ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12090] 【奈良】歴史に憩う橿原市博物館/ならの史跡に行こう(飛鳥ー江戸時代) 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/08(Fri) 00:03:52

 新沢千塚にある歴史に憩う橿原市博物館で開催中の展示を紹介します。唐古・鍵考古学ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=43との連携特別展です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆連携特別展「ならの史跡に行こう(飛鳥ー江戸時代)」〜12/15(日)
   月曜休館
   入館料金:大人300円 高大生200円 小中生100円
    橿原市内在住または市内学校に通学する小中学生は毎週土曜無料
    11/10(日)は「千塚KoFunフェスタ2019」 
    11/16(土)17(日)は「関西文化の日」
    12/3(火)〜8(日)は「歴史に憩う橿原市博物館メモリアルウィーク」のため無料
 本展は、記念物100年展参加事業・第54回全国史跡整備市町村協議会大会開催記念事業として、奈良県の史跡をテーマにその魅力を紹介。当館では飛鳥時代〜江戸時代の史跡を展示し、奈良県の歴史の奥深さを楽しむ。
 (飛鳥時代)本薬師寺、藤原宮跡、牽午子塚古墳
       川原寺跡、川原寺裏山遺跡、マルコ山古墳
 (奈良時代)大安寺旧境内、宮滝遺跡
 (江戸時代)郡山城跡

講演会「シルクの杜」教室3(橿原市川西町855-1 博物館東隣)
   定員70名(先着順)午前10時〜11時30分(午前9時開場)無料
11/9(土)「古代の都に行こう」松井 一晃氏(当市教育委員会事務局文化財課 統括調整員兼学芸係長)
11/23(土・祝)「キトラ・高松塚古墳壁画の統一的理解」泉 武 氏(高松塚壁画館 学芸員)
12/1(日)「古代寺院の特質と魅力」大西 貴夫 氏(奈良県立橿原考古学研究所 指導研究員)
12/7(土)「大和における近世城郭の成立‐「大和三城」の成立と変遷を中心に」
          十文字 健 氏(大和郡山市都市計画課 文化財保存活用係 主任)
 講演会終了後、博物館にて学芸員が特別展の解説を行う

ワークショップ「カラー拓本にチャレンジ!」
 毎週土日祝日の10時・午後2時より1時間程度(先着15名)
 費用300円(入館料別)当日申込
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ
   
                    明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー