ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12019] 【京都】京都文化博物館/みんなのミュシャ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/14(Mon) 00:18:30

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=44で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」〜令和2年1/13(月・祝)
      月曜休館(祝日の場合は翌日) 12/28(土)〜2020年1/3(金)年末年始休館
      開館時間:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入館は30分前まで)
      入館料金:一般1500円 高大生1200円 小中生500円
 アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は「線の魔術」で際立つ。本展では、ミュシャが手がけたポスターなどのグラフィック作品、ミュシャ幼少期の作品、蔵書や工芸品、アトリエで撮影された写真、祖国チェコへの想いを込めた作品などを通して、ミュシャの多様な魅力に迫る。またミュシャの作品から影響を受けた明治期の文芸誌から、1960-70年代のイギリス・アメリカのグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品まで、およそ250点を展示。
 アルフォンス・ミュシャ《ジョブ》1896年 カラーリトグラフ 
 アルフォンス・ミュシャ《黄道十二宮》1896年 カラーリトグラフ
 アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ》1894年 カラーリトグラフ 
 アルフォンス・ミュシャ《椿姫》1896年 カラーリトグラフ
 アルフォンス・ミュシャ《舞踏-連作<四芸術>より》1898年 カラーリトグラフ 
 アルフォンス・ミュシャ《ヒヤシンス姫》1911年 カラーリトグラフ
 アルフォンス・ミュシャ《モナコ・モンテカルロ》1897年 カラーリトグラフ
 山岸凉子『日出処の天子』迦陵頻伽 1980年11月号用イラスト

講演会:午前10時30分〜正午、3階フィルムシアター(定員150名)にて、入館料のみ、館サイトにて要申込
(1)11/9(土)「チェコ時代のミュシャ ―《スラヴ叙事詩》とその周辺」小野尚子氏(兵庫県立美術館学芸員)
(2)11/23(土)「日本のミュシャ・一條成美と明治のアール・ヌーヴォー」大塚英志氏(国際日本文化研究センター教授)

学芸員によるギャラリートーク:10/25(金)12/20(金)午後6時〜30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー