ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12121] 【兵庫】虚子記念文学館/泊雲と芋銭と虚子 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/13(Wed) 00:09:46

 芦屋市の虚子記念文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=80で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「泊雲と芋銭と虚子ー「ホトトギス」が結んだ俳人と画人の絆ー」〜令和2年3/8(日)
     月曜休館(祝日開館)祝日の翌日休館、年末年始(12/26〜1/3)
     入館料金:一般500円 18歳以下300円
 「ホトトギス」での愛弟子・西山泊雲は写生俳句の名手であったが、実は丹波竹田の醸造家で苦しい経営の中、虚子が新酒に命名そして「ホトトギス」誌上に広告を出し読者からの注文を取るなど、虚子と泊雲は固い絆で結ばれる。
 また、茨城牛久の画家・小川芋銭は「ホトトギス」誌上に農夫の四季を軽妙に描いた挿絵を提供したり、虚子が牛久沼ほとりの芋銭居に一泊して写生文「河童の宿を訪ふの記」を執筆したりの交流。また泊雲と芋銭とは400通以上の書簡を交わし、息子と娘が結ばれるという家族ぐるみの交流があった。
 丹波西山酒造会長の西山裕三氏より三人の交流の資料を借用して展示。
    虚子の揮毫による「小鼓」一升瓶ラベル(デザインは小川千甕画)
    芋銭原画「初空」昭和10年1月号「ホトトギス」挿絵
    芋銭が装幀を手掛けた『泊雲句集』昭和9年7月刊 表紙絵原画
    大正2年6月号「ホトトギス」表紙を飾った芋銭お得意の「河童」
    芋銭画「青華茶器」昭和11年     など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー