ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12082] 【和歌山】大学紀州経済史文化史研究所/七宝瀧寺と志一上人 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/06(Wed) 00:11:58

 和歌山大学図書館内の和歌山大学紀州経済史文化史研究所http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=30&c=5で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2019年度特別展「七宝瀧寺と志一上人 ―葛城修験二十八宿の世界―」〜12/13(金)
   土日祝および図書館閉館日(11/22(金)25(月))休室
     ただし、11/9(土)30(土)は午後1〜4時の間特別開室
   開室時間:午前10時30分〜午後4時

 葛城山系には『妙法蓮華経』の一品一品が埋め納められた二十八の経塚と、その途上で行者の心身を鍛える行場「葛城二十八宿」をめぐる修験の道がある。泉佐野市・燈明ヶ岳山頂に位置する、役行者が「五百弟子授記品」を埋納したという第八経塚から、樫井川渓谷には数多の霊瀑が連なる。この葛城修験の霊地に七宝瀧寺が伽藍を構え、樫井川の中下流域には、九条家が開発した日根荘が往時の姿でひろがる。本展では、七宝瀧寺と中興の祖・志一(至一)上人にかかわる文化財を中心に、中世・近世における葛城修験の歴史と信仰についてふりかえる。

ミュージアムトーク:11/9(土)11/21(木)11/30(土)12/13(金)午後1時30分〜2時30分

エクスカーション「日根荘の史跡をめぐる」11/23(土・祝) 午前9時10分集合 午後4時頃解散予定
JR日根野駅 東口 日根野駅前バス停付近集合解散 定員20名程度(メールにて要事前申込、締切11/10(日))
参加費:実費(バス運賃1,000円程度・昼食費)
     傷害保険に加入(無料)申込時に氏名、フリガナ、性別、生年月日

公開シンポジウム「七宝瀧寺と日根荘―九条政基『旅引付』をめぐって―」11/24(日)午後1時〜4時30分
    (受付開始:12時30分)
エブノ泉の森ホール(泉佐野市立文化会館) 会議室にて 定員65名(メールにて要事前申込)無料
[報告者]
 大橋直義氏(和歌山大学)「七宝瀧寺縁起攷―「外法成就の志一上人」をめぐって―」
 廣田浩治氏(中世史家)「中世の村人と修験」
 細田慈人氏(歴史館いずみさの)「九条政基と陰陽道―『政基公旅引付』にみる―」
 熱田 順氏(中央大学文学部)「中世後期の領主権力と地域社会―和泉国日根荘を中心に―」
[司会]
 大橋直義(和歌山大学)

参加申込
 名前、連絡先、参加人数、参加希望日(両日でも可)を明記し、できればメールにて
 23日の参加には、氏名のフリガナ、性別、生年月日も。
 大橋直義(和歌山大学教育学部) naohashi@wakayama-u.ac.jp
 紀州経済史文化史研究所(FAX) 073-457-7890
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー