ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12086] 【奈良】香芝市二上山博物館/聖徳太子と古代王家 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/07(Thu) 00:05:41

 香芝市二上山博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=65で開催中の特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和元年度特別展「聖徳太子と古代王家〜片岡・広瀬地域の開発〜」〜12/8(日)
    月曜休館(祝日の場合が翌日)
    入館料金:一般350円 高大生250円 小中生150円

 奈良盆地北西部を流れる大和川以南に位置する片岡・広瀬地域は、河内から大和へ至る西の玄関口として『古事記』や『日本書紀』の記述され、竹内街道や大坂道、竜田越などが通るが水路では 大和川を利用して、隋使裴世清が来日するなど、外交使節を迎える重要な場所でもあった。
本展では、聖徳太子が生きた時代“7世紀”を中心に焦点をあて、奈良盆地北西部における弥生時代から奈良時代までの文化財を一堂に展示し、古代王家による片岡・広瀬地域の開発について展観。
    法隆寺釈迦三尊像光背銘・拓本
    古新羅系軒丸瓦
    尼寺南廃寺単弁蓮華文軒丸瓦
    尼寺北廃寺塔心礎上面出土品 など

ミニシンポジウム「発掘担当者に聞く、聖徳太子関連遺跡!」11/10(日)午後1〜4時(開場正午〜)
 基調講演(1)「尼寺廃寺跡と周辺の遺跡」 西垣 遼氏(香芝市教育委員会生涯学習課学芸員)
 基調講演(2)「西安寺・片岡王寺と聖徳太子」 岡島永昌氏(王寺町地域交流課文化資源活用係長)
 基調講演(3)「中宮寺の発掘調査成果」荒木浩司氏(斑鳩町教育委員会生涯学習課文化財係長)
 シンポジウムテーマ「古代寺院からみた奈良盆地北西部の古代王家」
   司会・進行 松田真一氏(館長)
講演会:午後2〜3時30分(開場1時)
12/7(土)「古代大坂越えの道 〜大和と河内を結ぶ交通の要衝〜」近江俊秀氏(文化庁文化財部記念物課主任調査官)
以上の会場 ふたかみ文化センター1F 市民ホール 定員300名(先着順)

ギャラリートーク:11/16(土)17(日)午前10時〜、午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー