[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12183] 【日本画書】令和2(2020)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/30(Mon) 18:15:46

 新春から見られる日本画や書道の展示を紹介します。開始日が、年内から継続の場合には、年末年始の休館・開館日にご注意下さい。なお、この発言を令和2(2020)年の毎月の【日本画書】の展覧会案内のベースノートにします。

【福島】
いわき市立美術館,☆第49回「いわき市民美術展覧会書の部」令和2年2/7(金)〜2/16(日)

【千葉】
成田山書道美術館,☆新春特別展「成田山の書画」令和2年1/1(水)〜2/16(日)

【東京】
千秋文庫博物館
 ☆企画展「雪舟とその流れー佐竹家狩野派模写絵画展」前期:令和2年1/14(火)〜2/22(土) 
                         後期:令和2年3/10(水)〜4/18(土) 
ちばぎんひまわりギャラリー,☆企画展「楚里 勇己展−現代の住空間を彩る日本画を−」〜令和2年1/19(日)
上野の森美術館
 ☆2020年 現代の心を謳った公募展「誠心社現代書小作品展 國井誠海一門創立74周年」令和2年1/18 (土) 〜 1/23 (木)
 ☆「日本画家 鬼才 千葉忠明個展 魂の画家 心の原風景 山を描く」令和2年1/25 (土) 〜1/31 (金)
 ☆「書莚会創立七十周年記念展 併催 鈴木静村遺作展」令和2年2/1 (土) 〜2/4 (火)
 ☆第55回「日本書研展」令和2年2/28 (金) 〜3/2 (月)
東京国立博物館
 ☆東京国立博物館・台東区立書道博物館連携企画「生誕550年記念 文徴明とその時代」令和2年1/2(木)〜3/1(日)
大田区立熊谷恒子記念館,☆かなの美展「散らしのしくみ 恒子のこころみ」令和2年1/4(土)〜4/12(日)
大田区立龍子記念館,☆名作展「身体のありか 龍子の人体表現をめぐって」〜令和2年3/22(日)
山種美術館,
 ☆広尾開館10周年記念特別展「上村松園と美人画の世界」令和2年1/3(金)〜3/1(日)
玉堂美術館,☆「古き良き昭和展」〜令和2年2/2(日)

【神奈川】
鎌倉市鏑木清方記念美術館,☆「物語に魅せられて〜清方の芝居絵を中心に〜」令和2年1/17(金)〜2/25(火)
相模原市民ギャラリー
 ☆創立40周年記念第16回「紗羅書展 併催:尾澤紅〜、片山笙晃、高尾鴻萌、熊坂晃世 4人展」令和2年2/20(木)〜2/23(日)

【石川】
魯山人寓居跡 いろは草庵,☆企画展「魯山人ー書ー」〜令和2年3/31(火)

【長野】
飯田市美術博物館,☆美術コレクション展示「新時代の造形2―昭和・平成時代の日本画ー」〜令和2年2/11(火・祝)
駒ヶ根市立博物館,☆ロビー「ありがとうの書展 Vol・4」令和2年1/5(日)〜1/18(土)

【岐阜】
大垣市守屋多々志美術館,☆第77企画展「あおによし 古都を描く」令和2年1/8(水)〜3/15(日)

【愛知】
徳川美術館,☆特別展・没後190年記念「良寛さん その人と書」【後期】令和2年1/4(土)〜1/31(金)
名古屋市蓬左文庫,☆特別展・没後190年記念「良寛さん その人と書」【後期】令和2年1/4(土)〜1/31(金)
かみや美術館,☆企画展「李鴻章の書 諸葛亮前出師表」 
  併設「北川民次 遊行帳 ; 飯野農夫也 ひらがな幻想
     新美南吉 画帖   ; ベルナール・ビュッフェ 銅版画」令和2年1/5(日)〜3/29(日)
春日井市立道風記念館
 ☆館蔵品展「書の魅力」〜令和2年2/2(日)
 ☆館蔵品展「読んで味わう書の世界」令和2年2/5(水)〜4/19(日)
名都美術館
 ☆所蔵品展「故郷から羽ばたく画家たち
  −中京出身の画家、川合玉堂、伊藤小坡、前田青邨を中心に−」令和2年1/17(金)〜3/15(日)

【三重】
三重県立熊野古道センター,☆第9回「熊野古道全国書道展」令和2年2/15(土)〜3/1(日)

【滋賀】
佐川美術館,☆「平山郁夫 ふるさとの風景」〜令和2年3/29(日)
東近江市近江商人博物館・中路融人記念館,☆「木々の装いー融人が描いた木のかたちー」令和2年1/11(土)〜3/22(日)
観峯館,☆「中国の人物画」〜令和2年1/19(日)

【京都】
京都高島屋グランドホール,☆没後220年「京都の若冲とゆかりの寺ーいのちの輝きー」令和2年1/4(土)〜1/20(日)
美術館「えき」KYOTO,☆「京都 日本画新展2020」令和2年1/24(金)〜2/3(月)
八幡市立松花堂美術館,☆令和2年新春展「梅を愛で、芝居を楽しむ」 令和2年1/11(土)〜2/16(日)書画

【大阪】
小林美術館,☆冬季特別展「輝く日本に魅せられて」〜令和2年3/8(日)

【兵庫】
鉄斎美術館
 ☆別館「史料館」展覧会 開館45周年記念「清荒神と鉄斎」令和2年1/5(日)〜3/24(火)
 ☆鉄斎美術館・宝塚市立中央図書館共催企画展
  「京都画壇と鉄斎―富岡鉄斎旧蔵資料を中心に―」〜令和2年2/9(日)
三木市立堀光美術館,☆企画展「宮田雲鶴展〜墨と彩に魅せられて〜」令和2年1/11(土)〜1/26(日)

【奈良】
松伯美術館
 ☆「万葉の世界 展〜「額田女王」挿絵原画を楽しむ 〜」〜令和2年2/2(日)( 〜 1/3(金) は休館 )
 ☆公募展 第3回「松伯日本画展」令和2年2/8(土)〜 3/8(日)

【鳥取】
渡辺美術館,☆「吉祥展」〜令和2年1/20(月)

【島根】
浜田市立石正美術館
 ☆石本正記念展示室 「2019年度・石本正作品選4」令和2年1/2(木)〜3/15(日)
 ☆企画展示室 「石本正 心の眼3〜私を感動させた日本画〜」令和2年1/2(木)〜3/15(日)

【岡山】
吉備路文学館,☆高木聖鶴没後三年 特別展 「高木聖鶴と岡山の書家(一門) ―書は私のすべて―」〜令和2年2/24(月・振)
井原市立田中美術館,☆企画展「コレクションの全貌PART2 現代日本画の粋 」〜令和2年2/9(日)

【広島】
頼山陽史跡資料館,☆第5回広島県公募書道展「頼山陽書道展」〜令和2年1/12(日)
泉美術館,☆所蔵作品展「日本画の巨匠たち」〜令和2年1/19(日)
平山郁夫美術館,☆「世界遺産 敦煌とシルクロード展」〜令和2年4/15(水)
菅茶山記念館,☆収蔵作品展「冬〜ミニ展示〜幕末・明治の郷土の文人たち」〜令和2年2/24(月・振)
海の見える杜美術館
 ☆企画展「美人画ラプソディ−近代の女性表現−妖しく・愛しく・美しく―」令和2年3/20(金・祝)〜5/31(日)
はつかいち美術ギャラリー
 ☆ウッドワン美術館収蔵作品展26「〜いのちの煌めき、郷愁の風景〜
   広島ゆかりの現代日本画家コレクション」令和2年1/4(土)〜2/2(日)

【愛媛】
今治市大三島美術館,☆館蔵品展「院展出品作品」12/7(土)〜令和2年3/8(日)
今治市河野美術館
 ☆館蔵品企画展「土佐派の画家と歌人たちーおかえりなさい 源氏物語図屏風ー」〜令和2年3/22(日)

【高知】
いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館)
 ☆伊藤神谷「書の世界 展5」令和2年2/26(日)〜3/15(日)
 ☆「橋雅会書展6」令和2年2/26(日)〜3/15(日)
四万十町立美術館,☆「下元志野遺墨展」 〜令和2年2/2(日)

【福岡】
甘木歴史資料館
 ☆令和元年度 新春企画展
 「徳田兄弟と朝鮮金剛山―郷土の日本画家・徳田玉龍part 5ー」令和2年1/5(日)〜3/1(日)

【佐賀】
小城市立中林梧竹記念館,☆2019年度第3期収蔵品展「御衣と宝帳と香筥」〜令和2年1/12(日)

【長崎】
長崎歴史文化博物館,☆特集展示「逸雲と乾堂」〜令和2年1/19(日)

【熊本】
八代市立博物館未来の森ミュージアム,☆松井文庫IV「室内の彩り〜屏風絵の世界〜」〜令和2年3/1(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12204] 【静岡】県富士山世界遺産センター/谷文晁×富士山 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/01(Wed) 22:49:57

 富士宮市の静岡県富士山世界遺産センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=46で開催中の特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和元年度冬季特別展 シリーズ江戸文化のなかの富士山II
 「谷文晁×富士山ー山を写した時代の寵児ー」〜2/2(日)
     1/10(金)1/21(火)のみ休館
     入館料金:一般700円 70歳以上200円 大学生等以下、障がい者無料(要証明書提示)
 平成29年度に収蔵した、谷文晁(1763〜1841)筆で、富士登山の過程を34図に渡って描いた「富士山中真景全図」は、11代将軍徳川家斉が「妙技」と評した作品だが、図像の典拠となる作品が発見されるなど、成立過程には疑問がある。19世紀前半の江戸画壇で一世を風靡し、実景に基づいたあるいは“真景”的作品や定型化された作品など、多様な富士山図を残す、谷文晁の富士山図の優品を通覧。
  谷文晁筆 谷麓谷賛 富士山図
       隅田川両岸図(1/11〜2/2展示予定)
       富士山中真景全図
       富士図 (〜1/9展示予定)
       富士麓図・三保松原・東下り図  など

記念講演会:1/5(日)午後1時30分〜3時、1階研修室にて、事前申込不要、50名先着順
「写山楼谷文晁 山を写した時代の寵児」河野元昭氏(静嘉堂文庫美術館館長、東京大学名誉教授) 

展示解説:1/5(日)午後3時15分〜 松島仁氏(静岡県富士山世界遺産センター教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12206] 【広島】平山郁夫美術館/世界遺産 敦煌とシルクロード 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 10:32:56

 尾道市生口島の平山郁夫美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=33で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「世界遺産 敦煌とシルクロード展」〜4/15(水)
    会期中無休
    入館料金:一般920円、高大生410円、小中生210円
 原爆の後遺症に苦しみながら瀬戸内の風景や人々を描いていたがなかなか認められなかった平山郁夫は、「中国敦煌芸術展」で見た敦煌文物研究所の常書鴻所長が手掛けた敦煌莫高窟の壁画模写などに勇気を与えられ、その後に三蔵法師・玄奘を描いた《仏教伝来》で認められる。平山が憧れ訪れた敦煌で、常書鴻所長との面談で敦煌の文化財保護を痛感した平山は敦煌石窟文化財研究展示センターの建設に尽力し、ライフワークとなる文化財保護活動に取り組む。
 東京藝術大学で文化財の公開に矛盾する「保存」と「公開」に対応すべく、デジタル3D技術と伝統的な日本画の技術を融合したスーパークローン文化財を開発し、絵具や下地の成分・表面の凹凸・筆のタッチまで忠実に再現した敦煌莫高窟第57窟を復元した。
第1展示室:「平山郁夫の歩み」
第2展示室:「スーパークローン文化財 敦煌莫高窟第57窟」(東京藝術大学COI拠点「平山郁夫が描く敦煌」
第3展示室:「平山郁夫が描くシルクロード」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12208] 【東京】山種美術館/上村松園と美人画の世界[1/3(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 10:34:51

 広尾の山種美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=221で本日から開催される日本画の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆広尾開館10周年記念特別展「上村松園と美人画の世界」1/3(金)〜3/1(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般1200円 高大生900円 中学生以下無料
        障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
         きもの割引:会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金 
         リピーター割引:本展使用済み入場券(有料)のご提出で、会期中の入館料が団体割引料金
 創立者で初代館長の山崎種二(1893-1983)は、上村松園(1875-1949)と親しく交流しながら作品を蒐集し、屈指の松園コレクションを形成。
 京都で生まれ育ち、鈴木松年、幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事し、技法の習得に励んだ松園は、江戸や明治の風俗、和漢の古典に取材した女性像を描いて、美人画の名手として高く評価され、1948(昭和23)年には女性で初めて文化勲章を受章。松園が描き続けた気品ある美人画と、同時代に活躍し松園と並び称された鏑木清方や、その弟子の伊東深水、村上華岳、小倉遊亀、橋本明治などの日本画家による、多彩な女性像を紹介。
 上村松園:《蛍》 《夕照》 《桜可里》 《新蛍》 《盆踊り》 《夕べ》 《春のよそをひ》
      《砧》、《春芳》 《春風》 《折鶴》 《つれづれ》 《詠哥》 《娘》
      《夏美人》 《牡丹雪》 《庭の雪》 《杜鵑を聴く》
 鏑木清方《伽羅》
 小林古径 《河風》
 池田輝方 《夕立》
 村上華岳 《裸婦図》【重要文化財】
 小倉遊亀 《舞う(舞妓)》 《舞う(芸者)》
 伊東深水 《紅葉美人》 《雪中美人》《吉野太夫》
 橋本明治 《舞》 《秋意》    など

講演会:1/18(土)國學院大學 院友会館(美術館より徒歩3分)にて、定員200名、要事前申込、先着順、要入館券
「円山応挙から上村松園へ」山下 裕二 氏 (明治学院大学 教授・山種美術館学芸部 顧問)
FAX,インターネットもしくは往復葉書にて申込、定員に達し次第締切。
住所・氏名(返信面にも)電話番号・イベント名を書き、
〒150-0012 渋谷区広尾3-12-36「山種美術館イベント係」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12210] 【京都】高島屋グランドホール/没後220年 京都の若冲[1/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 11:11:20

 京都高島屋グランドホールhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=81
で、明日1/4(土)から開催される展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆没後220年「京都の若冲とゆかりの寺−いのちの輝き−」1/4(土)〜1/20(月)
    午前10時〜午後8時(入館は7時30分まで)
          最終日20(月)は午後5時まで(入館は4時30分まで)
    入場料金:一般1000円 高大生800円 中学生以下無料
         トワイライトサービス:午後6時からは半額
 奇想の画家 伊藤若冲が生涯を過ごした「京都」に伝わる名品の数々を、若冲に関わる名刹や細見美術館等の所蔵品により展覧。 緻密に描き込まれたディテール、微笑ましいユーモラスな表情など優しくも生命力に溢れる作品と、若冲派と呼ばれる弟子たちの作品も紹介。
〈魅せられ愛でる〉
  「雪中雄鶏図」「鼠婚礼図」「糸瓜群虫図」細見美術館蔵
〈守り伝える〉
  「牡丹百合図」慈照寺蔵 「竹虎図」鹿苑寺蔵 「芦花翡翠図」大光明寺蔵
〈憧れ挑む〉 
  「蟹図」処冲筆 宝蔵寺蔵
  「南瓜雄鶏図」白歳筆宝蔵寺蔵
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12216] 【奈良】大和文華館/新春を迎えて―梅と桜の美術―[1/5(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/04(Sat) 23:56:30

 あやめ池の大和文華館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=7で1/5(日)から開催される吉祥の新春展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別企画展「新春を迎えて―梅と桜の美術―」1/5(日)〜2/16(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般 630円 高大生 420円 中学生以下無料
        「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引

 新しい一年を迎える早春の花の代表・梅は、愛らしい花を咲かせ清らかな香りで高潔な人物の象徴として美術作品にも深い関わりがあり、一方桜は、春爛漫の華やかな季節を象徴する。桜の名所として名高い「吉野図屏風」(春日大社蔵)と、都市の賑わいを彩る桜が描かれた「東山名所図屏風」(個人蔵)を特別展示。展示場の周囲を囲む文華苑の梅が咲き始めも楽しめる。
【特別出陳】
  吉野図屏風 江戸時代 春日大社蔵
  東山名所図屏風 江戸時代 個人蔵
【梅を愛でる―清澄と高潔―】
  松梅佳処図 室町時代
  重要文化財 花鳥図屏風 雪村周継筆 室町時代
  四君子図 山本梅逸筆 江戸時代 天保十年(1839)
  織部梅文皿 桃山―江戸時代
  色絵松竹梅文大壺 江戸時代
  色絵梅文大壺 江戸時代
  螺鈿蒔絵梅文合子 尾形光琳・乾山合作
  原羊遊斎模造 江戸時代
【桜を愛でる―清浄と華麗―】
  国宝 寝覚物語絵巻(第一段) 平安時代
  春日宮曼荼羅 南北朝時代
  源氏物語図帖 伝土佐光吉筆 江戸時代
  源氏物語図屏風 伝岩佐又兵衛筆 江戸時代
  花卉図扇面 江戸時代
  蒔絵枝垂桜柳文棗 嵯峨棗 江戸時代
  色絵桜文徳利 有田(古九谷様式) 江戸時代 など

特別講演、日曜美術講座:午後2時から講堂にて
1/26(日)「描かれた歌枕―『吉野図屏風』の源流を辿る」井戸美里氏(京都工芸繊維大学講師)
2/9(日)「宮曼荼羅から読み解く、中世の人々の桜イメージ」古川攝一氏(学芸部係長) 

列品解説:毎週土曜日午後2時から展示場にて(学芸部による)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12223] 【東京】浮世絵太田記念美術館/肉筆浮世絵名品展―歌麿・北斎・応為[1/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/05(Sun) 23:06:57

 原宿の浮世絵太田記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=218で今週末1/11(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館40周年記念 太田記念美術館所蔵「肉筆浮世絵名品展―歌麿・北斎・応為」1/11(土)〜2/9(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般700円 高大生500円 中学生以下無料
         障害者手帳提示で本人と付添1名100円引き。
 
 浮世絵専門の美術館・太田記念美術館は、東邦生命相互保険会社社長・五代太田清藏(1893〜1977)の約14000点のコレクションを所蔵。開館40周年を記念して肉筆画の名品を公開。絵師が下絵を描き、彫師、摺師との分業による版画と比べ、肉筆画は絵師がその完成まで手作業で仕上げる一点物で、絵師たちの生の筆致やその技量をうかがい知れる。初期浮世絵の菱川師宣からはじまり、鳥居清長や喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重といった有名絵師たち、明治時代に活躍した小林清親、月岡芳年まで、長い浮世絵の歴史を彩る、肉筆画の名品が勢揃い。葛飾北斎の娘である葛飾応為の名品「吉原格子先之図」が約2年ぶりに公開。
  菱川師宣「遊女物思いの図」
  勝川春章「子猫に美人図」
  鍬形Y悄嶌Q嵳訓秧沺ラ
  月岡芳年「雪中常盤御前図」
  葛飾北斎「源氏物語図」「雨中の虎」
  喜多川歌麿「美人読玉章」
  小林清親「開化之東京両国橋之図」
  歌川広重「日光山華厳ノ滝」「日光山霧降ノ滝」「日光山裏見ノ滝」
  葛飾応為「吉原格子先之図」   など

学芸員によるスライドトーク:午前11時〜:1/13(月・祝)1/22(水)1/31(金)視聴覚室(B1)にて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12292] 【東京】浮世絵太田記念美術館/肉筆浮世絵名品展―歌麿・北斎・応為 行きました 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/02/14(Fri) 22:02:33

こんにちは

 8日に一泊した後の9日に行ったところです。

 太田記念美術館の「肉筆浮世絵名品展 歌麿・北斎・応為」は9日が最終日だったので非常に混んでいました。以前にあった入館の時にスリッパに履き替えるのはどうやらやめたようです。

 チラシに大きく載っている葛飾応為(北斎の娘)による「吉原格子先の図」は浮世絵と言うよりもっと新しい作品のように見えます。確かに良いのですが、応為はこれ一点だけでした(そもそも作品そのものが少ない)。菱川師宣、勝川春章、鳥居清長なども良いです。一番多くの作品があったのは展覧会タイトルには付いていない広重でした。


  [No.12299] Re: 【東京】浮世絵太田記念美術館/肉筆浮世絵名品展―歌麿・北斎・応為 行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/22(Sat) 21:34:27

Quitaさん、こんにちは

> 太田記念美術館の「肉筆浮世絵名品展 歌麿・北斎・応為」
 応為は、最近、小説で読んで「お栄」として北斎の仕事のかなりを助けた人、ということでかなり親しみをもっています。
 「吉原格子先の図」は浮世絵には有り難い、明と暗、遠近感というものを強調した本当に新しい感覚の絵だと思います。他の応為の作品も楽しみにしているのですが、この展覧会では出ていなかったのですね。肉筆、というと菱川師宣を思い起こすのですが、意外に広重が多いのですね。

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.12234] 【兵庫】三木市立堀光美術館/宮田雲鶴展〜墨と彩に魅せられて〜[1/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/11(Sat) 22:04:00

 三木市立堀光美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=116で、本日1/11(土)から始まった展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「宮田雲鶴展〜墨と彩に魅せられて〜」1/11(土)〜1/26(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館無料
 日ごろから書に親しみ書を通じて、画をたしなむ書家。仕事の傍ら筆を持ち50年。
 水墨(彩)画を劉素真に学び、兵庫県水墨画協会展で県知事賞の受賞をはじめ数々の美術展で入賞を重ねる。
 漢字造形の書を主として花鳥・山水の墨彩画を展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12243] 【静岡】資生堂アートハウス/春を詠う、春に詠う 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:32:30

 掛川市の資生堂アートハウスhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=78で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「春を詠う、春に詠う−詩歌と愉しむ美術 日本画・洋画・工芸−」〜4/12(日)
    月曜休館(祝日でも休館)
    入館無料
 収蔵品の中から春にちなんだ作品を選び、日本画、洋画、工芸、現代美術を取り混ぜた展覧会。
 日本画を始め、日本人による洋画、また、漆芸や陶芸、人形などの工芸品からも春にちなんだ作品を選び、さらには、春に題材を採った詩歌(和歌、俳句、漢詩、現代詩)を併せて紹介。美術と文学が共に詠う、春爛漫の気分に満ちた空間の中で、訪れた新しい季節に思いを巡ら、観る悦びと読む悦びを満喫する。
    上村松篁 「春静」 1978年
    奥村土牛 「猫」 1974年
    牛島憲之 「花曇る」 1981年
    鹿児島寿蔵 「梅花粧」 1962年
    田村耕一 「青磁椿壺」 1982年 など

「桜花のもてなし」〜2/16(日)ロビーにて
   京都「花政」による、桜の生け込み

「学芸員によるギャラリートーク」2/28(金)3/28(土)午後2時30分〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12259] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:54:42

 新たな日本画や書道の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

【宮城】
東北歴史博物館,☆テーマ展示 第3室 「仙台の近世絵画−新春を迎えて−」〜2/16(日)

【群馬】
高崎シティギャラリー,☆「手島桑海書作展」2/21(木)〜2/25(火)

【埼玉】
川口市立アートギャラリー・アトリア,☆共催展「川口市小・中・高校書きぞめ展覧会」2/13(木)〜2/16(日)

【東京】
出光美術館
 ☆「肉筆浮世絵―師宣から春章・歌麿・北斎まで」6/6(土)〜7/12(日)
 ☆「屏風絵―輝く日本の美」7/18(土)〜9/6(日)
 ☆「江戸絵画の華〈第1部〉 極 ―若冲と江戸絵画」9/19(土)〜11/3(火・祝)
 ☆「江戸絵画の華〈第2部〉 粋 ―応挙と江戸琳派」11/7(土)〜12/20(日)
 ☆生誕270年「仙がい百選」令和3年1/9(土)〜2/11(木・祝)
三井記念美術館,☆特別展「小村雪岱スタイルー江戸の粋から東京モダンへ」令和3年2/6(土)〜4/18(日)
東京都美術館,☆特別展「The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション」7/23(木・祝)〜9/13(日)
静嘉堂文庫美術館
 ☆「江戸のエナジー 風俗画と浮世絵」4/11(土)〜5/31(日) 
 ☆「美の競演 静嘉堂の名宝(仮題)」6/27(土)〜9/22(火・祝)
浮世絵太田記念美術館
 ☆「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵―朝日智雄コレクション」2/15(土)〜3/22(日)
国立能楽堂資料展示室,☆収蔵資料展「能絵」 【前期】〜2/16(日)
山種美術館,☆特別展「桜 さくら SAKURA 2020―美術館でお花見!― 」3/14(土)〜5/10(日)

【神奈川】
そごう美術館
 ☆再興第104回「院展」3/20(金・祝)〜4/5(日)
 ☆第75回「春の院展」7/17(金)〜7/26(日)
神奈川県民ホールギャラリー,☆第二回「神奈川若手書会 新柳展」3/17(火)〜3/22(日)  

【石川】
石川県立美術館
 ☆前田育徳会尊經閣文庫分館「新春優品選」〜2/11(火・祝)
 ☆コレクション展「新春優品選」 〜2/11(火・祝)
 ☆近現代書「墨の美」 〜2/11(火・祝)

【長野】
北野美術館,☆名品展「冬篇」〜2/16(日)

【岐阜】
岐阜市歴史博物館分館 加藤栄三・東一記念館
 ☆創立40周年記念「岐阜県水墨画協会選抜展」〜2/24(月・祝)
岐阜現代美術館,☆篠田桃紅芸術月間2020「夜雪  篠田桃紅 夜のいろ」〜3/27(金)

【静岡】
MOA美術館,☆名品展 国宝「紅白梅図屏風」〜3/17(火)

【愛知】
古川美術館・爲三郎記念館
 ☆生誕130年記念展「古川爲三郎コレクション 一富士・二刀・三美人 」〜3/1(日)
 ☆爲三郎記念館 愛知県立芸術大学退任記念 「土屋公雄展〜ときめきの庭/記憶の部屋」2/6(木)〜3/1(日)
愛知県美術館
 ☆サテライト展示「愛知県美術館所蔵 木村定三コレクションの文人趣味と煎茶─
   ─こだわりの遊び─」 【前期】〜2/16(日)【後期】2/18(火)〜3/22(日)
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「長野宮原剛 日本画展」3/3(火)〜3/8(日)
 ☆「杉山博子 日本画展」 3/10(火)〜3/15(日)
 ☆「竹田ゆう子 日本画展」3/17(火)〜3/22(日)
松坂屋美術館,☆第64回「現代書道二十人展」令和2年2/22(土)〜3/1(日)
田原市博物館,☆「渡辺崋山筆立原翠軒像稿を中心とする、崋椿系画家の肖像画」〜3/22(日)

【滋賀】
観峯館,☆「藤野正観の仕事展」2/8(土)〜3/15(日)仏画

【京都】
橋本関雪記念館,☆「白沙村荘新春展 2020」〜2/9(日)
二条城築城400年記念展示・収蔵館
 ☆世界遺産登録25周年記念「二条城障壁画 展示収蔵館 原画公開」
  令和元年度第4期「うつりゆく季節〜老中の間の花鳥図〜」〜2/16(日)
 

【大阪】
中之島香雪美術館
 ☆企画展「上方界隈、絵師済々 II」9/5(土)〜10/18(日)
 ☆特別展「源氏物語の絵画―伝土佐光信の源氏絵をめぐって」令和3年1/30(土)〜3/14(日)

【兵庫】
三木美術館,☆「吉祥〜2020年代の始まり〜」〜2/16(日)<終期訂正>
尼信博物館(尼信会館)
 ☆3階展示室「詩歌の美と絵画の美−宇田正と有志のコレクションから−」〜2/9(日) 
 ☆1階展示室「多岐なる日本画−Contemporary Artの断面−
    (稲田峻・幾田喜憲・大島育子・宮里政代)」2/15(土)〜3/15(日)
 ☆3階展示室 「岸野フサヨ 日本画展」4/25(土)〜5/31(日) 

【奈良】
奈良市杉岡華邨書道美術館
 ☆成田山書道美術館コレクション「明治150年の書道」II期「書壇の確立〈大正・昭和前期〉」〜2/9(日)
 ☆成田山書道美術館コレクション「明治150年の書道」III期
  「新生と爛熟、これから。〈昭和後期・平成〉」2/11(火・祝)〜4/12(日)

【島根】
今井美術館,☆再興第104回「院展 」5/22(金)〜6/14(日)

【岡山】
倉敷市立美術館,☆池田遙邨コーナー展示「遙邨の抽象表現」〜3/15(日)

【徳島】
徳島県立文学書道館(言の葉ミュージアム),☆書道特別展「徳島に眠るお宝の書」2/15(土)〜3/22(日)

【福岡】
出光美術館(門司)
 ☆「松尾芭蕉と元禄の美」9/11(金)〜10/25(日)
 ☆「狩野派と桃山の華」10/30(金)〜12/13(日)

【長崎】
山本美術館,☆2020年特別企画展第1弾「鳥居言人美人画展」〜3/29(日)

【沖縄】
那覇市民ギャラリー
 ☆第42回「沖縄県書作家協会 木筆會 書道展」2/4(火)〜2/9(日)
 ☆第20回「龍賓沖縄書道会展 児童・生徒展」2/18(火)〜2/23(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12305] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/26(Wed) 23:00:05

 新たな日本画や書道の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。
 但し、感染予防対策での開館状況などは必ずお確かめください。

【茨城】
笠間日動美術館,☆企画展「春爛漫 桜めぐり展」3/20(金・祝)〜5/17(日)

【栃木】
草雲美術館,☆開館50周年「冬の旅展」〜3/22(日)

【群馬】
高崎シティギャラリー
 ☆第3展示室「第九回群馬松苓会展」 3/20(金)〜3/25(水)
 ☆第5・6展示室「第13回 高女書道部展」 3/20(金)〜3/22(日)
 ☆第2展示室 「翠の会俳画展」 3/27(金)〜3/31(火)

【千葉】
市川市東山魁夷記念館,☆通常展「東山魁夷 表紙絵と挿絵の魅力」3/7(土)〜5/24(日)
成田山書道美術館
 ☆「今日の書壇 新井光風展」〜4/19(日)
 ☆第36回「成田山全国競書展」4/1(水)〜4/19(日)
八千代市立郷土博物館,☆「篆刻(てんこく)作品展」3/18(水)〜3/26(木) .

【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー
 ☆「穴澤 和紗展−常初花の空−」〜3/22(日)日本画
 ☆「土方 淳代展 (水墨画)」 3/24(火)〜4/5(日)
佐藤美術館
 ☆「武蔵野美術大学大学院修士課程 日本画コース二年次作品展」3/10(火)〜3/22(日)
早稲田大学會津八一記念博物館,☆富岡展「山水」3/2(月)〜5/2(土)
上野の森美術館
 ☆「加藤光峰遺墨展」同時開催「第51回亀甲展」3/5 (木) 〜3/9 (月)
 ☆第42回「高友社書展」4/15 (水) 〜4/19 (日)
横山大観記念館,☆「新春万福」〜3/29(日)
東京都江戸東京博物館,☆特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」4/25(土)〜6/21(日)
山種美術館
 ☆特別展「竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス」5/16(土)〜7/12(日)
 ☆特別展「山種美術館所蔵 浮世絵・江戸絵画名品選
     ―写楽・北斎から琳派まで―」前期:7/18(土)〜8/16(日)、後期:8/18(火)〜9/10(木)
                    [8/10(月)は開館、8/11(火)は休館]
 ☆特別展「東山魁夷と四季の日本画(仮称)」 9/19(土)〜11/15(日)
                    [9/21(月)、22(火)は開館、9/23(水)は休館]
 ☆企画展「川合玉堂―美しき日本の情景―(仮称)」 11/21(土)〜令和3年1/24(日)
光が丘美術館
 ☆「木村圭吾の世界展 咲き匂う桜たち」〜3/29(日)
 ☆「現代女流作家展」
  「中野嘉之/日本画展」4/2(木)〜6/28(日)
 ☆館所蔵作品から「日本画・屏風展」
  「日本画小品展」7/3(金)〜9/27(日)
 ☆「トキメキ・喜び 中野嘉之・森田りえ子展」10/2(金)〜12/23(水)
玉堂美術館,☆「紅白梅屏風」〜4/5(日)

【神奈川】
横浜市民ギャラリー
 ☆「浜悠書道展」3/4(水)〜3/8(日)
 ☆第68回「書作展」3/18(水)〜3/23(月)
鎌倉芸術館
 ☆ギャラリー1・2 第56回「公益社団法人日本総合書芸院新春展」2/28(金) 〜3/3(火)
相模原市民ギャラリー
 ☆相模原市収蔵美術品展「相模原の日本画―院展画家の系譜―」3/7(土)〜3/29(日)

【富山】
セレネ美術館,☆「黒部峡谷 日本画展」〜3/30(月)

【長野】
信州新町美術館・有島生馬記念館・信州新町化石博物館
 ☆美術館第二・第三展示室「信州新町の横井さん展」3/7(土)〜 6/21(日)
飯田市美術博物館,☆菱田春草常設展示第19期「画家を目指して」〜3/15(日)

【岐阜】
大垣市守屋多々志美術館,☆第78回企画展「春の宴」3/20(金・祝)〜5/10(日)

【愛知】
徳川美術館,☆特別展「刻を描く 田淵俊夫」6/6(土)〜7/12(日)
名古屋市蓬左文庫,☆特別展「刻を描く 田淵俊夫」6/6(土)〜7/12(日)
桑山美術館,☆所蔵日本画展「墨色との語らい」4/4(土)〜7/5(日)
メナード美術館,☆所蔵企画展「日本画名作展 田渕俊夫を中心に」6/6(土)〜9/6(日)

【滋賀】
MIHO MUSEUM
 ☆2020年春季特別展「MIHO MUSEUMコレクションの形成
   −日本絵画を中心に−」3/14(土)〜6/7(日)
【京都】
橋本関雪記念館,☆「白沙村荘 新春展II 〜関雪忌に向けて」〜3/8(日)
京都市学校歴史博物館,☆開校140周年記念企画展「京都府画学校への道」〜4/7(火)

【兵庫】
三木美術館,☆「Unison ー日本画で綴る思想ー 青木秀明・山崎ゆう子・前川祥子」3/4(水)〜3/29(日)
尼崎市総合文化センター 美術ホール
 ☆第36回「尼崎市日本画協会展」3/10(火)〜3/15(日)2階
 ☆「泉会 書作展」3/12(木)〜3/15(日) 5階
 ☆「松峰書画会 作品展」3/27(金)〜3/29(日) 2階
鉄斎美術館
 ☆開館45周年「清荒神と鉄斎」後期:2/16(日)〜3/24(水)
 ☆開館45周年「鉄斎と帝室技芸員の作家たち」前期:4/5(日)〜5/10(日)後期:5/17(日)〜6/21(日)
 ☆開館45周年「鉄斎の祭礼図」前期:6/28(日)〜8/2(日)後期:8/23(日)〜10/4(日)
 ☆開館45周年「蓮月と鉄斎」前期:10/11(日)〜11/15(日)後期:11/22(日)〜12/22(火)

【島根】
益田市立雪舟の郷記念館,☆企画展「日本画優品展VIII〜ノスタルジア〜」〜4/12(日)
足立美術館
 ☆春季特別展/2020【開館50周年】
 「美との出会い−名画に恋して− 足立全康の審美眼」3/1(日)〜5/31(日)
 ☆夏季特別展/2020
  大展示室 【開館50周年】「JAPAN 日本画でみる和の心」
  小展示室 「日本画の「白」」
  大観室 「夏の横山大観コレクション選」6/1(月)〜8/30(日)
 ☆秋季特別展/2020【開館50周年】
  「日本画ベストアーティスト10 とっておきの名画ずらり」8/31(月)〜11/30(月)
 ☆冬季特別展/2020
  大展示室 【開館50周年】「愛の日本画 あふれる愛情、慈しむ心」
  小展示室 「松・竹・梅」
  大観室 「冬の横山大観コレクション選」12/1(火)〜令和3年2/28(日)

【岡山】
華鴒大塚美術館,☆「春想う 展」〜4/5(日)

【広島】
三之瀬御本陣芸術文化館,☆所蔵品展V「須田国太郎と洋画家の描いた水墨画」「日本画にみる墨の表現」〜4/6(月)
八千代の丘美術館,☆「広島市立大学選抜日本画展」〜3/9(月)

【高知】
絵金蔵,☆企画展示「金蔵と師匠」〜4/5(日)

【福岡】
福岡県立美術館
 ☆「福岡教育大学中等教育教員養成課程書道専攻第十八期生卒業制作展」 3/3(火)〜3/8(日)
 ☆第三十一回「福岡教育大学書道科全学年書作展」3/3(火)〜3/8(日)
福岡市美術館,☆コレクション展 古美術「近世絵画名品展」〜4/12(日)

【鹿児島】
田中一村記念美術館
 ☆田中一村「冬の常設展」〜3/17(火)
 ☆田中一村「春の常設展」3/19(木)〜6/16(火)

【沖縄】
那覇市民ギャラリー,☆第1展示室「百名恒子 水墨画展 百歳記念」3/24(火)〜3/29(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12349] 【京都】福田美術館/若冲誕生 葛藤の向こうがわ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/28(Sat) 20:16:54

 昨秋、京都嵐山に日本画の美術館が開館しています。特別展が、開幕延期になっていましたが、3/28(土)から開幕していますので、紹介いたします。
==================================================================
施 設 名:福田美術館
ふりがな:ふくだびじゅつかん
英文表記:FUKUDA ART MUSEUM  
分野 :美術
郵便番号:616-8385
都道府県:京都府
市区町村:京都市右京区  
所在地:嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16
電話番号:075-863-0606  
FAX:075-863-0607  
URL:https://fukuda-art-museum.jp/
公共交通:交通アクセスJR山陰本線(嵯峨野線)嵯峨嵐山駅下車、徒歩12分
     阪急嵐山線嵐山駅下車、徒歩11分
     嵐電(京福電鉄)嵐山駅下車、徒歩4分
道路案内:障がい者や車椅子の方で駐車場を利用の場合は要事前連絡
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休 館 日:火曜日(祝日は開館、翌日休館)
入館料金(常設時):一般・大学生1300円 高校生700円 小中生400円
           障がい者と介添人1名700円(要手帳提示)
          福田美術館・嵯峨嵐山文華館 二館共通券:2000円
展示内容:伝統的な京町家のエッセンスを踏まえた日本建築の中で、日本美術の名品を展示。
観覧時間:
その他(販売・友の会など):友の会入会費 4,000円(1年間入館自由)
 団体見学は希望日の2週間前までにinfo@fukuda-art-museum.jpまでメールまたはFAXで
 E-mail:info@fukuda-art-museum.jp

報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆「若冲誕生〜葛藤の向こうがわ〜」3/28(土)〜6/21(日)
   火曜休館(祝日の場合は翌日)5/5・6開館、5/7(木)休館
   入館料金:一般・大学生1300円 高校生700円 小中生400円
           障がい者と介添人1名700円(要手帳提示)

 京都錦小路にある青物問屋「枡屋」の長男として生まれた伊藤若冲(1716-1800)は、父に代わり家業を継ぎならが描くが、家業か絵に専念か葛藤に苦しみ、大典禅師をはじめとする禅僧たちが支援した。本展では、初公開となる若冲30代の初期作品《蕪に双鶏図》をはじめ、初期から晩年までの作品と若冲に影響を与えた禅僧や画家たちを取り上げ、若冲作品の魅力とその背景に迫り、曾我蕭白、円山応挙など個性あふれる同時代の画家たちの作品も展示し、若冲の生きた18世紀京都画壇の秀作を楽しむ。
   伊藤若冲《仔犬図》〜4/27展示
       《群鶏図》

☆パノラマギャラリー展示「Masaya Kushino 作品展示」
 広島県尾道市因島出身。京都芸術デザイン専門学校を卒業後、イタリアに留学。自然からインスピレーションを受け、ファイナルデザインをテーマにした靴の作品を最先端技術や伝統技術などを駆使して製作。若冲の絵画には若い時より魅了され、鳥などの動物から発想を得た靴のシリーズを制作。本展では、若冲筆「瓦に雄鶏図」からインスピレーションを得て制作した作品など、約10点を展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12356] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/04/01(Wed) 23:43:52

 これから開催されるはずの日本画や書道の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、昨今の情勢により、展示の期間に入っていても休館中または開会延期の場合があります。その際には「休館が解けた時」を楽しみにお待ちください。そして出かけられる際には、必ず、当該館の当日のオリジナル情報をご確認の上、お訪ねください。

【北海道】
北海道立函館美術館
 ☆アートギャラリー北海道「《道産子追憶之巻》と日本画の名品
      道立近代美術館コレクション選」7/4(土)〜8/30(日)

【栃木】
小杉放菴記念日光美術館,☆展覧会 「「描く」を超える―現代絵画 制作のひみつ―」4/11(土)〜5/31(日)

【群馬】
群馬の森 群馬県立歴史博物館,☆第14回テーマ展示「新田猫絵展」〜5/10(日)

【埼玉】
河鍋暁斎記念美術館,☆企画展「暁斎・暁翠が描いた年中行事・おまつり展」〜4/25(土)<会期延長>

【東京】
中村屋サロン美術館
 ☆中村屋サロン アーティストリレー第3回
  「浅見貴子 展  変容のプロセス」4/1(水)〜5/10(日)<日程変更>
渋谷区立松濤美術館
 ☆東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催記念
  「いっぴん―歌麿、北斎、浮世絵師たちの絵画」4/4(土)〜5/17(日)

【神奈川】
神奈川県民ホールギャラリー
 ☆第45回「鐡門社展」第42回「鐡門社学生書道展」4/8(水)〜4/12(日)  
 ☆第54回「純正書道展」4/14(火)〜4/19(日)
 ☆「令香会書道社中展」4/14(火)〜4/19(日)
 ☆第46回「県民書道展」4/22(水)〜4/26(日)
 ☆第5回「和墨会水墨画展」4/27(月)〜5/3(日)
 ☆第38回「蒼墨会展」5/5(火)〜5/10(日)
 ☆「神奈川県水墨画美術展」5/6(水)〜5/10(日)  
鎌倉芸術館,☆【ギャラリー1】第56回「鎌倉書道協会展」4/21(火)〜4/26(日)

【福井】
福井市立郷土歴史博物館,☆<館蔵品ギャラリー>「桜さく 〜描かれた桜の美〜」〜5/6(水・振)

【山梨】
韮崎大村美術館,☆生誕110年「荘司福展」〜5/31(日)日本画

【長野】
北野美術館,☆名品展2020「花と華」 〜5/24(日)

【岐阜】
岐阜県美術館
 ☆春の名品展「日本画と工芸を中心に」4/10(金)〜7/5(日)
 ☆「明治の金メダリスト 大橋翠石展ー虎を極めた孤高の画家ー」7/18(土)〜8/30(日)
 ☆「日本画の逆襲 ふたたび」8/28(金)〜12/13(日)
 ☆寄贈記念「熊谷守一展」9/8(火)〜12/20(日)
 ☆「ぎふの日本画 いのちのリレー ?土屋禮一を中心に?」12/18(金)〜令和3年3/28(日)
 ☆「篠田桃紅と抽象の世界」令和3年1/13(水)〜3/28(日)
岐阜現代美術館,☆「篠田桃紅 それはふと」4/7(火)〜6/6(土)
関市立篠田桃紅美術空間,☆第74回企画展「篠田桃紅 ひと筆の線」4/4(土)〜6/14(日)
東山魁夷心の旅路館(版画作品常設展示館),☆2020年度第I期展「命―生ある歓び」〜6/16(火)

【静岡】
静岡県立美術館
 ☆収蔵品展「きらめく日本画」6/30(火)〜7/12(日)
 ☆収蔵品展「富士山をめぐる」7/14(火)〜8/16(日)
平野美術館,☆「うるわしの美人画づくしー培広庵コレクションー」4/4(土)〜5/31(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター,☆「飯田昴子 日本画展」4/21(火) 〜 4/26(日)
松坂屋美術館,☆第75回「春の院展」 4/11(土)〜4/19(日)
一宮市博物館,☆「川合玉堂 墨の詩情」4/25(土)〜5/17(日)

【京都】
京都府立堂本印象美術館,☆企画展「椿、咲き誇る−椿を描いた名品たち−」4/4(土)〜5/17(日)
京都府京都文化博物館,☆2020年度総合展示 生誕140周年「津田青楓と京都」4/25(土)〜6/14(日)
嵯峨嵐山文華館,☆企画展「いちからわかる 円山応挙と長沢芦雪」4/25(土)〜6/21(日)

【大阪】
大阪市立美術館,☆特集展示・没後50年 浪華の女性画家「島成園」4/11(土)〜5/10(日)

【兵庫】
辰馬考古資料館,☆令和2年度春季展「富岡鉄斎展」〜5/6(水・振)
滴翠美術館,☆「春季展」〜6/14(日)

【奈良】
松伯美術館
 ☆「上村松篁・淳之 花鳥画展 〜鳥語花香〜」前期:〜5/17(日)
                     後期:5/20(水)〜6/28(日)
 ☆「創造への挑戦 上村松園・松篁・淳之展」7/7(火)〜 9/27(日)
 ☆上村松園・上村松篁・上村淳之展「魂の継承 〜受け継がれる心〜」10/3(土)〜11/29(日)
 ☆上村淳之展 「命の声を識る」12/5(土)〜令和3年2/7(日)(年末年始休館日:12/28(月)〜1/4(月))
 ☆公募展第24回「松伯美術館 花鳥画展」令和3年2/11(木・祝)〜3/14(日)
奈良市杉岡華邨書道美術館,☆「近現代かな書の流れ(4)現代かな書の展開」4/18(土)〜6/21(日)
寧楽美術館
 ☆企画展・財団設立80周年記念展(前期)「設立者中村準策と寧楽美術館」4/18(水)〜8/10(月)
 ☆特別陳列「亦復一楽帖(田能村竹田)」4/1(水)〜12/27(日)

【島根】
浜田市立石正美術館,☆石本正「夢をえがいて」〜6/21(日)
手錢記念館,☆「館蔵書画展」 〜 5/31(日)

【愛媛】
愛媛県美術館,☆コレクション展「花鳥画―仮想の楽園 ほか」〜4/26(日)
今治市大三島美術館,☆館蔵品展「日本画で巡る日本の名所・風景」〜5/31(日)

【福岡】
田川市美術館,☆第34回「洗心書道合同習作展」6/23(火)〜6/28(日)

【佐賀】
佐賀県立美術館
 ☆コレクション展「佐賀・日本画の眺望 ―池田幸太郎・野口謙次郎・立石春美―」〜5/14(木)

【長崎】
長崎県美術館,☆「上海美術展―名家の水墨画」10/16(金)〜11/1(日)
山本美術館,☆2020年特別企画展第1弾「鳥居言人美人画展」〜6/28(日)<期間延長>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12383] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/05/05(Tue) 23:23:58

 これから開催されるはずの日本画や書道の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、展示の期間は「休館が解けた時」から、と言う意味でご覧下さい。但し、期間中でも、開催中止の場合もあります。再開を楽しみに館のオリジナル情報を確認して、お訪ねください。

【北海道】
北のアルプ美術館,☆山下康一墨絵作品展「山を描く・沈黙を描く」友情出展「野呂重信」(写真)〜9/27(日)

【岩手】
岩手県立美術館,☆「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」11/14(土)〜12/27(日)
花巻市博物館
 ☆特別展 光ミュージアム所蔵「美を競う 肉筆浮世絵の世界」7/18(土)〜8/30(日)
 ☆共同企画展 ぐるっと花巻・再発見!「小野寺周徳ー花巻画人の先駆的存在」12/5(土)〜令和3年1/31(日)

【宮城】
宮城県美術館,☆「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」9/19(土)〜11/1(日)

【秋田】
秋田県立博物館,☆企画展「蓑虫山人−秋田を歩いた漂泊画人−」7/11(土)〜8/23(日)
秋田市立佐竹史料館,☆企画展「秋田藩の文人書画展 〜吉祥を描く〜」〜7/26(日)

【山形】
致道博物館
 ☆創立70周年記念「【庄内の美術工芸】筆紙の(ひっしの)!! 名品展」 9/17 (木)〜10/28 (水)
 ☆第41回「・・馥参餡餔・検ラ12/3 (木)〜12/15 (火)
真下慶治記念美術館,☆「日本画展」11/13(金)〜12/15(火)

【福島】
郡山市立美術館
 ☆「うるわしき美人画の世界―木原文庫より」6/27(土)〜8/23(日)
 ☆「郡山の美術「今昔秘話」―雪村を中心に」8/29(土)〜9/27(日)
小峰城歴史館,☆受贈記念特別企画展「今井珠泉展」6/6(土)〜7/12(日)日本画

【栃木】
栃木県立美術館
 ☆Collection 1 特集「小杉放菴」〜6/28(日)
 ☆Collection 2「没後50年 豊道春海の書」7/11(土)〜10/15(木)
 ☆企画展「栃木における南画の潮流−文晁から魯牛まで」令和3年1/16(土)〜3/21(日)
さくら市ミュージアム−荒井寛方記念館−
 ☆第75回「春の院展 栃木展」10/17(土)〜11/23(月・祝) 
 ☆「平山郁夫展〜日本の心〜」令和3年1/23(土)〜3/14(日) 

【群馬】
高崎市タワー美術館,☆企画展「線の美 ─日本画における線の魅力」7/11(土)〜9/6(日)

【東京】
大倉集古館
 ☆企画展「日本絵画の隠し玉〜大倉コレクションの意外な一面〜」6/2(火)〜7/26(日)
 ☆企画展「近代日本画の華〜ローマ開催日本美術展覧会を中心に〜」8/1(土)〜9/27(日)
根津美術館
 ☆特別展「国宝 燕子花図屏風―色彩の誘惑―」
  同時開催展示室5「武人画家」〜5/17(日)
 ☆同時開催展示室5「つわものの姿」5/30(土)〜7/12(日)
 ☆企画展「花を愛で、月を望む?日本の自然と美?」7/23(木・祝)〜9/6(日)
 ☆企画展「モノクロームの冒険?日本近世の水墨と白描?」9/19(土)〜11/3(火・祝)
 ☆財団創立80周年記念特別展「根津美術館の国宝・重要文化財」11/14(土)〜12/20(日)
 ☆展示室5「百椿図―公家日記のなかの椿―」令和3年 1/9(土)〜2/14(日)
 ☆企画展「御用絵師の世界」
  同時開催展示室5「変化のものがたり―お伽草子二題―」令和3年2/25(木)〜3/31(水)
佐藤美術館
 ☆「齋正機の世界展〜ふくしまものがたり〜」10/20(火)〜12/13(日)日本画
 ☆「武蔵野美術大学大学院修士課程 日本画コース修了制作展」令和3年3/12(金)〜3/25(木)
早稲田大学會津八一記念博物館,☆富岡展「五彩と色絵」5/18(月)〜6/30(火)
台東区立書道博物館,☆企画展「みんなが見たい優品展 パート16 中村不折コレクションから」〜6/14(日)
横山大観記念館
 ☆「2020年記念館名品展」5/7(木)〜7/31(日)「或る日の太平洋」「ローマの春」「神国日本」他
O美術館
 ☆第36回「日本剪画美術展」6/20(土)〜6/25(木)
 ☆第23回「 一水会書展」6/27(土)〜7/1(水)
 ☆「洛陽中国書法水墨画院展」7/10(金)〜7/15(水)
 ☆第2回「龍狭書道会秀作展」8/29(土)〜9/2(水)
大田区立龍子記念館,☆名作展「旅行く心 龍子の描いた日本の風景」〜7/5(日)
五島美術館
 ☆開館60周年記念名品展I「筆跡の雅び―古筆・古写本・近代書跡―」〜5/10(日)
 ☆開館60周年記念名品展II「絵画の彩り―歌仙絵・水墨画・日本画―」5/16(土)〜6/21(日)
 ☆開館60周年記念名品展III「祈りの造形―古写経・墨跡・古版本―」6/27(土)〜8/2(日)
 ☆開館60周年記念特別展「国宝 源氏物語絵巻」11/3(火・祝)〜11/29(日)
府中市美術館 牛島憲之記念館
 ☆企画展「春の江戸絵画まつり ふつうの系譜 「奇想」があるなら「ふつう」もあります
   ─京の絵画と敦賀コレクション」〜5/10(日)<タイトル変更>
 ☆府中市美術館開館20周年記念「ここは武蔵野 描かれた「むさしの」、400年を辿る旅」5/23(土)〜7/5(日)

【神奈川】
横浜市民ギャラリー
 ☆第22回「華の墨絵会展」6/23(火) 〜6/29(月)
 ☆第35回記念「21世紀国際書展」7/15(水)〜7/19(日)
 ☆第69回「浜書展」8/12(水) 〜8/16(日)
 ☆第47回「神奈川独立書展」第29回「神奈川県青少年毎日書道展」8/18(火) 〜8/24(月)
 ☆「We can’t go home again 泉 桐子 個展」8/28(金) 〜9/6(日) 日本画材を用いた絵画
鎌倉芸術館,☆【ギャラリー1・2・3】第44回「國藝書道院公募展」5/8(金)〜5/12(火)
神奈川県立近代美術館 葉山,☆企画展「珠玉の日本画展」10/10(土)〜12/20(日)
箱根芦ノ湖成川美術館
 ☆「岡 信孝 米寿記念展〜風姿花伝〜」
  「堀 文子収蔵作品セレクション展 第1回〜野に咲く花たち〜」
  「小笠原 元 展〜春をたずねて〜」
  「収蔵名作展〜日本画の煌めき〜」〜7/15(水)

【新潟】
雪梁舎美術館
 ☆生誕100年記念「横山操の原点展―素描と本画―」4/18(土)〜6/14(日)
 ☆「没後190年 良寛展」6/27(土)〜8/2(日)
新潟市新津美術館,☆生誕100年記念「日本画家・横山操展―その画業と知られざる顔―」令和3年1/23(土)〜3/21(日)
駒形十吉記念美術館,☆2020年 第1回企画展 「−村上華岳没後80年 山を聴く−」〜5/31(日)
上越市立歴史博物館,☆逸品展示「楊洲周延肉筆画展」〜6/28(日)

【富山】
富山県水墨美術館
 ☆企画展「発見!画人たちと富山 墨の作品から」〜5/10(日)
 ☆生誕100年記念「日本画家・横山操展−その画業と知られざる顔−」7/22(水)〜9/6(日)
 ☆「近代琳派 神坂雪佳展−美をたのしみ、美を創造(つく)る−」9/18(金)〜11/3(火・祝)
 ☆「墨は流すもの−丸木位里の宇宙−」11/13(金)〜12/27(日)
富山市篁牛人記念美術館
 ☆館蔵品展120「虎渓三笑」〜5/16(土)
 ☆館蔵品展121「やまんば」5/27(水)〜9/6(日)
 ☆館蔵品展122「市民コレクション・篁牛人」9/9(水)〜令和3年1/31(日)
庄川水資料館 アクアなないろ館
 ☆ミニギャラリー展示 2020となみチューリップフェア特別展「時女信子 書展」〜5/24(日)
松村外次郎記念 庄川美術館,☆第19回「砺波市書道連盟展」5/23(土)〜6/30(火)
南砺市立福光美術館,☆「花鳥画という宇宙 郷倉千靭展」〜5/31(日)
入善町下山芸術の森発電所美術館,☆アート・クリップ 2020「第1期:善田優子(日本画)」〜5/31(日)

【石川】
石川県七尾美術館,☆「長谷川等伯展〜能登の信春」〜5/24(日) 
小松市立本陣記念美術館
 ☆特別企画展 「美術館は冬から春へと…
   −本陣コレクション所蔵 東山魁夷作品一斉公開−」令和3年1/30(土)〜3/21(日)
白山市立博物館,☆「梶野玄山−花鳥山水画の世界−」〜6/21(日)

【福井】
福井県立美術館
 ☆コレクション/テーマ展(1)「新収蔵品展―多彩な江戸絵画が仲間入り―」〜5/24(日)
 ☆コレクション/テーマ展(3)「菱田春草から横山操まで―滋賀県立近代美術館所蔵品を中心に−」7/17(金)〜8/31(月)
【長野】
水野美術館
 ☆「水野コレクション 花の名品」〜5/31(日)
 ☆水野コレクション「空を描くー横山大観から平山郁夫まで」6/7(日)〜7/12(日)
 ☆特別企画展「生誕135年記念 川端龍子展」7/23(木・祝)〜9/22(火・祝)
 ☆水野コレクション「巨匠のワザ、ここにありー雅邦、観山、松園、清方 ー」10/3(土)〜12/6(日)
 ☆水野コレクション「彩りの樹木たちー春草・玉堂たちと巡る四季のすがた」令和3年1/2(土)〜3/21(日)
信州高遠美術館,☆特別展「おぶせミュージアム・中島千波館所蔵品展 昇華と深化の画人 中島千波」〜5/10(日)
康燿堂美術館,☆春のコレクション展「春うらら −やわらかな陽射し−」〜6/28(日)
佐久市立近代美術館,☆第9回「比田井天来・小琴顕彰 佐久全国臨書展」11/21(土)〜12/13(日)
軽井沢千住博美術館,☆「千住博−滝 滝 滝−展」〜12/25(金)

【岐阜】
岐阜市歴史博物館分館 加藤栄三・東一記念館
 ☆(公財)「ぎふしん記念財団助成事業 若き日の栄三・東一」〜6/7(日)
 ☆生誕120年「日本画家 山本 丘人 展」〜6/7(日)
 ☆「加藤栄三・東一 岐阜を描く」6/9(火)〜9/13(日)
 ☆「抒情の旋律  稲元 実 日本画展」7/28(火)〜9/13(日)
 ☆「加藤栄三・東一 素描・下絵・本画」9/15(火)〜12/20(日)
 ☆「具象の美と出会う 示現会正会員展」9/15(火)〜10/18(日)
 ☆「はっ・とび2 伊藤髟耳とその仲間たち」10/20(火)〜12/20(日)
大垣市守屋多々志美術館,☆第79回企画展「世界旅行」5/16(土)〜7/5(日)

【静岡】
モン・ミュゼ沼津 沼津市庄司美術館,☆1F「中村美恵子日本画展」9/5(土)〜9/27(日)
掛川市二の丸美術館,☆掛川市二の丸美術館名品展「近代日本画展」5/29(金)〜7/12(日)

【愛知】
豊橋市美術博物館
 ☆2020美術コレクション展「山水に遊ぶ」6/6(土)〜7/12(日)
 ☆第8回「トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展−明日の日本画を求めて−」8/8(土)〜9/6(日)
春日井市立道風記念館,☆館蔵品展「つづけ書きの妙」〜7/12(日)
知多市歴史民俗博物館,☆収蔵品展「郷土の南画家 久野柳荘」9/26(土)〜10/11(日)
高浜市やきものの里かわら美術館,☆企画展 市制50周年・開館25周年記念「浮世絵と日本画」令和3年1/23(土)〜3/14(日)
田原市博物館
 ☆「崋山の人物画と関東文人画の花鳥」〜5/17(日)
 ☆「崋山と弟子たち 福田半香と平井顕斎」 5/23(土)〜7/12(日)
名都美術館,☆特別展「山口華楊、中路融人、岩倉壽ー自然のぬくもりー」〜5/24(日)

【鳥取】
倉吉博物館・倉吉歴史民俗資料館,☆佐川美術館コレクション 生誕90年「平山郁夫が描く世界遺産展」〜5/10(日)

【広島】
広島県立美術館,☆特別展 生誕135年記念「川端龍子展―衝撃の日本画」 〜5/31(日)

【福岡】
北九州市立美術館,☆再興第104回「院展」〜5/17(日)
福岡県立美術館
 ☆「日本習字姪浜書友会」6/2(火)〜6/7(日)
 ☆「日中友好書画交流展」6/16(火)〜6/21(日)
直方谷尾美術館,☆「太田穂摂書作展ー俳人 野見山朱鳥を書くー箱根湯本ホテルコレクションより」5/19(火)〜6/28(日)

【佐賀】
佐賀県立美術館,☆コレクション展「佐賀・日本画の眺望 ―池田幸太郎・野口謙次郎・立石春美―」〜5/23(土)

【沖縄】
沖縄県立芸術大学付属図書・芸術資料館展示室,☆「香川亮 彩墨画展」5/11(月)〜5/14(木)( 絵画専攻  准教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12406] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/06/01(Mon) 23:25:20

 休館が解けて開催される日本画や書道の展示を紹介します。今回は5月末ぎりぎりでの情報ですが、ほっとミュージアムに掲載中のものは、展覧会が中止になっているものも一部残っています。「休館が解けた時」からお楽しみにして頂きたいのですが、必ず、当該館のオリジナル情報を確認してお訪ね下さい

【山形】
山形美術館,☆企画展第45回「山形県総合書道展」9/18(金)〜9/27(日)

【東京】
出光美術館
 ☆「屏風絵―輝く日本の美」7/18(土)〜9/6(日)>


国立新美術館,☆日本の自然と書の心「日本の書200人選〜東京2020大会の開催を記念して〜」6/11(木)〜6/21(日)
横山大観記念館,☆「2020年記念館名品展」6/3(水)〜7/31(日)
 「或る日の太平洋」(横山大観)「ローマの春」(横山大観) 「神国日本」(横山大観)他
郷さくら美術館 東京,☆第8回「郷さくら美術館 桜花賞展」〜8/23(日)
大田区立熊谷恒子記念館,☆かなの美展「恒子が書く 日本古典文学の世界」6/2(火)〜10/11(日)
大田区立龍子記念館,☆名作展「旅行く心 龍子が描いた日本の風景」6/2(火)〜8/23(日)<会期延長>

【大阪】
堺市博物館,☆企画展「詩書画に遊ぶ―幕末・明治の文人画―」〜6/28(日)
和泉市いずみの国歴史館,☆特別展「土佐派と住吉派 其の二―やまと絵の展開と流派の個性―」10/3(土)〜11/29(日)

【兵庫】
神戸市立博物館,☆「兵庫の書展 兵庫県書作家協会創立70周年記念―2020令和からの発信―」7/23(木)〜9/22(火)
姫路市立美術館
 ☆コレクション・ギャラリー「橋本関雪〜人・動物・風景〜」9/5(土) 〜10/18(日)
 ☆「日本画家・福田眉仙展」9/12(土)〜10/18(日)
兵庫県立歴史博物館,☆特別企画展「絵そらごとの楽しみ―江戸時代の絵画から―」令和3年1/30(土)〜3/21(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12426] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/07/05(Sun) 00:36:48

 開催中またはこれから開催の、日本画や書道の展示を紹介します。かつて、紹介したもののうち、休館明けで展示期間を延長されたものや、変更されたものも含まれています。どうぞ、これからの訪問にご利用ください。

【北海道】
網走市立美術館,☆北海道立函館美術館所蔵「金子鴎亭ー現代の書へー」7/18(土)〜9/6(日)

【茨城】
古河歴史博物館
 ☆テーマ展「南画の秋」8/29(土)〜10/21(水)
 ☆テーマ展「花」令和3年2/10(水)〜4/21(水)
茨城大学五浦美術文化研究所
 ☆「日本画ってなぁに?」 〜7/31(金)
 ☆「現代日本画の歩み 天心記念茨城賞の作家たち(仮称)」令和3年2/6(土)〜3/28(日)

【埼玉】
川越市立美術館,☆小特集「小村雪岱とゆかりの人々」〜9/13(日) 
さいたま文学館,☆収蔵品展「俳画コレクション ―岡本癖三酔作品展―」第2期:7/21(火)〜8/23(日)

【東京】
大倉集古館,☆企画展「日本絵画の隠し玉〜大倉コレクションの意外な一面〜」〜7/26(日)<開期変更>
板橋区立美術館
 ☆館蔵品展「狩野派学習帳 今こそ江戸絵画の正統(メインストリーム)に学ぼう」7/11(土)〜8/10(月・祝)
東京富士美術館
 ☆特別展「東京富士美術館所蔵 THIS IS JAPAN IN TOKYO〜永遠の日本美術の名宝〜」9/1(火)〜11/29(日)
青梅市郷土博物館,☆企画展「青梅宿の才人〜山田早苗と小林天渕〜」〜8/2(日)<会期延長>
玉堂美術館,☆夏の展示「玉堂と水」〜8/30(日)

【神奈川】
山口蓬春記念館,☆2019年度 春季特別展「山口蓬春と祭典―東京オリンピック―」〜7/26(日)
箱根芦ノ湖成川美術館
 ☆「岡 信孝 米寿記念展〜風姿花伝〜」
  「堀 文子収蔵作品セレクション展 第1回〜野に咲く花たち〜」
  「小笠原 元 展〜春をたずねて〜」
  「収蔵名作展〜日本画の煌めき〜」〜10/14(水)<会期延長>

【新潟】
敦井美術館,☆「日本の美の追求者 日本美術院の巨匠展」〜9/12(土) 
駒形十吉記念美術館,☆「巻菱湖と江戸文人展−江戸酔興・酒合戦と江戸の文人−」8/2(日)〜8/30(日)

【富山】
富山県水墨美術館
 ☆企画展「山中暦日 ささやかな日常のきらめき 水墨美術館の収蔵作品から」7/18(土)〜9/6(日)
 ☆生誕100年記念「日本画家・横山操展−その画業と知られざる顔−」9/18(金)〜11/3(火・祝)<会期変更>
富山市郷土博物館,☆企画展「富山藩御用絵師 木村立嶽」〜7/12(日)
富山市佐藤記念美術館,☆企画展「郷土が生んだ絵師たち」12/5(土)〜令和3年2/14(日)

【山梨】
韮崎大村美術館,☆生誕110年「荘司福展」〜8/30(日)日本画
平山郁夫シルクロード美術館,☆「平山郁夫の足跡をたどる 日本の古社寺と文化財保護」〜12/27(日)

【長野】
北野美術館,☆北野美術館名品展2020「自然のかたちー水と風とー」〜8/30(日)
飯田市美術博物館,☆菱田春草常設展示第22期「春草の動物画 鹿」〜7/12(日)
康燿堂美術館,☆夏のコレクション展「きらめき」7/3(金)〜9/10(木)
おぶせミュージアム,☆春の中島千波展 「日本の装飾美 金屏風と大下図」〜9/22(火・祝)

【岐阜】
岐阜県美術館,☆「明治の金メダリスト 大橋翠石 虎を極めた孤高の画家 」7/23(木・祝)〜9/13(日)<会期変更>
大垣市守屋多々志美術館,☆第80回企画展「大和魂−守屋の描く武士−」7/18(土)〜9/22(火・祝)
岐阜現代美術館,☆「篠田桃紅 それはふと」〜7/17(金)
関市立篠田桃紅美術空間,☆第74回企画展「篠田桃紅 ひと筆の線」〜7/12(日)

【静岡】
駿府博物館,☆「遺墨でたどる近代ニッポン」8/1(土)〜9/22(火・祝)
秋野不矩美術館
 ☆特別展 佐藤美術館コレクション「花と緑の日本画展」7/4(土)〜8/23(日)
 ☆第1回所蔵品展「秋野不矩 色ふる筆の跡I 〜動と静の群緑〜」8/29(土)〜10/18(日)
 ☆生誕100年回顧展「石本正展」10/24(土)〜12/13(日)
 ☆第2回所蔵品展「秋野不矩 色ふる筆の跡II 〜安らかな黒白〜」12/19(土)〜令和3年2/14(日)

【愛知】
一宮市博物館
 ☆「禅僧の書」10/17(土)〜11/15(日)
 ☆特集展示「没後80年 森半逸 山水の美」前期:10/6(火)〜10/25(日)
                後期:10/27(火)〜11/23(月・祝)
刈谷市美術館,☆常設展「大島哲以展 幻想絵画から書籍の仕事まで」令和3年2/18(木)〜4/4(日)日本画
田原市博物館
 ☆「崋山と弟子たち 福田半香と平井顕斎」〜8/2(日)<会期延長>
 ☆同時開催「崋椿系の系譜 野口幽谷 椿二山 松林桂月」 8/8(土)〜9/27(日)
名都美術館,☆特別展「山口華楊、中路融人、岩倉壽ー自然のぬくもりー」〜7/26(日)<会期延長>

【三重】
石水博物館
 ☆石水所蔵名品展「千歳文庫の美人たち」〜8/2(日)
 ☆企画展「天神さまと梅−紅梅閣建立90周年記念−」令和3年2/13(土)〜4/11(日)
本居宣長記念館,☆令和2年 夏の企画展「水茎の跡」〜9/6(日)
paramita museum,☆小ギャラリーのご案内「心の書画家 伊藤一樹の神仏画展」7/16(木)〜7/28(火)

【滋賀】
彦根城博物館,☆「彦根藩御用絵師 佐竹永海−写山楼から愛雪楼へ−」 〜7/14(火)
佐川美術館,☆「平山郁夫 聖なるものー仏と神」〜8/30(日)
観峯館,☆夏季企画展「涼をもとめてー中国絵画で納涼−」〜8/30(日)

【京都】
京都府立堂本印象美術館
 ☆企画展「おしゃべりな絵画 −感じてみよう!作品から聞こえる音・声・会話−」〜9/22(火・祝)
 ☆特別企画展「小野竹喬・春男−父と息子の切ない物語−」10/6(火)〜11/23(月・祝)
 ☆企画展「憧れのヨーロッパ旅行−おしゃれな印象−」11/28(土)〜令和3年3/28(日)

【京都】
橋本関雪記念館,☆「白沙村荘夏季展I〜水を主題として」〜8/16(日)
細見美術館
 ☆「細見コレクション展」(仮題)9/12(土)〜12/20(日)
二条城築城400年記念展示・収蔵館
 ☆第2期「松と浜松 〜〈黒書院(くろしょいん)〉三の間の障壁画 〜」7/16(木)〜9/13(日)
 ☆第3期「秋の景物 〜〈白書院(しろしょいん)〉障壁画選 〜」10/8(木)〜12/6(日)
 ☆第4期「桃山の花木 〜〈遠侍(とおざむらい)〉勅使の間の障壁画 〜」12/21(月)〜令和3年2/21(日)
美術館「えき」KYOTO,☆「水野美術館コレクション  美しNIPPON」7/4(土)〜8/2(日)
嵯峨嵐山文華館,☆企画展「いちからわかる 円山応挙と長沢芦雪」〜7/13(月)<会期延長>
与謝野町立江山文庫,☆企画展「旅する書画〜江山文庫館蔵コレクションより〜」〜9/6(日)

【大阪】
大阪市立美術館
 ☆コレクション展「ラブリー!ジャパン」7/1(水)〜8/16(日)
 ☆コレクション展「愉快奇怪 神獣図鑑:中国古代篇」 7/1(水)〜8/16(日)
 ☆コレクション展「琳派の草花図 」 7/1(水)〜8/16(日)
あべのハルカス美術館,☆「奇才 ―江戸絵画の冒険者たち―」9/12(土)〜11/8(日)
リーヴスギャラリー小坂奇石記念館
 ☆生誕120年・没後30年「小坂奇石―書とともに歩んだ90年の生涯(仮称)」11/17(火)〜12/6(日)
和泉市久保惣記念美術館,☆特別展「土佐派と住吉派 其の二―やまと絵の展開と流派の個性―」10/3(土)〜11/29(日)
東大阪市民美術センター
 ☆第12回「青新会書展」7/10(金)〜7/12(日)
 ☆「白扇展(書道)」9/11(金)〜9/13(日)
 ☆「玄風書道展」9/18(金)〜9/20(日)
 ☆「書莞社展(書道)」9/25(金)〜9/27(日)

【兵庫】
姫路市書写の里・美術工芸館,☆常設展示「清水公照すみ・いろ・つち」〜10/18(日)
西宮市大谷記念美術館
 ☆「近代日本画と新収蔵作品を中心に 館蔵品展 特集:没後10年奥田善巳」令和3年2/20(土)〜3/21(日)
伊丹市立美術館,☆「熊谷守一展 わたしはわたし」〜7/31(金)<会期延長>

【奈良】
奈良県立万葉文化館
 ☆館蔵品展「万葉コレクション展―見る・知る 絵画の様々な表現技法―」7/11(土)〜9/22(火・祝)

【和歌山】
和歌山県立博物館
 ☆企画展「紀伊田辺の画家 真砂幽泉」〜7/12(日)
 ☆企画展「屏風の美―収蔵品の名品から―」12/5(土)〜令和3年1/24(日)
 ☆企画展「きのくにの物語絵」令和3年3/13(土)〜4/18(日)
熊野古道なかへち美術館,☆館蔵品展「青年期の凌雲」7/18(土)〜9/22(火・祝)
田辺市立美術館,☆館蔵品展「松・竹・梅・蘭・菊」7/18(土)?9/22(火・祝)

【岡山】
岡山県立美術館,☆「雪舟と玉堂―ふたりの里帰り」令和3年2/10(水)〜3/14(日)
林原美術館
 ☆企画展「愛も出世もあだ討も 絵が紡ぐオムニバスストーリー 飛び込め!お話の世界」7/4(土)〜9/6(日)
 ☆企画展「匠の技・百花繚乱―細部に宿る日本の美―(仮題)」令和3年2/13(土)〜3/28(日)
倉敷市立美術館
 ☆池田遙邨コーナー展示「水辺の情景」〜7/12(日)
 ☆第75回「春の院展 倉敷展」7/4(土)〜7/12(日)
笠岡市立竹喬美術館
 ☆特別陳列「賛嘆 日本画家の素描」〜8/10(日)
 ☆特別陳列「新収蔵 猪原大華と岩倉壽」8/29(土)〜10/11(日)
 ☆特別展「名都美術館名品展 優艶なる日本画」10/17(土)〜12/13(日)
 ☆特別陳列「瀬戸内の日本画家たち」12/19(土)〜令和3年3/14(日)
華鴒大塚美術館,☆「清音−風景に耳を澄ませば−」〜8/2(日)
高梁市成羽美術館,☆「書道+機織教室作品展」令和3年2/17(水)〜2/28(日)
やかげ郷土美術館,☆開館30周年記念特別企画展「田中塊堂とゆかりの書家展」〜8/23(日)

【広島】
蘭島閣美術館,☆「花ひらく芸術−院展の作家を中心に」〜7/20(月)
平山郁夫美術館,☆館蔵品展「平山郁夫の原点〜瀬戸内とシルクロード展」 〜9/18(金)予定
ふくやま美術館,☆佐川美術館コレクション「生誕90年 平山郁夫が描く 世界遺産展」7/11(土)〜8/30(日)

【香川】
香川県立ミュージアム
 ☆「伝える・味わう 文字の世界−収蔵の指定文化財を中心に−」10/1(木)〜11/29(日)
香川県立東山魁夷せとうち美術館
 ☆2020年度 第1期テーマ作品展【1階展示室】「京都の四季」
               【2階展示室】「西洋の風景」〜7/19(日)
坂出市民美術館,☆第21回「書の美」〜7/12(日)

【愛媛】
愛媛県美術館
 ☆武智光春コレクション「福田平八郎 夏の風物」7/1(水)〜8/23(日)
 ☆夏休み企画コレクション展示「屏風 Traveling(仮題)」7/18(土)〜9/22(火・祝)

【高知】
絵金蔵,☆夏の特別展「絵金屏風の展覧会」7/7(火)〜8/2(日)

【大分】
二階堂美術館
 ☆コレクション展1「上村松園と4人の女性画家たち〜伊藤小坡・小倉遊亀・梶原緋佐子・片岡球子〜」〜9/13(日)

【鹿児島】
鹿児島市立美術館,☆初夏の所蔵品展「特集:花鳥画の世界」〜8/10(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明
,


  [No.12451] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/02(Sun) 21:42:20

 新たな日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載されたものに加えて訪問の参考にご利用ください。

【栃木】
栃木県立博物館,☆人文系テーマ展「写山楼〜谷文晁一門の絵画学習〜」10/31(土)〜12/20(日)
草雲美術館,☆「草雲の大作2 四季山水図」〜8/16(日)

【千葉】
千葉市美術館
 ☆千葉市美術館拡張リニューアルオープン・開館25周年記念 川村コレクション受贈記念
 「田中一村展―千葉市美術館所蔵全作品―」 令和3年1/5(火)〜2/28(日)
市川市東山魁夷記念館,☆開館15周年記念通常展「風景画家 東山魁夷の軌跡1)」〜9/27(日)
市川市芳澤ガーデンギャラリー,☆「山岸千穂 個展」9/18(金)〜9/20(日)水墨
茂原市立美術館・郷土資料館
 ☆美術収蔵品展「日本画優品展」〜10/18(日)
 ☆美術収蔵品展「水墨・書 墨の世界展」11/30(月)〜12/20(日)

【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー,☆「鳥塚 篤広展 書」8/12(水)〜8/23(日)

【奈良】
奈良市杉岡華邨書道美術館
 ☆開館20周年記念「奈良万葉の書」第1期:〜8/10(日)
           第2期:8/15(土)〜9/27(日)
           第3期:10/3(土)〜11/15(日)
           第4期:11/21(土)〜令和3年1/11(月・祝)
【福岡】
北九州市立美術館,☆第55回「北九書の祭典」11/26(木)〜11/29(日)
有馬記念館,☆企画展「山水風景の旅−久留米藩御用絵師の絵画からII」〜8/31(月)

【佐賀】
小城市立中林梧竹記念館,☆令和2年度第1期収蔵品展「梧竹をめぐる人々」〜8/30(日)

【鹿児島】
田中一村記念美術館
 ☆田中一村「夏の常設展」〜9/15(火)
 ☆田中一村「秋の常設展」9/17(木)〜12/15(火)
 ☆田中一村「冬の常設展」12/17(木)〜令和3年3/16(火)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.12472] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/13(Thu) 20:10:51

 盆休み以後、日本画や書道の新たな展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載中のものに加えてご参考にしていただき、館オリジナル情報で確認してお訪ねください。

【秋田】
角館町平福記念美術館
 ☆角館町割400年記念 三館合同企画展「江戸期の絵画と角館四条派展/平福穂庵とその弟子達展」 〜9/13(日)

【山形】
天童市美術館,☆「生誕140年 熊谷守一展」9/26(土)〜10/25(日)

【茨城】
茨城県つくば美術館,☆「松川昌弘SHO展」9/1(火)〜9/6(日)書

【栃木】
小杉放菴記念日光美術館
 ☆「日光へようこそ Welcome to Nikko」〜8/30(日)
 ☆「「未醒」時代の小杉放菴―新発見《降魔(習作)》初公開 」10/31(土)〜12/20(日)
 ☆「小杉放菴と大山魯牛―老荘会とともに」令和3年1/1(金・祝)〜2/14(日)
 ☆「風景の近代―写実から心景へ―」令和3年2/20(土)4/4(日)

【東京】
台東区立書道博物館,☆特別展「中村不折の世界 第一部」〜9/22(火・祝)
大田区立龍子記念館
 ☆地域連携企画展「青龍社から東方美術協会へ」第一期「東方展のいまを見る」9/5(土)〜9/22(火・祝)
武蔵野美術大学美術資料図書館,☆「Door is Ajar ドアは開いているか 山本直彰展」11/16(月)〜12/19(土)日本画

【神奈川】
鎌倉市鏑木清方記念美術館,☆企画展「きらめく夏−清方と遊心庵−」〜8/25(火)
藤沢市アートスペース
 ☆企画展I「修復作品公開 長谷川路可 よみがえる若き日の姿」〜9/27(日)<会期延長>
山口蓬春記念館,☆令和2年度 夏季企画展「山口蓬春が描く花鳥の美―自然への愛の深さと、観察の力―」〜11/23(月・祝)
町立湯河原美術館,☆平松礼二館企画展「日本の美ー富士四季彩」〜9/28(月)

【石川】
石川県七尾美術館,☆企画展「長谷川等伯展 〜収蔵品にみる等伯と長谷川派〜」9/19(土)〜10/25(日)
魯山人寓居跡 いろは草庵,☆企画展「魯山人と細野燕台」〜9/15(火)書道

【長野】
信州新町美術館・有島生馬記念館・信州新町化石博物館
 ☆美術館第一展示室「第36回 信州書道秀作展」〜 9/13(日)
長野県信濃美術館・東山魁夷館
 ☆東山魁夷館【第III期】《夕静寂》《草青む》《山霊》《静映》《沼の静寂》〜9/22(火・祝)
 ☆東山魁夷館【第IV期】「東山魁夷館開館30周年記念特別展」9/25(金)〜11/23(月・祝)
 ☆東山魁夷館【第V期】《白馬の森》《静唱》《行く秋》《木枯らし舞う》《聖夜》11/26(木)〜令和3年2/2(火)
 ☆東山魁夷館【第VI期】《夕星》《秋思》《紅翳》《霧氷の譜》《静晨》令和3年2/4(木)〜3/30(火)

【岐阜】
岐阜現代美術館,☆「篠田桃紅 桃紅×音楽III」〜10/14(水)
関市立篠田桃紅美術空間
 ☆第75回企画展「ようこそ!桃紅さんのせかいへ 10」〜9/6(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「飯田昴子 日本画展」8/18(火) 〜 8/23(日)
 ☆「宮島緑ひとり展」9/15(火) 〜 9/21(月) 日本画
春日井市立道風記念館
 ☆企画展「おののとうふう〜和様の書のうつりかわり〜」〜8/30(日)
 ☆館蔵品展「書の魅力」9/4(金)〜11/29(日)
文化フォーラム春日井
 ☆第2回「幽玄書展」9/17(木)〜9/22(火・祝)
 ☆第9回「松翠会書展」9/24(木)〜9/27(日)
名都美術館,☆所蔵品展「美人画LOVE −艶めく、色めく、華やぎの美−」8/21(金)〜9/27(日)

【滋賀】
長等創作展示館・三橋節子美術館
 ☆常設展「夭折の画家三橋節子「インドの日記」 インド・東南アジア古美術の研修旅」〜11/15(日)
曳山博物館,☆企画展 「曳山を彩る絵師たちV杉沢春がい(涯のさんずい無し)」〜8/31(月)
佐川美術館,☆生誕90年「平山郁夫展 悠久のシルクロード」9/5(土)〜11/23(月・祝)
MIHO MUSEUM
 ☆秋季特別展「MIHO MUSEUMコレクションの形成ー日本絵画を中心にー」9/1(火)〜12/13(日)

【京都】
京都国立近代美術館
 ☆京都国立近代美術館所蔵作品にみる「京(みやこ)のくらし―二十四節気を愉しむ」〜9/22(火・祝)
京都府京都文化博物館
 ☆特別企画展「池大雅ー文人たちの交流ー」
  「木島櫻谷と京都画壇 京都 三条・大橋家コレクション」〜9/22(火・祝)
【大阪】
大阪市立美術館,☆特集展示「没後50年 浪華の女性画家 島成園」 9/5(土)〜10/11(日)
小林美術館,☆夏季特別展「竹内栖鳳と四条派の仲間たち展」〜9/13(日)
正木美術館,☆2020年秋季展「墨と漆芸の美」9/8(火)〜12/6(日)

【奈良】
名勝大乗院庭園文化館,☆杉岡華邨書道パネル展 「パネルで見る 華邨が書く茂吉の世界」〜8/30 (日)

【島根】
浜田市立石正美術館
 ☆石本正記念展示室 石本正「絵を描くということ」9/8(火)〜12/21(月)
 ☆企画展示室「第10回石州和紙に描いた日本画展」9/8(火)〜10/25(日)
出雲市立出雲文化伝承館
 ☆国宝東塔大修理 落慶記念
  「薬師寺の福神信仰と画僧古石間(こかん:石と間は一字)」令和3年3/20(土・祝)〜5月中旬
絲原記念館,☆2020年 夏季企画展「水墨画と夏の装い」〜9/6(日)

【岡山】
倉敷市立美術館,☆「池田遙邨ベストセレクションー日展・青塔社展の出品作を中心にー」〜8/23(日)
新見美術館
 ☆開館30周年記念特別展III「奈良県立万葉文化館所蔵〜令和を想う〜
     現代日本画家が描く 万葉のこころ」9/19(土)〜11/23(月・祝) 
【広島】
海の見える杜美術館  ,☆「歌仙をえがくー歌・神・人の物語ー」9/5(土)〜10/18(日)

【山口】
山口県立美術館,☆「奇才−江戸絵画の冒険者たち−」〜 8/30(日)

【高知】
絵金蔵,☆企画展「手習いのすすめ」〜10/11(日)

【熊本】
熊本県立美術館
 ☆第42回「熊本県書道展」8/25(火)〜8/30(日)
 ☆特別展「江戸の動物絵大集合!猿描き狙仙三兄弟〜鶏の若冲、カエルの奉時も」〜9/6(日)
 ☆細川コレクション展 親子でみる美術展 第II期「二の丸動植物園」〜9/22(火)
熊本市立熊本博物館,☆夏休みミニ展示「ひらいて、見よう!いろんな巻物」〜8/30(日)

【大分】
二階堂美術館
 ☆特別展「二階堂コレクションの横山大観『THE 大観』(仮称)」9/17(木)〜11/29(日)

【宮崎】
高鍋町美術館,☆「江戸から現代まで 高鍋町美術館書コレクション」〜9/22(火・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


  [No.12490] 【京都】国立近代美術館/所蔵作品にみる京のくらし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 20:11:50

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22では、所蔵品による京都の季節を感じる展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆京都国立近代美術館所蔵作品にみる「京(みやこ)のくらし―二十四節気を愉しむ」〜9/22(火・祝)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前9時30分〜午後6時(金曜は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
      *新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間は変更となる場合あり
       館内の混雑を避けるため、混雑時には整理券を配布のうえ入館制限を行い、
       整理券の配布は無くなり次第終了)
    入館料金:一般1000円(800円) 大学生:500円(400円)
          ( )内は20名以上の団体および夜間割引(金曜 午後5時以降)
        高校生以下・18歳未満は無料
        心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要照明)
 くらしと自然、芸術が密接な関係を築いてきた街・京都で、季節の移ろいを把握する目安の二十四節気に沿って、京都のくらしに息づく自然現象や草花、生物、祭や行事などを、当館コレクションから精選した美術・工芸作品に加え、映像資料によって紹介。一年を通してのくらしと自然そして芸術の豊かな関わりを体感し、現代生活を改めて考えるきっかけとする。

立夏:福田平八郎「竹」昭和17年、紙本、着色、額
   安藤緑山「竹の子に梅」牙彫置物、大正〜昭和初期、象牙、彫刻・着色
   正阿弥勝義「蓮葉に蛙皿」明治時代、素銅、平象嵌(金)
夏至:加藤源之助「糺の祠」明治40年、紙、水彩、額
   千種掃雲「下鴨神社夏越神事」不詳、絹本、着色、軸
小暑:北沢映月「祇園会」昭和11年、絹本、着色、二曲一隻屏風
   不動立山「夕立」昭和5年、絹本、着色、額
   安藤緑山「胡瓜」牙彫置物、大正〜昭和初、象牙、彫刻・着色
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 忙しさにも一息ついた8/10(月・祝)の午後、安らげる美術展示を求めて、京都へ行きました。もっとも、昨今の気温では、寺社巡りをする気力はありません。

 このテーマでは、京都文化博物館で見るような展示なのですが京近美ではめずらしい。「混雑時には整理券配布」と館サイトにありましたが、それほど人気になる展示ではなかろうと判断、そのとおりでした。

 季節の展示だけれど、中央の階段を上がった展示室入り口は、ちょうど晩夏。北沢映月「祇園会」で迎え。祇園祭が縮小されて寂しい、京都への旅人を慰めるような構成か。山鉾の図ではなく、町家の座敷でくつろぐ人たちを描き、私たちは屏風巡りをして見る景色の感覚です。もっとも、この展示企画自体は、コロナ自粛が相次ぐ前から企画されていたはずですが。

 京都市中だけでなく、郊外の農村風景や季節の植物も多く掛けられ、淡い色彩の中で、(外は猛暑なのに)涼しく、季節巡りをすることができました。私たちの感覚では、一月ぐらい先行する感のある「二十四節季」ですが、その季節感を勉強できました。絵画だけでなく、彫刻・工芸の立体ものも多く並べられていたのですが、なかでも野菜や小動物などを精巧に表現した「牙彫置物」が年間通して並べられ、今回の展示の特徴だったように思います。
 最近NHKーBSで京の山里、花脊の旅館の四季の物語をシリーズで放送されているのが好きなのですが、展示にそんな雰囲気が漂っていました。

               明日香 光二/馬場 英明


  [No.12495] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:18:44

 初秋から見られる日本画や書道の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【山形】
山寺芭蕉記念館,☆企画展「館長おすすめセレクション−絵画の美−」9/4(金)〜令和3年2/15(月) 
本間美術館(酒田)
 ☆「絵画と書でみる墨の世界」10/2(金)〜11/10(火)
 ☆「郷土の画人展−山形が誇る日本画家たち−」令和3年1/9(土)〜2/15(月)

【茨城】
茨城県天心記念五浦美術館,☆「現代日本画の歩み 天心記念茨城賞の作家たち(仮称)」令和3年2/6(土)〜3/28(日) 

【群馬】
ハラ ミュージアム アーク,☆「競演−永徳・探幽・応挙」〜11/3(火・祝)(特別展示室 観海庵)

【東京】
サントリー美術館,☆リニューアル・オープン記念展II「日本美術の裏の裏」9/30(水)〜11/29(日)
東京都美術館
 ☆「上野アーティストプロジェクト2020<書>(仮称)」11/18(水)〜令和3年1/7(木)
 ☆コレクション展「東京都美術館コレクション展<書>(仮称)」11/18(水)〜令和3年1/7(木)
郷さくら美術館 東京,☆「花・華ざかり 日本画展」同時開催「桜百景vol.21」9/1(火)〜11/29(日)

【神奈川】
岡田美術館,☆没後220年「画遊人・若冲 ―光琳・応挙・蕭白とともに―」10/4(日)〜令和3年3/28(日)

【福井】
敦賀市立博物館
 ☆「ふつうの系譜」おかえり展「ふつうの美しさ 京の絵画と敦賀コレクション」前期:〜9/6(日)
         中期:9/8(火)〜10/4(日)
         後期:10/6(火)〜11/8(日)
【長野】
飯田市美術博物館
 ☆第22回「春草の山水画 菊慈童」〜9/22(火・祝)
 ☆第23回「春草の山水画 春秋」9/26(土)〜10/25(日)

【京都】
美術館「えき」KYOTO,☆「日本画新展2021」令和3年1/29(金)〜2/8(月)

【愛媛】
今治市河野美術館,☆第58回「燧洋会書展」9/10(木) 〜9/13(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12513] 【京都】福田美術館/大観と春草 ー東京画壇上洛ー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/31(Mon) 23:17:02

 京都・嵐山の福田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=105
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「大観と春草ー東京画壇上洛ー」 後期:9/2(水)〜10/11(日)
   火曜(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般・大学生:1300円 高校生700円 小中生400円
        障がい者と介添人1名700円
 横山大観の描いた富士山の画は、圧倒的な存在感をもつが、斬新すぎたため批判も受けた。 盟友・菱田春草と共に西洋画や琳派などの古美術研究に励み、新しい画風を確立した。美術学校の頃より仲が良く、後に海外渡航も連れ立って行き、苦楽を共にしながら互いに成長。本展では二人の才能あふれる画家の友情とその軌跡にフォーカスして、作品の魅力を伝える。
  横山大観《緑陰富士》明治42年
      《嵐之方へ》昭和初期
  菱田春草《雁之図》明治30年代
      《雨後》明治30年代
  小林古径《桃実》昭和14年頃
  下村観山《降魔図》大正8年頃  など 


☆「悲運の画家たち」10/24(土)&#12316;令和3年1/11(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12523] 【京都】泉屋博古館/瑞獣伝来−空想動物でめぐる東アジア三千年の旅 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/22(Tue) 22:40:09

 京都東山・鹿ヶ谷の泉屋博古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=36で開催中の展示を紹介します。便宜上、日本画に分類しておきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館60周年記念特別展「瑞獣伝来−空想動物でめぐる東アジア三千年の旅」 
  併催 青銅器館「中国青銅器の時代」〜10/18(日)
     月曜と9/23(水)休館入館料
     入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
          障害者手帳呈示の方は無料
 古来より、東アジアで吉祥をもたらす動物たち「瑞獣」をモチーフとする美術工芸に用いられた。約三千年前の古代中国の青銅器紋様にさかのぼる瑞獣、龍・鳳凰・虎を取りあげ、その謎と変遷の歴史を、古代中国から近代日本までに描かれた美術作品とともに紹介。
  国宝 線刻仏諸尊鏡像 平安時代(12世紀)
 《桐鳳凰図屏風》 狩野探幽  江戸時代(17世紀)
  重要文化財《雲龍図》 海北友松 桃山時代(16世紀)建仁寺
  重要美術品《虎図》 伝牧谿 元時代(14世紀)(展示期間:9/12〜9/25)
  重要文化財《鳳凰石竹図》 林良 明時代(15世紀)相国寺
  重要文化財《呂洞賓図》 雪村周継 室町時代(16世紀)(展示期間:10/1〜10/18)
  虎ゆう; 商時代(前11世紀)
《百鳥図》 伝辺文進 明時代(15世紀)鹿苑寺   など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

 9/22(火)の午後に訪れています。連休の最後、前3日で行楽も出来なかったので、どこか静かなところで、とたずねました。京都・東山も、ここまでくると混雑はなく、私のお気に入り館の一つです。
 本展は、タイトル勝ち、ですね。有数のコレクションである青銅器館を持つ当館の得意分野、そのコレクションを活かして、他館の名品を加えて構成された展示。でも、孫悟空とかシルクロードなどを連想してわくわくするタイトルです。
 日本古代史に親しむ私には、「瑞獣」というと「玄武・朱雀・青龍・白虎」の「四神」を真っ先に思い浮かべます。それぞれに聖なる起源、変遷をもつようですね。
 本展は「虎」に始まり、「虎」は実在の動物でありながら、造形では人間のような歯を持つと考えられ、聖性と危険を併せ持つ霊獣だとのこと。日本でも中国でも、霊獣としての姿の方がかわいいです。日本近代には橋本雅邦の描いた水墨が、まるでエッチングのような鋭さを持ち、異色な感じでした。
 「龍」は複数の動物を合わせて出来たキマイラのようなもの。それが聖化されて、5本指のものが皇帝を表すとされるようになったのは元代のこととか。皇帝を表すのは意外に新しいと感じました。
 「鳳凰」は、彩色では緑が目立つ五色の鳥だが、太陽をシンボルにするとか。とすると、南のシンボルである真っ赤な「朱雀」を起源とすると考えて良さそうです。
 今まで親しんでいたものに、じっくりつきあった展覧会でした。

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12526] 【東京】サントリー美術館/日本美術の裏の裏 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/30(Wed) 22:27:03

 六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=50で開催中の日本美術の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆リニューアル・オープン記念展II「日本美術の裏の裏」〜11/29(日)
   火曜休館(ただし11/3、24は午後6時まで開館)
   午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで
   入館料金:一般1500円 高大生1000円
        あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引

 生活の中の美の“愉しみ方”に焦点をあて、収蔵品の中から、日本ならではの美意識に根ざした作品を紹介。古の人々の愉しみ方を追体験することは、現代人に知られざる鑑賞かもしれない。目に見えていない裏に、魅力を見る。

第1章:空間をつくる
  楓瀑布図 円山応挙 一幅 江戸時代 天明7年(1787)
  重要文化財 四季花鳥図&#23643;風 伝 土佐広周 【展示期間:〜10/26】
第2章: 小をめでる
  雛道具 七澤屋 一式 江戸時代 19世紀 
  七種盃 仁阿弥道八 七口 江戸時代 天保9年(1838) 
第3章: 心でえがく
  かるかや 室町時代 16世紀
  おようのあま絵巻 室町時代 16世紀 (場面替あり)
第4章: 景色をさがす
  旅枕花入 信楽 一口 室町時代 16世紀
  壺 銘 野分 信楽 一口 室町時代 15世紀 
第5章: 和歌でわかる
  色絵桜楓文透鉢 仁阿弥道八 一口 江戸時代 19世紀
  白綸子地橘亀甲文字模様小袖 一領 江戸時代 18世紀 【展示期間:〜10/26】
第6章: 風景にはいる
  青緑山水画帖 池大雅 江戸時代 宝暦13年(1763)
  東海道五十三次(隷書版)歌川広重 江戸時代 弘化4年〜嘉永5年(1847〜1852)【展示期間:〜10/26】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12530] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/10/05(Mon) 23:59:42

 秋から見られる日本画や書道の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【埼玉】
川越市立美術館,☆ギャラリー「墨翔書道展」10/8(木)〜10/11(日)

【千葉】
菱川師宣記念館(鋸南町歴史民俗資料館)
 ☆「菱川師宣記念館 新収蔵品展
   〜故郷に唯一残った幻の師宣の肉筆画と、父の刺繍画が、今ここに並ぶ〜」〜11/1(日)
【東京】
日本建築学会建築博物館,☆「天真書法塾 玄妙会作品発表展」10/31(土)〜11/1(日)
日中友好会館美術館
 ☆第30回中国文化之日 展覧の部「 〜色褪せない墨の美〜日中友好会館所蔵中国書画展」〜10/18(日)
東京藝術大学 大学美術館
 ☆「ブンポニチ/文保日・展 feat.屏風(文化財保存修復日本画)」10/8(木)〜10/15(木)
齋田記念館,☆秋季企画展「齋田雲岱の博物図譜 楽しい江戸の生きもの図鑑」〜12/18(金)
静嘉堂文庫美術館,☆「江戸のエナジー 風俗画と浮世絵」12/19(土)〜令和3年2/7(日)
府中市美術館 牛島憲之記念館,☆「日本の美術を貫く 炎の筆《線》」〜11/23(月・祝)
東大和市立郷土博物館,☆企画展示?「吉岡堅二没後30年展 堅二と華堂」〜11/1(日)日本画

【神奈川】
横浜市民ギャラリー
 ☆第33回「神奈川書家三十人展」11/25(水) 〜11/29(日)
 ☆第32回「雨聲会 横浜書展」11/25(水) 〜11/29(日)
横須賀美術館
 ☆第3期所蔵品展 特別展示「浦賀奉行所開設300周年記念 長島雪操展」〜12/13(日)文人画
鎌倉市鏑木清方記念美術館
 ☆「和のよそおい−清方の意匠・デザイン−」〜10/20(火)
 ☆三遊亭圓朝没後120年「あやし、うるはし−清方と圓朝−」10/24(土) 〜11/29(日)
相模原市立博物館
 ☆博物館開館25周年・山崎弁栄上人没後100周年記念「無量光寺文書・山崎弁栄遺墨展」〜11/15(日)
岡田美術館,☆没後220年「画遊人・若冲 ―光琳・応挙・蕭白とともに―」10/4(日)〜令和3年3/28(日)

【新潟】
新潟市歴史博物館(みなとぴあ)
 ☆「生誕320年 五十嵐浚明(いからし・しゅんめい)―越後絵画のあけぼの、謎の絵師に迫る! ―」
                             前期:11/14(土)〜12/6(日)
                             後期:12/8(火)〜12/27(日)
【福井】
福井市立郷土歴史博物館,☆<松平家史料展示室>企画展「絵をたのしむ」〜10/6(火)

【長野】
北野美術館,☆名品展2020「錦秋と月と夕暮れとー日本の伝統色でみる絵画ー」 〜11/29(日)
須坂クラシック美術館,☆岡信孝記念展示室「瞬く日々」〜10/6(火)日本画

【岐阜】
大垣市守屋多々志美術館,☆企画展「守屋の描く色・彩(いろいろ)」10/3(土)〜12/6(日)

【三重】
三重県立美術館,☆特集展示「没後十年 榊莫山展」〜12/20(日)

【京都】
細見美術館,☆細見コレクション展「琳派と若冲」〜12/20(日)
京都市立芸術大学芸術資料館
 ☆令和2年度 芸術資料館収蔵品展 第4期 
   「南宗憧憬−京都芸大の中国絵画 田能村直入寄贈品を中心に−」 〜10/18(日)
 ☆令和2年度 芸術資料館収蔵品展 第5期  
   「近代の写生 こころとかたち」10/24(土)〜11/29(日)
【大阪】
枚方市立御殿山生涯学習美術センター
 ☆生誕130年「矢野橋村展〜御殿山の人々と橋村」第1期10/1(木)〜10/12(月・祝)
                       第2期10/14(水)〜10/27(火)
【兵庫】
BBプラザ美術館
 ☆2020年度コレクション展II
   「日本画コレクション 自然へのまなざし−絵とこころ」11/17(火)〜令和3年2/7(日)

【奈良】
大和文華館,☆特別展「墨の天地ー中国 安徽地方の美術」10/10(土)〜11/15(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12551] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/01(Sun) 21:25:57

 これから見られる日本画や書道の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【東京】
宮内庁三の丸尚蔵館
 ☆第87回展覧会「名作を伝える−明治天皇と美術」前期:〜11/8(日)
              後期:11/14(土)〜12/13(日)
千秋文庫博物館
 ☆企画展「佐竹家 狩野派絵師たち」前期:11/4(水)〜12/19(土) 
             後期:令和3年1/12(火)〜 2/27(土) 
【香川】
香川県立東山魁夷せとうち美術館
 ☆秋の特別展「いにしえの美にまなぶ−古画のうつしと日本の美」〜11/8(日)
 ☆第3期テーマ作品展「収蔵日本画作品展」「唐招提寺障壁画考」11/12(木)〜令和3年1/24(日)
 ☆第4期テーマ作品展「画題にみる色」「風景に聴く音」令和3年1/28(木)〜4/4(日)

【愛媛】
今治市河野美術館,☆館蔵品企画展「WOMEN 〜描かれた女性たち〜」〜11/15(日)日本画

【熊本】
島田美術館,☆第三回「日本画と表装 姉妹展」11/12(木)〜11/16(月)

【大分】
大分市美術館,☆光ミュージアム所蔵「美を競う 肉筆浮世絵の世界」〜11/23(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12573] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/16(Mon) 21:03:20

 開催中から、これから開催の日本画や書道を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【茨城】
茨城県つくば美術館,☆「悠響書展」令和3年1/13(水)〜1/17(日)

【栃木】
草雲美術館,☆「草雲の大作3−鍾馗図大幟と富嶽図ー」令和3年1/16(土)〜3/21(日)

【東京】
台東区立書道博物館,☆特別展「中村不折の世界 第二部」〜12/13(日)
東京藝術大学 大学美術館,☆「渡辺省亭 欧米を魅了した花鳥画」 令和3年3/27(土)〜5/23(日)
横山大観記念館,☆「大観と旅」〜12/25(金)
O美術館
 ☆「GROUP 82 墨画展(29th)」令和3年5/21(金)〜5/26(水)
 ☆「日比谷同友会書道愛好会作品展」5/28(金)〜6/2(水)
郷さくら美術館 東京
 ☆「郷さくら美術館 ベストセレクション展ー絶景への旅ー」12/8(火)〜令和3年2/28(日)
大田区立熊谷恒子記念館
 ☆開館30周年記念展(前期)「恒子とゆかりの書 かなとの出会い」 〜12/13(日)
府中市美術館 牛島憲之記念館
 ☆「与謝蕪村「ぎこちない」を芸術にした画家」令和3年3/13(土)〜5/9(日)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念),☆第449回企画展「六島芳朗展」11/18(水)〜11/29(日)日本画
横浜市民ギャラリー
 ☆第32回「雨聲会 横浜書展」11/25(水)〜11/29(日)
 ☆第57回「 神奈川県高等学校書道展」12/9(水)〜12/13(日)
鎌倉市鏑木清方記念美術館
 ☆企画展「はなやぐ春、よろこぶ春−明治・大正・昭和の正月−」12/4(金)〜令和3年1/11(月・祝)
相模原市民ギャラリー,☆第34回「青鳥会刻字展」12/3(木)〜12/8(火)
山口蓬春記念館
 ☆特別展(初冬) 「秘蔵コレクションによる美の競演
   ―山口蓬春と近代日本画の巨匠たち―」11/28(土)〜令和3年1/31(日)
 ☆特別展(新春) 山口蓬春没後50年・記念館開館30周年記念特別展I
   「北海道の大自然が生んだ山口蓬春・新日本画の魅力」令和3年2/6(土)〜 4/4(日)
【富山】
セレネ美術館,☆「黒部峡谷 日本画展」〜令和3年3/31(水)
射水市大島絵本館,☆ギャラリー「ふくざわゆみこ 絵本原画展」〜令和3年1/24(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「西岡信子展 日本画・創作人形」12/8(火) 〜12/13(日)
 ☆「ThreeSTYLES 2020」12/15(火) 〜12/20(日)日本画
松坂屋美術館
 ☆「再興第105回院展」11/28(土)〜12/6(日)
 ☆平山郁夫 生誕90年 佐川美術館コレクション「平山郁夫が描く世界遺産展」12/12(土)〜令和3年1/24(日)
昭和美術館,☆深秋展「清風万里秋」〜12/6(日)
春日井市立道風記念館,☆企画展「龍門造像記」12/4(金)〜令和3年1/17(日)
田原市博物館,☆「高林コレクションに見る文人画 関東と関西と」12/5(土)〜令和3年2/7(日)
名都美術館
 ☆特別展 笠岡市立竹喬美術館所蔵名品展「小野竹喬−風景と語らう画家−」〜12/13(日)
 ☆特別展「北田克己 −神聖な対峙から生まれるイメージ−」令和3年1/22(金)〜3/14(日)

【三重】
松阪市文化財センター
 ☆令和2年度特別展「離合山水図に魅せられて〜松坂に集った画家たち 池大雅・青木夙夜・韓天寿〜」〜12/6(日)

【滋賀】
曳山博物館,☆企画展 「長浜町衆が伝えた美術」〜12/14(月)
佐川美術館,☆吉左衞門X「齋藤隆×十五代吉左衞門・樂直入」〜令和3年3/21(日)水墨
東近江市近江商人博物館・中路融人記念館,☆「作品名でひもとく中路融人の世界」〜12/20(日)

【京都】
橋本関雪記念館,☆白沙村荘秋季展 II 特別企画展示「木蘭と霊照女」〜12/6(日)
八幡市立松花堂美術館,☆秋季企画展「近世画楽多」〜12/6(日)

【大阪】
中之島香雪美術館
 ☆特別展「源氏物語の絵画―伝土佐光信「源氏系図」をめぐって」令和3年1/30(土)〜3/14(日)
安中新田会所跡 旧植田家住宅,☆特別・企画展「旧辻田家寄贈襖絵初公開」〜12/25(金)
小林美術館,☆秋季特別展「三都三園 上村松園・池田蕉園・島成園」〜12/13(日)

【兵庫】
尼崎市総合文化センター 美術ホール,☆「水越京子 日本画展」 11/25(水)〜11/29(日)
尼信博物館(尼信会館)
 ☆1階展示室「日本画二人展 水野文恵×片岡繁美 街」令和3年1/6(水)〜2/7(日) 
 ☆3階展示室「岸野フサヨ 日本画展」令和3年4/24(土)〜5/30(日) 
明石市立文化博物館,☆冬季特別展 生誕130周年記念「堂本印象展」12/19(土)〜令和3年1/31(日)
赤穂市立美術工芸館 田淵記念館
 ☆特集展示「郷土ゆかりの画家たち─赤穂ゆかりの画家たちが描いた日本画─展」〜令和3年1/21(木)

【広島】
三之瀬御本陣芸術文化館,☆「池田栄廣の世界」〜令和3年1/25(月)日本画
平山郁夫美術館,☆「松尾芭蕉・平山郁夫と旅する奥の細道・中尊寺展」〜12/4(日)
海の見える杜美術館
 ☆「近代京都画壇の開拓者 幸野楳嶺」〜12/27(日)
 ☆海の見える杜美術館コレクションで見る「小松均の絵画(仮称)」令和3年3/20(土)〜5/20(日)

【山口】
山口県立美術館,☆館蔵品による《特別企画2》「雪舟600年 展」〜12/21(月)

【長崎】
山本美術館,☆「鳥居言人美人画展」〜12/27(日)<会期延長>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12598] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/29(Sun) 21:07:39

 開催中から、これから開催の日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【秋田】
小坂町立総合博物館 郷土館,☆特別展「没後50年 革新の日本画家 福田豊四郎」〜12/19(土)

【茨城】
日立市郷土博物館,☆「収蔵美術品展―日立ゆかりの近代日本画」令和3年1/9(土)〜3/21(日)

【千葉】
市川市東山魁夷記念館
 ☆開館15周年記念特別展「日本画と歌舞伎の世界−東山魁夷と近代日本の名画−」〜令和3年3/21(日)
市川市芳澤ガーデンギャラリー,☆「市川・浦安地区高等学校 合同書道展」令和3年1/22(金)〜1/24(日)

【長野】
駒ヶ根市立博物館
 ☆第8回「墨親会 水墨画展」12/1(火)〜12/9(水)
 ☆「蒼花会書道展」12/5(土)〜12/13(日)

【岐阜】
大垣市守屋多々志美術館,☆企画展「いきもの集まれ!」令和3年1/7(木)〜3/14(日)

【愛知】
古川美術館・爲三郎記念館
 ☆古川美術館特別展「日本画の可能性〜若手作家からの提言III(仮称)」令和3年3/20(土)〜5/9(日)

【奈良】
大和文華館,☆特別企画展「文字の魅力・書の美」〜12/25(金)

【島根】
浜田市立石正美術館
 ☆石本正「絵を描くということ」 「石本正日本画大賞展のあゆみ ―歴代受賞作品展―」〜12/21(日)
 ☆「画家たちの旅」令和3年1/2(土)〜3/14(日)
島根県立石見美術館,☆コレクション展「雪舟を受け継ぐ」〜令和3年1/11(月・祝)
益田市立雪舟の郷記念館
 ☆雪舟の郷記念館開館30周年 雪舟生誕600年記念特別展「雪舟イズムー益田家と雪舟流−」〜12/13(日)

【広島】
平山郁夫美術館,☆企画展「 トルコからシルクロード」12/5(土)〜令和3年3/19(金)

【大分】
二階堂美術館
 ☆コレクション展3「吉祥のかたち〜鶴・松竹梅・富士山など〜(仮称)」12/2(水)〜令和3年2/7(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12509] 【京都】府京都文化博物館/池大雅−文人たちの交流− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/30(Sun) 23:04:43

 京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=45
で開催中の「池大雅−文人たちの交流ー」を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別企画展「池大雅−文人たちの交流ー」〜9/22(火・祝)
   月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館)
   開室時間:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入室は30分前まで)
   入館料金:一般・大学生800円 高校生以下無料

 池大雅は享保8年(1723)京都に生まれ、幼い頃から書をよくし、理想の国家、理想の生き方を論じた中国の教養人を描いた文人画を描いて活躍した。大雅が生きた時代、日本でも文人たちは諸国を行き来したが、大雅も中国の文人画に学びながら知識人たちと交わり、没後は多くの文人たちが、大雅への憧れを抱いた。本展は、池大雅美術館から京都府に寄贈されたコレクションを中心に、大雅をめぐる文人たちの交流を紹介。
 第1章 大雅、誕生ー書との出会い
     《慶子老舞踏図》
 第2章 大雅、諸国をめぐる
     《高士訪隠図屏風》
     《山亭小酌之図》 
     《巫峡山水図》
 第3章 大雅、筆墨の世界
     《高士訪隠図屏風》
     重文《柳下童子之図屏風》
 第4章 大雅へのあこがれ−大雅堂をめぐる人々
     《大雅社中連名簿》
     池大雅念持《如意輪観世音像》
     田能村直入《売茶翁図》
     田能村直入 印章 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別企画展「木島櫻谷と京都画壇 京都 三条・大橋家コレクション」〜9/22(火・祝)

 宝暦8年(1758)に亡くなった大橋重右衛門を初代とし三条御倉町に家を構えるこの家は、西村總左衛門家が営む染織業(現・千總)と深くかかわった呉服商である。大橋家4代の大橋松次郎と深い交流のあった木島櫻谷・谷口香山喬(山喬は1字)・猪飼嘯谷ら京都画壇の作品を中心に展示し、大橋家の歴史をひもといて紹介。
 木島櫻谷  「初夏・晩秋」明治36年(1903)
 谷口香山喬「舞楽図衝立」
 木島櫻谷「孔雀図」  
 谷口香山喬「義経勝浦上陸図」  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 8/20(木)に午後から時間に余裕ができましたので、京都府京都文化博物館へ行きました。
 館蔵品を中心とした展覧会が多い中、江戸時代の大家に絞った展示が新鮮に映りました。
 博物館の館蔵品に近いものだろうな、と思いましたが、池大雅の遺族による「大雅庵」の蔵品を中心にしたコレクションを、戦後に民間で開館された「池大雅美術館」というのがあったのですね。館主の没後に散逸を防ぐために同館に寄贈されたとのこと。そういえばこの館で、池大雅展は何度か目にしていますので…企画展が定時公開のように行われるのは良いこと。
 池大雅は、江戸時代・化政文化の代表作家として、国宝で与謝蕪村との共作「十便十宜図」が有名で、これは川端康成記念館蔵なので出品はありませんが、同じような丸やかな、のんびり風の人物画が特徴的。意外だったのが、水墨の植物画が、簡素な描き方で本当に味のある花を描いているので、すてきでした。

               明日香 光二/馬場 英明


  [No.12518] 【大阪】あべのハルカス美術館/奇才―江戸絵画の冒険者たち― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/12(Sat) 22:36:18

 あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=19で始まった展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」〜11/8(日)
   9/28(月)10/12(月)26(月)休館
   開館時間:午前10時〜午後8時(月土日祝は6時まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1400円 高大生1000円 小中生500円
        障がい者手帳所持者と付き添い者1名は半額

 江戸絵画史上、各流派から「異端」とされ、既成の殻を打ち破り自由で斬新な発想の絵師たちを見直す動きが活発である。既成の枠を打ち破った絵師を「奇想」とするなら装飾性を絵画の世界に持ち込んだ俵屋宗達・尾形光琳や写生の新しい方向を試みた円山応挙など、従来の通史で取り上げられた絵師たちも含めるべきと考え、有名・無名の絵師たちを見直し、斬新な表現に挑んだ「奇才」の絵師たちを一堂に集める。

 葛飾北斎《上町祭屋台天井絵 男浪》小布施町上町自治会蔵
 葛飾北斎《東町祭屋台天井絵 龍図》小布施町東町自治会蔵

 [展示期間]イコトイ(左):9/12〜10/11
 蠣崎波響《御味方蝦夷之図 イコトイ》函館市中央図書館蔵

 [展示期間]10/13〜11/8
 蠣崎波響《御味方蝦夷之図 ションコ》函館市中央図書館蔵
 重要文化財 長沢蘆雪 《龍図襖》無量寺・串本応挙芦雪館蔵 
 重要文化財 狩野山雪《寒山拾得図》真正極楽寺 真如堂蔵
 重要文化財 長沢蘆雪 《虎図襖》無量寺・串本応挙芦雪館蔵 など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12512] 【東京】大倉集古館/近代日本画の華―ローマ開催日本美術展覧会を中心に― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/31(Mon) 23:16:08

 再開館なった、虎ノ門の大倉集古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=54で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展 1930ローマ展開催90年
「近代日本画の華―ローマ開催日本美術展覧会を中心に―」〜9/27(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般1000円 高大生800円 中学生以下無料

 岡倉天心が結成し、横山大観、菱田春草、下村観山ら日本画の革新に取り組んだ日本美術院。師の没後、大観がその遺志を継いで、大正3年に再興し、大観のパトロンでもあった大倉喜七郎の全面支援を受けて、昭和5年にローマで「日本美術展覧会」が開催され、院展(再興日本美術院)系の画家のみならず、川合玉堂、竹内栖鳳ら官展系の画家たちも含む総勢80名が参加した。ローマ展開催90年を記念して、大観、春草ら日本の近代を彩った画家たちの作品を、同展出品作を中心に展観。
   ローマ展ポスター 横山大観
 《山の湯》児玉素光 大正15年(1926)
 《秋山懸瀑》川合玉堂 昭和4年(1929)
 《万里長城図巻》田能村直入 明治時代・19世紀
 《夜桜》横山大観 昭和4年(1929)など

ギャラリートーク:9/9(木)午後2時〜

オークラウロ・コンサート:9/19(土)午後6時開場、6時30分開演
 3,000円 全席自由 定員50〜100名(新型コロナウイルスの影響によって変動する可能性あり)
 小湊昭尚氏(オークラウロ)、大河内淳矢氏(オークラウロ)、土屋雄作氏(バイオリン)、丸山力巨氏(ギター)
 申し込みTEL03-5575-5711(代表)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12345] 【広島】海の見える杜美術館/美人画のラプソディ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 23:52:45

 廿日市市の海の見える杜美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=66で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに美術鑑賞をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「美人画のラプソディ―近代の女性表現―妖しく・愛しく・美しく」〜5/31(日)
    月曜休館(但し5/4(月・祝)は開館)5/7(木)休館
    入館料金:一般1000円 高大生500円

 近代には労働に携わる姿や日々の暮らしの何気ないひとこまを描いた美人画が増える。美人画の名手上村松園(1875〜1949)をはじめ、同時代に活躍した池田蕉園(1886〜1917)や島成園(1892〜1970)、木谷千種(1895〜1947)とその門下生、また妖艶な女性美を追究した増原宗一(1893〜1927)や、様々な社会に生きる人間を描こうとした千種掃雲(1873〜1944)など個性的な画家たちの作品を収集した館蔵の美人画を一挙に公開。
 明治から昭和初期にかけての女性像を描いた作品を一部に他館所蔵品を交えて「四季風物と美人画」「女の暮らしと人生」「女の装い プラス・マイナス」「少女と美人画」という構成で展観。
第1章 四季風物と美人画
 渡辺幾春《春秋美人》大正時代
 鰭崎英朋《春秋観花図屏風》1904年(明治37)
上村松園《紅葉可里》昭和時代初期
第2章 女の暮らしと人生
  三露千萩《編み物》1929年(昭和4)
千種掃雲 《ほゝづきの女》1911年(明治44)
第3章 女の装い プラス・マイナス
  三木翠山《茗苑》1936年(昭和11)
増原宗一《夏の宵》1926年(大正15)
第4章 少女と美人画
  岡本大更 松村梅叟 合作 《金魚》大正時代
秦テルヲ《遊戯》1912年(明治45)
 大林千萬樹《ゐねむり》1916年(大正5)   など

泉屋博古館分館長 野地耕一郎氏によるギャラリートーク:4/4(土)午後2時〜 1時間程度
   電話かメール info@umam.jp で要申込

学芸員によるギャラリートーク:4/25(土)5/30(土)午後1時30分〜 40分程度
学芸員によるスライドレクチャー:5/2(土)午後1時30分〜 1時間程度、定員約20名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明