ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12110] 【大阪】堺アルフォンス・ミュシャ館/世紀末のパリ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 21:03:01

JR堺市駅直結の堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=65で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「世紀末のパリ〜ミュシャとポスター」〜令和2年3/1(日)
   月曜(祝日は開館)と祝日の翌日休館、
展示替日(1/15・16)年末年始(12/29〜1/4)休館
   入館料金:一般510円 高大生310円 小中生100円

産業革命や近代都市の発展によって、人々の生活は大きく変化し、ベル・エポックを謳歌したパリの人々だが、先行きに不安を覚える人々もいた。また科学技術の発展が世の中の謎を解き明かしてゆく中、目に見えない内面世界に興味をもつ芸術家たちも現れた。こうした世紀末のパリで活躍したミュシャ、そして同時代の画家たちの作品を紹介し、19世紀末のパリを彩ったアール・ヌーヴォーに代わり、20世紀初頭に現れた新しいデザインのポスターも展示。
 アルフォンス・ミュシャ《愛人たち》1895年、リトグラフ
            《ポエジー》1894年、油彩
大きな鏡の作品《ウミロフ・ミラー》
幅4メートルを超える大型油彩《ハーモニー》
彫刻《ラ・ナチュール》
 ウジェーヌ・グラッセ《マルケ・インク》1892年、リトグラフ
 ポール・コラン《トランザトランティック総合会社》1930年頃、リトグラフ

講演会:1/19(日)午後2〜3時30分、定員80名先着順、無料、要申し込み(締切1/12)
「ふたつのポスター黄金期─アール・ヌーヴォーとアール・デコ─」今井美樹氏(大阪工業大学教授)

シルクスクリーンワークショップ:2/8(土)午後2〜4時、定員20名(締切2/1)
対象・小学生以上(小学生は保護者同伴)参加費:入館料+1500円(材料費)
以上申込み方法:往復はがき、FAX,メール(mucha@sakai-bunshin.com)にて
 参加希望者名(ふりがな)年齢、人数(ワークショップは付き添い人数も)
 住所・電話番号・イベント名・日付を明記して 堺アルフォンス・ミュシャ館まで

堺 アルフォンス・ミュシャ館 (堺市立文化館) 
〒590-0014堺市堺区田出井町1-2-200ベルマージュ堺弐番館
FAX:072-222-6833

学芸員による作品解説ツアー:午後2時〜30分
 11/16(土)1/11(土)2/15(土)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー