ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12080] 【神奈川】鎌倉歴史文化交流館/和鏡〜水鑑から魔鏡まで〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/06(Wed) 00:04:13

 鎌倉歴史文化交流館で開催中の展示を紹介します。
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/rekibun/koryukan.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆市制80周年企画展「和鏡〜水鑑から魔鏡まで〜」〜令和2年1/11(土)
  日祝日休館
    入館料金:一般300円 小中生100円 
      鎌倉市内の小・中学生と、市内の65歳以上の方、
      障がい者手帳等の交付を受けた方と付添1名は無料(要手帳等呈示)
 ガラス鏡が普及したのは明治時代以降で、それ以前の鏡は銅鏡で、背面に動植物や風景など様々な文様が施された。また、円形で光を反射させる鏡は、太陽や神の憑代として、後に化粧道具として実用的なものに変化する。本展では、鎌倉で発見された和鏡や、鎌倉の寺院に伝世した古鏡を展観し、中世の鎌倉に住んだ人々の嗜好性に迫り、館長青木豊が長年にわたり蒐集した平安〜江戸時代までの和鏡も合わせて展観し、その形式的な移り変わりや多彩な文様表現の変遷から、当時の人々の美的感覚やそれぞれの時代背景を探る。っていきます。
   牡丹蝶鳥文鏡(報国寺所蔵) 鎌倉時代
   浮線綾文蝶鳥鏡(長谷寺所蔵) 長谷寺境内
   千鳥蓬莱鏡 大倉幕府周辺遺跡群
   源氏物語絵柄鏡 江戸時代前期
   内行花文鏡 漢時代
   三角縁神獣鏡(模造) 現代  など

学芸員による列品解説(ギャラリートーク):土曜日午前11時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー