ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12081] 【神奈川】横浜美術館/オランジュリー美術館コレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/06(Wed) 00:10:51

 みなとみらいの横浜美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=5で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展 横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション 
「ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」〜令和2年1/13(月・祝)
    木曜休館(12/26(木)は開館)12/28(土)〜1/2(木)
    開館時間:午前10時〜午後6時(金土は8時まで、1/10(金)〜12(日)は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1700円 高大生1200円 中学生700円 小学生以下無料
         65歳以上1600円(要証明書)
         障がい者手帳をお持ちの方と介護の方1名は無料
 画商ポール・ギヨームが基礎を築いたパリ・セーヌ川岸のオランジュリー美術館所蔵の印象派とエコール・ド・パリの作品群。ルノワールの傑作《ピアノを弾く少女たち》をはじめ、マティス、ピカソ、モディリアーニらによる名作がそろったヨーロッパ屈指の絵画コレクションから13人の画家による約70点を、コレクションに秘められた物語とともに堪能。
  アルフレッド・シスレー《モンビュイソンからルヴシエンヌへの道》1875
  クロード・モネ《アルジャントゥイユ》1875
  オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃
  ポール・セザンヌ《りんごとビスケット》1879‒1880頃
  アンリ・ルソー《人形を持つ子ども》 1892頃 
  パブロ・ピカソ《タンバリンを持つ女》1925
  アメデオ・モディリアーニ《新しき水先案内人ポール・ギヨームの肖像》1915
  キース・ヴァン・ドンゲン《ポール・ギヨームの肖像》 1930頃
  アンドレ・ドラン《黒い背景のバラ》1932
  マリー・ローランサン《ポール・ギヨーム夫人の肖像》1924-28頃
  モーリス・ユトリロ《ベルリオーズの家》1914
  シャイム・スーティン《牛肉と仔牛の頭 》1925頃   など
 

学芸員によるギャラリートーク(ルノワールと12人展)11/22(金)午後6時30分〜7時

学芸員によるミニレクチャー(ルノワールと12人展)12/20(金)午後3時〜30分
レクチャーホールにて、定員240名(事前申込不要、先着順) 入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー