に魅せられ作陶に取り組んでいった近代の陶芸家、さらには重要無形文化財保持者(人間国宝)や若手の最新作までの147件を3部構成で紹介。
 I章 源流としての備前焼−茶の湯のうつわを中心に−
    《徳利 銘トシワスレ》桃山時代(16ー17世紀)
    《緋欅大皿》桃山時代(16ー17世紀)
    《耳付花入 銘 太郎庵》桃山時代(16ー17世紀)

 II章 近代の陶芸家と備前焼 −写しと創作−  
   金重陶陽 《耳付水指》 1958年
   藤原啓 《窯変水盤》 1962年
   山本陶秀 《大海茶入》 1978年

 III章 現代の備前焼 −表現と可能性−
   伊勢崎淳 《角花生》 2008年
   伊勢崎創 《四方水指》 2018年
   矢部俊一 《暁月》 2015年
   伊勢崎晃一朗 《畝壺》 2017年 など

 3/15(日)までのセミナー・イベントは中止

ギャラリートーク:学芸員による展示解説:3/14、4/11・25、5/2・16(土)午前11時〜約1時間

アーティストトーク:3/28(土)午後1時30分より1時間程度、展示棟 展示室内、予約不要
 伊勢崎創氏 矢部俊一氏 伊勢崎晃一朗氏(出品作家)

クロストーク:4/18(土)午後1時30分〜3時、研修棟1階 セミナー室、定員110名(事前申込制、先着順)
「備前焼とは何か―現在と未来―」隠崎覦貉瓠塀佗丙邁函ヒ
  唐澤昌宏氏(東京国立近代美術館工芸課長/本展監修者)
  館サイトで申し込み

備前風にチャレンジ!〜丹波でつくる緋襷の器〜:4/5(日)午前10時〜正午
 工房・展示棟にて、
 定員20名(館サイトにて事前申込み・多数の場合は抽選 結果は郵送) 高校生以上対象
 参加費:4,500円(材料費、焼成代、観覧料等を含む)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12359] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/04/01(Wed) 23:45:45

 これから開催されるはずの陶芸やガラス工芸の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、昨今の情勢により、展示の期間に入っていても休館中または開会延期の場合があります。その際には「休館が解けた時」を楽しみにお待ちください。そして出かけられる際には、必ず、当該館の当日のオリジナル情報をご確認の上、お訪ねください。

【北海道】
北海道立函館美術館,☆「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」10/3(土)〜11/29(日)

【栃木】
宇都宮美術館
 ☆企画展「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック
   アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美」4/26(日)〜 6/21(日)

【東京】
菊池寛実記念 智美術館
 ☆「継ぐ―菊池コレクション 今泉今右衛門、酒井田柿右衛門、三輪休雪、樂吉左衞門」4/11(土)〜8/10(月・祝)
 ☆「志野、瀬戸黒、黄瀬戸 鈴木藏の作陶(仮称)」8/22(土)〜12/6(日)
 ☆「異才 辻晉堂の陶彫」12/19(土)〜 令和3年3/21(日)
伝統工芸青山スクエア,☆「京焼・清水焼 吉村楽入 作陶展」4/10(金) ?4/16(木)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「白磁 酒井崇全・華道 奥谷一翠 x 巡る、ながるゝ展」〜4/5(日)
 ☆「陶と版画 喜多里加 佐治直魅 二人展」4/28(火) 〜5/4(月)
愛知県陶磁美術館,☆企画展「異才 辻晉堂の陶彫 「陶芸であらざる」の造形から」4/11(土)〜5/31(日)
瀬戸蔵,☆企画展「新山SHINYAMA―近代の本業―」〜5/10(日)
瀬戸市新世紀工芸館,☆展示棟企画展「i×i 後藤晃太・塩谷智子 ガラス・写真2人展」4/13(月) 〜6/21(日)

【京都】
樂美術館,☆春期特別展「樂歴代 用の美―作陶の広がり―」〜6/28(日)
並河靖之七宝記念館
 ☆春季特別展「光輝ある並河七宝」4/3(金)〜7/19(日)
 ☆秋季特別展「並河七宝の開花」9/4(金)〜12/13(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12373] 【京都】 並河靖之七宝記念館/光輝ある並河七宝 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/04/04(Sat) 22:22:31

東山三条の並河靖之七宝記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=69で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに美術鑑賞をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
☆春季特別展「光輝ある並河七宝」〜7/19(日)
     月・木曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:大人800円 大学生・70歳以上600円 中高生400円 
          小学生以下、障害者手帳をお持ちの方無料
        グループ(5名以上)で来館者は可能なかぎり事前に要連絡

並河靖之(1845〜1927)は金属の線が施される有線七宝を手掛け、明治29(1896)年に帝室技芸員を拝命して、近代の工芸史に七宝家として名を残した。靖之は、焜炉を片手に日々釉薬の研究をすすめ、玻璃薬を用いた釉薬や茶金石の色目等の製法、植線の独自の方法を案出して、七宝制作の探求をした。巧緻の限りを尽くした煌めきの世界を楽しむ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12386] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/05/05(Tue) 23:25:44

 これから開催されるはずの陶芸やガラス工芸の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、展示の期間は「休館が解けた時」から、と言う意味でご覧下さい。但し、期間中でも、開催中止の場合もあります。再開を楽しみに館のオリジナル情報を確認して、お訪ねください。

【北海道】
北一ヴェネツィア美術館
 ☆「VENINI展−伝統とモダンデザインの融合−」〜5/25(月)
 ☆「ガラスモザイク特集」〜5/25(月)
江別市セラミックアートセンター,☆市町村立活性化事業「瀬戸焼 受け継がれる千年の技と美 展」5/16(土)〜7/5(日)

【岩手】
岩手県立美術館,☆「Human And Animal 土に吹き込まれた命」6/13(土)〜8/23(日)

【秋田】
大村美術館,☆「ルネ・ラリックとアール・デコとの邂逅? 開館25周年記念所蔵逸品展 ?」〜6/9(火)
角館樺細工伝承館,☆「古白岩焼展」8/29(土)〜11/1(土)

【福島】
福島県立博物館,☆テーマ展「ふくしまの焼もの1」11/14(土)〜令和3年1/11(月・祝)
郡山市立美術館,☆「日本ガラス工芸の先達たち―藤七・鑛三 そして潤四郎」10/10(土)〜11/23(月・祝)
いわき市立美術館,☆企画展「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」7/18(土)〜8/30(日)

【茨城】
茨城県陶芸美術館
 ☆企画展「幻の横浜焼・東京焼」〜6/28(日)
 ☆企画展「青か、白か、−青磁×白磁×青白磁」7/18(土)〜9/27(日)
 ☆企画展「開館20周年記念事業 笠間陶芸大賞展」10/17(土)〜令和3年1/17(日)
 ☆企画展「人間国宝 松井康成と原清展」令和3年2/6(土)〜3/21(日)

【東京】
明治大学博物館,☆「因・伯・雲のやきものー山陰の手仕事から」7/4(土)〜8/2(日)
大倉集古館,☆特別展「海を渡った古伊万里〜ウィーン、ロースドルフ城の悲劇〜」11/3(火・祝)〜令和3年1/24(日)
根津美術館,☆展示室5「陶片から学ぶ」7/23(木・祝)〜9/6(日)
五島美術館
 ☆開館60周年記念名品展IV「至高の陶芸―日本・中国・朝鮮―」8/29(土)〜10/25(日)
 ☆館蔵「中国の陶芸展」令和3年2/20(土)〜3/28(日)

【神奈川】
UKAI箱根ガラスの森,☆「クリスタル・ガラスのサクラ」〜5/19(火)

【石川】
小松市立本陣記念美術館
 ☆特別展 市制80周年記念「粟生屋源右衛門と九谷」7/25(土)〜10/18(日)
 ☆特別展 市制80周年・開館30周年記念「北大路魯山人の茶のこころ
    −世田谷美術館所蔵品を交えて−(仮題)」 10/24(土)〜令和3年1/17(日)
魯山人寓居跡 いろは草庵,☆「魯山人と吉野屋」〜6/30(火)

【福井】
福井県陶芸館,☆春季企画展「お隣さんのやきもの拝見 石川編」5/23(土)〜7/26(日)

【岐阜】
岐阜県現代陶芸美術館,☆「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」〜7/5(日)

【静岡】
モン・ミュゼ沼津 沼津市庄司美術館,☆2F「井原正利陶芸展」9/5(土)〜9/27(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター,☆「匂坂三恵子 陶展」 5/19(火) 〜5/24(日)
岡崎市美術博物館,☆特別企画展「マイセン動物園展」7/25(土)〜9/13(日)
瀬戸市新世紀工芸館,☆展示棟企画展 「i×i 後藤晃太・塩谷智子 ガラス・写真2人展」6/1(月) 〜6/21(日)<期間訂正>
大府市歴史民俗資料館,☆企画展「平安京と灰釉陶器〜王朝400年のやきもの〜」7/18(土)〜9/27(日)
高浜市やきものの里かわら美術館
 ☆企画展 市制50周年・開館25周年記念「過去と未来を紡ぐもの
   ―きっと、私たちはあの頃を忘れてしまうから―」〜6/21(日)
 ☆企画展 市制50周年・開館25周年記念「手鑑帳と鬼師展
   〜神・瑞獣・仙人の物語〜」7/4(土)〜9/21(月・祝)

【岡山】
林原美術館,☆企画展「マルっと、鍋島―新収蔵作品を加えた鍋島焼全公開―」〜6/14(日)

【福岡】
福岡市美術館,☆「田中丸コレクション うつわ歳時記」〜6/14(日)
久留米市美術館,☆「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」7/18(土)〜9/6(日)

【佐賀】
佐賀県立九州陶磁文化館
 ☆開館40周年・寄贈記念特別企画展「高取家コレクション」5/23(土)〜7/12(日)
 ☆第41回「九州新工芸展」7/29(土)〜8/10(月・祝)
 ☆第29回「陶千房展」8/12(水)〜8/16(日)
 ☆第19回「伊万里・有田焼伝統工芸士展」8/22(土)〜8/30(日)
 ☆「新収蔵品展」9/5(土)〜10/4(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12409] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/06/01(Mon) 23:27:00

 休館が解けて開催される陶芸やガラス工芸の展示を紹介します。今回は5月末ぎりぎりでの情報ですが、ほっとミュージアムに掲載中のものは、展覧会が中止になっているものも一部残っています。「休館が解けた時」からお楽しみにして頂きたいのですが、必ず、当該館のオリジナル情報を確認してお訪ね下さい。

【東京】
伝統工芸青山スクエア,☆「波佐見焼伝統工芸士 福重久弥展」6/26(金)〜7/2(木)

【京都】
京都府京都文化博物館,☆「京の翠とわざの粋 −緑釉陶器と緑釉瓦−」〜6/21(日)

【大阪】
和泉市いずみの国歴史館
  ☆常設展「東洋のやきもの―日本、中国、アジアの国ぐに―」12/19(土)〜12/25(金)
                         令和3年1/5(火)〜1/31(日)
【兵庫】
香雪美術館,☆コレクション展「茶の湯の茶碗」〜8/30(日)
神戸市立博物館,☆「和(なごみ)のガラス―くらしを彩ったびいどろ、ぎやまん」7/23(木)〜9/22(火)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12429] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/07/05(Sun) 00:44:42

 開催中またはこれから開催の、陶芸やガラス工芸の展示を紹介します。かつて、紹介したもののうち、休館明けで展示期間を延長されたものや、変更されたものも含まれています。どうぞ、これからの訪問にご利用ください。

【茨城】
茨城県陶芸美術館
 ☆企画展「青か、白か、−青磁×白磁×青白磁」7/18(土)〜10/18(日)<会期変更>
 ☆「里中英人展」9/3(木)〜10/11(日)
 ☆「笠間の急須展」10/13(火)〜令和3年1/17(日)
 ☆企画展「人間国宝 松井康成と原清展」10/31(土)〜令和3年3/21(日)<会期変更>
しもだて美術館,☆「京都の陶芸展〜こどもたちへのメッセージ〜」9/19(土)〜11/23(月・祝)

【東京】
伝統工芸青山スクエア,☆「京焼 吉村楽入工房 作品展」7/10(金)〜7/16(木)
府中市郷土の森博物館,☆企画展「東洋の焼き物たち」〜8/30(日)

【神奈川】
そごう美術館,☆「ラリック・エレガンス展」〜7/8(水)
鎌倉歴史文化交流館
 ☆企画展「中国陶磁―青磁・白磁への憧れ―」〜7/25(土)当面、鎌倉市在住者のみで事前予約制

【新潟】
新潟県立万代島美術館,☆企画展「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」10/10(土) 〜12/6(日)

【富山】
富山市ガラス美術館
 ☆「ミクロコスモスーあらたな交流のこころみー」〜9/22(火・祝)<会期延長>
 ☆「イヴァナ・シュラムコヴァ ここにあるもの」〜9/22(火・祝)
富山市佐藤記念美術館,☆特別展「平コレクション 東南アジアの陶器」10/3(土)〜11/29(日)

【福井】
福井県陶芸館,☆「北陸最大!越前焼『陶ふうりん』千の音色」〜8/30(日)

【長野】
サンリツ服部美術館,☆「染付 うつわに広がる青の世界」〜9/22(火・祝)

【岐阜】
岐阜県現代陶芸美術館,☆「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」〜8/16(日)<会期延長>
多治見市美濃焼ミュージアム
 ☆企画展「代官坂崎源兵衛と根本焼」〜9/27(日)
 ☆企画展「明治・美濃 超絶三人展−加藤五輔・西浦円治・成瀬誠志の世界−」9/4(金)〜12/27(日)
多治見市モザイクタイルミュージアム
 ☆小企画展「世界のモザイク・今 マクロとミクロが響きあう」〜9/6(日)<会期延長>
瑞浪市陶磁資料館
 ☆企画展「中山道界隈のやきもの」〜8/9(日)
 ☆特別展「煌めきの洋食器 山五陶業とGolden State porcelain」9/12(土)〜12/13(月)
 ☆企画展「趣向の器 のぞき」令和3年1/16(土)〜2/14(月)
 ☆企画展「友の会作品展」令和3年2/28(日)〜3/28(日)

【愛知】
愛知県陶磁美術館
 ☆テーマ展「癒しのノベルティ楽園(パラダイス)」7/4(土)〜8/2(日)
 ☆特別展「The 備前―土と炎から生まれる造形美― 」8/8(土)〜9/27(日)
 ☆特別展「YAYOI・モダンデザイン―ニッポンの美、ここに始まる―」10/10(土)〜12/13(日)
 ☆企画展「日本陶磁の源・陶邑窯―猿投窯の前に立ちはだかった巨大な壁―」令和3年1/9(土)〜3/21(日)
瀬戸蔵ミュージアム,☆企画展「愛知県陶磁器技能士会展」〜7/26(日)
瀬戸市新世紀工芸館
 ☆企画展「SHIGARAKIの作家展−relocation after the residency−」〜 9/20(日)
 ☆交流棟企画展「夏の陶とガラス展」〜8/23(日)

【滋賀】
佐川美術館,☆「十五代吉左衞門・樂直入展−樂茶碗とフランスRAKU茶碗−」〜8/30(日)

【京都】
高麗美術館,☆「 麗しき青磁・鮮やかなる青花」〜8/18(火)
樂美術館,☆特別展「樂歴代 用の美 ?作陶の広がり?」〜9/6(日)
京都府立植物園,☆「食虫植物展」7/23(木・祝)〜8/10(月・祝)
京都府京都文化博物館,☆「京の翠とわざの粋−緑釉陶器と緑釉瓦−」〜8/30(日)
並河靖之七宝記念館,☆春季特別展「光輝ある並河七宝」〜8/23(日)<会期延長>
アサヒビール大山崎山荘美術館
 ☆生誕130年「河井寛次郎展−山本爲三郎コレクションより」〜令和3年3/7(日)<仮題トル>

【大阪】
大阪市立美術館,☆コレクション展「愉快奇怪 神獣図鑑:やきもの篇」 7/1(水)〜8/16(日)
大阪市立東洋陶磁美術館
 ☆特別展「天目―中国黒釉の美」
  特集展「現代の天目―伝統と創造」〜11/8(日)
湯木美術館,☆令和2年 春季展「茶人を魅了した中国陶磁−見立てから茶道具の注文、そして写しへ−」〜8/2(日)
和泉市久保惣記念美術館
 ☆常設展「東洋のやきもの―日本、中国、アジアの国ぐに―」12/19(土)〜12/25(金)
                         令和3年1/5(火)〜1/31(日)
大阪府立弥生文化博物館,☆令和2年度夏季企画展「とんぼ玉100人展−煌めく技、艶めく心−」〜9/27(日)

【兵庫】
KOBEとんぼ玉ミュージアム,☆「江戸とんぼを探る―粋・願い・交易-近世和玉の美」〜7/7(火)
姫路市書写の里・美術工芸館
 ☆春季特別展示「時をかざった陶磁−中国文明の美」〜8/30(日)<会期延長>
兵庫陶芸美術館
 ☆開館15周年記念特別展「THE備前ー土と炎から生まれる造形美ー桃山時代から現代へ」7/26(日)<会期延長>
 ☆テーマ展「丹波焼の世界 season4」〜令和3年2/28(日)
 ☆開館15周年記念特別展「出石焼−但馬の小京都で生まれた珠玉のやきもの」9/12(土)〜11/29(日)
 ☆テーマ展 「Message−現代陶芸コレクション−」9/12(土)〜11/29(日)
 ☆開館15周年記念特別展 「ひょうごゆかりの古陶磁」12/12(土)〜令和3年2/21(日)
 ☆2020年度著名作家招聘事業×テーマ展 「植松永次展」12/12(土)〜令和3年2/21(日)
太子町立歴史資料館,☆企画展「斑鳩寺の瓦といかるがの瓦師」10/31(土)〜12/6(日)

【鳥取】
米子市美術館,☆特別企画展 生誕110年記念「異才 辻 晉堂の陶彫」7/18(土)〜8/23(日)

【岡山】
岡山・吉兆庵美術館,☆「横浜真葛焼の世界」〜8/30(日)
岡山県立美術館,☆「マイセン動物園展」12/4(金)〜令和3年1/31(日)
日本郷土玩具館,☆「風音 ka/za/ne〜2020創作ガラス風鈴展〜」7/13(月)〜8/2(日)
高梁市成羽美術館,☆「吹屋ベンガラ焼「炎の会」作陶展」令和3年3/10(水)〜3/21(日)
新見市法曽陶芸館 (猪風来美術館),☆企画展「新作縄文法曽陶展−地より来て地に還るもの−」〜 8/30(日)
備前市立備前焼ミュージアム,☆令和元年度「新収蔵品展」〜9/22(火・祝)7/13(月)〜7/17(金)は臨時休館)

【熊本】
島田美術館,☆「うつくしきグラス展」7/15(水)〜7/20(月)

【宮崎】
宮崎県立西都原考古博物館,☆国際交流展「青がつなぐもの〜高麗青磁と古代海洋交易〜」7/11(土)〜9/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12454] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/02(Sun) 21:44:03

 新たな陶芸やガラス工芸の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載されたものに加えて訪問の参考にご利用ください。

【北海道】
北一ヴェネツィア美術館
 ☆特別企画展「ヴィットリオ・コスタンティーニの世界−ガラスの宝石・鳥・昆虫・魚が大集合!−」〜9/7(月)

【栃木】
人間国宝田村耕一陶芸館
 ☆企画展「田村耕一、ふるさとへの愛展」〜11/8(日)
 ☆企画展「田村耕一の思考」11/13(金)〜令和3年3/7(日)

【東京】
伝統工芸青山スクエア
 ☆「ときめく陶器市」8/7(金)?8/20(木)
 ☆「上野焼 守窯 夏のカケラ 父娘2人展」8/7(金)?8/13(木)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.12475] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/13(Thu) 20:12:38

 盆休み以後、陶芸やガラス工芸の新たな展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載中のものに加えてご参考にしていただき、館オリジナル情報で確認してお訪ねください。

【岩手】
太陽と風の家(石と賢治のミュージアム),☆「ガラスで創る宮沢賢治の世界」9/2(水)〜10/4(日)

【秋田】
大村美術館,☆「アール・デコのガラスとひかりールネ・ラリックのガラス作品ー」〜9/29(火)

【栃木】
益子陶芸美術館,☆「英国で始まり―濱田・リーチ 二つの道―」〜11/8(日)

【群馬】
高崎シティギャラリー,☆予備室「佐藤火圭(火と圭は1字)陶芸教室展」10/1(木)〜10/7(水)

【神奈川】
鎌倉・吉兆庵美術館,☆「北大路魯山人 暮らしの中に美を」8/22(土)〜11/22(日)
UKAI箱根ガラスの森
 ☆「ヴェネチアン・グラス選抜名品展─ヨーロッパ貴族を魅了した輝き─」〜11/23(月・祝)
箱根ラリック美術館
 ☆開館15周年 ルネ・ラリック生誕160年「ドラマチック・ラリック
     想いをかたちに ときめく香水瓶」9/12(土)〜令和3年3/21(日)
【新潟】
今泉記念館,☆夏季限定特別展「マイセンから見る工芸の世界」〜9/22(火・祝)

【石川】
石川県七尾美術館
 ☆「伝えゆく池田コレクションの魅力
  〈第2期〉〜うつわバラエティ〜、〜イケコレでZOO〜」〜9/13(日)
石川県能登島ガラス美術館
 ☆特別展「生けるガラス−中川幸夫の花器」9/5(土)〜12/13(日)
 ☆テーマ展「探求と創作」12/19(土)〜令和3年4/18(日)

【福井】
福井市愛宕坂茶道美術館,☆企画展「青花―染付の味わい―」〜8/19(水)

【岐阜】
岐阜県現代陶芸美術館
 ☆「神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼」9/5(土)〜11/3(火・祝)
多治見市文化財保護センター,☆収蔵品展「やきもの入門 −多治見の古代中世編−」〜12/25(金)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「〜マグマのゆくえ(陶と日本画掛け軸)〜
   竹内豊明(陶)・神谷由美(日本画) 二人展」8/25(火) 〜 8/30(日)
 ☆「Re:P展 〜花があるかたち〜」9/8(火) 〜 9/13(日)陶芸
 ☆「福田覚 “日々の器” 作陶展」 9/22(火) 〜9/27(日)
 ☆「間宮香織 ガラス展−やわらかい時間−」9/29(火) 〜10/4(日)
大一美術館
 ☆「ガラスに描かれた花と風景展」〜9/6(日)
 ☆「Panoramic富山ガラス造形研究所教員展〜ガラスのある風景〜」〜9/6(日)
瀬戸市文化センター
 ☆せとものフェスタ2020 瀬戸市美術館特別展「加藤華仙展―その生涯と創作―」〜9/27(日)
 ☆せとものフェスタ2020 瀬戸市美術館特別展 第3回瀬戸・藤四郎トリエンナーレグランプリ受賞者展
   「塩谷良太展 かたちに、かたちのないもの」〜9/27(日)
 ☆瀬戸市美術館特別展 瀬戸国際セラミック&ガラスアート交流プログラム
   「2019-2020 招聘作家作品展」〜9/27(日)
高浜市やきものの里かわら美術館
 ☆企画展 市制50周年・開館25周年記念「手鑑帳と鬼師展〜神・瑞獣・仙人の物語〜」〜10/18(日)<会期変更>
あま市七宝焼アートヴィレッジ ,☆企画展「ギモン解決!七宝焼あれこれ ビフォーアフター」〜9/6(日)

【滋賀】
滋賀県立陶芸の森陶芸館
 ☆特別企画「湖国・滋賀の陶芸−風土と伝統そして交流のなかで展」〜9/22(火・祝)

【京都】
野村美術館, ☆2020年秋季特別展「懐石のうつわ−秋・冬のしつらえ−」9/5(土)〜10/18(日)
清水三年坂美術館,☆「京薩摩」8/22(土)〜11/8(日)
舞鶴市立赤れんが博物館,☆企画展「いきものれんが展」〜 8/30(日)
八幡市立松花堂美術館
 ☆初秋の小展示「赤いのも、白いのも、やわた南山焼いろいろ」9/5(土)〜10/11(日)

【兵庫】
KOBEとんぼ玉ミュージアム,☆「硝子の動物園」〜10/6(火)
三木美術館,☆「染付 麗しの青」同時開催「冬の風景 そして春へ」11/18(水)〜令和3年2/21(日)  

【島根】
松江市立出雲玉作資料館
 ☆企画展示「舩木倭帆(ふなきしずほ)のガラス展〜涼風をさそう〜」8/4(火)〜8/30(日)
手錢記念館,☆陶磁器展 後期「茶の湯の陶磁器」〜9/22(火・祝)

【岡山】
日本郷土玩具館,☆「くらしき酒津焼 兜山窯」9/16(水)〜9/22(火・祝)
新見市法曽陶芸館 (猪風来美術館)
 ☆村上原野追悼展「渦巻く翅(つばさ)のヴィーナス」9/1(火)〜12/26(土)

【山口】
山口県立萩美術館・浦上記念館,☆特別展示「大集合!やきものどうぶつ展」〜8/30(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


  [No.12498] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:20:40

 初秋から見られる陶芸やガラス工芸の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【北海道】
北一ヴェネツィア美術館
 ☆特別企画展「ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
     −ガラスの宝石・鳥・昆虫・魚が大集合!−」〜10/12(月)<会期延長>
【青森】
寺山修司記念館
 ☆特別企画展 2020 vol.1「オリンピックと寺山修司〜スポーツと芸術が交差するとき〜」〜10/18(日)予定

【栃木】
栗田美術館,☆特集陳列「大作で見る伊萬里染付 初期から幕末まで」9/19(土)〜令和3年2/28(日)

【東京】
文京ふるさと歴史館,☆ミニ企画展示「音羽通りの陶磁器店 丸八商店」〜9/22(火・祝)

【新潟】
駒形十吉記念美術館,☆企画展「白と黒 茶碗の魅力 併設 平山郁夫 古寺巡礼」〜10/4(日)

【富山】
富山市ガラス美術館,☆コレクション展2020「内と外」〜12/13(日)

【石川】
錦窯展示館,☆企画展「偲槌・週箸諒戸諭廖チ11/29(日)

【福井】
福井県陶芸館,☆「窯元応援プロジェクト」〜9/30(水)

【長野】
北澤美術館,☆多目的ギャラリー「渡邊徳明ガラス展」〜9/13(日)

【岐阜】
土岐市美濃陶磁歴史館,☆企画展「二宮コレクション 初代土岐市長 二宮安徳が描いた夢」9/18(金)〜11/29(日)

【京都】
清水三年坂美術館,☆「京薩摩」〜11/8(日)
美術館「えき」KYOTO
 ☆生誕110年記念「異才 辻晉堂の陶彫」10/31(土)〜11/23(月・祝)
 ☆「デミタスカップの愉しみ」11/28(土)〜12/25(金)

【大阪】
湯木美術館
 ☆令和2年 秋季展「国焼茶碗はおもしろい
      −茶人たちが採り上げた各地の茶陶−」前期:8/29(土)〜10/18(日)
                        後期:10/20(火)〜12/13(日)
【岡山】
備前市立備前焼ミュージアム
 ☆特集展示「閑谷ゆかりのやきもの」9/30(水)〜11/23(月・祝)
 ☆企画展「備前花入」12/1(火)〜令和3年2/28(日)

【広島】
松濤園,☆陶磁器館「やきもの動物園」〜9/28(月)

【山口】
山口県立萩美術館・浦上記念館
 ☆「三輪龍氣生展ー行け、熱き陶の想いよ、黄金の翼に乗って。」9/12(土)〜12/20(日)

【熊本】
八代市立博物館未来の森ミュージアム
 ☆第一常設展示室(1階)八代焼(2)「動植物文様の八代焼」〜10/4(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12533] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/10/06(Tue) 00:01:51

 秋から見られる陶芸やガラス工芸の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【東京】
伝統工芸青山スクエア,☆「赤津焼 拝戸窯 稲山 稲垣鑛作展」10/23(金)〜10/29(木)
戸栗美術館,☆「戸栗美術館 名品展I―伊万里・鍋島―」〜12/20(日)(完全予約制)

【新潟】
敦井美術館,☆「楠部彌いちと心を継ぐ者たち 楠部彌いち展」10/5(月)〜12/12(土)

【石川】
石川県九谷焼美術館
 ☆特別展「吉田屋の逸品」前期:10/3(土)〜12/6(日)
             後期:10/12(土)〜令和3年2/14(日)
 ☆企画展 第10回「九谷焼伝統工芸士会作品展」令和3年2/20(土)〜3/21(日)

【長野】
北アルプス展望美術館(池田町立美術館)
 ☆「本間友幸作陶展〜刻の結晶〜」10/31(土)〜12/10(木)
 ☆「圃晏(ほあん)展」令和3年3/2(火)〜3/21(日)陶芸

【愛知】
大一美術館,☆改装休館前「大一美術館所蔵コレクション逸品展」〜令和3年4/4(日)
愛知県陶磁美術館
 ☆公益財団法人 瀬戸市文化振興財団企画展
   「磁器生産の成立と展開ー江戸後期の瀬戸窯と美濃窯ー」10/17(土)〜12/6(日)
瀬戸市文化センター
 ☆瀬戸市制施行91周年記念 磁祖加藤民吉生誕250年プレ事業 瀬戸市美術館特別企画展
  「初期瀬戸染付の謎ー加藤民吉とその時代ー」10/3(土)〜11/29(日)
【京都】
樂美術館,☆秋期特別展「樂歴代ー桃山、令和 紡ぐ茶碗−」〜12/24(木)

【大阪】
大阪市立東洋陶磁美術館,☆特別展「黒田泰蔵」11/21(土) 〜 令和3年5/9(日)

【兵庫】
白鶴美術館,☆本館「陶色遊覧―taoseyoulan―」〜12/13(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12554] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/01(Sun) 21:27:54

 これから見られる陶芸やガラス工芸の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【北海道】
北一ヴェネツィア美術館
 ☆特別展「レースガラス展−貴族を魅了したヴェネツィアの至宝−」〜令和3年1/18(月)
市立小樽美術館
 ☆特別展「北前船の華 北海道に渡った九谷焼(小樽・後志編)」〜12/27(日)

【富山】
富山市佐藤記念美術館,☆企画展「東南アジアのやきもの」〜11/29(日)

【大阪】
高松市歴史資料館,☆たかまつ工芸ウィーク関連展「讃岐のやきもの」〜11/8(日)

【佐賀】
佐賀県立九州陶磁文化館,☆特別企画展「柴澤コレクション」〜12/13(日)

【長崎】
出島(出島史料館本館・分館・二番蔵)
 ☆企画展「ジャパニーズ・ビューティうつわに描かれた女性たち」〜令和3年2/23(火・祝)
松浦史料博物館,☆「松浦家に伝わった陶磁器展」〜12/28(日)

【大分】
大分市美術館,☆第3期コレクション展/展示室4「陶芸の魅力〜河合誓徳を中心に〜」〜12/27(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12576] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/16(Mon) 21:05:09

 開催中から、これから開催の陶芸やガラス工芸の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【岩手】
歴史公園 えさし藤原の里,☆えさし郷土文化館 テーマ展「岩谷堂焼」〜11/29(日)

【宮城】
藤田喬平ガラス美術館,☆どこよりも早い!「ガラスのクリスマス展2020」〜12/14(月)

【東京】
伝統工芸青山スクエア
 ☆「いつもの暮らし、家族の器 美濃焼 加藤音 陶展」11/27(金)〜12/3(木)
東京藝術大学 大学美術館,☆豊福誠 退任記念展「色絵磁器」11/23(月・祝)〜12/6(日)
O美術館,☆「スイスメグロー派グラスリッツェン作品展」令和3年5/15(土)〜5/19(水)

【富山】
射水市新湊博物館,☆企画展「石黒4代の軌跡」12/11(金)〜令和3年2/14(日)

【石川】
魯山人寓居跡 いろは草庵,☆企画展「魯山人と初代須田菁華」〜12/15(火)

【福井】
福井県陶芸館,☆企画展 「わたしの湯のみ」〜12/13(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆高芝孝子「陶の彩り展」〜11/23(月・祝)
 ☆朝霧裕子 飾り結びベネチアングラスジュエリー展「再生をよぶ光」12/1(火) 〜12/6(日)
瀬戸市新世紀工芸館
 ☆展示棟企画展「増原 嘉央理 高橋 奈己 展 −表現の形−」〜令和3年1/24(日)
 ☆交流棟企画展「冬のおくりもの展」〜令和3年1/17(日)
豊田市民芸館,☆「柳宗悦と古丹波」〜令和3年2/28(日)

【滋賀】
甲賀市水口歴史民俗資料館
 ☆連携展「信楽焼 <わび・さび>の美の秘密とヒストリ ー」
   「甲賀の茶と信楽焼のヒストリー ー 茶壺から汽車土瓶まで ー」〜12/16(水)
滋賀県立陶芸の森陶芸館,☆特別展「奇跡の土−信楽焼をめぐる三つの景色」〜12/13(日)
土山歴史民俗資料館
 ☆連携展「信楽焼 <わび・さび>の美の秘密とヒストリ ー」
   「甲賀の茶と信楽焼のヒストリー ー 茶壺から汽車土瓶まで ー」〜12/6(日)
【京都】
京都府京都文化博物館,☆「中川伊作と南蛮陶器の世界」〜12/6(日)

【兵庫】
KOBEとんぼ玉ミュージアム,☆「とんぼ玉展覧2020」〜令和3年1/5(火)
尼信博物館(尼信会館)
 ☆3階展示室「ジョン・ディックス&ディックス北岡千加子二人展」令和3年3/20(土)〜4/18(日)

【岡山】
夢二郷土美術館
 ☆企画展「松田基コレクションX:夢二名品展
    特別公開 生誕100年藤田喬平のガラス」12/8(火)〜令和3年3/7(日)
【広島】
松濤園,☆陶磁器館「海を渡った伊万里たち」〜令和3年1/11(月・祝)
八千代の丘美術館,☆「見つめる猫 今田 香 陶猫展」〜11/30(月)

【佐賀】
財団法人今右衛門古陶磁美術館,☆邂逅企画「めぐりあう掌の逸品展」〜11/29(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12601] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/29(Sun) 21:09:25

 開催中から、これから開催の陶芸やガラス工芸の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【秋田】
大村美術館
 ☆「ルネ・ラリックのグラス−アール・デコのワイングラスー」12/5(土)〜令和3年3/30(火)

【愛知】
高浜市やきものの里かわら美術館
 ☆市制50周年・開館25周年記念「土と炎の継承―高浜の景色―」 〜12/20(日)

【兵庫】
たつの市立埋蔵文化財センター,☆企画展「たつのの瓦師―建物づくりを支えた匠たち―」〜12/14(月)

【奈良】
大和文華館,☆特別企画展「中国青花と染付磁器 ―京都の鹿背山焼―」令和3年2/19(金)〜4/4(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12617] 【京都】美術館「えき」KYOTO/デミタスカップの愉しみ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/30(Mon) 23:16:51

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=73で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「デミタスカップの愉しみ 華やかなアンティーク・デミタスを一堂に集めて。」〜12/25(金)
    会期中無休
    午前10時〜午後7時30分(入館は閉館30分前)
    入館料金:一般900円 高大生700円 小中生500円
     「障害者手帳」提示者と同伴者1名は200円割引
   本展は事前予約不要だが、混雑状況により入館待ちの場合あり

 濃い目のコーヒーを飲むための小さなコーヒーカップ「デミタス」は、19世紀のヨーロッパにコーヒー文化が浸透し、需要が高まる。当時の流行を反映したもの、“超絶技巧”ともいえる繊細な装飾、贅を尽くしたもの、大胆なかたちのものまで、多彩なデザインが生まれた。本展は19世紀後半にヨーロッパでブームになったジャポニスムや、アール・ヌーヴォー、アール・デコを取り入れた作品を中心に、個性きらめくカップ&ソーサーたちを紹介。
 コールポート(1881〜1890年)《金プラチナ彩菊花文カップ&ソーサー》
 マイセン(1860〜1880年)《貼りつけ花鳥とスノーボール蓋付きカップ&ソーサー》
 ロイヤルウースター(1880年頃)《金彩ジュール透かし彫りカップ&ソーサー》
錦光山(1800年代後期)《京薩摩金彩龍文カップ&ソーサ―》
 ロイヤルドルトン(1891〜1902年)《花束文金彩テニスセットカップ&ソーサー》
 ロイヤルバイロイト(1900年代前期)《「キャベツとロブスター」カップ&ソーサー、ミルクピッチャー》など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12487] 【富山】市ガラス美術館/ミクロコスモスほか 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/08/15(Sat) 00:22:47

こんにちは

 8月14日は富山です。他にも行っていますが、初めての富山市ガラス美術館について書きます。

 建物は富山市立図書館と一体になった特徴あるもので、隈研吾設計でした。確かにこの人の建築と思うところがあります。新国立競技場よりも西武鉄道の観光列車の内装とイメージが似ています。

 2Fにある展示室1,2は企画展の1つ「ミクロコスモス」です。日本の若手ガラス作家7人による比較的新しい作品展です。最も古くて2008年から、今年の作品まで含まれています。谷口嘉の作品は小さなガラスを集めたインスタレーションです。言上真舟はガラスの破片を使って女性の服の形を作っています。これは以前にSUWAガラスの里美術館で見たことがあると思います。渡辺知恵美はガラスの中にまるで日本画のような世界を構成しています。前日に続いて繊細な作品を多く見られたと思います。誰か1人を選ぶとすれば渡辺知恵美です。

 3Fの展示室3はもう1つの企画展「イヴァナ・シュラムコヴァ」は単純化された動物や鳥をガラスで制作していました。小鳥を集めた展示の所では、台から鳥の鳴き声が聞こえ、インスタレーションのような感じになっています。なお、展示室2と3は内部の階段で接続され、大規模な企画展のときには展示室1〜3が使える作りでした。今回は別の企画のため、階段は閉鎖されていました。

 4Fの展示室4と6Fのグラスアートガーデンが常設展です。展示室4は「内と外」というテーマで、感じとしては「重なる」「反射する」というように技法別に所蔵品を整理したものでした。グラスアートガーデンはデイル・チフーリの多くは富山をテーマにした作品です。

 5Fのギャラリー1,2はいわゆる市民ギャラリーで、ガラスに限らないアマチュア作家中心のもののようです。今回はパスしました。


  [No.12489] Re: 【富山】市ガラス美術館/ミクロコスモスほか 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 15:48:38

Quitaさん、こんにちは

うーん私は、富山県では、高岡に親しくて、富山市という町はほとんど散歩したことがありません。比較的最近にできたこの富山市ガラス美術館も含め、富山市内ミュージアム巡りをせねば。北陸新幹線に松井山手駅ができれば、ぐっと近くなるのですが…(それではいつになるやら)

 ガラスの展示物、間違いなくきらびやかで鑑賞の価値あり、というところですが、陶芸のようなガラス作品、「トンボ玉」の閉じ込められた小さな世界しか頭にありませんでした。「小さなガラスを集めたインスタレーション」「グラスアートガーデン」というような単一の展示物ではない展示構成がされていると、なおのこと館として訪ねる価値あり、と思います。

> 建物は富山市立図書館と一体になった特徴あるもので、隈研吾設計でした。確かにこの人の建築と思うところがあります。新国立競技場よりも西武鉄道の観光列車の内装とイメージが似ています。

 最近は、建築家の名前、個性もずいぶん報道されるようになってきて、ミュージアムを含め、公共建築物そのものが、都市計画の中での展示のようになって、意義あることだなぁと思います。
 専門に興味があるものではないものにとって、かつては建築家って丹下健三、黒川紀章という大家、そして関西人の私にとっては安藤忠雄、という名前ぐらいしか存じあげませんでした。京都駅の原広司、関西空港のレンゾ・ピアノなど最近の特徴ある建築物に設計者名が紐付けられて、またガウディやル・コルビュジェなどが世間的にも大きく取り上げられるようになって、建築が一気に芸術作品になった感じです。新国立競技場はまた、ザハ・ハディドそして隈研吾という、専門家の名前を知らしめてくれたと思います。

                   明日香 光二/馬場 英明  


  [No.12516] 【大阪】市立東洋陶磁美術館/天目―中国黒釉の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/12(Sat) 20:51:40

 中之島の大阪市立東洋陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=32で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「天目―中国黒釉の美」 〜11/8(日)
 同時開催[特集展]現代の天目―伝統と創造
  月曜休館(9/21は開館)9/23(水)は休館
  入館料金:一般1400円 高大生700円
       中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)
       大阪市内在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示)
 日本に伝世する中国製の天目(茶碗)のうち、注目される曜変天目と油滴天目は中国宋時代に建窯でつくられた黒釉茶碗の最高峰。館蔵の国宝・油滴天目はじめ中国陶磁の歴史において、重要な系譜の一つである天目をはじめとする黒釉陶磁にスポットをあて、唐時代から宋・金時代の作品計24点により、中国黒釉の世界とその美に迫る。同時開催の特集展では、近現代の作家による伝統と創造による天目の多彩な表現を紹介。

 国宝・油滴天目 南宋時代・12〜13世紀/建窯
 重要文化財・木葉天目 南宋時代・12〜13世紀/吉州窯
 黒釉白斑壺 唐時代・8&#12316;9世紀
 黒釉堆線文水注 金時代・12〜13世紀 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 9/6(日)に近くを訪れて、久しぶりに大阪市内中心部に立ち寄っています。
 今のところ、このデータベース向けの“ミュージアム”とは考えていないのですが、ちょうど隣に安藤建築の「こども本の森 中之島」がオープンしています。意外に小さな建物です。
 
 少量でも、“美しいもの”を見て、人心地つこうと思い、果たせました。
 「天目」って、藤田美術館が所蔵している「曜変天目」しか頭になかったのですが、私たちの知る「茶碗」の形をしたものは「天目」なんですね。もっとも、今回の展示は黒釉陶磁に限られていたので、何れも高級感というか重み感がありました。
 「油滴天目」が本展の目玉で、まさに油滴のような細かい斑点が宇宙のようで美しいのですが、数点出品されていた禾目(のぎめ)天目も並んで美しいものでした。“禾(のぎ)”とは細かい刷毛目が輝いているもので、木の葉の葉脈がそのまま焼き込まれている「木葉天目」もですが、輝く黒の中に細やかな模様が湧き出る美しさ、を堪能できました。
 茶碗の模様って、シンメトリーあるいは規則的ではない予想外のものが好まれるようですが、私は「ミクロな宇宙美」を見ました。現代の作品たちにも、金・南宋の古典作品と何の境目もなく、ミクロコスモスを感じることが出来ました。

             明日香 光二/馬場 英明


  [No.12567] 【愛知】県陶磁美術館/YAYOI・モダンデザイン 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/11/09(Mon) 23:19:57

こんにちは

 11月8日に久し振りに愛知県陶磁美術館に行ってきました。
 名前が美術館に変わってから初めて、おそらく20年以上行っていないはずです。でも、リニモの駅名は「陶磁資料館南」のままなんですね。

 現在本館特別展は「YAYOI・モダンデザイン―ニッポンの美、ここに始まる―」です。土器だけではなく金属器や木器を含めた弥生時代のデザインにスポットを当てています。
 形や色、紋様(展覧会内ではこの字を使用)と、広い意味でデザインをとらえた優れた内容だと思いました。重要文化財のものも多く含まれています。

 奈良の唐子・鍵遺跡や鳥取の青谷上寺地遺跡といった有名な遺跡の物もありますが、地元もかなりあり、あまり聞いたことのない愛知県一宮市の山中遺跡や八王子遺跡、岐阜県大垣市の荒尾南遺跡といったところものもありました。

 本館常設展は日本全国の陶磁器の歴史を概観する内容であり、最後の方は世界の陶磁器も展示されています。有名な陶磁器産地にはその地方の陶磁器の資料館は多くあり、コレクターの美術館にもよく陶磁器がありますが、ここのような総合的な内容のところはあまりなく、「国立陶芸美術館」にしてもいいような内容だと思いました。

 本館を出て、少し歩いたところに南館と西館があります。なお、西館には入館券売り場はなく、南館に行って買うようになっています。
 南館は愛知県の陶磁器が内容です。やや子供向け内容にリニューアルしたようです。伝統的な陶磁器産地の瀬戸、常滑の他に、名古屋周辺には瀬戸の技術をベースにした現代の陶磁器メーカー(ノリタケ、日本ガイシ他)が多くあることも扱われています。
 西館は陶磁の狛犬というちょっとユニークな展示、これは以前と変わっていないと思います。

 現在、本館にあるレストランは再開していますが、別棟の茶室はまだ再開できない状態です。ミュージアムショップは閉店中であり、特別展の図録もレストランで売っていました。


  [No.12570] Re: 【愛知】県陶磁美術館/YAYOI・モダンデザイン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/10(Tue) 22:12:46

Quitaさん、こんにちは。

 陶磁器って、美術の大事な一分野でありながら、系統的な総合展示って見たことがありません。芸術家個人の作品として、外国のものはメーカーの一連のシリーズとして鑑賞するものと思っていました。なるほど、「国立陶芸美術館」ってあっても良いのだなぁと思います。“○○焼”と称する陶磁器の名産地は、国内に無数にありますが、東の「瀬戸」と西の「有田」が双璧ではないでしょうか。

> 現在本館特別展は「YAYOI・モダンデザイン―ニッポンの美、ここに始まる―」です。土器だけではなく金属器や木器を含めた弥生時代のデザイン
 どちらかと言えば、こちらが私の親しんできた世界。縄文に比べ、弥生は装飾性が薄いように思われますが、実用性・材質の多角化で「デザイン」の本質が出るかと思います。土器では、突起や刻線の特徴が、個性を感じさせるものがたくさんあります。青銅器ー銅剣や銅鐸に描かれた紋様も、興味のわくものが多いです。

 いやぁ「岐阜県大垣市の荒尾南遺跡」は線刻で巨大な帆船が描かれた土器が出土した場所。すごいですよ。
 
 改めて同館のホームページを見ますと…講演者の一人は大学の後輩でした!確かに、彼は、先人が創ったモノの形に、精神性・意味をくみ取る研究を続けていた人ですね。この展示にふさわしいと思いました。

              明日香 光二/馬場 英明


  [No.12289] 【神奈川】鎌倉歴史文化交流館/中国陶磁〜青磁・白磁への憧れ〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 22:21:25

 鎌倉歴史文化交流館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=78で開催中の陶磁器の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「中国陶磁〜青磁・白磁への憧れ〜」〜4/25(土)
   日祝日休館
   入館料金:一般300円 小中生100円
      鎌倉市内の小中生、市内の65歳以上の方、障がい者手帳等所持方と付添1名は無料(要手帳提示)
 中世、有数の都市として発展した鎌倉では、中国大陸や朝鮮半島からさまざまな文物、特に青磁や白磁・緑釉陶器、絵画・彫刻・漆製品などは「唐物」と呼ばれ、当時のひとびとに広く珍重された。鎌倉市内の鶴岡八幡宮や寺々に美しい青磁の花瓶や香炉が伝えられ、発掘調査でも多くの舶来品が発見されている。中世の鎌倉に中国などから大量に流入した舶来品のうち、市内出土品のほか市内寺社に蔵された貴重な伝世品を展示し、足利氏などの鎌倉武士が居た、ゆかりの地域に由来する品々も展覧。


学芸員による列品解説(ギャラリートーク):毎週土曜日午前11時から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12323] 【京都】細見美術館/大倉陶園100年の歴史と文化 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/29(Sat) 22:58:15

 岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=24で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」〜3/29(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般1400円(1300円) 学生1100円(1000円)
         障がい者の方は、障がい者手帳などの提示で100円引き

 大正8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された日本を代表する洋食器メーカー大倉陶園。その磁器は、フランスのセーヴルやドイツのマイセンなど西洋の名窯にも比肩する高い品質とされ、皇室をはじめ、数多くの文化人や財界人に愛され、老舗ホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化の一翼を担った。
 本展では、草創期から現在までの作品で、優れたデザインや品質を紹介し、日本の洋食器文化における同園の役割を探る。さらに、当館のロゴや琳派展のグラフィックを行なってきた仲條正義氏デザインの大倉陶園の洋食器の特別展示。
  「一本のバラ」プレート 1990年 大倉陶園蔵
  大倉孫兵衛の「錦絵」出版物  
  昭和10年奈良ホテルに映画「ラストエンペラー」溥儀が滞在したときの洋食器
  グラフィックデザイナー仲條正義氏「色蒔銀彩椿絵替り皿(キュイジーヌシセイドー)」など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12353] 【滋賀】県立陶芸の森陶芸館/リサ・ラーソン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/28(Sat) 22:05:21

 甲賀市信楽の滋賀県立陶芸の森陶芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=32で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「リサ・ラーソン―創作と出会いをめぐる旅」〜5/31(日)
  月曜休館(5/4(月・祝)は開館、5/7(木)休館)
  入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料

 1931年スウェーデン生まれのリサ・ラーソンは、人物や動物、テーブルウエアなど、数多くの名作を生み出した陶芸家で、スウェーデンにあるリアン・デザイン・ミュージアム館長のルーヴェ・イョンソンとリサ・ラーソンの長男マティアス・ラーソンが企画し、“旅と出会い”から新たな魅力を浮き彫りにする。
 彼女の愛らしい動物たちやテーブルウエアなどの、アイデアの源泉に迫り、グスタフスベリ社の同僚であり著名な北欧のデザイナーのスティグ・リンドベリや日本で出会った陶芸家の濱田庄司、アメリカ陶芸のパイオニア、ピーター・ヴォーコスのほか、リサの身近で感化しあったアーティストたちの作品や、世界各地で収集された品々も展観。
 リサ・ラーソン『ネコ/大きな動物園シリーズ』1958年〜1979年
        『ブルドック(ミディアム)』製造期間:1972年〜1987年
        『日本人女性』1958年〜1973年
        『スティグ・リンドベリの肖像』1990年代製造
        『犬』2000年代製造

ギャラリートーク:4/26(日)午後1時30分〜1時間程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明