ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12087] 【京都】美術館「えき」KYOTO/西洋近代美術にみる 神話の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/08(Fri) 00:01:01

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=73 で開催中の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「西洋近代美術にみる 神話の世界」〜11/17(日)
   会期中無休
   開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1000円(800円) 高大生800円(600円) 小中学生600円(400円)
     ( )内は「障害者手帳」をご提示者と同伴者1名の料金

 ギリシャ・ローマ神話は、ルネサンス期以降、古典を教養としていた宮廷人や君主たちに愛され、宮殿や邸宅を飾る美術品の主題として人気を誇り、近代市民社会でも生きつづける。18世紀後半からは遺跡発掘の成果によって古代ギリシャ・ローマを考古学的興味の基に表現する作品が数多く制作され、神話は歴史や聖書と並んで最も正統な主題の一つとして、前衛美術が興隆する19世紀末以降もインスピレーションの源となった。本展では、18世紀半ばから20世紀にかけての作家を取り上げ、ギリシャ・ローマ神話や古典古代を主題とする作品を展覧。

序章 いにしえなるものへの憧れ
 ジョヴァンニ=バッティスタ・ピラネージ『ローマの古代遺跡』1756年刊行 エッチング・紙
 不詳 《赤絵手人物文ピュクシス》前5−前4世紀(ギリシャ、アッティカ地方) 陶器
 リュシッポスの作品による《ヘラクレス・エピトラペジオス(卓上の ヘラクレス)》1−2世紀(ローマ時代)大理石

第I章 甘美なる夢の古代
 ジョン・フラクスマン『神統紀、仕事と日々とヘシオドスの 生きた時代』1817年刊行 スティップル・ラインエングレーヴィング・紙
 エドワード・コーリー・バーン=ジョーンズ『フラワー・ブック』1882−98年(1905年刊行)リトグラフ(一部手彩色)・紙
 マックス・クリンガー『オヴィディウスの「変身譚」の犠牲者の救済』1879年

第II章 伝統から幻想へ
 ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル《ユピテルとテティス》1807−25年頃 油彩・カンヴァス
 ジャン=バティスト・カミーユ・コロー《愛の秘密》1855−56年 油彩・カンヴァス
 オノレ・ドーミエ『古代史』1841−43年 リトグラフ・紙
 ジャン=フランソワ・ミレー 《眠れるニンフとサテュロス》1846−47年 油彩・カンヴァス

第III章 楽園の記憶
 ピエール=オーギュスト・ルノワール《水のなかの裸婦》1888年 油彩・カンヴァス
 ラウル・デュフィ《アンフィトリテ(海の女神)》1936年 油彩・カンヴァス
 マリー・ローランサン《三美神》1921年 油彩・カンヴァス

第IV章 象徴と精神世界
 パブロ・ピカソ『ヴォラールのための連作集』1930−37年(1950年刊行)エッチング・紙
 ジョルジオ・デ・キリコ《オレステスとピュラデス》1921年 リトグラフ・紙
 ポール・デルヴォー《水のニンフ(セイレン)》1937年 油彩・カンヴァス  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ
   
                    明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー