ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12083] 【新潟】県埋蔵文化財センター/海をわたったヒスイ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/06(Wed) 00:13:15

 新津地区の新潟県埋蔵文化財センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=14で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2019年度秋季企画展「海をわたったヒスイ」〜12/8(日)
    会期中休館日なし
    開館時間:午前9時〜午後5時
    入館無料
 日本国内にヒスイの産地は10か所以上あるが、新潟県糸魚川市のヒスイは質・量とも日本一で、ヒスイを利用した約6,500年前の世界最古の石器が糸魚川市大角地遺跡から発見されている。糸魚川産のヒスイは、縄文時代中期に北海道奥尻島へ、縄文時代後期に鹿児島県種子島へ運ばれ、弥生・古墳時代にはヒスイの勾玉が権威を示す役割を果たした。本展では、新潟県のほか、北海道、青森県、鹿児島県のヒスイを展示。
   ヒスイ製勾玉 見附市耳原遺跡 縄文時代中期
   ヒスイを含む首飾り 青森県六ヶ所村上尾駮(1)遺跡
   ヒスイ製大珠 北海道奥尻町青苗遺跡 縄文時代中期
   ヒスイ製大珠 鹿児島県西之表市現和巣遺跡 縄文時代後期
   結晶片岩様緑岩製獣形勾玉 鹿児島県南さつま市上加世田遺跡 縄文時代後期  など

展示解説:11/17(日)12/8(日)午前11時〜正午

講演会:午後1時50分〜3時20分、申込不要、定員80名(当日定員になり次第締切)
第8回 11/10(日)「新潟県における弥生ヒスイ製勾玉 の生産と周辺地域との交流」笹澤 正史氏(株式会社吉田建設)
第9回 12/8(日)「ヒスイ製装身具の終焉と 石製模造品の出現」金田 拓也氏(新潟市歴史文化課)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー