ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12164] 【大阪】あべのハルカス美:ラファエル前派展 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/12/11(Wed) 22:35:36

 あべのハルカス美術館で開催中の「ラファエル前派の軌跡展」を12/7(土)に見てきました。

 美しい自然、女性、そして神話で彩られたラファエル前派の作品には、文句なく今までから魅かれていましたので、この展覧会は躊躇無く見に行くつもりでしたが、いよいよ開催期間が迫ってきましたので…

 冒頭は、“水彩画の魔術師”ターナーと、彼を尊敬しコレクションし続けた批評家のラスキン。ターナーの水蒸気に包まれたような風景画は一級品だと思い、単独の展覧会もしばしば見ているところですが、今回、ラスキンのデッサンやスケッチが多数出品されており、これもなかなか。古代の雰囲気と自然を交えた構成はこちらも単独の展覧会を見たいと思いました。そして、そのラスキンが援助したというラファエル前派に遷り、・ロセッティ、ミレー、バーン=ジョーンズという有名メンバーの作品が並びます。神話的な作品がいいなぁ、と思うもので、このなかでは技巧抜群で詳細・繊細なミレーよりも、物語性の強いバーン=ジョーンズの作品のほうが好みでした。ただ、「ラファエル前派」の名称が、ルネサンスのラファエロ以降がアカデミックでそれに反抗して…という説明があるが、私には、「ラファエル前派」の作品が、ラファエロ以前の雰囲気を持っているとはとても思えず、奇異な感じがしています。あと、モリスとフォークナー商会の工芸に関しては付け足しのようなもので、この系譜の完成形として示されたもののようで、なしでも良かったかな。国内巡回は、この大阪会場が終わりで、今週末12/15(日)までです。

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー