ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12106] 【兵庫】姫路市立美術館/ストラスブール美術館展[11/12(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 18:05:00

 姫路城下の姫路市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=42で11/12(火)から開催される特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ストラスブール美術館展 印象派からモダンアートへの眺望」11/12(火)〜令和2年1/26(日)
    月曜休館 (ただし1/13は開館、14(火)休館)年末年始も月曜日以外は開館
    入館料金:一般1200円 高大生600円 小中生200円 

 ドイツ国境に近いフランス北東部アルザス地域圏の中心都市ストラスブールは、仏・独の文化を融合した独自の文化を育んだ。同美術館のコレクションを中心に、モネ、シスレーなどの印象派の画家たちから、20世紀のモダンアートを代表するピカソ、カンディンスキー、ジャン・アルプに代表されるアルザス地方ゆかりの画家まで、約100点を展観。
 また、國富奎三コレクション寄贈25周年を記念し、印象派の巨匠・ルノワールの《母性》や、モダンアートの旗手・マティスの連作版画本『ジャズ』の全点を公開し、常設展示室にて、20世紀フランスで活躍した画家・ジョルジュ・ルオーの1907年制作《町外れ》の裏面に描かれた作品《老女》を初公開。
    クロード・モネ《ひなげしの咲く麦畑》1890年頃
    マルク・シャガール《雄鶏》1950年頃
    マリー・ローランサン《マリー・ドルモワの肖像》1949年
    パブロ・ピカソ《ベンチに座る女》1970年
    ポール・シニャック《アンティーブ、夕暮れ》1914年
    ポール・ゴーギャン《ドラクロワのエスキースのある静物》1887年頃
    ヴァシリー・カンディンスキー《コンポジション》1924年
    モーリス・ドニ《内なる光》1914年頃   など

講演会:2F講堂にて、定員80名先着、要入館券、午後2〜3時30分(開場は1時30分)
11/16(土)「印象主義からモダンアートへの展望」千足伸行氏(成城大学名誉教授、広島県立美術館長)
11/23(土・祝)シンポジウム「フランス近代美術絵画の修復をめぐって」ごご2〜4時
        パネリスト:大原秀行氏(吉備国際大学副学長)
              鈴木英治氏(吉備国際大学教授)
              伊藤由美氏(修復家) 
12/14(土)「シスレーと『銀の馬車道』−バラが紡ぐ姫路とフランスの絆」
        白井智子氏(姫路日仏協会会長、神戸大学国際文化学研究推進センター研究員)
12/21(土)「風景表現の転換−クロード・モネを中心に−」六人部昭典氏(実践女子大学教授)

子どもギャラリーツアー:12/7(土)午前11時〜正午(受付開始:午前10時30分)高校生以下

ギャラリー・トーク:11/30(土)11/18(土)午後2時〜30分(午後1時30分から受付)

クリスマスコンサート:12/25(水)午後2〜3時(午後1時30分から受付)
ニューイヤーコンサート:1/11(土)午後2〜3時(午後1時30分から受付)
  志村寿一氏(ヴァイオリニスト)ほか  企画展示室にて  事前予約なし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー