ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12072] 【大阪】府立近つ飛鳥博物館/ヤマト王権とその拠点ー政治拠点と経済拠点ー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/03(Sun) 22:52:19

 河南町の大阪府立近つ飛鳥博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=174で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和元年度秋季企画展
「ヤマト王権とその拠点ー政治拠点と経済拠点ー」〜12/1(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般430円 65歳以上・高大生330円 中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名無料

 ヤマト政権の成立や展開は、古墳を中心に研究が進められ、奈良盆地東南部から盆地北部、さらに大阪平野に移動し、古墳時代の王墓は単なる墓でなく、権力の象徴であることがわかった。もう一つの政治拠点として、大王の宮が文献史学で多くのアプローチがなされたが、考古学的には王宮の遺跡遺構は充分に明らかにされていない。一方、王権の経済活動に深く関わったと考えられる生産拠点や流通拠点といえる集落遺跡や生産遺跡は明らかになりつつあり、それに注目し、ヤマト王権の拠点について考える。
 車輪石・管玉・ガラス玉・石釧・緑色凝灰岩未製品:菅原東遺跡(奈良市)
 人形・馬形土製品とミニチュア土器:奈良井遺跡(四條畷市)
 鞴羽口・棒状土製品・ガラス小玉鋳型・漆壺・砥石:船橋遺跡(藤井寺市・柏原市)など

講演会:地階ホールにて、午後1時30分〜3時(入場1時より)、定員200名、当日10時より受付にて整理券配布
11/17(日)「日本古代のミヤコ−動く宮から動かぬ京へ−」舘野 和己氏(館長)

土曜講座(オーサカ発 調査研究最前線)地階ホールにて、午後2〜3時、定員200名、入館券または200円
第128回11/23(土・祝)「王権の政治変動と経済拠点」廣瀬 時習氏(副館長兼学芸課長)

学芸員による展示解説:午後2時〜30分 11/4(月・振)11/24(日)12/1(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー