ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12172] 【東京】西洋美:ハプスブルク展 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/19(Thu) 23:41:49

 上野公園の国立西洋美術館で開催中の「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」を11/30に観覧しています。
当日は、皇居で大嘗宮公開もあった日でもあり、かなりの人出で、入場制限こそなかったものの、1点1点をじっくり見られる雰囲気ではありませんでした。が、この華やかさが「ハプスブルク展」なのかもしれません。
 目玉は、ハプスブルクと言えばベラスケスの「マルガリータ王女」、人物としての「マリア・テレジア」「マリー・アントワネンット」バイエルン王国から来た「エリザベート皇妃」でしょう。やっぱり肖像画は有名人でないと見栄えしませんねぇ。
 絵画としてのハイライトは、ハプスブルク=スペインの支配下にあったネーデルラントの絵画ですね。人物が含まれた風景なんていうのは、これまでにない形式の絵画ですから。この展覧会は、令和2年1/26(日)までで、巡回はありません。
 
                明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー