ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12156] 【東京】森美術館/未来と芸術展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/29(Fri) 21:09:42

 六本木の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=65で開催中の展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか
  豊かさとは何か、人間とは何か、生命とは何か」〜令和2年3/29(日)
    会期中無休
    開館時間:午前10時〜午後10時(12/31、2/11をのぞく火曜日のみ5時、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1800円 シニア(65歳以上)1500円 高大生1200円 子供(4歳〜中学生)600円

 テクノロジーの発達により、近い将来、AI(人工知能)が人類の知能を超え、私たちの社会や生活に急激な変化をもたらす「シンギュラリティ」が到来すると言われる。ブロックチェーン技術は、社会システムに新たな信用と価値を作り出し、多様なバイオ技術は、食や医学、そして環境に多大な影響を与える。身体機能を拡張させ、長寿を享受することがあるかもしれない。決して明るいものだけではないかもしれない、未来のヴィジョンについて考えることが必要なのではないか。豊かさとは何か、人間とは何か、生命とは何かという根源的な問いにもつながる。AI、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)など最先端のテクノロジーとその影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイル、そして社会や人間のあり方を考える。
  エコ・ロジック・スタジオ《H.O.R.T.U.S. XL アスタキサンチン g》 2019年
  ビャルケ・インゲルス&ヤコブ・ランゲ《球体》 2018年
  ニュー・テリトリーズ/フランソワ・ロッシュ《気分の建築》2010-2011
  アギ・ヘインズ《体温調整皮膚形成手術》(『変容』シリーズより)2013
  ビャルケ・インゲルス・グループ《オーシャニクス・シティ》2019
  エイミー・カール《インターナル・コレクション》2016-2017
  ヴァンサン・フルニエ《リームB#6[バル]スペイン、バルセロナ》2010
  長谷川愛《シェアード・ベイビー》2011 
  手塚治虫《火の鳥 未来編》   
  アウチ《データモノリス》2018  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー