[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12181] 【洋画】令和2(2020)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/30(Mon) 18:14:27

 新春から見られる外国絵画の展示を紹介します。開始日が、年内から継続の場合には、年末年始の休館・開館日にご注意下さい。なお、この発言を令和2(2020)年の毎月の【洋画】の展覧会案内のベースノートにします。

【山形】
山寺後藤美術館
 ☆ヨーロッパ絵画名作コレクション「フランス風景画 バルビゾンへの道」
 〜コローと仲間たち〜 」〜令和2年4/30(土)

【東京】
パナソニック汐留美術館
 ☆「ルオーと日本展 響き合う芸術と魂 ― 交流の100年」令和2年4/11(土)〜6/23(火)
国立西洋美術館
 ☆「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」令和2年3/3(火)〜6/14(日)
 ☆「 スポーツ in アート展―ギリシャ彫刻×印象派の時代」令和2年7/11(土)〜10/18(日)



【神奈川】
光と緑の美術館
 ☆収蔵コレクション「イタリア20世紀美術 巨匠たちの表現
  〜マリーノ・マリーニ、ジャコモ・マンズー、ペリクレ・ファッツィーニ、エミリオ・グレコ〜」令和2年1/26(火)〜2/23(日)

【兵庫】
兵庫県立美術館「芸術の館」,☆「ゴッホ展」令和2年1/25(土)〜3/29(日)

【広島】
ひろしま美術館,☆特別展「印象派のいろは展」令和2年1/25(土)〜3/22(日)
なかた美術館,☆コレクションから見る「パリと画家たち」〜令和2年2/16(日)

【徳島】
大塚国際美術館,☆第4弾「FRANCE」〜令和2年3/31(火)

【大分】
大分県立美術館,☆「ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」令和2年3/6(金)〜4/19(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12227] 【東京】国立新美術館/ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/07(Tue) 20:46:37

 六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=73で開催中の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念
「ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵
 ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年」〜3/16(月)
    火曜休館(祝日の場合は翌日)正月は1/8(水)から開館 
    開館時間:午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1700円 大学生1100円 高校生700円 中学生以下は無料
         障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は無料
         1/11(土)〜13(月・祝)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)

 日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ハンガリー最大の美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展を開催。ルネサンスから20世紀初頭まで、クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルノワール、モネなど巨匠たちの作品に加えて、日本では目にする機会の少ない19・20世紀ハンガリーの作家たちの名作も、多数出品。19世紀半ばから20世紀初頭にかけてのナショナリズムで、名画《紫のドレスの婦人》を描いたシニェイ・メルシェ・パール、パリを拠点に国際的に活躍したムンカーチ・ミハーイ、ナビ派の大家リップル=ローナイ・ヨージェフ、象徴主義の鬼才チョントヴァーリ・コストカ・ティヴァダル、分離派の巨匠ヴァサリ・ヤーノシュといった、ハンガリー近代美術を代表する画家たちの名画が35点も出品。

  シニェイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》1874年、油彩/カンヴァス
  ルカス・クラーナハ(父)《不釣り合いなカップル 老人と若い女》1522年、油彩/ブナ材
  エル・グレコ《聖小ヤコブ(男性の頭部の習作)》1600年頃、油彩/カンヴァス
  クロード・モネ《トゥルーヴィルの防波堤、干潮》1870年、油彩/カンヴァス
  ムンカーチ・ミハーイ《フランツ・リストの肖像》1886年、油彩/カンヴァス
  リップル=ローナイ・ヨージェフ《赤ワインを飲む私の父とピアチェク伯父さん》 1907年、油彩/厚紙 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12241] 【東京】アーティゾン美術館/開館記念展 見えてくる光景[1/18(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:30:23

 東京・京橋に本日開館したアーティゾン美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=32(旧・ブリヂストン美術館)の開館記念展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」1/18(土)〜3/31(火)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   開館時間:午前10時〜午後6時(金曜は8時まで(3/20を除く) 入館は閉館の30分前まで)
   入館料:基本は日時指定の予約制
       一般:ウェブ予約チケット1100円 当日チケット1500円
       大学生・専門学校生・高校生 ウェブ予約で無料(入館時に学生証か生徒手帳要提示)
             ウェブ予約なしの場合は「当日チケット」(一般)
       中学生以下無料(予約不要、10名以上は要予約)
       障がい者手帳をお持ちの方と付添1名(無料 要予約)
        *ウェブ予約チケット:各入館時間枠の終了10分前まで販売
        *当日チケット:ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ販売

 休館中も途切れることなく収集活動を続けてきた石橋財団コレクションは、65年以上で約2,800点となり、古代から21世紀までにわたる創造の軌跡を、選りすぐりの206点によって、過去と未来をつなげ、人間の歴史を編んでいく営みを紹介。

第1部「アートをひろげる」1870年代のマネの作品から2000年代のスーラージュまでの約140年間の作品を紹介
 エドゥアール・マネ《自画像》1878-79年
 ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃
 ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年
 メアリー・カサット《日光浴(浴後)》1901年(新収蔵作品)
 ヴァシリー・カンディンスキー《自らが輝く》1924年(新収蔵作品)
 ジャクソン・ポロック《ナンバー 2、1951》1951年
 コンスタンティン・ブランクーシ《ポガニー嬢 II》1925年(2006年鋳造)(新収蔵作品)

第2部「アートをさぐる」7つの視点からアートを掘りさげる
 01装飾 アンリ・マティス《石膏のある静物》1927年
 02古典 安井曾太郎《水浴裸婦》1914年
 03原始 ポール・ゴーガン《ポン=タヴェン付近の風景》1888年
 04異界 古賀春江《素朴な月夜》1929年
 05聖俗 《洛中洛外図屏風》江戸時代(新収蔵作品)
 06記録 ベルト・モリゾ《バルコニーの女と子ども》1872年(新収蔵作品)
 07幸福 青木繁《わだつみのいろこの宮》1907年 重要文化財  など

土曜講座「アートの現場」3階レクチャールームにて、午後2〜3時30分(12時から整理券配布、定員になり次第、受付終了)無料
1/25「アートと人のための空間」米谷ひろし氏(デザイナー、有限会社トネリコ代表、多摩美術大学教授)
2/1「意識の発火 デザインからデザインまで」廣村正彰氏(グラフィックデザイナー、廣村デザイン事務所代表)
2/8「ホモ・ピクトル・ムジカーリス — 描き音楽するヒト」
       岩田誠氏(メディカルクリニック柿の木坂院長、東京女子医科大学名誉教授)

学芸員によるギャラリートーク:6階展示室入口集合、申込不要
 混雑状況により、3階レクチャールームでの講座に変更になる場合、または中止する場合あり
 毎月 第1金曜日午後6時30分〜7時30分  第3金曜日午後3時30分〜4時30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12248] 【東京】都美術館/ハマスホイとデンマーク絵画[1/21(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/20(Mon) 19:25:36

 上野公園の東京都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=130で明日1/21(火)から開催される北欧絵画の特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」1/21(火)〜3/26(木)
    月曜と2/25(火)は休館、2/24(月・休)、3/23日月)は開室
    開室時間:午前9時30分〜午後5時30分(金曜と2/19(水)3/18(水)は8時まで、入室は閉室の30分前まで)
    入館料金:一般1600円 大学生・専門学校生1300円 高校生800円 65歳以上1000円
         中学生以下は無料
         3/20(金・祝)〜3/26(木)は18歳以下[平成13(2001)年4/2以降生まれ]無料
         身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳を
             お持ちの方と付添者1名は無料(要証明)

 身近な人物の肖像、風景、静寂の室内―限られた主題を黙々と描いたデンマークを代表する画家ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)は17世紀オランダ風俗画の影響から “北欧のフェルメール” とも呼ばれる。ハマスホイはじめ、19世紀デンマークの名画を堪能。
 ヴィルヘルム・ハマスホイ《室内》1898年
             《室内―開いた扉、ストランゲーゼ30番地》1905年
             《農場の家屋、レスネス》1900年
             《ピアノを弾く妻イーダのいる室内》1910年

講演会:講堂(交流棟 ロビー階)にて、午後2〜3時30分
    定員225名(当日1時より講堂前で整理券配布、定員で終了))
2/8(土)「不安な絵画―ハマスホイと北欧の画家たち」佐藤直樹氏(東京藝術大学 准教授)
2/22(土)「19世紀のデンマークとヴィルヘルム・ハマスホイ」萬屋健司氏(山口県立美術館 学芸員)

イブニング・レクチャー:講堂(交流棟 ロビー階)にて、午後6時〜30分
    定員225名(当日開始20分前より開場、定員で終了)
2/14(火)、3/6(金)高城靖之氏(本展担当 学芸員)

ART meets MUSIC:東京都交響楽団メンバーによる弦楽四重奏
 2/27(木)東京文化会館 小ホール(台東区上野公園5-45)にて「午前11時〜正午(10時30分開場)
 要入場整理券:1/21(火)から東京都美術館のインフォメーション(LB階)で配布、定員で終了

障害のある方のための特別鑑賞会 事前申込制
3/9(月)午前10時〜午後4時 
 対象身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方各回350名とその介助者1名 申込期間 〜2/3(月)、申込方法などは館サイトへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12252] 【兵庫】県立美術館/ゴッホ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:45:29

 阪神岩屋駅の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=28で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ゴッホ展」〜3/29(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1700円 大学生1300円 高校生以下無料
         70歳以上850円 障がいのある方400円 障がいのある方 大学生300円
         障がいのある方1名につき、介護の方1名は無料

 1880年、27歳の時に画家を志したファン・ゴッホ(1853-1890)は、画業の初期にハーグ派の影響を受け、対象を正確に写し取るのではなく、印象を重視した手法をまず身につけ、その後印象派が打ち出した鮮やかな色遣いに出会い、色の表現力を学び、実践する。本展では、ファン・ゴッホの画業の初期から、印象派の洗礼を受けて独自のスタイルを確立するまでを追い、ファン・ゴッホ自身の絵画やドローイング約50点、ハーグ派と印象派の作家たちの作品約30点も展示。

第1部 ハーグ派に導かれて
  アントン・マウフェ《4頭の曳き馬》制作年不詳 油彩・板
  マテイス・マリス《出会い(仔ヤギ)》1865-66年頃  油彩・板
  フィンセント・ファン・ゴッホ 《農婦の頭部》 1885年 油彩・カンヴァス
  フィンセント・ファン・ゴッホ《ジャガイモを食べる人々》 1885年4-5月 リトグラフ(インク・紙)

第2部 印象派に学ぶ
  フィンセント・ファン・ゴッホ《花瓶の花》 1886年夏 油彩・カンヴァス
  カミーユ・ピサロ 《エラニーの牛を追う娘》 1884年 油彩・カンヴァス
  クロード・モネ 《クールブヴォワのセーヌ河岸》 1878年 油彩・カンヴァス
  フィンセント・ファン・ゴッホ 《麦畑》 1888年6月 油彩・カンヴァス
  フィンセント・ファン・ゴッホ 《薔薇》1890年5月 油彩・カンヴァス  など

KEN-Vi名画サロン特別上映
(1)2/15(土)「ゴッホ 最期の手紙」(2017年/96分)
(2)3/20(金・祝)「世界で一番ゴッホを描いた男」(2016年/84分)
 午前10時30分、午後1時、3時30分より(各回入れ替え)
ミュージアムホール(定員250名)
 料金:1人1,000円

学芸員による解説会:2/22(土)3/14(土)3/28(土)午後4時〜(約45分)
レクチャールーム(定員100名にて)無料、定員に達し締め切り

おやこ解説会:3/14(土)午前10時30分〜(約30分)
レクチャールーム(定員20組)無料、要事前申込み館サイトへ

ミュージアム・ボランティアによる解説会:日曜日 午前11時〜(約15分)
レクチャールーム(定員100名)無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12253] 【大阪】府立江之子島文化芸術創造センター/なにわの企業が集めた絵画の物語 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:46:14

 地下鉄阿波座の大阪府立江之子島文化芸術創造センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=5で開催中の展示を紹介します  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第2回コーポレートアートコレクション「なにわの企業が集めた絵画の物語展」〜2/15(土)
    月曜休館 
    午前10時〜午後8時(最終日は6時まで)
    入館料金:一般500円 中学生以下無料

 新しい美術館の完成や建設が進み、パリのシテ島やベルリンの世界遺産・博物館島に匹敵する文化ゾーンに生まれ変わりつつある大阪中之島。関西経済同友会では、昨年につづき、大阪・関西の企業が所蔵する絵画をあつめた展覧会を開催し、文化都市としての未来の大阪の歩みを応援。
 本展では、印象派のマネや世紀末のパリを生きたロートレック、日本近代を代表する洋画家・藤島武二に藤田嗣治、具体美術協会の吉原治良、「太陽の塔」で有名な岡本太郎らの、初公開も含む43点の作品を展示、1970年万博から50周年をむかえるにあたり、万博を彩った多様な芸術を紹介する万博関連展示も設ける。
  アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《キャバレーのアリスティド・ブリュアン》1893年
  マリー・ローランサン《マンドリンを持った二人の若い娘と子犬》1950年代頃
  藤田嗣治《パリ》1917年
  アルベール・マルケ《風景 朝の海(モンプレザンの朝)》1942-44年
  アンドリュー・ワイエス《アフタヌーン・フライト》 1976年
  岡本太郎《娘と犬》1953年  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12257] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/31(Fri) 23:51:59

 新たな外国絵画の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

【秋田】
秋田県立美術館,☆企画展「平野政吉コレクションの西洋画」2/1(土)〜4/5(日)

【千葉】
佐倉市立美術館,☆「メスキータ展 Samuel Jessurun de Mesquita Exhibition」〜3/22(日)

【神奈川】
そごう美術館
 ☆「ミレーから印象派への流れ」5/30(土)〜7/12(日)
 ☆東京藝術大学スーパークローン文化財
 謎解き「ゴッホと文化財展」8/1(土)〜8/31(月)
【山梨】
山梨県立美術館
 ☆「英国王室が愛した花々 キューガーデンとボタニカル・アート(仮称)」4/25(土)〜6/21(日)
 ☆「クールベと海(仮称)」9/11(金)〜11/3(火・祝)

【静岡】
静岡県立美術館,☆収蔵品展「西洋の風景画」〜2/24(月・振)

【愛知】
愛知県美術館,☆企画展「コートールド美術館展 魅惑の印象派」〜3/15(日)

【京都】
泉屋博古館,☆開館60周年記念名品展I「モネから始まる住友洋画物語」3/14(土)〜5/17(日)

【大阪】
国立国際美術館,☆「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」7/7(火)〜10/18(日)

【山口】
山口県立美術館,☆「ハマスホイとデンマーク絵画」4/7(火)〜6/7(日)

【福岡】
出光美術館(門司),☆「ジョルジュ・ルオー展−内なる光を求めて」4/10(金)〜6/7(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12303] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/26(Wed) 22:58:50

 新たな外国絵画の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。
 但し、感染予防対策での開館状況などは必ずお確かめください。

【北海道】
北海道立近代美術館,☆「キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」4/25(土)〜6/21(日)

【東京】
三鷹市美術ギャラリー
 ☆企画展「若き巨匠たち パリのアトリエ 展〜モンマルトルとモンパルナス〜」8/8(土)〜10/18(日)

【神奈川】
ポーラ美術館,☆「モネとマティス―もうひとつの楽園」4/23(木)〜11/3(火・祝)

【山梨】
中村キース・ヘリング美術館,☆「Keith Haring: 1985-1990 | ENDLESS」〜令和3年1/11(月・祝)

【愛知】
ヤマザキマザック美術館
 ☆ヤマザキマザック美術館 10周年記念「親密派の光と影 ボナールが生きた時代」4/25(土)〜8/30(日)

【大阪】
大阪市立美術館,☆「フランス絵画の精華」4/11(土)〜6/14(日)

【兵庫】
西宮市大谷記念美術館
 ☆「エッシャーが、命懸けで守った男。メスキータ オランダが誇る画家・版画家・デザイナー」4/4(土)〜6/14(日)

【奈良】
喜多美術館,☆喜多美術館所蔵「世紀末印象派から現代までの西洋美術展」〜3/8(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.12354] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/04/01(Wed) 23:42:32

 これから開催されるはずの外国絵画の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、昨今の情勢により、展示の期間に入っていても休館中または開会延期の場合があります。その際には「休館が解けた時」を楽しみにお待ちください。そして出かけられる際には、必ず、当該館の当日のオリジナル情報をご確認の上、お訪ねください。


【北海道】
北海道立旭川美術館,☆「美術館に行こう! ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方」4/25(土) 〜6/28(日)

【東京】
アーティゾン美術館
 ☆石橋財団コレクション選 特集コーナー展示
   「新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」 4/18(土) 〜6/21(日)
 ☆「クロード・モネー風景への問いかけ 
    オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画」7/11(土) 〜10/25(日)
 ☆「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」11/14(土) 〜令和3年1/24(日)
 ☆コレクション選 特集コーナー展示「印象派の女性画家たち」6/30(火) 〜10/25(日)

【岐阜】
岐阜県美術館
 ☆「ルドンと日本」4/10(金)〜6/14(日)
 ☆「ルドン、西洋美術コレクションから」8/28(金)〜12/13(日)
 ☆「ミレーから印象派への流れ」9/10(木)〜11/1(日)
 ☆三菱一号館美術館共同企画「1894 Visions―ロートレックとその時代」令和3年1/30(土)〜3/14(日)

【広島県】
ウッドワン美術館,☆「シャガールと春の名画―お花見気分で美術さんぽ」〜5/24(日)

【長崎】
長崎県美術館,☆「マヌエル・フランケロ展」10/17(土)〜令和3年1/3(日)

【宮崎】
宮崎県立美術館
 ☆「美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶ モダン・アートの楽しみ方」7/11(土)〜8/30(日)
 ☆「美の旅 西洋絵画400年−珠玉の東京富士美術館コレクション展−」9/12(土)〜11/3(火・祝)
 ☆コレクション展第3期「名品セレクション+新収蔵作品エルンスト」10/3(土)〜12/24(木)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12381] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/05/05(Tue) 23:22:39

 これから開催されるはずの外国絵画の展示を紹介します。但し、ほっとミュージアムに掲載中のものも含め、先月時点での情報ですので、展示の期間は「休館が解けた時」から、と言う意味でご覧下さい。但し、期間中でも、開催中止の場合もあります。再開を楽しみに館のオリジナル情報を確認して、お訪ねください。

【北海道】
北海道立近代美術館
 ☆太陽の森「ディマシオ美術館コレクション」9/19(土)〜11/8(日)フランスの幻想画家ジェラール・ディマシオとアール・デコの工芸作家ルネ・ラリックのガラス作品
北海道立三岸好太郎美術館
 ☆アートギャラリー北海道「太陽の森ディマシオ美術館コレクション」〜7/5(日)
 ☆アートギャラリー北海道「太陽の森ディマシオ美術館コレクション」7/16(木)〜8/30(日)

【青森】
弘前市立博物館,☆特別企画展2「パリの見た夢 服部コレクション 20世紀フランス絵画展」9/26(土)〜11/8(日)

【宮城】
宮城県美術館,☆「ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」7/14(火)〜9/6(日)

【福島】
いわき市立美術館
 ☆企画展「ストラスブール美術館展―印象派からモダンアートへの眺望―」〜5/24(日)
 ☆企画展「メスキータ展」9/12(土)〜10/25(日)
諸橋近代美術館
 ☆開館20周年記念展 vol.3「ダリとハルスマン」5/11(月)〜9/6(日)
 ☆小企画展「若きセザンヌの挑戦」9/19(土)〜11/29(日) 会期中無休

【群馬】
高崎市美術館,☆特集展示「4つの革命―ヨーロッパ近代美術の流れ」9/12(土)〜10/18(日)

【東京】
渋谷区立松濤美術館
 ☆「フランシス・ベーコン・ ドローイング展: バリー・ジュール・コレクション
   ―リース・ミューズ7番地、アトリエの秘密―」10/3(土)〜11/23(月・祝)

【神奈川】
光と緑の美術館
 ☆収蔵コレクション「イタリア20世紀美術 巨匠たちの表現
 〜マリーノ・マリーニ、ジャコモ・マンズー、ペリクレ・ファッツィーニ、エミリオ・グレコ〜」〜5/24(日)
神奈川県立近代美術館 葉山
 ☆企画展「フランシス・ベーコン
    バリー・ジュール・コレクションによる」令和3年1/9(土)〜令和3年4/11(日)
 ☆コレクション展「イギリス・アイルランドの美術」令和3年1/9(土)〜令和3年4/11(日)

【愛知】
岡崎市美術博物館,☆特別企画展「西洋近代美術にみる 神話の世界」〜5/17(日)

【福岡】
福岡アジア美術館
 ☆「レジデンスの部屋 第1期―今年度のレジデンス紹介」〜6/23 (火)
 ☆コレクション展「メッセージ―アジア女性作家たちの50年」〜6/23 (火)
 ☆コレクション展 あじびコレクションX―(1)「1988年、フィリピン」〜6/23 (火)
 ☆「あじびレジデンスの部屋 第2期―夏のレジデンス・ワークショップ特集」6/25 (木)〜 9/22 (火)
 ☆コレクション展「あじびヘアカタログ」6/25 (木)〜9/22 (火)
 ☆コレクション展 あじびコレクションX―(2)「ネパールのチトラカール」6/25 (木)〜9/22 (火)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12404] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/06/01(Mon) 23:24:10

 休館が解けて開催される外国絵画の展示を紹介します。今回は5月末ぎりぎりでの情報ですが、ほっとミュージアムに掲載中のものは、展覧会が中止になっているものも一部残っています。「休館が解けた時」からお楽しみにして頂きたいのですが、必ず、当該館のオリジナル情報を確認してお訪ね下さい。

【山形】
山形美術館
 ☆企画展「吉野石膏コレクション・服部コレクション拡大展示
  フランス絵画の精華─印象派から戦後まで」6/4(木)〜6/21(日)

【東京】
国立新美術館,☆「カラヴァッジョ 《キリストの埋葬》展(仮称)」10/21(水)〜11/30(月)
SOMPO美術館,☆「ゴッホと静物画−伝統から革新へ」10/6(火)〜12/27(日)

【京都】
泉屋博古館,☆開館60周年記念名品展I「モネから始まる住友洋画物語」〜7/12(日)<会期延長>

【兵庫】
兵庫県立美術館「芸術の館」,☆特別展「スーラージュと森田子龍(仮題)」11/28(土)〜令和3年1/24(日) 絵画と書道
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12424] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/07/05(Sun) 00:35:31

 開催中またはこれから開催の、外国絵画の展示を紹介します。かつて、紹介したもののうち、休館明けで展示期間を延長されたものや、変更されたものも含まれています。どうぞ、これからの訪問にご利用ください。

【北海道】
釧路市立美術館,☆特別展「フェルメール 音楽と指紋の謎」〜8/30(日)

【青森】
青森県立美術館
 ☆東奥日報創刊130周年・青森放送創立65周年記念 
   絵画の絆「フランスと日本展 モネ・ドガ・ピカソから大観まで −ひろしま美術館コレクション−」〜7/8(日)
【東京】
東京国立近代美術館,☆「ピーター・ドイグ展」〜10/11(日)
三菱一号館美術館
 ☆開館10周年記念「1894 Visions ルドン、ロートレックとソフィ・カル展」10/24(土)〜令和3年1/17(日)
アーティゾン美術館
 ☆「クロード・モネ-風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画」7/11(土) 〜10/25(日)
 ☆「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」11/14(土) 〜令和3年1/24(日)
 ☆コレクション選 特集コーナー展示「印象派の女性画家たち」 〜10/25(日)
国立西洋美術館,☆「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」〜10/18(日)<会期延長>事前予約制
東京富士美術館
 ☆「東京造形大学 レオナルド・ダ・ヴィンチ再現プロジェクト
      ダ・ヴィンチ没後500年『夢の実現』展」9/1(火)〜11/29(日)
清瀬市郷土博物館,☆特別展「オルセー美術館リマスターアートR展」10/3(土)〜10/25(日) 

【神奈川】
横浜美術館
 ☆「トライアローグ 横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館
        20世紀西洋美術コレクション」11/14(土)〜令和3年2/28(日)
【新潟】
新潟市美術館,☆企画展「丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展」〜7/29(水)

【長野】
サンリツ服部美術館
 ☆開館25周年記念「テレスコビッチ ちいさな幸せ」前期:〜9/22(火・祝)
                後期:10/3(土)〜令和3年3/7(日)<会期延長>
【岐阜】
岐阜県美術館,☆「ルドンと日本」〜8/23(日)<会期延長>

【三重】
三重県立美術館,☆「SHOCK OF DALI ショック・オブ・ダリ―サルバドール・ダリと日本の前衛」令和3年1/9(土)〜3/28(日)

【大阪】
国立国際美術館
 ☆「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」11/3(火・祝)〜令和3年1/31(日)<会期変更>
 ☆「ミケル・バルセロ展(仮称)」令和3年3/20(土)〜5/30(日)<会期変更>

【島根】
島根県立美術館,☆ランス美術館コレクション「風景画のはじまり コローから印象派へ」9/12(土)〜11/3(火・祝)

【愛媛】
愛媛県美術館
 ☆「20世紀前半の西洋美術」 7/1(水)〜8/23(日)
 ☆名古屋市美術館所蔵「エコール・ド・パリの色と形」11/14(土)〜令和3年1/31(日)

【高知】
高知県立美術館,☆「西洋近代美術にみる 神話の世界」 〜7/12(日)

【大分】
大分県立美術館,☆「西洋絵画400年の旅 −珠玉の東京富士美術館コレクション−」7/22(水)〜9/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12449] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/02(Sun) 21:41:14

> 新たな外国絵画の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載されたものに加えて訪問の参考にご利用ください。

【福岡】
北九州市立美術館,☆「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」〜9/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.12470] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/13(Thu) 20:09:35

 盆休み以後、新たな外国絵画の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載中のものに加えてご参考にしていただき、館オリジナル情報で確認してお訪ねください。

【山形】
山寺後藤美術館,☆「ヨーロッパ絵画の流れ展」 〜10/31(土)

【東京】
上野の森美術館
 ☆ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵
  「KING&QUEEN展ー名画で読み解く 英国王室物語ー」10/10 (土) 〜令和3 年1/11 (月・祝)
ヒルサイドフォーラム,☆「ロバート・ハインデル展 没後15年−心の絆−」8/18(火)〜8/30(日)洋画

【鹿児島】
鹿児島市立美術館,☆特別企画展「キスリング展〜エコール・ド・パリの偉大なる画家〜」〜9/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


  [No.12493] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:17:09

 初秋から見られる外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【東京】
東京国立近代美術館
 ☆「眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで」 11/25(水)〜令和3年2/23(火・祝)
国立新美術館
 ☆「カラヴァッジョ 《キリストの埋葬》展(仮称)」<会期変更・未定>

【山梨】
山梨県立美術館,☆特別展「クールベと海 フランス近代 自然へのまなざし」9/11(金)〜11/3(火・祝)<タイトル追加>

【京都】
美術館「えき」KYOTO,☆「キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」9/12(土)〜10/25(日)

【長崎】
佐世保市博物館島瀬美術センター
 ☆「ロートレックと136人の画家たち ドガ、マネ、ミュシャたちが描いたパリの美しき時代」11/19(木)〜令和3年1/10(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12517] 【京都】美術館「えき」KYOTO/キスリング展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/12(Sat) 22:34:54

 美術館「えき」KYOTOで開催がはじまった展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「キスリング展  エコール・ド・パリの巨匠」〜10/25(日)
    会期中無休
    開館時間:午前10時〜午後7時30分(最終日は午後5時閉館、入館は閉館30分前まで)
     事前予約不要だが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合あり
    入館料金:一般1000円 高大生800円 小中生600円
         「障害者手帳」提示者と同伴者1名は200円割引

 ポーランドから芸術の都パリへ出た19歳のキスリング(1891-1953)は、キュビスムやフォーヴィスムなどの新しい絵画運動に触れ、モンマルトルやモンパルナスの地でピカソ、モディリアーニ、藤田嗣治ら多くの芸術家と交友を深め、エコール・ド・パリの仲間となる。初期作品には彼らの影響を受けたキュビスム的な作風が見られるが、前衛表現よりも人物表現にレアリスムに裏打ちされた個性的な作風を築く。1920〜30年代のパリで「モンパルナスのプリンス」と呼ばれた肖像、花、静物などの様々な主題の作品を、海外の美術館をはじめ国内の美術館や個人コレクションから紹介。
  《ベル=カズー(コレット・ド・ジュヴネル)》1933
  《マルセイユ》1940
  《肖像画》1946
  《ミモザの花束》1946
  《果物のある静物》1914
  《赤い長椅子の裸婦》1937 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12522] 【京都】美術館「えき」KYOTO:キスリング展 行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/22(Tue) 22:38:10

 美術館「えき」KYOTOで開催中の「キスリング展  エコール・ド・パリの巨匠」に、9/13(日)に出かけました。
 西洋絵画に飢えている昨今、関西では貴重な展覧会でした。販売されている図録を見れば、昨年に巡回した会場しかかいてなく、日本国内で巡回が延長した展覧会なのかな、と感じています。日本国内の美術館所蔵品より、フランスの美術館所蔵品の方が多く、ひょっとして、コロナ禍で帰国されづらくなった?などということがあるでしょうか。
 幾何学的とも言える整った形、そして独特の透明感ある目をした人物像、まるでフランス人形みたい、と感じます。裸婦像もなめらかな陶器を思わせる造形芸術です。キュビズムの影響を受けながら、そこから距離を置いた芸術、という表現はわかる気がします。
 「マルセイユ」や「トゥーロンの港」など、数少ない風景画も、印象派やフランドル絵画などにはない、具象ではありながら、異世界を感じるものでした。こちらは10月25日までです。

               明日香 光二/馬場 英明


  [No.12528] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/10/05(Mon) 23:56:47

 秋から見られる外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

【東京】
Bunkamuraザ・ミュージアム
 ☆「ベルナール・ビュフェ回顧展 私が生きた時代」11/21(土)〜令和3年1/24(日) (1/1(金・祝)のみ休館)
八王子市夢美術館,☆「宮廷画家 ルドゥーテとバラの物語」〜11/8(日)

【神奈川】
相模原市民ギャラリー,☆「ハロー・ボンジュール−カナダ・トロントから来た作家たち−」〜11/29(日)
ポーラ美術館,☆「Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年」11/14(土)〜令和3年4/4(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12571] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/16(Mon) 21:01:56

 開催中から、これから開催の外国絵画の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【東京】
三菱一号館美術館,☆テート美術館所蔵「コンスタブル展」令和3年2/20(土)〜5/30(日)
アーティゾン美術館
 ☆「クロード・モネ−風景への問いかけ 
   オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画」令和3年5/29(土)〜9/10(金)
 ☆石橋財団コレクション選 特集コーナー展示「マリノ・マリーニの彫刻と版画」令和3年5/29(土)〜9/10(金)
東京富士美術館
 ☆東京富士美術館所蔵「西洋絵画 ルネサンスから20世紀まで」12/8(火)〜令和3年1/24(日)
 ☆特別展示「タヴォラ・ドーリア」12/8(火)〜令和3年1/24(日)
 ☆東京富士美術館所蔵「西洋絵画 ルネサンスから20世紀まで」令和3年2/13(土)〜5/9(日)
 ☆特別展示「タヴォラ・ドーリア(複製展示)」令和3年2/13(土)〜5/9(日)
八王子市夢美術館
 ☆笠間日動美術館コレクション「近代西洋絵画名作展
     印象派からエコール・ド・パリまで」11/20(金) 〜令和3年1/24(日)
【神奈川】
そごう美術館,☆「ミレーから印象派への流れ」12/19(土)〜令和3年1/24(日)
光と緑の美術館
 ☆収蔵コレクション展「イタリア20世紀美術 巨匠たちの表現〜マリーノ・マリーニ、
   ジャコモ・マンズー、ペリクレ・ファッツィーニ、エミリオ・グレコ〜 」〜12/20(日)
【大阪】
堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館
 ☆企画展「ミュシャとアメリカ」〜令和3年3/7(日)

【広島】
広島県立美術館,☆特別展「ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」〜11/29(日)

【福岡】
なかた美術館,☆コレクションプラス「絵画のなかの風景」〜令和3年2/21(日)
田川市美術館,☆「パレスチナ・ガザの画家たち展 囚われのアーティスト」〜12/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12596] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/29(Sun) 21:05:52

 開催中から、これから開催の外国絵画の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【東京】
国立新美術館,☆「カラヴァッジョ《キリストの埋葬》展」令和3年3/24(水)〜5/10(月)<変更会期が確定>

【愛知】
古川美術館・爲三郎記念館
 ☆古川美術館特別展Collector’s exhibition2「世界の巨匠 印象派からエコール・ド・パリまで(仮称)」〜12/19(日)

【島根】
島根県立石見美術館,☆コレクション展「ラウル・デュフィ」12/3(木)〜令和3年1/11(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12637] 【大阪】堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館/ミュシャとアメリカ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/22(Tue) 23:20:39

 JR堺市駅直結の、堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=65で開催中の企画展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ミュシャとアメリカ」&#12316;令和3年3/7(日)
    月曜休館(休日の場合は開館)、休日の翌日、展示替臨時休館日(1/19・20)、年末年始(12/28〜1/4)
    入館料金:一般510円 高大生310円 小中生100円 
 50歳から約16年かけ画家人生をかけた大連作《スラヴ叙事詩》を制作し、祖国チェコの独立と平和を願ったミュシャ。彼は本作の資金収集に1904年以降たびたび渡米した。ミュシャをパリでデザイナーとして成功させ、また彼の渡米に影響を与えた女優サラ・ベルナールに関連する作品や、《スラヴ叙事詩》の構想を始めるきっかけとなった1900年のパリ万国博覧会に関連する作品、さらにミュシャが渡米していた時期である1900年代の作品など、ミュシャとアメリカに関連する作品を紹介。
   《百合の中の聖母(下絵)》1904年 油彩
   《ハムレット》1899年 リトグラフ
   《レスリー・カーター》1908年 リトグラフ
   《ハーモニー》1908年 油彩   など

学芸員による作品解説ツアー:12/26(土)午前10時〜30分

ワークショップ「キッチンリトグラフ」午後2時〜2時間程度、定員 各日20名(申込先着順)
   小学生以上(小学生は要保護者同伴)参加費一人:入館料+300円(材料費)
アルミホイルやオリーブオイル、コーラなど家庭にある身近なもので「リトグラフ」の仕組みを知り、作品を製作
(1)令和3年1/9(土)申込締切12/26(土)
(2)令和3年2/7(日)申込締切1/30(土)

〒590-0014 堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2F〜4F
TEL: 072-222-5533 FAX: 072-222-683
申込方法
参加希望者名(フリガナ)、年齢、人数(付添の人数も)、住所、電話番号、イベント名、日付を明記して、往復はがき、FAX、またはメール(mucha@sakai-bunshin.com)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12616] 【大阪】国立国際美術館/ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/11/30(Mon) 23:15:42

 大阪・中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=36で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」〜令和3年1/31(日)
    12/14(月)12/30(水)〜1/2(土)、1/18(月)休館
    午前9時〜午後5時30分(金・土)は8時まで(入場は閉館の30分前まで)
    本展は会期中の全日程において日時指定制
   【日時指定入場券】一般1700円 大学生1100円 高校生700円
     ※中学生以下無料(要証明)。
    「日時指定入場券」・「前売券用 日時指定入場券」をお持ちの付添者がいる場合は、
      同じ時間帯に入場。それ以外の場合は、当日先着順での入場
     心身に障がいのある方およびその付添者1名は、障害者手帳の提示により入場無料
       (日時指定券不要、会場係員へ)
  日時指定入場券読売新聞オンラインチケットストア、ローソンチケットより販売
     平日の12時以降の定員に達していない時間枠に限り、当館で当日券を販売。
       (午後5時、金曜は7時30分まで、各時間枠の定員に達し次第、販売を終了)

 ロンドン・ナショナル・ギャラリー史上初の全61作品に及ぶ大規模所蔵品展。フェルメール、レンブラント、ゴッホら同館所蔵の世界的傑作が初来日。
 カルロ・クリヴェッリ《聖エミディウスを伴う受胎告知》1486年 卵テンペラ・油彩
 レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《34歳の自画像》1640年 油彩
  ヨハネス・フェルメール《ヴァージナルの前に座る若い女性》1670-72年頃 油彩
 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー《ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス》1829年 油彩
 ピエール=オーギュスト・ルノワール《劇場にて(初めてのお出かけ)》1876-77年 油彩
 クロード・モネ《睡蓮の池》1899年 油彩・カンヴァス
 フィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》1888年 油彩 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12640] 【大阪】国立国際美:ロンドン・ナショナル・ギャラリー展行きました       投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:39:55

 しばらく、年末のさまざまな調整をしていましたので、報告が遅れましたが…今月に訪ねた展覧会をいくつか。

 大阪・中之島の国立国際美術館で行われているロンドン・ナショナル・ギャラリー展に、12月8日に訪れました。
 今年一番の大型海外展だったと思いますし、大阪でも無事開催されてありがたく感じています。
 作品ひとつひとつを見ると、超・有名な作品としてはゴッホの「ひまわり」の一つが含まれており、フェルメールの「ヴァージナルの前に座る若い女性」があり、これらが混み合うことなくゆっくり見られたことは一つ収穫。作品群全体としては、そう華やかではなく、落ち着いてルネサンスから印象派までのヨーロッパ絵画史を概観する内容だったかと思います。ルネサンス、オランダ、スペイン、フランス美術それぞれ黄金期の中に、ヨーロッパ各地からイタリアへ美術を学びにゆく“グランド・ツアー”。
 今回の展覧会で注目したのは、欧州各地の画家が、イタリアで風景画を描くだけでなく、イタリアの画家がイギリスへ行って、イギリスで、イタリアの風景を描くのみならず、イギリスの風景を描いたこと。カナレットの「イートン・カレッジ」がそんな作品で、ヨーロッパ絵画の「聖地」としてのイタリアが広められてゆくことを感じました。

 この展覧会は1月3日から開館、1/31(日) までです。

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.12853] 【岐阜】県美術館/1894 Visions―ロートレックとその時代 投稿者:   投稿日:2021/02/25(Thu) 22:24:14

こんにちは

 2月21日に岐阜県美術館に久し振りに行ってきました。少なくとも去年は一度も行っていないはずです。

 企画展「1894 Visions―ロートレックとその時代」は三菱一号館美術館との共同企画ですが、文字通りに岐阜県美術館と三菱一号館美術館の作品で構成されていました。
 第1章「パリ・モダン」は世紀末パリの資料が少しあった後、ロートレック「展覧会の招待状」というのがおもしろいです。次は岐阜県美術館の所蔵品の代表の1つモロー「ピエタ」、続いて三菱一号館美術館の作品からミレー、シスレー、ピサロ等、よく聞く名前の作品があります。岐阜県美術館のピサロやベルナールの後、山本芳翠が登場します。山本「裸婦」も岐阜県美術館の代表的な所蔵品の1つです。更に岐阜県美術館所蔵のルドンが続きます。このルドンは黒ばかりです。
 第2章「ロートレックと世紀末パリ1894」はロートレックの他、ヴァロットン、ボナール等のリトグラフが中心です。このパートは順路が自由化されていました。ふと、このあたりのリトグラフはダンサーを描いたりすることもあり、ほぼ日本なら「浮世絵」に相当するのではないかと思いました。第2部は三菱一号館美術館の作品が大部分です。
 第3部「世紀末パリと日本人画家」は、再び山本芳翠が登場します。山本「浦島」や浅井忠、梅原龍三郎、藤田嗣治といった日本人画家の作品(これは岐阜県美術館の所蔵品が多い)、ルドン(今度はカラフルな作品もある)、ゴーギャン等もあります。
 県美術館自身の所蔵品の代表を絡めながら、うまく構成した優れた内容だと思いました。

 代表的な所蔵品が企画展に移っているため、常設展はやや特徴ある物になっていました。最初のパートは土屋禮一、次が宮島達男、そして三つ目は篠田桃紅です。篠田桃紅は最近、岐阜ゆかりのアーティストの代表になっている感があります。館長の日比野克彦も岐阜ゆかりのアーティストの代表であり、今の岐阜県美術館は日比野克彦の色が強く出ていると思います。


  [No.12374] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/メスキータ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/04/04(Sat) 22:54:54

 阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/test/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=68で始まった特別展を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに美術鑑賞をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    
☆「エッシャーが、命懸けで守った男。メスキータ オランダが誇る画家・版画家・デザイナー」4/4(土)〜6/14(日)   
   水曜休館(4/29、5/6は開館)4/30(木)5/7(木)休館
   入館料金:一般1000円 高大生600円 小中生400円
        西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
        ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
        心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)

 19世紀末から20世紀初頭のオランダで活躍した画家、版画家、デザイナー・サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868-1944)は美術学校で多くの学生を指導、M.C.エッシャーも彼の教え子の一人。メスキータ作品の最大の特色は、木版画のシャープで簡潔な表現にあり、日本の浮世絵版画などの影響を取り入れ、効果的に用いられた明暗のコントラストによって、見る者に強い印象を与える。1944年1月31日、ユダヤ人であったメスキータは、ゲシュタポに逮捕され、アウシュヴィッツで亡くなった。アトリエに残された膨大な作品の一部は、エッシャーや友人たちが決死の思いで救い出し、戦時中も命懸けで守り抜いた。
  《ヤープ・イェスルン・デ・メスキータの肖像》 1922 木版
  《シマウマ》 1918 頃 木版
  《ファンタジー:稲妻を見る二人》 1914 木版
  《ワシミミズク》 1915 木版
  《ハールレムの市庁舎》1911 エッチング
  『ウェンディンゲン』表紙 1918
  《トーガを着た男》1923 木版
  《うつむく女》1913 木版  など

ワークショップ「ボール紙で作るドライポイント」6/7(日)(開催日変更)
    A.午前10時30分&#12316;午後0時30分 B.午後2&#12316;4時
 中馬泰文氏(美術家)参加費500円(保険代含む、別途要入館料)
 定員各回15名(小学4年生以上、応募者多数の場合は抽選)
 申込方法:往復ハガキまたはメール(ws0419@otanimuseum.jp)
  参加者全員(2名まで)の氏名・年齢・住所・電話番号・参加希望回(A.Bいずれか)を明記。4/16(木)必着。(4/23(木)までに当落通知が届かない場合は要連絡)

講演会:5/31(日)(開催日変更)午後2&#12316;3時30分 定員100名(小学生以上)
「メスキータに出会う その生涯と版画」佐川美智子氏(美術史家、本展監修者)
 申込方法:電話(0798-33-0164)で受付(先着順)
*入館料が必要です

5/5こどもの日スペシャルDayワークショップ「メスキータの作品をデコレーションしよう!」
  5/5は18歳以下の方は入館料無料(要証明書呈示)
  メスキータの作品に色を塗ったり、おりがみを貼ったり…自由にデコレーション
   5/5(火)午前10時&#12316;午後4時30分(最終受付4時15分)
  申込不要。大人(19歳以上)が参加する場合は材料費100円が必要

ワークショップ「木版画で描く光と影」5/10(日)正午&#12316;午後4時16:00
【講 師】宮本承司氏(木版画家)
【参加費】1,000円(保険代含む、別途要入館料)
【定 員】10名(小学5年生以上、応募者多数の場合は抽選)
【申し込み方法】往復ハガキまたはメール(ws0510@otanimuseum.jp)に、参加者全員(2名まで)の氏名・年齢・住所・電話番号を明記。1回の応募で2名まで、重複での申込無効。4/13(月)必着。 4/19(日)までに当落通知が届かない場合は要連絡


第174回オータニ・ミュージアム・コンサート「沼光絵理佳 ピアノコンサート」
5/17(日)午後2〜3時30分 定員100名(小学生以上)入館料のみ
申込方法:4/5(日)午前9時より電話0798-33-0164で受付開始(先着順)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12403] 【大阪】市立美術館/フランス絵画の精華 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/05/30(Sat) 23:03:20

 開館が再開された大阪市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=9の特別展が、開催期間変更されて開始されました。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「フランス絵画の精華」 〜8/16(日)
    月曜休館(8/10は開館)および6/16(火)17(水)休館
    入館料金:一般1400円 高大生900円
         中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(と介護者1名)は無料(要証明)
         当面の間、団体での入館はお断り
    来館者には、大阪コロナ追跡システムを適用
          http://www.pref.osaka.lg.jp/smart_somu/osaka_alert/index.html
           (QRコードを読み取り)

 18世紀のロココ、19世紀の新古典主義、ロマン主義を経て、印象派誕生前夜にいたるまでのフランス絵画の最も偉大で華やかな3世紀をたどる。ヴェルサイユ宮殿美術館やオルセー美術館、大英博物館、スコットランド・ナショナル・ギャラリーなど、英仏の美術館から油彩画、素描あわせて約80点の名品。

 ニコラ・プッサン《コリオラヌスに哀訴する妻と母》1652-1653年頃、レザンドリー、ニコラ・プッサン美術館
 ジャック・ブランシャール《バッカナール》1636年、ナンシー美術館
 フィリップ・ド・シャンパーニュ《キリストとサマリヤの女》1648年、カーン美術館
 ジャン=アントワーヌ・ヴァトー《ヴェネチアの宴》1718-1719頃、スコットランド・ナショナル・ギャラリー
 フランソワ・ブーシェ《羊飼いのイセに神の姿をみせるアポロン》1750年、トゥール美術館
 クロード=ジョセフ・ヴェルネ《海、日没》1748年、リール美術館
 エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン
《ポリニャック公爵夫人、ガブリエル・ヨランド・クロード・マルチーヌ・ド・ポラストロン》
  1782年、ヴェルサイユ宮殿美術館
 ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル《オルレアン公フェルディナン=フィリップ、風景の前で》
   1843年、ヴェルサイユ宮殿美術館
 ウィリアム・ブグロー《青春とアモル》1892年、オルセー美術館
 ポール・ボドリー《ウェヌスの化粧》1858年、ボルドー美術館   など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12421] 【大阪】市美:フランス絵画の精華 みました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/06/07(Sun) 22:22:33

 6/6(土)に、再開された大阪市立美術館での「ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華−大様式の形成と変容」を見ました。
 好天の日でしたので、休日に手軽に出られる屋外ということなのでしょう、前庭にあたる天王寺公園“てんしば”は、家族連れなどで結構な人出でしたが、その気持ちもわかります。そして美術館の方も、密になるという程ではありませんが、しばらく美術に飢えていた人々が楽しみを求めてやってきたというところでしょう。神戸市立博のコート―ルド美術館展など、館の再開を待たずに中止された展覧会も多い中、これだけ海外から出展されているにも関わらず、開催期間を2か月も延長して開催が続けられたのには感謝です。九州国立博、東京富士美と巡回してここが最後だっただけに、大阪だけ中止にならぬよう努力されたのかと思います。

 「フランス絵画」というと、日本では印象派が一番思い起こされるかと思いますが、実は本展は印象派の入り口であるマネを最後にしています。印象派はフランス・アカデミックから外れたところに生まれた芸術なので、それまでの300年間の“王道”美術ということなのでしょう。本展では「大様式」という言葉を使われています。誰もが知っているような“看板”作品はありませんが、王室アカデミーの神話・歴史的作品や、空想・装飾的なロココの雅宴画の列には、久しぶりに「絵画の世界の中に居る」幸せを味わわせてもらえました。

 ロココの代表作家ヴァトーの《ヴェネチアの宴》なんてのはそうした楽しみの代表ですし、私にとってはクロード=ジョセフ・ヴェルネの風景画《海、日没》やユベール・ロベールの廃墟風景画《カンピドリオの丘の空想的景観》や《スフィンクス橋の眺め》何度も立ち返って眺める作品でした。いや、いまさらながら絵画は心安らぐ、心遊べるものですね。この展覧会は8月16日まで。

 まだまだ情報が不安定だからでしょうか、他館のチラシも全く置かれておらず、そのころまでには、ほかの美術展も復活していてほしいものです。

       6/6の訪問にて       明日香 光二/馬場 英明


  [No.12336] 【京都】泉屋博古館/モネからはじまる住友洋画物語[3/14(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/14(Sat) 22:18:02

 京都・東山の泉屋博古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=36では、今日から新しい展示が始まっています。本日からの開催が予告されていましたが、多くのミュージアムが休館中の中、開催がもしや…と思い、しばらく紹介をとどめていましたが、館サイトを確認しましたら、予告通り開幕されているようですので紹介します。3月中は解説やイベントは休止だそうです。私も、ぜひ、明日訪ねてみるつもりです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館60周年記念名品展I「モネから始まる住友洋画物語」3/14(土)〜5/17(日)
    月曜休館(5/4は開館)4/24(金)5/7(木)休館
    入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
         障害者手帳呈示の方は無料

 明治時代後期の住友第15代当主・住友吉左衞門友純(号:春翠、1864〜1926)は芸術や文化事業にも高い関心を示西洋絵画を積極的に収集した。1897年(明治30年)の欧米視察の際、パリで印象派のクロード・モネの油彩画を2点購入したことが発端で、日本に最初期にもたらされたモネの真筆として、記念碑的な位置を占める。また、春翠は、日本に西洋美術館がなかったこの時代に、洋画で飾った自宅を公開し、多くの日本人画家に影響を与えた。関西美術院を開設する浅井忠やその後継者となる鹿子木孟郎、あるいは東京美術学校西洋画科教授だった黒田清輝を積極的に支援したので、日本の「洋画」を切り拓いた画家たちの作品が住友家に収蔵された。
 春翠の子弟たちも広げた絵画コレクションの軌跡を、、住友親子3人の収集のエピソードを交えて紹介。
   クロード・モネ《モンソー公園》1876年
          《サン=シメオン農場の道》1864年
   オ−ギュスト・ルノワ−ル《静物》1910年代
   ギョーム・セニャック《ミューズ》19世紀末
   浅井 忠《グレ−の森》1901年
   鹿子木孟郎《ノルマンディーの浜》1907年
   岸田劉生《二人麗子図》1922年
   渡辺與平《ネルのきもの》1910年 など

記念講演会:4/25(土)午後2時〜、講堂にて、定員100名 当日10時より整理券配布
「住友洋画コレクションの特色」山野 英嗣 氏(和歌山県立近代美術館 館長)
 
詳しすぎるギャラリー・トーク:午後2時〜 展示室にて
(1)4/11(土)「鍋井克之と国枝金三」中谷 至宏 氏(京都市美術館 担当係長学芸員)
       「モネの《モンソー公園》をめぐって」野地 耕一郎氏(泉屋博古館分館長)
(2)4/18(土)「浅井忠と京都の洋画界」梶岡 秀一 氏(京都国立近代美術館 主任研究員)
       「鹿子木孟郎の《ノルマンディーの浜》をめぐって」高階 絵里加 氏(京都大学人文科学研究所 教授)
(3)4/26(日)「岸田劉生の《二人麗子像》を読む」山田 諭 氏(京都市美術館 学芸員)
       「斉藤豊作の《秋の色》を読む」野地 耕一郎氏(泉屋博古館分館長)

青銅器館 列品解説:午後2時より展示室にて:4/4(土)5/2(土)山本尭氏(学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12338] 【京都】泉屋博古館:モネからはじまる住友洋画物語 訪ねました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/16(Mon) 23:39:08

 3/15(日)の午後に、京都・東山の泉屋博古館を訪ねました。この東山地区で京都の代表的な2館、国立近代美術館も京都市京セラ美術館も休館中、こちらは春の展覧会が無事に3/14(土)に開幕しているのを同館のサイトで確認しましたので、出かけました。
 良い天気だったのですが、京の繁華街・観光地を縦断する5番系統の市バスも、着席できるぐらいの乗車でした。

 前庭にはそこそこの駐車が有り、何事もないかのように開館されていました。もちろん、消毒液は入口に置かれ、スタッフはマスクをしておられますが。本日行われるはずだったギャラリートークの様子がロビーで流され、そこも、企画展示室も、子連れも有り、思ったよりたくさんのお客さんでした。もちろん、混み合う、というレベルではありませんが。こうして、何か楽しめる場所は皆、求めておられたでしょうね。

 さて、このコレクションの祖・住友春翠は養子さんで、西園寺公望の実弟とか。うーん、政財界というか欧米にも通じそうですね。そこでコレクションされたのが渡仏してのモネやルノワール。モネの初期の風景画なんて、くすんだ色のまるでバルビゾン派のような作品はちょっと意外。なかなか貴重な作品かと思います。それに続く、印象派への道を偲ばせる作品も。彼らの影響を受けた日本人作家・浅井忠や鹿子木孟郎、黒田清輝の作品が多いのも、頷けます。明治洋画壇を代表する2派閥ですし、風景、そして人が融け込んだ風景、がお好みですね。私には鹿子木孟郎《ノルマンディーの浜》がインパクトがありました。大きな絵で、バイキングの後裔のような欧州人の漁師の姿、それを日本人画家が描いている、感動がありました。
 コレクション2代目・寛一は岸田劉生と親しく、《二人麗子図》が異色で眼を惹く。3代目・友成は激しい、荒々しい絵がお好みのようでヴラマンク、梅原龍三郎などですね。
 久し振りに様々なタイプの「絵画」を堪能し、コレクションの妙を少し知れたかと思います。

 こうして、少しづつ、日常の楽しみが戻ってくれば、と祈ります。3月末には多くの館に再会できるでしょうか。

                 明日香 光二/馬場 英明