ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12109] 【長崎】県美術館/クリスチャン・ボルタンスキー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 21:02:08

 長崎市の長崎県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=17
で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」〜令和2年1/5(日)
   11/25(月)12/9(月)23(月)12/29(日)〜令和2年1/1(水・祝)
   開館時間:午前10時〜午後8時(1/2(木)3(金)は6時まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1400円 大学生・70歳以上1100円  高校生以下無料
        障害者手帳保持者と介護者1名半額
        「夜間割引」(午後5〜8時)「正月割引」(1/2・3)は当日料金から200円引き

 フランス人アーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーの半世紀の活動の全貌を紹介する。初期のオブジェ、〈モニュメント〉シリーズ、最新作の映像インスタレーションまで、様々な素材や表現手法による作品。
 写真、電球、古着、心臓音、風鈴といった素材を使って、無数の人々の生きた痕跡や不在の隠喩を表現し、一貫して個人的・集団的な記憶や生、不在、死などを扱う。「死者に捧げる儀式を行うこと」が芸術家の役割と語るボルタンスキーは、作品を通して、人間のかけがえのなさ、儚さを語る。明滅する光や心と体を揺さぶる音響などを重要な構成要素とするこの「作品」は、見る、という以上に五感で体感し、記憶、生、死などをめぐるエモーショナルな旅に導く。
《モニュメント》子供たちの写真を電球で取り囲み、神聖な祭壇のようにしつらえた作品群
《コート》青い電球で取り囲まれた古着の黒いコート。磔刑像(十字架にかけられたキリストの像)を連想
《アニミタス(チリ)》数百本の風鈴が荒涼とした大地に突き立てられている
《黄昏》床に置かれた大量の電球が、展覧会会期中、毎日二つずつ消え、最後には真っ暗になる
《ぼた山》大量の古着の黒いコートが積み重なってできている黒々とした山
《ミステリオス》中央スクリーンの三つの黒いオブジェは、風で鯨の鳴き声に似た音をたてる

スライドレクチャー「ボルタンスキーをめぐる旅」講座室にて、先着40名
第2回:11/17(日)午前11時〜正午 福満葉子氏(長崎県美術館学芸専門監)

担当学芸員によるギャラリートーク:11/16(土)12/7(土)12/21(土)午後2時30分〜

映画「クリスチャン・ボルタンスキーの可能な人生」上映/52分/2010年
11/17(日)12/21(土)22(日)令和2年1/2(木)〜5(日)
午後1〜5時、毎時00分から上映開始
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー