ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12092] 【愛知】名古屋市美術館/カラヴァッジョ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/09(Sat) 18:49:41

 大須観音の名古屋市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17で開催中の展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「カラヴァッジョ展」〜12/15(日)
    月曜休館
    開館時間:午前9時30分〜午後5時(金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1600円 高大生1000円 中学生以下無料
       障害のある方、難病患者の方は手帳の提示により本人と付添者2名まで半額
       名古屋市交通局の「ドニチエコきっぷ」「一日乗車券」を当日利用者は100円割引

 16世紀末、ミケランジェロ・メリージ(1571-1610)、通称カラヴァッジョは、光と闇の効果を活かした表現で、宗教や神話の世界を描いて知られ、、同時代および後世の画家たちに多大な影響を与え、まもなくレンブラントやラ・トゥールが登場する下地を用意した。本展は、カラヴァッジョの作品約10点(帰属作品を含む)と、その追随者ら同時代の画家たちの作品約30点を展示。
 ハートフォードの画家/ミケランジェロ・メリー ジ・ダ・カラヴァッジョ(?)《花瓶の花、果物および野菜》 1605–06年頃 より前
 ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ《リュート弾き》1596–97年頃  
   《メドゥーサの盾(第一ヴァージョン)》1596–98年頃
   《法悦のマグダラのマリア》1606年
   《聖アガピトゥスの殉教》1606–09年頃
 アンニーバレ・カラッチ《笑う若者の頭部》1580年代
 ジョヴァンニ・バリオーネ《聖ペテロの悔悛》 1606年
 ジュゼッペ・チェーザリ 通称カヴァリエーレ・ダルピーノ《裸の男たちに助けられて急流を渡る ディアナとニンフたち》1621–22年
 アンティヴェドゥート・グラマティカ《宝飾品を身につけた若い女性の半身像》
   《清純の寓意》 1620年頃
 オラツィオ・ボルジャンニ《自画像》 1607–10年頃
 グイド・レーニ《ルクレティア》
 トンマーゾ・サリーニ《羊に乗る子どもと婦人》
 17世紀前半の不詳画家《聖トマスの不信(カラヴァッジョ作品からの模写)》 1610頃–66年  など

記念講演会:11/10(日)午後2〜3時30分
「カラヴァッジョと斬首」宮下規久朗氏(神戸大学教授)
展覧会解説:11/23(土・祝)午後2〜3時30分、保崎裕徳氏(学芸係長)
 以上、2階講堂にて、定員180名、先着順午後1時30分に開場し、定員に達し次第終了、要入館券

ボランティアによるギャラリートーク:11/13(水)14(木)15(金)19(火)20(水)21(木)26(火)27(水)
 午前10時30分〜、午後1時30分〜、約60分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー