ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.12000] 【大阪】あべのハルカス美術館/ラファエル前派の軌跡展[10/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/04(Fri) 23:58:22

 あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=19で10/5(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ラファエル前派の軌跡展」10/5(土)〜12/15(日)
    10/7(月)10/21(月)10/28(月)のみ休館
    午前10時〜午後8時(土日祝月は6時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1500円 高大生1100円 小中生500円
「皆が分かち合えない芸術に何の意味があろう」イギリス19世紀の美術評論家ジョン・ラスキン(1819-1900)の信念は、風景画を刷新したターナーや、アカデミズムからはずれた若い芸術家たちを擁護し、アーツ&クラフツ運動の芽生えを促した。本展では、ラスキンをめぐるロセッティ、ミレイ、バーン=ジョーンズ、ウィリアム・モリスらの絵画や書籍、家具、ステンドグラス、タペストリーなど約150点により、「ラファエル前派」の誕生から共同作業、交友、その展開へと至る流れを一望する。
       ジョン・ラスキン《モンブランの雪―サン・ジェルヴェ・レ・バンで》1849年、鉛筆・水彩・ボディカラー
       ジョゼフ・マラード・ウィリアム・ターナー《カレの砂浜―引き潮時の餌採り》1830年、油彩/カンヴァス
   初来日 ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《ムネーモシューネー(記憶の女神)》1876-81年、油彩/カンヴァス
  大阪限定 ウィリアム・ホルマン・ハント《シャロットの乙女》1887-92年頃、油彩・テンペラ/板
  大阪限定 ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《シビュラ・パルミフェラ》1865-70年頃、油彩/カンヴァス
       ウィリアム・ヘンリー・ハント《ヨーロッパカヤクグリ(イワヒバリ属)の巣》1840年頃、水彩/紙
       フレデリック・レイトン《母と子(サクランボ)》1864-65年頃、油彩/カンヴァス
       エドワード・バーン=ジョーンズ《嘆きの歌》1865-66年、水彩・ボディカラー/カンヴァスに貼った紙
       モリス・マーシャル・フォークナー商会《巻物を持つ天使》1863年、ステンドグラス
       ケルムスコット・プレス《チョーサー作品集》1896年   など

英国・紅茶講座:午後2〜3時30分
「英国黄金期に開花した紅茶文化のおはなし〜幸せな味わいを楽しむ〜」田宮 緑子 氏(紅茶研究家)
 あべのハルカス25階会議室(午後1時45分からあべのハルカス25階にて受付 )
  参加費3,000円(本展観覧券・お土産付き)館サイトのオンラインチケット で購入
  定員80名 

たまご&ひよこDAY(妊娠中の女性、子育て中の方および同伴者を対象にした、休館日貸切の特別鑑賞DAY)
10/21(月)午前11〜午後3時、
一般 1300円 高大生 800円 小中生 300円 小学生未満は無料


謎解きキット「リアル謎解きゲーム ある展覧会の奇妙な秘密」チケットカウンターにて 1000円

ギャラリー・ツアー(学芸員による) :10/16(水)10/30(水)11/13(水)午後6時30分〜約30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー