ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12088] 【奈良】桜井市立埋蔵文化財センター/王権の地、桜井 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/08(Fri) 00:01:48

 三輪の桜井市立埋蔵文化財センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=48で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「王権の地、桜井」〜12/8(日)
     月火曜休館(祝日の場合は開館)
     開館時間:午前9時〜午後4時30分(入館は4時まで)
     入館料金:一般400円 小中生200円

 奈良盆地の東南部に位置する桜井市で、特に3〜4世紀の古墳時代前期に関して、出現期の纒向石塚古墳・勝山古墳、矢塚古墳などの纒向古墳群や、箸墓古墳・桜井茶臼山古墳・メスリ山古墳などの古墳時代前期の大型前方後円墳や、3世紀代に最大の掘立柱建物が見つかった纒向遺跡があり、これらの古墳や掘立柱建物は王権を示し、桜井の地がヤマト王権成立の地であると考えられる。
 また市内には第10代崇神天皇の磯城瑞籬宮をはじめに、第32代崇峻天皇の倉梯宮までの12代にわたる天皇の宮跡伝承地があり、特に第21代雄略天皇の泊瀬朝倉宮伝承地付近にある脇本遺跡の発掘調査で、5世紀代の掘立柱建物や壕状遺構が見つかり、宮跡の可能性が注目されている。奈良県立橿原考古学研究所附属博物館との共同企画で、桜井市、博物館、橿原考古学研究所所蔵遺物を合わせて陳列し、「王権の地、桜井」を知る。

関連講演会「王権の地、桜井を語る 〜纒向遺跡と脇本遺跡〜」
11/24(日)桜井市立図書館第1研修室にて、午後1時30分〜4時(開場は1時)定員270名(要申込)入場無料
 「脇本遺跡の調査とその成果」北井利幸氏(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)
 「雄略天皇の泊瀬朝倉宮を考える」前園実知雄氏(奈良芸術短期大学教授)

申込方法
往復ハガキに聴講希望日・住所・氏名・連絡先を明記の上、
〒633-0074 奈良県桜井市大字芝58番地の2
公益財団法人桜井市文化財協会「特別展関連講演会」係まで(ハガキ1枚につき1名)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ
   
                    明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー