ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12123] 【兵庫】滴翠美術館/遠州と不昧〜滴翠翁が愛した大名茶人の好み〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/14(Thu) 23:23:30

 芦屋市の滴翠美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=82
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆秋季展「遠州と不昧〜滴翠翁が愛した大名茶人の好み〜」〜12/8(日)
     月曜休館
     入館料金:一般630円 高校生420円 中学生以下無料

 江戸時代を代表する大名茶人、小堀遠州(1579〜1647)は徳川将軍家の茶道指南役を務め、松平不昧(1751〜1818)は松江藩中興の祖として茶道具の格付に功を挙げた。両者の好み、手造り、または藩窯の作品が遺される吉郎兵衛愛蔵のコレクションから、遠州の美意識、不昧による審美眼の世界の一端を紹介。 第二展示室では遠州が深くかかわった寛永文化サロンの中心的人物であった後水尾天皇ゆかりの修学院焼を展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー