ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12168] 【東京】三菱一号館美術館/印象派からその先へ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/13(Fri) 00:28:39

 丸の内の三菱一号館美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=25
で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「印象派からその先へー 世界に誇る 吉野石膏コレクション展」〜令和2年1/20(月)
   月曜休館(祝休日と12/30は開館)12/31、1/1休館
   入館料金:一般1700円、高大生1000円 小中生500円

 優しく、親しみやすい作品が多く、フランス近代絵画の流れを一望できる吉野石膏コレクションから、ルノワールの初期から晩年までの重要な作品、モネの《睡蓮》や、ピサロ、シスレー、セザンヌの詩情豊かな風景画、ルノワール、ドガ、カサットによるパステル画、ピカソの肖像画、国内有数の質と量を誇るシャガールの油彩画など、選りすぐりの72点を展示。
[印象派]クロード・モネ《睡蓮》1906年
     ピエール=オーギュスト・ルノワール《庭で犬を膝にのせて読書する少女》1874年
       《幼年期(ジャック・ガリマール》1891年
     エドガー・ドガ《踊り子たち(ピンクと緑)》1894年
     アルフレッド・シスレー《モレのポプラ並木》1888年
[シャガールの油彩画]《グランド・パレード》1979年
           《恋人たちと花束》1935ー36年
[フランス近代美術の流れ]
     フィンセント・ファン・ゴッホ《雪原で薪を運ぶ人々》1884年
     ポール・セザンヌ《マルセイユ湾、レスタック近郊のサンタンリ村を望む》1877−79年
     パブロ・ピカソ《女の肖像(マリー=テレーズ・ワルテル)》1937年
     ギュスターヴ・クールベ《ジョーの肖像、美しいアイルランド女性》1872年頃
     エドゥアール・マネ《イザベル・ルモニエ嬢の肖像》1879年頃
     カミーユ・ピサロ《モンフーコーの冬の池、雪の効果》1875年
     ワシリー・カンディンスキー《結びつける線》1926年   など

12/30(月)は声の大きさを気にせず鑑賞できるトークフリーデー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー