ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12061] 【東京】国立西洋美術館/ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 00:13:00

 上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=128
で開催中の特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆日本・オーストリア友好150周年記念
「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」〜令和2年1/26(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)12/28(土)〜1/1(水・祝)
   開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(11/30を除く金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
   当日:一般1700円 大学生1100円 高校生700円 中学生以下は無料。
      心身に障害のある方および付添者1名は無料(要障害者手帳提示)

 13世紀後半にオーストリアに進出後、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。15世紀以降は神聖ローマ皇帝の位を独占し、16-17世紀にはスペイン・ハプスブルクがアジアやアフリカ、南アメリカにも領土を有し「日の沈むことのない帝国」となった。神聖ローマ帝国の解体後は、オーストリア帝国を統治し、数世紀にわたって広大な領土と多様な民族を支配し続けた欧州随一の名門で、世界屈指のコレクションを築いたことでも知られる。その主要部分は、オーストリア=ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世が1891年に開館したウィーン美術史美術館の礎となった。本展では、同館の絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具などのコレクションを紹介し、ハプスブルク家の人々や、当時の宮廷生活の紹介も行い、時代ごとに収集の特色も解説。
  ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》1659年
  マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》1778年
  マルティン・ファン・メイテンス(子)《皇妃マリア・テレジアの肖像》1745年-50年頃
  ヨーゼフ・ハインツ(父)《神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の肖像》1592年頃   など

講演会:講堂(地下2階)にて、午後2〜3時30分
  定員各回先着130名、要入館券、当日12時よりインフォメーションにて1人1枚聴講券配付。
11/30(土)「世界支配者はなぜ美術品を蒐集したのか―芸術コレクションにみるハプスブルク家の横顔」
        山之内克子氏(神戸市外国語大学教授)
1/11(土)「ハプスブルク家のコレクション―神聖ローマ皇帝ルドルフ2世を中心に」
        中田明日佳氏(国立西洋美術館主任研究員)

スライドトーク:講堂(地下2階)にて、午後6時〜30分
  定員各回先着130名、要入館券、直接講堂へ(開場は開演の30分前)
11/8(金)12/6(金)1/17(金)解説者:今野佳苗氏(本展覧会アシスタント)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー