ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11981] 【福岡】市美術館/ギュスターヴ・モロー展[10/1(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/30(Mon) 23:35:14

 大濠公園の福岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=29で明日10/1(火)から開催される特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」10/1(火)〜11/24(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     午前9時30分〜午後5時30分(10月の金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
     一般1500円 高大生800円 小中生500円
     身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名
     および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、
     先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料

 画家・ギュスターヴ・モロー(1826−1898)は19世紀末のパリで、精神よりも物質を、宗教よりも科学を重んじる気運が高まる中、「目に見えるものは信じない」と神話や聖書の世界を描き続け、フランス象徴主義を代表すると言われる。古今東西の装飾モチーフを取り入れ、幻想的な作品の数々を生み出し「パリの真ん中に隠れ住む神秘家」とも呼ばれた。モローの描く女性像に焦点を当てギュスターヴ・モロー美術館の所蔵作品約100点を紹介。
《出現》(1876年頃)
《一角獣》(1885年頃)
《エウロペの誘拐》(1868年)
《サロメ》(1875年頃)
《アレクサンドリーヌ・デュルー》など

ギャラリーツアー
10/11(金)ギャラリートーク「怪物のような悪女編」 午後6〜7時 申込不要
11/9(土)ギャラリートーク「純潔の乙女編」 午後3〜4時  申込不要


講演会(2)10/27(日)ミュージアムホールにて 午後2〜3時30分 要入館券(半券可)定員180名
「モローが愛した女たち〜怪物から乙女まで〜」中野京子氏(作家・ドイツ文学者)

申込方法:はがきまたはメールで10/5(土)必着
ご希望のイベント名、郵便番号、住所、参加者全員の氏名(ふりがな)、電話番号、
参加人数(1通につき最大2名まで、双方の名を記載)を明記のうえ、下記宛にお申込みください。

〒810-0001 福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞イベントサービス内「モロー展・講演会」係
E-mail:moreau_fuk@nishinippon-event.co.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー