ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12122] 【愛知】ヤマザキマザック美術館/フランス…木村忠太の世界[11/15(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/14(Thu) 23:22:28

 名古屋市新栄町のヤマザキマザック美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=11で11/15(金)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「フランスに生きた日本人画家 木村忠太の世界 色と線の美しい記憶」11/15(金)〜令和2年3/8(日)
      月曜休館(祝日の場合は翌日)年末年始(12/28〜1/3)
      開館時間:午前10時〜午後5時30分(土日祝は5時まで、入館は閉館30分前まで)
      入館料金:一般1200円 小中高生500円
           各種障害者手帳持参者と同伴者1名は1000円
 高松市に生まれた木村忠太(1917-1987)は1953(昭和28)年36歳の時にフランスに移り住み、南仏とパリの風景を描き続けた。色彩に満ちた画面の中に、人物や家、木々、道、自転車、車などの形が奔放な線によって浮かべた。当館の創立者、故・山崎照幸は18-20世紀のフランス美術を収集する一方で、国内の同時代の美術にも目を向け、木村忠太の絵画は高く評価していた。山崎照幸が収集した《セーヌ河畔》、《風景:村》、《庭》の3点の他に、愛知県美術館、三重県立美術館、豊橋市美術博物館、公益財団法人かみや美術館の所蔵作品、個人蔵作品を合わせた58点を展示。<素描・版画作品は前期・後期で展示替あり>
 《マルヌ河の運河》1966年 油彩・キャンヴァス 愛知県美術館
 《デュルシュ通り》 1967年 油彩・キャンヴァス 個人蔵 
 《樹の下(木陰)》 1976年 油彩・キャンヴァス 豊橋市美術博物館 
 《六月の光》 1983年油彩・キャンヴァス 個人蔵
 《雨雲》 1987年 油彩・キャンヴァス 三重県立美術館
 《クロ=サン=ピエールの庭》 1975年 リトグラフ・紙 公益財団法人かみや美術館  など

対談・講演会:午後2時〜(1時30分開場)マザックアートプラザ4階会議室(美術館北側隣接ビル)にて、
       予約不要、定員80名(先着順)、要入館券(半券可)
11/24(日)2/16(日)「木村忠太 その人と創作」松井慶夫氏(医師、美術愛好家)
             吉村有子氏(学芸員)
1/19(日)「南フランスに魅せられた画家たち」森美樹氏(愛知県美術館主任学芸員)

ガイドツアー:第2、4土曜日の午前10時30分〜11時30分 学芸員による
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー