ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12095] 【京都】美術館「えき」KYOTO:西洋近代美術にみる神話の世界 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 08:37:08

 美術館「えき」KYOTOで行われている「西洋近代美術にみる神話の世界」を11/10に見ました。 
 日本でも世界でも、古代に魅力を感じる人間ですが、先月に行く予定にしていた、静岡県立美術館での史跡画展「古代への情熱」に行けなかったこともあり、気軽な会場で行われている展覧会に目が行きました。
 西洋文化の基本になっているギリシャ・ローマ時代の遺跡がヨーロッパ人の歴史意識に繋がっていると、ピラネージの古代復元版画。遺物に描かれた絵や発掘成果から神話の神も古代人と重ね合わせて描かれます。アングル、コロー、ジャンフランソワ・ミレーといった古典派がリアルに見えるストーリー画を描き、ルノワールや黒田清輝の師匠と言われるラファエル・コランなどが私的な人物風景を描く。ルドンやドーミエなど強い個性を持った人々も持ち味を活かして神の姿を描く。いずれも、神や理想世界の姿を借りて、見たままを描きにくい当時の現代を描いているんだ確信できます。
 意外だったのがデュフィとマリー=ローランサン。創作的な幻想だけでなく、明確な神話も描いていたんだな、と。
 今回の展示は、ほとんど日本国内の美術館の所蔵品で構成されていますが、マリー・ローランサン美術館、ユニマット、サントリーコレクションなど常設の美術館を失ったコレクションから多く出品されており、こうした利用・公開方法があることも知りました。

                  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー